2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第7話ネタバレあらすじ&感想 裏切りのそのまた裏切り!


賀来賢人さん主演のドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第7話のネタバレあらすじ&感想をまとめてみました。

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』は日本テレビ制作の完全オリジナルドラマです。

脚本:武藤将吾

演出:猪股隆一 、小室直子、 西村 了

以下『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第7話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第7話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第7話までのおさらい(一部ネタバレあり)

東堂銀行10億円強奪事件。未成年者で結成された犯行集団は防犯カメラをハッキングし、犯行を成功させた。犯行の手口から警察関係者が関与されているとみられたが、犯行後、犯人たちがお互いを拳銃で撃ち合い全員が死亡したことで事件の幕は閉じた。しかし、犯人が銃口を向け合う映像、そして10億円の在処が消えたことなど謎につつまれたままだった。

不審に思った碓氷(広末涼子)は単独で捜査を開始。黒幕の警察関係者をつきとめ、10億円はその黒幕も知らない場所へ移したと上司である南部(北村一輝)に告げた翌日に射殺された。

清春(賀来賢人)がある廃墟で目を覚ますと、横には碓氷の死体。手には拳銃が握られ、シャツには返り血をあびていた。

清春は碓氷が上司になってからの3か月の記憶がなくなっておりわけがわからないが証拠を隠滅して現場を去る。しかし、日ごろの素行の悪さもあり当初は清春が容疑者の1人となるが、碓氷警部殺害・10億円強奪事件ともに本城理事官が首謀者だと仕向けられ、再び事件は幕を閉じるかにみえた。

しかし、本城を犯人にしたてあげたのは公安部の才門(井浦新)だった。才門はカウンセラーの元婚者が警察の極秘プロジェクトにかかわっており、そのために殺害された。そして才門の話によれば10億円はそのプロジェクトに資金源だという。公安部の言う通りに本城を犯人にしたてあげることで、才門は上層部の懐に入り込み、全ての事件の真相をあばこうとしていた。そして、その黒幕は南部で、しかも克喜の父親は南武かもしれないと清春に告げて姿をくらました。

南部に疑いをもつ清春だったが、南部は才門、そして公安が黒幕ではないかと考えていた。

南部に協力していた部下の江國は謎の組織“ニッポンノワール”に買収され、南部や清春の命を狙おうとするが寸前で心を持ち直し、“ガスマスクの男”に命を狙われた南部や清春を助ける。

 

“ガスマスクの男”ともみ合い、マスクをはがそうとした瞬間、不思議な画像をスマホで清春に見せてきた。すると、清春は気を失ってしまった。

清春は目覚めるたび、過去の記憶を取り戻していくようになっていた。清春が思い出したのは克喜の父親が清春だということ。そして、克喜はニッポンノワールの人体実験の犠牲者だと碓氷が清春に告げたことだった。

 

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第7話ネタバレ

スポンサーリンク

警察の極秘地下組織・ニッポンノワール。

警察病院の地下に潜入した遊佐清春(賀来賢人)ら。その奥に現れたのは謎の実験施設で

あった。そこで清春が思い出したのは衝撃的な事実を口にする薫(広末涼子)の姿。一人息子の克喜(田野井健)はニッポンノワールの人体実験の犠牲になったという。

実験施設にたどり着いた清春の前には銃弾をも恐れぬ謎の工作員たち。そして、その奥から南武(北村一輝)たちも潜入を試みやって来る。三つ巴の果てに訪れる結果は――。

一方、克喜を保護していた深水喜一(笹野高史)と娘の咲良(夏帆)の元に突然大勢の捜査員が押し寄せ克喜を連れ去ってゆく。克喜の保護を命じたのは、克喜の祖父にあたり、薫の父でもある碓氷元警視庁長官(大和田伸也)だった。事件の鍵を握るとしてニッポンノワールの組織に監禁される克喜。と、その前に見たことのある意外な人物が姿を見せる!

徐々に明らかになりつつあるこの国に蔓延る闇。ニッポンノワールの謎。

――事態急転の第七話、開幕。

引用元:『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』公式HP

南部の手助けにより実験施設から逃げることができた清春。清春はまた新たに思い出した記憶の断片を南部に告げる。碓氷元警視庁長官はニッポンノワールの手先だったということだ。

咲良から克喜が碓氷元警視庁長官の指図によって保護されたことを知らされて焦る清春。急いで南武に知らせると、ちょうど南武は碓氷元警視庁長官に呼び出されたところだった。南武はニッポンノワールの全貌がつかめそうで清春が10億円の場所も見つけ出すだろうとわざと揺さぶるような報告をする。南武が出て行くと、奥の扉の向こう側にいた江國(杉本哲太)が出てきて「さぐりをいれますか?」と碓氷元警視庁長官に尋ねる。すると、「10億円が見つかるまで泳がせて、それから始末しても遅くはない」と言った。実は部屋を出る時に南部は盗聴器を仕込んでいたため、この時、江國が裏切り者だということを知ったのだった。

 

南部は清春に江國がニッポンノワールの一員だということを告げ、克喜の居所を知っているかもしれないと伝えるが、同時に下手に動くな、と忠告する。咲良は清春を見張っているように頼まれたため、清春のアジトに泊まっていくつもりであったが、清春が男女の関係を匂わせてきて服を脱ごうとしたため、意識してしまい思わず部屋を出て行く。

 

それを好機とばかりに清春は江國のもとへ向かう。病気の奥さんへ銃口を向けることで江國を脅し、なんとか克喜の居場所を聞き出そうとするが接近戦になると、江國が清春に“NN(ニッポンノワール)”の不可解な画像を見せる。するとまたしても清春は記憶を失う。

 

再び目を覚ますと、そこはニッポンノワールのいわば監視室だった。そこへ碓氷元警視庁長官が現れる。そして、人体実験の全貌を話し始める。いくつかのセクションがある中で、未成年に対する人格矯正プログラムというのがあった。咲良の姉の星良がカウンセラーの仕事の中でかかわることになり、殺害される原因となったものだ。再犯率の多い未成年に対して記憶の書き換えと感情の抑制を行う実験だった。

スポンサーリンク

 

犯罪を犯したこともない、しかもたった9歳の克喜が被験者になったことに清春は怒りと疑問をぶつける。

すると碓氷元警視庁長官は娘の碓氷薫からぶつけられたことをそのまま清春に打ち明ける。克喜はもともと癇癪もちで、不登校になったり物を投げたりする子どもで碓氷薫はどう克喜と向き合っていいかとまどいを覚えていた。ある日、克喜に包丁を向けられた薫は心が折れてしまい、克喜を実家にしばらく預けていた。そして薫が迎えにいくと克喜は人格が変わってしまっていたのだった。

薫は克喜を人体実験の被験者にしたことに関して父親である碓氷元警視庁長官を責めた。だが、母親との関係をやり直しだくて被験者になることを望んだのは克喜自身だと碓氷元警視庁長官は薫に伝えたのだ。

 

それから克喜は薫の言う事を聞くようになったが、「はい、わかりました」と無表情で言う克喜を見るたびに苦しみ、自分を責めるようになっていた。自分が克喜を殺したのだと。

 

指導者に従順な人間を作ることを良しとしている碓氷元警視庁長官は薫が死んだことで克喜の人格矯正プログラムが破綻しかけていることを懸念していた。

スポンサーリンク

これまで克喜の存在すら知らされておらず、何もしてあげられなかった清春はこれからは薫のやれなかった分、克喜と向き合っていくんだと言って指導者に従順な人間を作ることを良しとしている碓氷元警視庁長官はの首をつかんでかかる。

 

するとそこに江國が登場する。清春に銃口が向けられ、碓氷元警視庁長官から江國に射殺命令が出る。しかし、江國は向き直り碓氷元警視庁長官の方に銃口を向けたのだった。江國はニッポンノワールの言う事を聞くフリをして実は組織を追い詰めようとしていたのだった。以前に病気の奥さんを救うため南部や清春を裏切った江國は、その時のことを報いたいと考えての行動しただった。そして江國から連絡を受けた南部と宮城も登場する。

清春と碓氷元警視庁長官の会話を録音していた南武は碓氷元警視庁長官を逮捕しようとするが、そこへ警視総監から南部へ電話が入る。南武は何やら脅されているような様子。

 

電話を切った南武は清春に手錠をかけ連行しようとする。碓氷元警視庁長官は「遊佐清春を銃殺しろという指示ではなかったか?」といやらしい笑顔を浮かべると、南部は「(そこは逮捕ということで)話はついています」と力を失った声でこたえたのだった。

納得のいかない宮城は碓氷元警視庁長官に喰ってかかるが、碓氷元警視庁長官が口にしたのは人格矯正プログラムの被験者第1号が宮城自身であるという衝撃の事実であった。そこで初めて自分の記憶に空白があったり、過去の思い出に人と齟齬があったりしたことを思い出し、頭が真っ白になる宮城だった。

 

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第7話感想

スポンサーリンク

正直、人格矯正されたからって銃で撃たれても立ち上がってくるゾンビのような描写とかはどうなんだろう、というか笑ってしまいチャンネルを変えそうになりました。

でも後半の方は予想外の展開であっという間でした。特に江國刑事はまた清春を裏切ったの??と悲しい気持ちになりましたが、それも芝居で実は清春や正義のために行動していたというどんでん返しのどんでん返しという展開が気持ちよかったです。清春の言葉で心を入れ替えた江國刑事が再びダークサイドへ落ちていたらドラマ全体の説得力がなくなりますもんね…。

しかし、南部は何をネタにされて碓氷元警視庁長官の逮捕を諦めてしまったのでしょうか。犯人が既に判明したここからの展開こそが楽しみです!

 

『ニッポンノワールー刑事Yの反乱ー』第8話あらすじ

スポンサーリンク

放送終了後に更新します!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です