2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『偽装不倫』第9話ネタバレあらすじ&感想 鐘子のこと忘れてしまったの!?


杏さん主演のドラマ『偽装不倫』第9話のネタバレあらすじ&感想をまとめてみました。

脚本:衛藤凛

演出:鈴木勇馬、南雲聖一

主題歌:milet「us」

以下『偽装不倫』第9話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『偽装不倫』第9話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

『偽装不倫』第9話までのおさらい(一部ネタバレあり)

主人公の鐘子(杏)は婚活をやめる!と宣言し、博多へ一人旅に行く。そして飛行機で偶然隣り合わせた丈(宮沢氷魚)に、ひょんなことから自分は既婚者だと嘘をついてしまう。

丈からこの旅の間、“僕と不倫しませんか?”と誘われ、男女の仲に…。

一度は丈と会わない、と決意した鐘子。しかし、博多ホテルの部屋に姉・葉子の結婚指輪を忘れてしまい、それを丈が預かっていることが発覚。再び、東京で再会する2人だが、鐘子はなかなか自分が本当は独身だと言い出せず、そのまま逢瀬を重ねてしまい、岩手旅行に行く約束もする。

しかし、岩手旅行当日。待ち合わせの場に向かい、丈に会う直前で、葉子の夫・賢治が忘れ物を届けに来る。賢治を鐘子の夫だと勘違いした丈は黙って立ち去ってしまった。

丈は実は脳腫瘍を患っており、余命わずかだと察知していた。最後に素敵な恋がしたいと願いながらも、自分が死んだあとに独りぼっちにさせたくないと考え、既婚者である(と丈は思い込んでいる)鐘子に声をかけたのだった。ひとときだけの恋のつもりであったが、丈は本気で鐘子のことを好きになっていた。鐘子ともっと生きたいという気持ちが生まれ、丈はスペインで手術を受けることを決意する。

ついに鐘子は自分が独身だということを丈に打ち明けたのだが、手術が失敗したら鐘子を悲しませることになると考え丈は遊びだったと言ってスペインに出発した。

一方、鐘子の姉・葉子はイケメンの賢治と3年前に結婚。非の打ちどころがない幸せな家庭に見えるが、実は葉子は風太というピンク色の髪をした若い男の子と不倫をしていた。自分は賢治の子どもを産むための人生の“コマ”でしかなく愛されていないと感じていた葉子は風太に恋をし、2人は本当に愛し合っていた。しかし、それは賢治に気づかれてしまい、葉子は風太と会わない決意をしたのだった。

>>>さらに詳しいあらすじはこちら

 

『偽装不倫』第9話ネタバレ

スポンサーリンク

鐘子(杏)と丈(宮沢氷魚)の別れから2ヶ月。丈が手術を受けるためにスペインに帰ったとは知らない鐘子の日常は、すっかり以前のお一人様生活に戻っていた。そして、風太(瀬戸利樹)との不倫に終止符を打った葉子(仲間由紀恵)もまた、賢治(谷原章介)との表面上は平凡な結婚生活を送っていた。

ある日、鐘子は仕事で顔を合わせるようになったワイナリー会社の藤堂(桐山漣)からランチに誘われる。ワイナリーの御曹司で爽やかな藤堂に興味津々のまさ子(田中道子)も加わる中、藤堂と食べ物の話で意気投合する鐘子。その様子を見たまさ子は、藤堂が鐘子に気があることを見抜き……。まさ子はいまだに丈のことを引きずる鐘子に「男の傷は男でしか癒せない」と新しい恋に向けて背中を押す。

その夜。部屋で一人丈のことを思い出す鐘子の元に、葉子がやってくる。お互いに好きな人のことを忘れられない胸の内を察する二人だが、その時、鐘子に藤堂からデートの誘いのメールが届く!葉子からも新しい恋を応援された鐘子は、藤堂の誘いを受けることに…。

日曜日。軽やかな足取りで藤堂とのデートに向かった鐘子は、飾らない性格の藤堂とすっかり打ち解ける。そんな鐘子に、藤堂は積極的にアプローチをして……。

一方、賢治が不在の休日を過ごす葉子は、美容室に来ていた。思い切って長い髪を切ろうと決めた葉子の目に映ったのは、懐かしいピンク髪の風太の姿だった……。

そんな中、手術を受けるためにスペインに帰っていた丈が、再び日本にやってきた……!

引用元:『偽装不倫』公式HP

風太と偶然の再会をして、未婚のフリをしていたことを謝る葉子。今はもう嘘をつくことで辛い思いをしていないんだよね?と風太に問われ、葉子は嘘だらけだと答える。毎日その場しのぎの嘘を重ねて、どんどん落ちていくと言い、落ちた先に何があるのだろうかと涙ぐむ葉子。

すると、風太はじゃあ落ちた先で待っているよと言った。どうせ落ちるなら飛び込んじゃいなよ、と背中を押す風太。葉子は「飛び込んじゃおうかな」と振り絞ったようにつぶやく。

 

それから数日後、葉子は離婚届を賢治に渡すが、「絶対に認めない!俺はこんなに愛しているのに…」と怒る賢治。すると葉子は「それは本当の愛…?」と返す。

 

一方、藤堂に付き合って欲しいと告白され、迷う鐘子。返事を待ってもらうことになる。

その帰り道。丈の姉・灯里のスペイン料理店でバイトする恵梨香に偶然会い、丈が脳腫瘍の手術のためにスペインへ行ったことを知る。急いで灯里に会いに行く鐘子。そこで手術が失敗した時に鐘子が辛い想いをしないように手術のことは鐘子に話さないように口止めされていたことを灯里から聞かされる。

 

翌日、藤堂から食事に誘われた鐘子。忘れられない人がいる、と鐘子は藤堂からの告白を断ることにした。丈との出来事を正直に話していると涙が出てきてしまう鐘子。そんな鐘子を一生懸命笑わそうとしてくれる藤堂。その矢先、灯里から丈が今日帰国するとメールが届く。藤堂に背中を押され、灯里の店に向かう。

スポンサーリンク

 

鐘子がお店に着くと、丈はもうそこにいた。しかし前とは何か目つきが違う。そして「あなたは誰ですか?」と鐘子に尋ねる丈。灯里もそこにやって来て、丈が鐘子を忘れてしまったことに驚く。鐘子はいたたまれなくなって、その場を去る。

 

灯里はせっかく手術が成功したのに、と日本での主治医・一之瀬先生に電話する。一之瀬は診断をしないとわからないがある一定期間中の記憶だけなくなってしまうことは十分考えられる、と言っていた。

 

落ち込んだ様子の鐘子を見て心配をする葉子に、鐘子は丈の記憶障害のことを話す。葉子は、じゃあもう一度イチから始めたらいいんじゃない?あなたは結婚しているわけじゃないんだから、と励まされる。そして葉子は「私たち、幸せになろうね」と決意した表情になる。

 

その頃、丈は写真の整理をしていた。そして鐘子の写真を見つめていたところを灯里が目撃する。そして灯里は「あなた本当に鐘子ちゃんのこと忘れたの?嘘ついてるでしょ!」と丈に鋭い一言を突きつけた。

 

3.『偽装不倫』第9話感想

スポンサーリンク

最後の丈の記憶障害が嘘!という展開には驚きましたよね。そもそも手術は鐘子と一緒にいたいと思ったから手術を受けたのに、手術に成功したのに鐘子のことを忘れたフリをしているなんて一体どういうことなんでしょうか!?鐘子のことを幸せにする自信がなくなってしまったのでしょうか。

とても気になるので原作コミックをチェックしたいところなのです。しかし原作は週刊連載なのですが、灯里が丈の嘘を見破ったところで一か月の休載に入ってしまったのです(涙)。

 

それにしても、もし鐘子は丈とくっついて、葉子は風太と付き合うことになったらおもしろい姉妹ですよね。鐘子は藤堂、葉子は賢治という超ハイスペックイケメンに愛されながらも、年下のかわいい無邪気系男子を選ぶと言う姉妹。もしそうなってくると、両親の育て方に原因があるとしか思えない。きっと愛ある家庭で育ったという証なのでしょう!

4.『偽装不倫』最終回(第10話)あらすじ

脳腫瘍の手術を受けて日本に戻ってきた丈(宮沢氷魚)が、後遺症で自分を忘れてしまったことに傷つく鐘子(杏)。だが、今度こそ嘘のない関係を築き直すチャンスだと前向きに考える。藤堂(桐山漣)から再び告白されるが、鐘子の意思は固く……。

丈に会うために灯里(MEGUMI)の店を訪れた鐘子は、“人妻”だと嘘をついたまま丈に恋してしまったこれまでのこと、そして“本当の自分”がどんな人間なのかを丈に一生懸命話す。

一方、賢治(谷原章介)に離婚を切り出し、家庭内別居のようになっていた葉子(仲間由紀恵)の元に、賢治から「八神風太と決着をつける」とメールが来る。なんと賢治は、プロボクサーである風太(瀬戸利樹)に“勝負”を挑もうとしていた。葉子は、自分が賢治を追いつめてしまったのではないかと胸を痛め、二人を止めようとするが……。

そしてある日、記憶障害を抱える丈が、突然、一之瀬(眞島秀和)の前に姿を現す……!

引用元:『偽装不倫』公式HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です