2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『同期のサクラ』第3話ネタバレあらすじ&感想 夢があるサクラは正義なのか…?


高畑充希さん主演のドラマ『同期のサクラ』第3話のネタバレあらすじ&感想をまとめてみました。

『同期のサクラ』は同名漫画を原作とした日本テレビ制作のドラマです。

脚本:遊川和彦

演出:明石広人、南雲聖一

以下『同期のサクラ』第3話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『同期のサクラ』第3話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

『同期のサクラ』第3話までのおさらい(一部ネタバレあり)

重度の脳挫傷で意識が戻らないままベッドに横たわるサクラ。かけつけた4人の同期はサクラを見つめ、初めて出会った頃を思い出していた。サクラはいつでも空気を読まずに自分の信念を貫き通す真っすぐな女の子だった。同期の4人も時にはサクラに真っすぐさについていけない時もあったが、彼女の強さに惹かれていったのだった。

同期のうち菊夫はパワハラ上司・桑原に悩まされていたが、サクラのおかげで自分の意思を伝えることができた上、桑原は人事異動で菊夫の上司ではなくなった。そのかわり、桑原が異動した先はサクラが異動を希望している土木事業部だった。サクラを毛嫌いする桑原は「俺の目が黒いうちは土木には入れない」と宣言されてしまうサクラだった…。

>>>第2話の詳しいあらすじはこちら

 

『同期のサクラ』第3話ネタバレ

スポンサーリンク

2019年春、眠り続けるサクラ(高畑充希)の病室には赤ん坊を抱く百合(橋本愛)の姿があった。夢を追い続けたサクラに影響され、娘に『夢』という名前をつけた百合は入社3年目直前のことを思い出していた……。

 

東日本大震災の前日、2011年3月10日。サクラは新規採用向けのパンフレットを作るため、広報部の百合と協力して各部署で3年目を迎える同期たちに取材をすることに。“ミス広報”ともてはやされ、何事も波風立てずに本音を押し殺して働く百合は、黒川(椎名桔平)やすみれ(相武紗季)の指示でも納得しなければ従えないサクラに呆れつつ、一緒に取材に向かう。都市開発部で調子良く働く自信満々の葵(新田真剣佑)、一級建築士の資格を取るために終業後も勉強に励んでいるという設計部の蓮太郎(岡山天音)、サクラの影響で営業部での仕事ぶりが一皮剥けた菊夫(竜星涼)と、一通り取材を終えたところで、サクラは優秀だと評判の百合にもインタビューしたいと頼む。やりがいに満ちた百合のコメントに心を打たれるサクラだが、取材が終わった途端、百合は転職か寿退社した方がマシだと本音を漏らし、男社会のゼネコンにうんざりした様子を見せる。サクラが何か言おうとした時、百合の携帯にクライアントの年輩男性からしつこい食事の誘いメールが届く。取引先を無下にすることもできない百合は、事を荒立てずにセクハラを回避するためサクラに同行を頼む。

 

その夜サクラは、百合と共にクライアントの待つ高級レストランへ。百合が一人でないことが気に入らない相手だが、サクラはそんな事は気にせず美味しい料理に感動。しかし、百合が席を外した隙に二人きりにして欲しいと頼まれると、忖度なしの発言でクライアントを怒らせてしまう。サクラのせいでクライアントが帰ってしまったと知り憤慨する百合。会社で問題になったらどうするのだとサクラを責める。

イライラしながら実家に帰った百合は、部下とともにカラオケでどんちゃん騒ぎをする成金丸出しの父と、ホステスのように甲斐甲斐しく夫の世話をする母の姿にうんざり。さらに、衝動買いした物で散らかった部屋に着くと、恋人からの返信を急かすメールにうんざり。会社でも家でも自分の居場所を見つけられずにいた。

 

翌日、3月11日。人事部には広報部長の葦田が百合を連れて押しかけ、サクラが大切なクライアントを怒らせたと黒川を責め立てる。同期をセクハラから守ったと話すサクラだが、本人は辛くなかったと主張する葦田を百合も否定せず……。黒川に促されたサクラが謝ろうとしたその時、大きな揺れが起きて……!

その夜、家に帰れずサクラの家に泊まった百合は、自分と違いまっすぐに夢を追うサクラの生き方を眩しく思いながらも、どこか暑苦しく感じてしまう。女性として生きづらさを感じながら自分の居場所を探し続けてきた百合は、会社から逃げるようにそれほど愛していない彼との結婚を決める……。

引用元:『同期のサクラ』公式HP

震災をきっかけに彼氏からもっと絆を大切にしたいとプロポーズされたのをきっかけに退職を決めた百合。サクラが結婚しても会社を辞める必要はないんじゃないでしょうか、と問いただす。すると百合はもういい子ぶって無理して笑う必要もないし、結婚して子どもを産んで素敵な家庭を築けるし、と言うのを遮るかのように結婚したら幸せになれるんでしょうか、とサクラは言う。

すると百合は「夢があるのがそんなにえらいの?夢がないと生きてちゃいけないわけ?」とサクラに詰め寄る。そして「サクラに対して自分が正しいと思い込んでるだけなのよ」、「あんたのじいちゃんもどういう育て方したんだか」、「あんたの今やってることは全部ムダ」「どうせあんたの島に橋なんかかからない」とまくしたてる。

すると初めてサクラがキレた。「ブス!」と叫びながら。今のあんたのままだったら、結婚してもどうせ「ここは自分の居場所じゃない」とか言い出す。幸せの種をまいてもいないのに花を咲かすことなんて無理に決まってる、仕事だって女だから重要な仕事を任せてもらえないと言いながら努力をしてないだけで、女性が働きづらいならその環境を自分が変えればいい、と言い返す。

その夜。桜はじいちゃんに今日の出来事をFAXで伝える。するとじいちゃんからは“いい人と出会ったな”、“彼女と別れるな”と返信があった。

 

百合が退職する日。広報部で花束をもらう百合の前にサクラが現れる。百合の上司に対して「人生の先輩ならこんな結婚をしても何も変わらないぞとこの子に忠告してあげてください」と言う。百合は焦りながらサクラの手をひき、その場を去る。もうお節介は止めて、という百合に、サクラは「私が百合さんのことを好きなのはきれいだからじゃなくて、百合さんの言葉に嘘がないから。」と言い、友達になってください、と手を差し出す。しかし、百合は「誰が」と去って行ってしまう。

 

会社から帰っていく百合を見つけた葵は「いいよな、女は。嫌になったらとっとと結婚して仕事やめて、子ども産んで嘘っぽいママ友と仲良くして、ブログでも書けば」と言われる。エレベーターを降りると今度は菊夫がおり「俺はサクラのこと仲間だと思ってるよ」と言ってくる。百合は「どいつもこいつも」と言いながら、会社を出て行こうとすると今度はサクラがやってくる。ビルを出て行こうとする百合の背中に「これからはいい仲間と出会ってください。私も百合さんのような仲間を探します」と叫ぶ。

すると百合は「なんで足が動かないのよぉ…」と泣きながら自分につぶやき、ビルの入り口ギリギリのところで踵を返してサクラの目の前にやってくる。そしてあんたのせいで婚約者にも謝らなきゃいけないし、会社にもまた働かせてください、って言わなきゃいけないじゃないと百合は泣きじゃくった。

サクラは表情を変えないまま、百合の退職願を胸ポケットから取り出す。急に心変わりがあるかもしれない、とサクラは上司に頼み込んで今日まで預からせてもらっていたらしい。

「サクラらしい」と百合がつぶやくと、サクラは笑顔になった。百合が初めてサクラを呼び捨てにした瞬間だった。

 

数日後、サクラは社史編纂室への異動を言い渡される。百合にセクハラをしてきた得意先を怒らせたことの処分だった。

『同期のサクラ』第3話感想

スポンサーリンク

「夢があれば偉いわけ!?」

スポンサーリンク

百合のセリフ、刺さりました。それは自分でも自分のやりたいことがわからなくて、夢もないからです。夢を持っている人、特に仕事に関して情熱を持っている人に嫉妬したりねたんだりする気持ちがどこかにあるんですよね。だから、そういう人に真っすぐ向かって来られる「あなたとは違う!」という気持ちが心の隅っこの方から出てくるんじゃないかと。

現実ではサクラと百合のように真正面からぶつかり合ったりはしませんが、仕事に対する温度差が違うなぁ、その温度押し付けないでよ、って思ったことを思い出しました。

さて、ドラマに話を戻しますが、同期同士の絆を描いたドラマなので恋愛物語は無いのかな、と思ったのですが、菊夫はサクラに想いを寄せているようでしたね。恋愛に全く興味ないサクラのことをわかっているから進展を望んでいるわけではなさそうでしたが。やはり年頃の男性と女性が集まれば、恋愛が生まれるのが常ですよね。村上春樹さんの『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』でも女性が2人、男性が3人で“仲間”という絆を壊したくないために恋愛を持ち込むことを嫌ったのを思い出しました。

恋愛要素はあんまり入ってきて欲しくないんですけど、サクラのような女性を想う男性は存在して欲しいなとも思います。

『同期のサクラ』第4話あらすじ

スポンサーリンク

 2019年夏、眠り続けて3ヶ月が経つサクラ(高畑充希)の病室に訪れた蓮太郎(岡山天音)は、サクラの手に残る傷痕を見ながら社会人4年目の出来事を思い出していた……。

2012年9月―。前年の震災の影響でサクラの故郷・美咲島に架ける橋の着工は延期。土木部で故郷に架ける橋作りに関わりたいという夢は遠のくものの、社史編纂室に飛ばされながらも目の前の仕事に全力で取り組んできたサクラは1年ぶりに人事部に戻ることに。再び人事部長・黒川(椎名桔平)とすみれ(相武紗季)の下で働くことになったサクラは、早速メンタルヘルスケアプロジェクトの担当を任され、ストレスチェックのアンケートを回収するため各部を回る。

ますます絶好調で調子良く働く都市開発部の葵(新田真剣佑)、密かにサクラに好意を抱きつつ震災以来ボランティアに力を入れている営業の菊夫(竜星涼)、1年前の一件以来友達としてサクラを信頼しつつ広報での仕事にもやりがいを感じている百合(橋本愛)……と、同期の元を回っていくサクラ。そんな中、設計部の蓮太郎は悩みは無いと言いながらもどこか苛ついている様子。社内コンペの準備で忙しいと話す蓮太郎だが、設計部の先輩と後輩から一級建築士の試験に落ちたことをおちょくられているのを見たサクラは、周囲に心を閉ざす蓮太郎が気にかかる……。

その夜、両親がラーメン店を営む実家に帰宅した蓮太郎は、生き生き働く両親と店を手伝う大学生の弟の仲良し家族ぶりにすら嫌気がさしていた。翌日のコンペのための設計図作りにも行き詰まり、何もかもうまくいかない蓮太郎は、部屋にこもって仕事と家族への愚痴をネットの掲示板にぶつける。

 

翌朝、サクラはアンケートを回収するため蓮太郎を待ち伏せする。しかし、サクラと同期たちが自分の噂話をしているのを見た蓮太郎は、逃げるように立ち去ってしまう。その日の午後、設計部の前で蓮太郎を捕まえたサクラは、同僚たちがコンペの時間変更をわざと蓮太郎にだけ知らせなかったと話しているのを二人で立ち聞いてしまう。自分を笑い者にしている同僚たちの会話を聞いた蓮太郎は、悔しさから頭に血が上りそばにあったカッターを手に取る!慌てて止めようとしたサクラを振り払おうとした時、誤ってカッターがサクラに当たって……!手から血を流すサクラを前に動揺した蓮太郎は、その場から逃げ出してしまう。

その日、蓮太郎の家を訪ねたサクラは、蓮太郎から「もう会社にはいかない」と聞かされ……。設計の仕事は好きだが、プライドが高い上に傷つきやすく周囲に心を閉ざす蓮太郎。同期たちの力を借りて蓮太郎を説得しようとするサクラだが、無断欠勤を続ける蓮太郎にはクビが迫っていた……。

引用元:『同期のサクラ』公式HP

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です