2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『それぞれの断崖』7話あらすじネタバレ&感想 加害少年の少年院退所と家族の在り方


ドラマ『それぞれの断崖』は2019年8月よりフジテレビ系土曜23時40~枠で放送されることが決まりました。

原作は小杉健治『それぞれの断崖』という同名小説です。

本当は原作を先に読んでから、と思ったのですが間に合わなかった~理由は書籍が売り切れてしまっていたからです。今読んでます…(笑)。明日には原作アップしますね。ドラマの原作を読むようになり、いろいろな作家の文体を見てきましたが、小杉さんの文体はかなり読みやすいです。それに、ストーリーに無駄がありません。機微な感情の動きもディテールも描かれており、原作も楽しみです。

『それぞれの断崖』イントロ

家庭内暴力をふるう不登校の中学生が殺害された。加害者は、13歳の同級生。

殺人を犯しても少年法で守られていて罪には問われない。悲劇の夜、「被害者の父」は酒に酔い、怪しげな店で遊んでいたことが発覚。妻や娘たちに恨まれ、警察からも疑いをかけられる。加えて、加害者少年への怒りを爆発させたことで、人でなし呼ばわりされ、世間からの容赦ないバッシングを受ける。

職を失い、家族の絆が綻び、やり場のない怒りを抱えた「被害者の父」。生きる支えは、息子の無念を晴らすこと。矛先を向けたのが「加害者の母」で、儚げな美しさをもつ、シングルマザーだ。法律に守られた少年の行方や、殺人を犯す少年を育てた母親の動向を知るために、怒りと復讐心から己を偽り近づいてゆく。だが運命は、皮肉だった。

主役となる「被害者の父」、志方恭一郎を演じるのは遠藤憲一。この春、月9「ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~」で見せた、ダメ父も心温かで男気のある役柄から一転、「被害者の父」と「加害者の母」が惹かれあう、という複雑な役どころを、円熟味を増した遠藤がどう演じるのかが注目だ。

社会派ミステリーの名手×遠藤憲一

原作は、社会派ミステリーの名手・小杉健治が描く「それぞれの断崖」。重厚な人間ドラマを描く第一人者と、人間の心の機微を演じたら右に出る者のいない遠藤憲一が、去年2月のオトナの土ドラ「家族の旅路」に続き、がっぷりと組み合う。

『それぞれの断崖』相関図

スポンサーリンク

『それぞれの断崖』7話あらすじ

スポンサーリンク

覚悟を決めて二人で満を受け入れよう――決意を固めた志方(遠藤憲一)とはつみ(田中美里)に、弁護士の若菜(内田滋)が怒りの表情で告げた。
「あなた方は一体何を考えているんですか⁉」
殺人事件の被害者の父と加害者の母が不倫の末、犯人の少年を迎え入れるという前代未聞の事態が週刊誌にすっぱ抜かれ、世間の大きな注目を集めていた。満の更生と社会復帰を第一に考えるなら絶対に別れるべきだ、と強く主張する若菜だったが、二人の気持ちは変わらない。困難な道のりでも、覚悟を決めて進みたいと強く思う二人だった。

そのためには、満に二人の関係を話さなければならない。少年院で満(清水大登)に意を決して打ち明けるはつみ。「…母さん、好きな人がいる」「どんな人?」「…志方恭一郎さん。恭介君のお父さん」――満の笑みが消えた。

満の退院の当日。志方は、はつみのアパートを訪ねる。志方が部屋へあがると、満がそこにいた。視線がぶつかる。思わず満を食い入るように見つめる志方。満が突然口を開く。
「僕のことが憎いんでしょ?」
「ああ、憎い」
「恭介君を殺した僕を、許してくれるんですか?」
いざ犯人の少年を目の前に、どれだけ覚悟をしても憎しみの感情が溢れそうになる。
「いつか、許せる日がくればいいと思う」声を絞り出す志方。

志方は、満とはつみと共に、雪子(田中美佐子)のもとへ謝罪に訪れる。満を憎しみの目でにらみつける真弓(仁村紗和)と真紀(永瀬莉子)。「恭介(渡邉蒼)はこの部屋でずっと生きていたの。よく見ておきなさい」雪子は、遺影に向かって謝罪の言葉を口にする満に、絶対に自分の犯した罪を忘れないで、と告げ、そして問いかけた。
「なぜ恭介を殺したの…」
「…恭介君を失いたくなかった。失うくらいなら、いなくなった方がいい」
満の最後の一言は、志方に向けられたものだった…。

引用:公式hp

以下ネタバレします。

殺した僕を許せるのか

そんな言葉に、こわばった顔で許せる日がくればという志方。しかし、カレーライスを食べるスプーンを志方は満に渡した。満はそれを受け取り二人とも黙ったままカレーライスを食べ始めた。

帰り際、はつみに「あんな言い方しかできなかった」という志方に、いつかは向き合わなければならないことといった。

満ははつみが自分より志方を愛しているのではないかという嫉妬の目を向けていた。

 

志方家に謝罪に行く満

少年院から退所した満は、志方家に行くと雪子に「八巻満さんね」という。その目には憎しみが込められていた。

家の売却を目前としたがらんとした家。満は、恭介の部屋に案内された。

恭介の遺影に手を合わせる満とはつみ。お詫びをするはつみ。

雪子は「恭介の部屋よ。ここでずっと生きていた。よく見なさい。恭介はここで生きてきたの。忘れないで。恭介のこと」と強く言った。はつみは恭介のご冥福を祈り続けますというと、満は遺影に向かって「恭介ごめんな。ごめん、ごめんな…」と謝り続けた。

雪子は「一つだけ聞きたいことがあります。どうして恭介を殺したの。このままじゃ私の中で終わらない。教えてください」と強く言った。

満は、ぽつりぽつりと話し出した。

「立派な家もあってお金もある。両親もそろっていて家族もいる。僕にないものを全部持っていて、でも、恭介君は悩んでいて。大人は勝手だ。誰も信用できないとか、僕と同じ不満を持っていて、何でも話せる友達になっていました。だけど、彼女ができると僕を忘れたみたいになって、許せなかった。誰にも恭介君を渡したくなかった。失いたくなかった。失うくらいなら、いなくなった方がいい…だから刺しました。だから、恭介君を殺しました。」

そこまで言うと雪子は「そんなことで殺したの。やめて!」というと部屋から出ていった。

満は振り返ると、「大切な人を失うくらいなら、いなくなった方がいい」と志方に言った。

 

『それぞれの断崖』7話感想

スポンサーリンク

被害者のプライバシーってここまで守られないのでしょうか。今回のような特殊なケースはネタにしてくれと言わんばかりの内容ですもんね。はつみにはちゃんと向き合うといい、恭介の心次第といっていたけれど、志方こそ自分の感情に向き合えていないような感じでしたね。

うーん、志方はこんなに許せないのに、一緒に暮らせるのかしら。。。

カレースプーンを渡すシーンはちょっと頑張っている感じは出ていたけれど。

満は嫉妬深いんですね。最後の「大切な人を失うくらいなら、いなくなった方がいい」という言葉と、次回予告ではつみを刺そうとしている満。

スポンサーリンク

階段から落ちるはつみ。

今回更生できたのは、自分へ愛情が向いたからだと思うんですけど、志方がいるとしった満は気が動転していましたよね。雪子に発した言葉からも、更生はできてなさそうです。

そもそも、嫉妬心や、衝動的な情緒って治るものなのでしょうか?幼少期の環境によって形成された人格でもあるとおもうので、2-3年で更生できるようなことではないと思うのです。

更生指導って、どういうことをするんでしょうね。

 

『それぞれの断崖』最終回8話あらすじ

少年院を退院後、母・はつみ(田中美里)と暮らし始めた満(清水大登)。志方(遠藤憲一)は、時々顔を出しては社会復帰のための手助けをしていたが、満は一向に心を開く様子がない。さらに、買い物に出れば、「やっぱコイツだよ」「マジ?同級生殺しちゃったの?」とネットに流出した写真を見た少年たちに絡まれるなど、心落ち着かない満。わかっていたことだが、やはり世間の目は厳しい――現実を思い知らされる。しかし、志方にいったい何ができるのか。被害者の父が加害者の父になることなどできるのだろうか…。

そんな満を三崎海岸の砂浜に連れ出した志方とはつみ。2人を前に志方が口を開く。
「…恭介とここに来たことがあるんだ」
生きていくのは辛いね、と父に本音を吐露したその翌日、恭介(渡邉蒼)は満に殺された――。もっと生きているうちに息子と本音で話をしたかった…。後悔を口にする志方、罪悪感に何も言えない満。気づまりな空気を変えようと、はつみは「せっかくだから、みんなで写真撮ろう」と提案。笑顔のはつみ、仏頂面の志方と満。初めての3人の写真だ。

はつみのアパートを刑事の角田(清水伸)が訪ねる。14年前に別れたはつみの元夫、満の実の父親が事故死したと言う。最近では、刑務所を出たり入ったりの札付きの男だったので一応調べている、と。
話を聞いた満は動揺する。会ったこともない父だったが、いつかは会えると信じていたのだ。でも…「父さんが死んだのは悲しいけど、母さんがいればいい。おじさんと暮らすのは嫌だ」満の目に狂気が宿る。志方と別れるか、あるいは自分と死ぬか…包丁をつかみ、はつみに突きつける。「覚悟があるのなら…刺しなさい」はつみがひるまずにじり寄ると、満は外へ飛び出す。後を追ったはつみは、満に手を振り払われたはずみで階段から転落、頭部を強打し意識不明に陥ってしまう。

その頃、志方は、雪子(田中美佐子)と2人の娘と家族4人で久しぶりに集まっていた。「来月には式を挙げるから」と志方に結婚式への出席を頼む長女・真弓(仁村紗和)、恭介の事件以来いろいろ考えることがあり「法学部を受けようと思う」と話す次女・真紀(永瀬莉子)を、「いいんじゃないか」と嬉しそうに見つめる志方――。

少年犯罪が生んだ、残酷で数奇な運命に翻弄される人々。
待ち受ける未来は、希望か絶望か…。
慟哭の最終回!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です