2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『ルパンの娘』10話 あらすじネタバレ&感想 最後の事件!黒幕は警察一家のエリート


ドラマ『ルパンの娘』は2019年7月よりフジテレビ系木曜22時~枠で放送されることが決まりました。原作は2015年に講談社より発売されている、『ルパンの娘』という同名小説です。

視聴率がひと桁続きと不振だった『ストロベリーナイト・サーガ』の枠での放送となります。シリアスな雰囲気のミステリーから一新、コメディタッチのミステリードラマです。

小説のあらすじをまとめています。

>>> 横関大原作『ルパンの娘』あらすじ走り読み!

>>> もっと詳しく!よくわかるあらすじ!

『ルパンの娘』1話あらすじ

『ルパンの娘』2話あらすじ

『ルパンの娘』3話あらすじ

『ルパンの娘』4話あらすじ

『ルパンの娘』5話あらすじ

『ルパンの娘』6話あらすじ

『ルパンの娘』7話あらすじ

『ルパンの娘』8話あらすじ

『ルパンの娘』9話あらすじ

『ルパンの娘』相関図

 

『ルパンの娘』10話あらすじ

AD

“Lの一族”に衝撃が走る。三雲華(深田恭子)の祖父、巌(麿赤兒)が死んだのだ。ニュースで流れた河川敷で発見された焼死体の立嶋雅夫は、尊(渡部篤郎)によると巌の偽装IDの名前だと言う。ショックを受ける華、そして信じようとしない悦子(小沢真珠)マツ(どんぐり)も尊は簡単には死なないと言うのだが…。

桜庭和馬(瀬戸康史)は焼死体事件の捜査に着手。すると、死体について新たな報告が入る。立嶋の直接の死因は鈍器のようなもので殴られたことで、焼かれたのはその後だった。つまり、立嶋は何者かに殺害されたことになる。

和馬は鈴木花という偽名をたどった必死の捜査で華と再会する事が出来た。そして、河川敷の事件現場の近くに落ちていたと、一枚の写真を渡す。写っていたのは巌が身につけていた錠前ネックレス。華は和馬に礼を言い、これ以上自分たちに関わらない方が良いと立ち去った。

マンションに帰った華は、尊たちに写真を見せる。すると、尊とマツはネックレスが本物かどうか確かめると言い出した。巌の錠前はマツが同じくネックレスとして身につけている鍵で開くのだ。“Lの一族”は巌の錠前ネックレスを盗むため警視庁へと侵入することになる。

警察官に変装した華たちは渉(栗原類)のてんとう虫3号、円城寺輝(大貫勇輔)の力も借りて遺留品保管室に潜入してネックレスを盗みことに成功する。マンションに戻った華たちが、マツの鍵で錠前が開くか試してみることに…。

以下ネタバレします。

巌の錠前

焼死体から、錠前が見つかった。和馬はその写真をもって、華を訪ねた。鈴木花で、華を何とか探し当てたのだ。

現場近くにそれが落ちていたといって、華に見せる。立嶋雅夫はおじいちゃんの偽装IDだと華が説明すると和馬はやっぱりそうかといった。

華は礼をいいつつ、もう私にかかわらない方がいいといって和馬のもとを去った。

華はその写真をもって家に帰ると、マツが、私が持っている鍵じゃないと開かない錠前だといった。結婚指輪の代わりに、巌がマツに贈ったものだという。

それが本当に巌のものか確かめるために警察に侵入して、錠前を盗み出そうと尊がいう。

 

警察への侵入

華と悦子は警察官に扮し、尊はジゴロのふりをして、悦子に捕まったものとしてやってきた。「サダキチはどこや~」マツは何かを探すおばあちゃんのふりをし、華に保護された人として警察官内部に侵入する。

華はテントウムシ3号を飛ばすと、渉が遠隔で遺留品保管室を探し出した。地下四階だと指示を出した。そこへ和馬の母美佐子が現れた。うまくやり過ごせない?かと思ったその時、円城寺が現れ歌を歌う。美佐子もそれにつられて歌いだしてしまう。

そのせいで美佐子はL一族だとバレずに済んだ。尊は遺留品保管の段ボールを見つけ出すと、錠前を盗み出した。しかし、そこへ入ってきた人間がいた。尊はテントウ虫3号を飛ばして、その様子を撮影する。

 

和馬の捜査

立嶋が死んだ場所で聞き込みを行ったとき、犯人の袖にも火がついていたと証言する人間が現れた。その証言をもとに、現場に足を向ける和馬は一枚の焼き残った布を見つける。

AD

そこへエミリから電話が入る。元警視総監である祖父が今日会えるというので、一緒に家に行ってほしいというのだ。

錠前は開く

AD

盗み出した錠前は、マツの持っている鍵であいてしまった。その中に収められていた写真を見て「華と和馬君じゃないか」という尊。それを見て驚く悦子。

「それは若かりし日のうちや」とマツがいう。「和馬に見えるのは、桜庭和一や。うちの初めての男や」と続けた。

昔の出来事

巌はと和一は仲の良い二人だった。巌は、和一がマツを好きだと知り、マツへの告白の後押しをした。不器用な男だったが、そこに惹かれて交際することになったという。

付き合うようになって、和一が警官一家だと知るとマツは気が遠くなった。「マツ、少々気が早いが、俺はマツと結婚すると決めている。卒業したら結婚しよう」というが、マツは結婚できないと思った。L一族の娘だったからだ。将来L一族をつぐために悪人の家に盗みに入っていたマツは、いつ別れを切り出すか悩んでいた。

AD

和一が剣道の試合に出るとき、巌はマツを送っていた。「ここでいい」とマツが言うその背中を見送る。すると、マツの叫び声が聞こえる。

駆けつける巌は一人の男とすれ違う。マツは顔に切られた跡が残っていた。「警察を呼ぼう」という巌に、いいのというマツ。

翌日、和一に会うと警察に行こうといわれるマツ。マツは首を振ると、「私はL一族の娘なの。だから、和一君とは結婚できない。ごめんなさい。」といって、去っていった。巌は、その現場を見ていた。

巌は、「和一にこのままでいいのか。好きだった気持ちは嘘だったのかよ」と声を荒げると「「今でも好きだ。でも、俺は警察一家の人間だ。L一族の娘と結婚できるわけないだろう」と悔しそうに叫んだ。

巌もまたマツのことが好きだった。何のために俺はマツちゃんのことをあきらめたんだと…「マツちゃんを襲った犯人は必ず俺が捕まえる」というと和一の前から巌は姿を消した。

そのあと、マツは大阪に拠点を移した。数年したころ、巌が目の前に現れたという。L一族に婿入りするためスリの腕を磨いていたという。

はなと似ても似つかないのは、整形したからだというマツ。自分からL一族といってしまったこと、顔の傷を見るたび巌が思い出すんがかわいそうやといった。

和一と巌

AD

一年前、和一と巌があっていた。「ついに見つけたぞ。あの日、マツを襲った犯人を。警察の手に負える相手じゃない。俺の責任だ、俺がかたをつける」と巌が言う。「待て」と声をかける和一。

「今日面白いものを見つけたぞ。わしの孫とデートして負った」といって、巌が差し出したのは、和馬の財布だった。「どうだ。二人は結婚できると思うか。」というと、二人はうまくいくわけないといった。

「賭けてみるか」というと、巌は和一のもとをさった。

AD

 

マツと桜庭一家

マツは、初めて和馬にあった日に和馬が桜庭家の人間だということに気づいていた。「心臓が飛び出るかと思った。だって、そっくりやったからな」と。

尊は、両親の話を聞いて、「父さんがなぜふらふら出歩いていたのかようやくわかった」とうと、華は「その犯人がおじいちゃんを殺したという事?」といった。

マツは、「そうかもしれんな。でも、わからへん。聞いても答えてくれへんかった」というと、尊が「母さん、この錠前はもちろん買ったものじゃないよな。」と聞くと「初めて二人で大富豪の家にお宝を盗みに行った時のもんや。当時、Lの一族にとられたと話題になった。ほかのお宝と比べて、これには何の価値もなかったけど、あの男がこれ気に入って」と、いった。「それで結婚指輪の代わりに?」と華がいうとマツはうなづいた。

尊は実に面白いといった。「これが盗品であればいづれ、死んだのはホームレスの立嶋ではなく三雲巌だと気づかれてしまう。その前に、その錠前を盗み出そうとした。渉映像を出してくれ」

渉が出した映像には、橋元エミリが遺留品の箱を探す姿が写っていた。

「犯人は、死んだ人間が三雲巌だということに気づいてほしくないんだろう。もし気づかれれば、L一族が躍起になり、犯人にたどり着く。元警視総監の巻栄介だ。」尊が言う。巌はマツを襲った犯人を60年間ずっと探してきた。ついに見つけたのは巻栄介で、一人で接触したところ殺された。

「和馬とエミリの結婚が仕組まれたことなら、何かあるのかもしれない。60年前のことをもみ消すために今でも人を殺す人間だぞ。和馬君が個の真相に気づいたときには消されてもおかしくない。このまま黙っている気はない。」尊はそういうと、悦子も天罰を下してやらないとといった。

 

巻栄一に挨拶する和馬

AD

巻に挨拶する和馬。「和馬に、エミリから話は聞いている。焼死体事件がタイミング悪く起きたらしいな。捜査一課に君を推薦したのは私だ」という巻栄介。「エミリの夫として上に上り詰めてもらわんと困る。犯人の目星はついたのか」と巻が聞くと、「いえ。でも犯人のものと思われる衣服の燃えカスを科捜研に調べてもらってます」と答えた。

AD

翌日、科捜研の結果を受け取ると驚く和馬。

和馬の結婚式

エミリが準備をしていると、巻栄介はエミリに「和馬からずっと目を話すな。奴らは絶対にやってくる」といった。「お色直しの時はさすがに…」とエミリが言うと、巻栄介は「口答えをするな」といった。

チャペルで愛の誓いをすると「本当に橋元えみりさんを愛してますか」と神父が聞く。首をかしげる和馬に神父は「あなたには別の運命の人が見えます」というと顔の仮面をはいだ。それは尊だった。

チャペルの2階から華が「和君」と呼びかける。いろいろな人の手を振り切り、華は和馬の手を取り逃げた。「これはどういう」と和馬が聞くと、和馬は気絶させられ、護送車にのせられた。

 

『ルパンの娘』10話感想

AD

原作とは結構設定が異なりましたね。確かに性的暴行事件はなかなかテレビでは表現できないか…

コメディーですしね。

本当は、和一が結婚した伸枝が暴行事件の被害者でした。額に大きな傷のあるおばあちゃん。それをずっと巌が追いかけてきたというのがストーリーで、和一と巌が、和馬と華を出合わせたのが原作です。

AD

でも、テレビドラマの方が、ドラマティックな設定でした。和馬と華そっくりな、和一とマツが時代を超えてあきらめた愛をつかむストーリー。

次回も楽しみですね。

それにしても、エミリがかわいそう・・・

 

『ルパンの娘』最終回あらすじ

AD

三雲華(深田恭子)は“Lの一族”の力を借りて、橋元エミリ(岸井ゆきの)との結婚式最中の桜庭和馬(瀬戸康史)を奪い返した。隠れ家のタワーマンションで、尊(渡部篤郎)が和馬にことの経緯を話していると、エミリの祖父、英輔(浜田晃)が部下たちとともに踏み込んで来る。英輔は和馬に結婚式場へ戻るよう命令。逆らおうとする和馬だが、英輔の部下たちに強引に連れて行かれてしまい、華たち“Lの一族”は拘束されてしまった。

結婚式場に和馬が戻されると、そこは報道陣で溢れていた。駆け寄って来た典和(信太昌之)に、和馬は英輔の手下たちのおかげで逃げ出すことが出来たと告げる。そして、後ほど詳細を説明すると報道陣をチャペルの中へ誘導した和馬は、典和から頼んでいた資料を受け取り控え室にいるエミリの元へ向かう。エミリには、美佐子(マルシア)巻栄一(加藤諒)が付き添っていた。

その頃、拘束された華たちは、英輔にマツ(どんぐり)との過去の因縁から巌(麿赤兒)を殺したことは許せないと責めていた。しかし、身動き出来ない華たちには、英輔の部下たちの銃口が向けられている。すると、悦子(小沢真珠)は命乞いを始め、尊に英輔の過去について知っていることを全て話すよう懇願する。尊はなぜ英輔が巌を殺害するに至ったか、その経緯を話し出す。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です