2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『それぞれの断崖』8話最終回あらすじネタバレ&感想 生きるのはつらいけど、捨てたもんじゃない


ドラマ『それぞれの断崖』は2019年8月よりフジテレビ系土曜23時40~枠で放送されることが決まりました。

原作は小杉健治『それぞれの断崖』という同名小説です。

本当は原作を先に読んでから、と思ったのですが間に合わなかった~理由は書籍が売り切れてしまっていたからです。今読んでます…(笑)。明日には原作アップしますね。ドラマの原作を読むようになり、いろいろな作家の文体を見てきましたが、小杉さんの文体はかなり読みやすいです。それに、ストーリーに無駄がありません。機微な感情の動きもディテールも描かれており、原作も楽しみです。

『それぞれの断崖』イントロ

家庭内暴力をふるう不登校の中学生が殺害された。加害者は、13歳の同級生。

殺人を犯しても少年法で守られていて罪には問われない。悲劇の夜、「被害者の父」は酒に酔い、怪しげな店で遊んでいたことが発覚。妻や娘たちに恨まれ、警察からも疑いをかけられる。加えて、加害者少年への怒りを爆発させたことで、人でなし呼ばわりされ、世間からの容赦ないバッシングを受ける。

職を失い、家族の絆が綻び、やり場のない怒りを抱えた「被害者の父」。生きる支えは、息子の無念を晴らすこと。矛先を向けたのが「加害者の母」で、儚げな美しさをもつ、シングルマザーだ。法律に守られた少年の行方や、殺人を犯す少年を育てた母親の動向を知るために、怒りと復讐心から己を偽り近づいてゆく。だが運命は、皮肉だった。

主役となる「被害者の父」、志方恭一郎を演じるのは遠藤憲一。この春、月9「ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~」で見せた、ダメ父も心温かで男気のある役柄から一転、「被害者の父」と「加害者の母」が惹かれあう、という複雑な役どころを、円熟味を増した遠藤がどう演じるのかが注目だ。

社会派ミステリーの名手×遠藤憲一

原作は、社会派ミステリーの名手・小杉健治が描く「それぞれの断崖」。重厚な人間ドラマを描く第一人者と、人間の心の機微を演じたら右に出る者のいない遠藤憲一が、去年2月のオトナの土ドラ「家族の旅路」に続き、がっぷりと組み合う。

『それぞれの断崖』相関図

AD

 

『それぞれの断崖』最終回8話あらすじ

AD

少年院を退院後、母・はつみ(田中美里)と暮らし始めた満(清水大登)。志方(遠藤憲一)は、時々顔を出しては社会復帰のための手助けをしていたが、満は一向に心を開く様子がない。さらに、買い物に出れば、「やっぱコイツだよ」「マジ?同級生殺しちゃったの?」とネットに流出した写真を見た少年たちに絡まれるなど、心落ち着かない満。わかっていたことだが、やはり世間の目は厳しい――現実を思い知らされる。しかし、志方にいったい何ができるのか。被害者の父が加害者の父になることなどできるのだろうか…。

そんな満を三崎海岸の砂浜に連れ出した志方とはつみ。2人を前に志方が口を開く。
「…恭介とここに来たことがあるんだ」
生きていくのは辛いね、と父に本音を吐露したその翌日、恭介(渡邉蒼)は満に殺された――。もっと生きているうちに息子と本音で話をしたかった…。後悔を口にする志方、罪悪感に何も言えない満。気づまりな空気を変えようと、はつみは「せっかくだから、みんなで写真撮ろう」と提案。笑顔のはつみ、仏頂面の志方と満。初めての3人の写真だ。

はつみのアパートを刑事の角田(清水伸)が訪ねる。14年前に別れたはつみの元夫、満の実の父親が事故死したと言う。最近では、刑務所を出たり入ったりの札付きの男だったので一応調べている、と。
話を聞いた満は動揺する。会ったこともない父だったが、いつかは会えると信じていたのだ。でも…「父さんが死んだのは悲しいけど、母さんがいればいい。おじさんと暮らすのは嫌だ」満の目に狂気が宿る。志方と別れるか、あるいは自分と死ぬか…包丁をつかみ、はつみに突きつける。「覚悟があるのなら…刺しなさい」はつみがひるまずにじり寄ると、満は外へ飛び出す。後を追ったはつみは、満に手を振り払われたはずみで階段から転落、頭部を強打し意識不明に陥ってしまう。

その頃、志方は、雪子(田中美佐子)と2人の娘と家族4人で久しぶりに集まっていた。「来月には式を挙げるから」と志方に結婚式への出席を頼む長女・真弓(仁村紗和)、恭介の事件以来いろいろ考えることがあり「法学部を受けようと思う」と話す次女・真紀(永瀬莉子)を、「いいんじゃないか」と嬉しそうに見つめる志方――。

少年犯罪が生んだ、残酷で数奇な運命に翻弄される人々。
待ち受ける未来は、希望か絶望か…。
慟哭の最終回!!

以下ネタバレします。

ネットに写真が流出

満は殺人者として、ネットに顔がさらされていた。そのせいで、満は外出すると殺人者のくせにと少年たちに絡まれていた。そこに志方が通りかかり「何してんだ」というと少年たちは逃げていった。志方は黙って満の荷物を拾い袋に入れた。

家に帰ると「外なんかでかけない。僕の居場所なんてどこにもない。少年院に戻ればいいんだ」という満が言った。はつみは「世間の目が厳しいことはわかっていたでしょ。何かが起こるたびに投げやりになってどうするの」といい、しっかりと前を向きなさいと、何があっても乗り越えようといったじゃないと説教する。

志方がもういいだろう、というと満は自分の部屋に帰っていった。

志方が用意した家

志方は、はつみと満を生み近くの家へ連れてきた。ここに来れば満も人目を気にしなくてもいいと思って用意した家だ。「仕事はどう?」とはつみが聞くと、志方は「農業を手伝ったことがないから大変だよ」と答えた。志方と満の間には会話はなく、黙々とスイカを食べる。

そのあと、志方ははつみと満を連れて畑にやってきた。満は、「行ってもいいですか」と少し目を輝かせた。

農作業の道具を見ると「いいですか?」ときき、志方は何も話さず、満に鍬を渡した。鍬の耕し方を、満に見せる志方。満はただただ真似をして二人で畑を耕していた。

その後、海にやってくる志方と満とはつみ。はつみが「来てよかった」というと、志方はうんといった。

3人でカフェオレを飲んでいると、志方は「ここに恭介と来たことがある」と切り出した。生きてくのはつらいねと恭介が言ったこと、それでも生きていかなきゃなといったことをはつみと満に告げた。「生きてるうちになんかしてやりたかったな」という志方。うつむく満。

暗い雰囲気の中、はつみは「3人で写真を撮ろう」というが、はつみ以外に笑うものはいなかった。

満の家を訪ねる刑事

刑事は、満がいることに驚く。お母さんはパートだと告げると、刑事は外ではつみに会っていた。満の父親が事故死したことを告げる刑事。はつみに連絡があったかなど刑事は聞いたが、出ていったきり連絡はなかったとはつみは答えた。

「どんな暮らしをしていたんでしょうか?」とはつみが切り出すと、半年前に出所したばかりで、ここ最近は刑務所を出たり入ったりだったという。

木陰で満が聞いていた。いたたまれなくなり走り出す満。それに気づいて満を追いかけるはつみ。家に帰ると満に「母さんもびっくりしたわ」というと、満は「会いたかった。父さんに」といった。

いつか会えると思っていた。どんな人だったの、と満が聞くとはつみは答えた。

「ミュージシャンになる夢を持っている人だった。母さん、そんなあの人が好きだった。でも生活のことは何も考えてくれなくて、満が産まれてからすぐでていった。家族が重荷になったの。それでも母さんは満と二人で生きていくと決めてた」すると、満は、「父さんが死んだことは悲しいけど、母さんがいればそれでいい。母さんさえいてくれれば、僕は誰もいらない。僕母さんと二人で暮らしたい。おじさんと一緒は嫌だ」といった。

満は包丁を握る

「志方さん満のために一生懸命してくれてるじゃない。」とはつみが言うと、満は感情的になって「母さんはあいつと一緒に暮らしたいだけだ。あいつを僕のお父さんにしようとしてるんだ。でも、違う。僕のお父さんは、死んだ父さんだけだ。あんなやつは父さんじゃない!!あいつは、お母さんが好きだから、僕にやさしくしてるだけじゃないか」といった。

そして、満は3人でとった写真を丸めて投げる。はつみが「やめなさい」というと、満は「母さんは僕だけのものだ。誰にも渡さない。」といって台所に包丁を取りに行った。

「母さんを失うくらいならいなくなった方がいい。あいつと別れてよ。別れてよ。」包丁をはつみに突き付けた。

「僕だけのものだ。別れないなら、別れないなら、死んで。」満がいうと「刺しなさい。あなたにその覚悟があるのなら、刺しなさい」とはつみは満の目を見てにじり寄った。満は外にかけていく。階段の上でもみあいになると、はつみは階段の下に落ち頭を打った。

「母さん、しっかりして。母さん。」はつみは病院に運ばれたが、意識が戻らない。

病院の屋上で、刑事と志方は話をしていた。「今回のことを事件にしないでください。満のことは俺が面倒見ますんで。」志方がそういうと、刑事は驚きながらも「志方さん、あなた変わった。私には理解できない。被害者の父親が加害者の父親になれるものでしょうか」といった。

満と志方が病院ですれ違う

「おじさんと一緒は嫌だ。お母さんを失うのは嫌だ。失うぐらいなら、いなくなった方がいい」満はそういうと志方の前を横切った。はつみの看病をつづける満に「少し寝たほうがいい」と志方が声をかけるが、満は答えなかった。

もう一度病室をのぞくと、満の姿はそこになかった。初美の家に行く志方は、包丁が落ちているのを見つける。そして、丸められた写真も。

その写真を見て、志方は、海に向かう。するとそこに、満がいた。満は、服のまま海に入っていった。志方は無言のまま満を追う。満を海の中から引き揚げようとする志方。

声をかけないまま、砂浜まで満を引き上げると満に平手打ちをした。

満は「なんでだよ。なんで助けたんだよ。なんで・・・」と涙をためながら志方の胸倉をつかんだ。志方は、満とまっすぐに向き合った。悔しそうな寂しそうな瞳を志方に向ける満は、うつむくと、志方の胸に頭を預けた。そして、志方に抱き着いて泣き始めた。志方は満をしっかりと抱きしめた。

はつみが目を覚ますと

そこにいたのは、志方の妻雪子だった。「志方に頼まれて」というと、先生を呼びに行った。

はつみは「あの、満は…」というと、雪子は「大丈夫よ、志方と一緒にいます。岬に、今夜は泊まるそうです。」という。

はつみは、「母親失格です。愛情かけさえすればいいと思って、かけすぎたと思います。でも、届いてなかった。」といった。

「もっと注いであげてください。躊躇う必要なんかない。子供はいつか巣立っていきます。それでもいつまでも母親は母親で、子供は子供です。疲れたでしょう。少し休んだら」と雪子は窓を向きながらはつみに声をかけた。

「ありがとうございます」とはつみはベッドの上で涙を流した。

満と志方だけの夜

はつみの意識が戻ったことを電話で知る志方は、満にそれを告げた。「明日朝戻るぞ。今日は寝るぞ。」と志方は言うと、電気を消した。

満は「おじさん、ぼく、ぼく…生きてていいのかな。生きていくのがつらいよ。」といった。志方は「それでも、生きていかなきゃな」というと、満は布団の中でうなづいた。

病院につくと、満ははつみに抱きつき「ごめん。かあさん」というと、はつみは「無事でよかった」といって満の背中をさすった。「どうしてそんなことしたの。」とはつみがいうと「かあさんに何かあったら全部僕のせいだ」と満はいった。

「満には長い人生があるのよ。少しずつでいいから、自分の力で歩いていかなきゃ。」とはつみは言った。

志方の家族

長女の真弓は結婚すると報告し、お父さんも来てと笑顔で言った。志方は行ってもいいのかと聞くと、「花嫁の父だもん」と答えた。次女の真紀は法学部を受験するという。恭介の事件でいろいろ考えることがあったから、と答えた。志方は「そうか。いいじゃないか」というと、良かったと真紀も笑った。

「すまない、満くんから聞いてる?満君のことをひっぱたいた」とはつみに言うと、はつみは何にも言わなかったようだった。

「ひっぱたいたそのあと、どうしたの?」と聞くと「どうもしてないさ」と志方は答えた。「恭介も一度ぐらいひっぱたいてやればよかった」と志方がいうと、はつみは「ありがとう。満、ちゃんと生きていくと思います。これから先一人で、ちゃんと生きていくと思います。恭介君のこと忘れず、ちゃんと生きていくと思います、私も自分の足で立って生きていこうと思います」といった。

志方は「そうか。そうだな。俺も、一からちゃんと生きなおす」と答えた。

「生きていくってつらいけど、捨てたもんじゃないですね」とはつみが言うと、志方は笑って「捨てたもんじゃない」といった。

「ありがとう」とはつみがいうと、志方も「ありがとう」といった。

 

志方が一人で農作業をしていると、そこへ満が歩いてきた。

 

『それぞれの断崖』最終回感想

AD

複雑な家族関係でも、乗り越えられるものなのでしょうか。

満が自分で命を絶とうとして海に入っていきましたが、志方が無言で助けに行きました。海から引きあげると、志方は無言で平手打ちしました。

満はなぜ助けたのかと胸倉をつかみますが、その目には寂しさと、悔しさといろいろにじ出ましたね。でも、そのあと、満は志方にしがみついて号泣しました。

満は愛情不足だったんでしょうね。だから、愛情を囲い込もうとするんだなと思いました。

こんな家族もいるのかなあ…と思いますが、憎さが愛情に代わることなんてあるのでしょうか。

志方一家の家族は、加害者家族である満一家にかなり寛容ですが、こんなことあり得るんでしょうか。すべて極端といえば極端なドラマでしたが、

遠藤憲一がとてもよいドラマでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です