2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『ルパンの娘』9話あらすじネタバレ&感想 最後の事件?三雲巌が死ぬ!


ドラマ『ルパンの娘』は2019年7月よりフジテレビ系木曜22時~枠で放送されることが決まりました。原作は2015年に講談社より発売されている、『ルパンの娘』という同名小説です。

視聴率がひと桁続きと不振だった『ストロベリーナイト・サーガ』の枠での放送となります。シリアスな雰囲気のミステリーから一新、コメディタッチのミステリードラマです。

小説のあらすじをまとめています。

>>> 横関大原作『ルパンの娘』あらすじ走り読み!

>>> もっと詳しく!よくわかるあらすじ!

『ルパンの娘』1話あらすじ

『ルパンの娘』2話あらすじ

『ルパンの娘』3話あらすじ

『ルパンの娘』4話あらすじ

『ルパンの娘』5話あらすじ

『ルパンの娘』6話あらすじ

『ルパンの娘』7話あらすじ

『ルパンの娘』8話あらすじ

『ルパンの娘』相関図

 

『ルパンの娘』9話あらすじ

AD

三雲華(深田恭子)は、よりにもよって愛する桜庭和馬(瀬戸康史)に手錠をかけられ逮捕されてしまった。護送されるパトカーの中、華は和馬から贈られて来た愛に想いを馳せる。

和馬は無事に捜査一課への異動が決まる。だが、和馬はこの異動に疑問を持っていた。そこで和馬は橋元エミリ(岸井ゆきの)と会う。そして、元警視総監のエミリの祖父に今回の人事の裏に何かあるか聞き出して欲しいと頼んだ。だが、エミリは祖父と話など出来ないと、和馬の依頼を断る。エミリは、交際して欲しいと言う自分の願いへの和馬の答えを聞いて来た。和馬は、誰かを好きになる事は二度とないと告げる。

一年後、三雲家のタワーマンションに、尊(渡部篤郎)悦子(小沢真珠)渉(栗原類)マツ(どんぐり)が戻って来る。相変わらず同じマンションの住人たちから高級食材を盗む泥棒三昧の家族たちだ。一年経てば“Lの一族”など、世間は忘れてしまっていると尊たちは余裕を持っている。

一方、一年前は華への想いから恋を諦めようとしていた和馬は、なんとエミリと婚約し、結婚式への準備を進めていた。また、和馬は捜査一課で新たな事件捜査に乗り出す。飲食店で働く女性が二人連続で、いずれも三人組の男たちに連れ去られるという事件だった。捜査会議後、和馬は久しぶりに巻栄一(加藤諒)と会う。エミリと婚約したことに巻も驚いていた。和馬は、なぜ自分がエミリに心を開くことになったのかを、巻に話し始める。

逮捕されたけど・・・

和馬とあったという円城寺が、実はパトカーを運転していた。そこに待機していたのも偽の警察官だったのだ。和馬は「華にしてあげられることはこれだけなんです。華を守ってあげてください」と和馬がいったと円城寺は話をした。

もう二人とも苦しまなくていいと円城寺は言う。

華が身を寄せる邸宅を用意する円城寺は、そこに当面の食料と着るものを運び込んでくれた。それでも悲しそうにする華。

円城寺は後ろから抱き着いて「僕じゃダメなのかい。好きだ。ガキの頃からずっと」といった。

華は冗談だよね、といったが、これはマジのやつだから、と円城寺は答えた。

 

捜査一課への異動

和馬は捜査一課へ異動。L一族の逮捕に失敗したのになぜ?という疑問が和馬の中に生まれた和馬はエミリを呼び出した。元警視総監のおじいさんに、人事の裏側を知っていれば教えてほしいといったが、エミリはうつむいたままおじいさんに気軽に話しかけられないと答えた。

わかりました、という和馬に、「私のことを見てほしいといった返事を聞かせてほしい」とエミリ。

AD

これから先誰かを好きになることはない。ごめんなさいと和馬は頭を下げた。

 

1年後

AD

和馬はエミリと婚約をしていた。そして、L一族もまた元のタワーマンションに戻ってきた。1年もたつと、だれも覚えていないと余裕のL一族。売られていた戸籍はすべて訳ありの人間だ。ほかの人の人生なんて生きるなんてもううんざりだといった。

華は円城寺の誘いを受けて、出かけていた。円城寺は、華をチャペルに連れて行った。そこで、円城寺は歌いながら華にプロポーズをした。はなの心の中に彼がいることはわかっている。この先ずっとそれは変わらないだろう。和馬を想う華ごと受け止めるといった。イスタンブールにすぐに行かなければならない。ついてきてくれないか?そして、日本をたつまでに返事が欲しいと円城寺は言った。

そのころ、エミリと和馬も結婚式場を訪れていた。ニアミスですれ違う華と和馬。和馬は、そこで上がってきたばかりの婚約指輪を取り出し、サイズの確認をしてほしいという。エミリはつけてください、と手を差し出した。そして、こんなに幸せだったことはないというと涙を流した。

和馬はそんなエミリを抱き寄せ、これからもよろしくお願いしますといった。

AD

捜査一課と巻の話

捜査一課では今月に入ってから2件女性が連れ去れれる事件に当たっていた。犯人は3人組の男とみられているという。捜査会議の後、巻と会う和馬。

まさか、和馬と親戚となってしまうなんてなと巻は言った。

和馬は、なぜエミリに心を開いたのか話し始めた。

もう誰も好きにならないと告げた和馬にエミリは、「かまいません。あの人を想い続けるあなた事受け止めます。」といったのだ。あの恋を断罪することなく受け止めてくれる人もいるんだと思った。そう巻きに伝えた。

巻はそんなことがあったのかといいつつ、「うちでノンキャリなのは俺だけだから、みじめなもんだ。これからが大変だぞ、和馬」といった。

捜査を進める中で、二人とも変な客から指名を受けていたという。行き過ぎた行為から出禁になった二人は、それでも女のもとに通い続け店とトラブルになっていたという。しかも、その二人はSNS上でつながっていた。

そこには、それぞれ標本をつくろうと書かれていた。男が3人組であることを考えると、被害者があと一人生まれる可能性があると睨む和馬。

 

巌と出会う華

AD

みんな戻ってきたからおじいちゃんも戻ってきてよという華。本当に欲しいものは自分で盗めという巌。

盗むことで何かを変えられる日が来るっておじいちゃん言ったよね。でもみんなを傷つけただけだった。戸籍も帰ることになって、三雲華としても生きられなくなった。盗むことで大切なものをすべて失ってしまったんだよ、おじいちゃんもすべて失う前に泥棒をやめて帰ってきて。

華はそういうと、巌は答えた。

AD

「泥棒として生きると決めた時からすべてを失う覚悟はできている。」

円城寺プロポーズへの返事

華は結婚はまだ考えられないけれど、もしそれでもいいのならついって言ってもいい?と華が言うと、円城寺は飛び上がって喜んだ。

僕は華を悲しませたりしないという。はなの笑顔を一生守り続けるよといった。

家に帰ると翌日イスタンブールに立つという華はすぐに荷造りを始めた。

翌日、空港へ向かう途中華は何者かに連れ去られてしまった。華は手足を縛られ、一酸化炭素のガスをひねられた部屋に放置されてしまった。

しかし、渉は華を心配してテントウムシ3号を付けていた。場所を追跡しようとしたが、シグナルが途絶えてしまった。

和馬はエミリの家へ

AD

和馬がエミリの実家へ行くとエミリの父は和馬へ感謝した。エミリは和馬と付き合うことによって、明るくなったという。そして、祖父の巻栄一が誰より和馬と結婚することになったことを喜んでいると伝えた。

和馬は、なぜノンキャリの俺をキャリア一家の長が気に入るのか謎だった。道端で男にぶつかられる。その手首の入れ墨を見て、和馬はエミリに「ごめん」といって駆けだした。その入れ墨は今和馬が追っている事件の犯人にもあった入れ墨だったからだ。

AD

和馬は廃屋にやってきた。しかし、鍵がかかっている。

そこにいたのはもちろん華だ。和馬は「大丈夫ですか?」と聞くと、「あなたは?」と聞き返す華。「捜査一課の刑事です。今助けを呼んでいます。」という声をきき、それが和馬であることに気づく。

華は、和馬の話を聞きながら、一酸化炭素中毒で眠ってしまう。

そこへ犯人が戻ってきて、和馬は華麗にもまとめて逮捕するが…もう華は眠るように死んでいると犯人が言う。カギを奪うとすぐに扉を開け、中にいた華に駆け寄る和馬。「もう大丈夫だよ、華」

眼を覚ますと家

華は目を覚ますと家にいた。ニュースが流れていた。立嶋郁夫という名の男が焼死体で発見されたというニュースを見ると、尊は「親父が死んだ。殺されたんだ」とつぶやいた。

 

『ルパンの娘』9話感想

AD

原作とは大きく違ったストーリー展開でしたが、立嶋郁夫がついに出てきましたね。それを見て、尊が「親父が死んだ」といいましたが、小説では渉のセリフでした。

立嶋郁夫は、ホームレスでしたが、その指紋などを警察のデータベースをハッキングして渉が巌の顔と指紋に書き換えていたのです。焼死体なのは、身元が割れないためのものでした。

AD

原作だと、立嶋郁夫が死ぬところから始まります。それは巌のことであり、泥棒一家としては、警察に近づくことになってしまうため調べられない、葬式も上げられないというところからストーリーが展開されます。

小説では、めぐりめぐって巌ではなく立嶋郁夫なんですけど、殺人者は巻栄一。その事件の真相は、元警視総監の巻栄介が学生時代に犯した性犯罪事件が発端でした。

性犯罪の被害者は、小説では生きていたんですが、ドラマでは死んだことになっている和馬の祖母です。和馬の祖母は最初華の祖父、巌を好きだったが巌は親友である和馬の祖父和一にその恋を譲った。

しかし、ある夜事件が起きて、商社に内定していた巌は就職せずこの年になるまでその犯人を捜していたのだ。巌はついにその犯人にたどり着き、謝罪を求めたのだ。しかし、巌は用心深く、背格好の似た身代わり立嶋郁夫を用意していた。

巌は立嶋に指示を出し、謝罪を要求するように言ったが、巻栄一は金を払うといった。金に目がくらんだ立嶋郁夫は、巻栄一と勝手に待ち合わせ、金を要求した。そして、巻栄介に殺されてしまったのだ。それを見ていた巌は、その遺体の顔をつぶし(身元が割れないよう)偽装工作をします。

巻栄介の事件は巻栄一の自供でバレるわけですが、その舞台が結婚式…エミリ可哀そう。

この長い展開、ドラマでどうまとめられるのでしょう?

『ルパンの娘』10話あらすじ

AD

“Lの一族”に衝撃が走る。三雲華(深田恭子)の祖父、巌(麿赤兒)が死んだのだ。ニュースで流れた河川敷で発見された焼死体の立嶋雅夫は、尊(渡部篤郎)によると巌の偽装IDの名前だと言う。ショックを受ける華、そして信じようとしない悦子(小沢真珠)マツ(どんぐり)も尊は簡単には死なないと言うのだが…。

桜庭和馬(瀬戸康史)は焼死体事件の捜査に着手。すると、死体について新たな報告が入る。立嶋の直接の死因は鈍器のようなもので殴られたことで、焼かれたのはその後だった。つまり、立嶋は何者かに殺害されたことになる。

和馬は鈴木花という偽名をたどった必死の捜査で華と再会する事が出来た。そして、河川敷の事件現場の近くに落ちていたと、一枚の写真を渡す。写っていたのは巌が身につけていた錠前ネックレス。華は和馬に礼を言い、これ以上自分たちに関わらない方が良いと立ち去った。

マンションに帰った華は、尊たちに写真を見せる。すると、尊とマツはネックレスが本物かどうか確かめると言い出した。巌の錠前はマツが同じくネックレスとして身につけている鍵で開くのだ。“Lの一族”は巌の錠前ネックレスを盗むため警視庁へと侵入することになる。

警察官に変装した華たちは渉(栗原類)のてんとう虫3号、円城寺輝(大貫勇輔)の力も借りて遺留品保管室に潜入してネックレスを盗みことに成功する。マンションに戻った華たちが、マツの鍵で錠前が開くか試してみることに…。

2019.9.12 UPDATE

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です