2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『ノーサイドゲーム』最終回あらすじネタバレ&感想 戦いの終結!アストロズと君嶋の結末は?


ドラマは2019年7月より日曜21時枠で放送されることが決まりました。原作は2019年にダイヤモンド社より発売されている、池井戸潤原作『ノーサイドゲーム』という同名小説です。

『集団左遷』の枠の放送となります。半沢直樹など視聴率をたたき出した池井戸潤原作の小説です。体当たりの演技力が魅力の大泉洋さん主演で面白くなりそうです。

原作ネタバレはこちら

 

『ノーサイドゲーム』最終回あらすじ

AD

カザマ商事買収の一件を収束させて常務に昇進した脇坂(石川禅)は、これまでの態度を一変させラグビー部廃止を公言。次の取締役会でアストロズの予算削減を提案するという。これが可決されればアストロズ は廃部に追い込まれてしまう。君嶋(大泉洋)は日本蹴球協会の専務理事・木戸(尾藤イサオ)にプラチナリーグの改革案を持ち込むが・・・。

一方、アストロズはサイクロンズとの全勝対決に向けてハードな練習に励む。ブレイブス戦で膝を負傷し た浜畑(廣瀬俊朗)も懸命なリハビリを続けていた。そんな時、君嶋は練習グラウンドに怪しい男性がいる との知らせを受ける。その男・赤木(櫻井翔)はいったい何者なのか。

そして、ついに決戦の日を迎える。

以下ネタバレします。

 

積み重なる課題

足を負傷した浜畑は、次のサイクロンズ戦には出られない。七尾の克服がサイクロンズ戦のカギとなる。

「日本蹴球協会をかえられないと黒字化できない。日本蹴球協会を動かせなければ次の役員会で予算を確保できない」という君嶋。「富永会長がいる限り改革は難しいだろう」と、柴門は言った。

君嶋は「木戸専務理事に話をするものの、会長が、会長がの一点張りで」というと柴門は、昔のことを話始めた。「木戸は昔、このままではこの国のラグビーの火が消えると危機感を抱いた。ワールドカップが起爆剤になると考え、周りが反対する中招致活動を頑張った。しかし、大きな政治力が必要だと気づき、政治家である富永を頼った。ラグビーのためなら、と木戸は富永に絶対服従したんだ」

赤木の正体

赤木はブルズの新しいGMだった。ほかのチームのGMに相談すると「アストロズさんのチーム改革を見習うべきだ」と口々に言うので、見学しに来たというのだ。ほかのチームのGMが変わり始めていると感じた君嶋。

木戸の葛藤

AD

木戸は、富永会長に君嶋のプランに目を通してほしいというが、富永はその必要はないといいゴミ箱へ君島のプランを捨ててしまった。しかし、木戸は会長が改革は必要ないといった。

あなたもそう思っていますか、と君嶋は木戸に確認した。

「わが社では次の取締役会で大幅な予算削減が提案され、事実上の廃部に追い込まれます」と君嶋は続けた。「この議案を止めるには蹴球協会の改革が必要なんです」というと、木戸は悔しそうな顔をしながら「ですから、会長が…」と声を絞り出した。

「会長に聞いてるんじゃない、あなたに聞いているんです。木戸さんあなたは改革が必要だと思ったんですよね。反対を押し切ってワールドカップを誘致したんですよね、でも本当に大事なのはそのあとですよね。」というと、木戸は「私だってわかっています。あなたの改革案も見ました。でも改革をするには大きな力が必要なんです、政治の力が。」と声を荒げた。

木戸に、最後のページを見てくださいと君嶋は言った。何人かのGMが賛同しようとしてくれている。改革の芽が芽生えようとしていますと君嶋がいうと、「富永会長に反旗を翻すなんて、、、」と木戸が言うと君嶋は、「我々意外に誰が日本のラグビーを守るんですか。お願いします。木戸さんアストロズと日本のラグビーを助けてください」と頭を下げた。

脇坂との対決

脇坂に会うと「考えは変わったか?状況を読め。これは負け試合だ。ラグビー部など必要ない」というと君嶋は「私はアストロズのGMです。彼らを守ってみせます。どんな手をつかっても」というと脇坂は、「残念だ。お前もアストロズも終わったな」といった。

役員会までの2週間、君嶋は風間社長と脇坂の関係性を調べていた。脇坂と風間は出身高校が一緒だったのだ。

サイクロンズ戦に向けて、戦うことを誓うという選手たちを目の前に、君嶋は役員会に命を懸けて絶対に戦うといった。

取締役会

AD

脇坂は14億の予算を7億に減らす提案をした。その理由が蹴球協会が企業チームの金を使って採算の取れない運営を改善しないことを指摘し、プラチナリーグに参加ができなくても仕方がないといった。

過去36年、450億円以上投資してリターンなし。この議案にご賛同いただけますようによろしくお願いいたしますといった。

社長は現場の意見を聞こうといい、君嶋を指名した。君嶋は、ここ2年でサイクロンズと優勝争いができるようになるほど成長したと強調した。蹴球協会の件を指摘されても仕方がないが、地元のファンも含め、コストで切り取れない。アストロズの価値は数の集まりではなく、人の集まりだと説明した。

しかし、脇坂も攻撃の手を休めない。「今の蹴球協会は会長である富永の独裁体制だ。少なくとも、会長を解雇できないのであれば変わらない」と主張した。そこに電話が入ってきた。

富永会長が蹴球協会会長を解任されたのだ。

AD

それを聞き、トキワ自動車の社長は「これで大きく変わるな」というと、脇坂は「14億ですよ」と声を荒げた。社長は「脇坂。会社は営利目的の組織であると同時に社会的存在でもある。ともに喜びあえる存在であるべきで、それをアストロズが担ってくれるならそんなにうれしいことはない。みんなはどうだ」というと、拍手が沸き起こった。

「今日最後の議題だ。コンプライアンスに関する報告とのことだ」と社長が言うと、脇坂は「アストロズの議題は終わったんだ、出ていけ」と声を震わせながら言ったが、社長は「君島君にはまだここにいてもらおう。今回の議案は君嶋君から私へあてられたものだ。では、君嶋君頼む。」といった。

 

もう一つの議題

「カザマ商事の買収案件で、新たにコンプライアンス上の問題が発覚したので報告いたします。風間商事の隠ぺい工作である人物が深くかかわっていることが発覚しました。風間社長のバンカーオイルが白水商船の事故の原因であると気づいた際、深くから交流のあるその人物に相談し、今回の隠ぺい工作を提案されたといっております。」

「裏で指図していたということか?」社長がそう聞くと、君嶋はその通りですと答えた。

「その指示に従い、オイルに問題があることを隠したままカザマ商事の買収案件を当時常務であった滝川常務へ持ち掛けた。そして、その指示を出した人物は、買収の直前にこの問題を指摘し、滝川さんを失脚させた。そして、自らはこの立役者としてトキワの取締役に昇進したのです。以上の話に間違いありませんよね?脇坂常務。あなたはこのタンカー事故を出世の道具に使った」

AD

そこまで君嶋が言うと、「君嶋。これは何の冗談だ」と脇坂は立ち上がった。「アストロズを廃部にしようとした私へ嫌がらせか。根拠もなく下らんことを言うな!」といった。

「根拠もなくこんな話はしません。今回の件を知る人物を証人としてお呼びしました。」と君嶋は言った。

風間と滝川と君嶋

AD

君嶋は滝川と風間に会っていた。滝川は風間に「お前はその男のことを全幅に信頼していたんだろう。でも買収案件が流れた。今回の件で得をしたのはその男一人だ」と話した。

君嶋は「実は、今回の隠ぺい工作を暴いた証拠に、あなたの銀行口座のコピーがありました」と伝えた。滝川も「自分の口座の明細を誰に渡したか覚えているだろう。そいつは信頼を裏切り、私を失脚させる道具として、そのコピーを使ったんだ。利用できる捨て駒だった」というと、風間は「脇坂」と大声で叫んだ。

証人は風間社長

「何を聞かれても答える。買収、データ偽造もすべてこいつの指示でやりました。」と脇坂を刺して風間社長は言った。君嶋は今まで尊敬してきたといったが、それが全て自分の出世のためだけだったことを指摘した。

「正々堂々とぶつかることもできないトキワの未来を語る資格はない。さっさと出ていけ」と君嶋は怒りながら言うと、島本社長(トキワの社長)も「弁解の余地がないようだな」というと脇坂はその場に座り込んでしまった。

サイクロンズ戦

「最期の試合の円陣で、柴門が君嶋に「君嶋、いままでよくアストロズを守ってくれた。ひとこと声をかけてくれ」というと、君嶋は「最初ラグビーは大嫌いだった。どうしてこんな泥臭いスポーツに夢中になるのかわからなかった。だが、君たちがラグビーのすばらしさ、人生のすばらしさを教えてもらった。アストロズに出会えてよかった。私はラグビーが大好きだ!ラグビーを愛する人たちが集まってるぞ。君たちのラグビーを見せてくれ、勝ってくれ。今日ここで、君たちに最初に出会ったときの約束を果たそう!優勝だ!」

ついにサイクロンズ戦が始まった。会場は満席。ライブビューイングも満席だ。

七尾がラックに入れないことを想定したジャッカル戦、里村をスクラムハーフとして限定して使うのではなく、攻撃のかなめとして使うことで、攻撃人数が1人多くなるという戦略だ。オールラウンダーが多いサイクロンズだからこそできる攻撃だ。

専制ははサイクロンズ。しかし、ラックに入れない七尾がラックに入った!七尾が怖さを克服したのだ。

AD

しかし、七尾の攻撃を封じ込める戦略も万全のサイクロンズ。前らがやってくるのが全部わかってるのがサイクロンズだ」と里村が七尾と佐々にいった。

前半戦は26対6で大差をつけられた。

七尾を下げずに浜畑を入れる

君嶋は浜畑の脚を心配した。「今後の選手生命にかかわるんじゃないか」というと、「今後。そんなもんはありません。俺の選手生命は今日で終わりです。アストロズがここまでこれたのは、あなたのおかげです。俺も、あなたに会えてよかった」と浜畑が言った。

君嶋は浜畑を呼び止めて抱きしめた。

浜畑は七尾に「司令塔は、指令出すだけやないんや。この点差やったら負けるかもって思ってるやろ、そういう奴らにかてるかもっておもわせるんにはどうしたらいい」と話しかけた。どうやって・・・という七尾に浜畑は答えた。

「簡単や。数字を2点差まで詰めたらええんや。お前には大きな武器があるやろ。あいつらが届かんところから蹴ったったらいい」

ダブルスタンドオフ

浜畑にマークがつけば、七尾中心にゲームを進め、七尾にマークがつけば浜畑中心にゲームをすすめる。攻撃パターンが2倍に増えるという柴門。そのあと、浜畑のキックからの七尾がドロップゴールを七尾は2本立て続けに決めて、15対26まで追い詰めた。

チーム全体勝てると思い始めたころ、サイクロンズは七尾のドロップゴールを阻止しようとした。その裏を欠いて、浜畑は多彩な攻撃を仕掛けていった。両者一歩譲らずの攻撃が続いた。

AD

そんな時浜畑が足を負傷した。そこへ駆け寄ったのは里村だ。それでも浜畑はゲームに出続けた。残り2分、あと1トライで逆転を決められる。あとワンゲームでノーサイドのところまできた。浜畑は足を引きずりながら、最後のノールックパスを出した。

『七尾とってくれ・・・』

ボールはライン付近でバウンドし、もうだめかと思ったとき、七尾がキックでそのボールを拾い上げて、トライに向けて走った。勝利したのは、アストロズだ。

試合終了後サイクロンズとアストロズの選手はお互いを讃えたった。監督同士も手を握り合った。

アストロズのその後

君嶋は本社へ復帰し、部長としてアストロズを見ることになった。新しいGMは浜畑。

そして、滝川が練習場に顔を出した。

君嶋と滝川は木陰に座って話をした。君嶋は「ラグビー部はこの会社に必要なことか、ラグビーはこの国に必要なのかと滝川さんに言われたことがあります。今世の中は理不尽がまかり通る時代になっています。だからこそ、ラグビーの様なスポーツが必要なのかもしれない。ノーサイドは、日本だけでしか通用しないことかもしれない。今この世界だからこそ必要なんだと思う。」というと滝川もそうだなと答えた。

AD

もし、日本が世界と互角に戦うことができるようになれば、この尊い精神を世界に伝えることができるかもしれない。それこそが君の使命なのかもしれないな。

 

『ノーサイドゲーム』最終話感想

AD

終わってしまいましたね。本当にいいドラマでした。

浜畑役の廣瀬俊朗さんは、元日本代表選手だったようですが、演技が自然でしたね。関西弁がなんとなく不自然なところもあったけど…泣いたところを思い返せばすべて廣瀬俊朗さんのところでした~

もう引退しちゃってるんですもんね。ワールドカップ見たくなりましたが、出てないんですよね。これから先も活躍してほしい!

 

 

 

 

 

 

 

『ノーサイドゲーム』原作あらすじ

気になる方はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です