2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『TWO WEEKS』7話あらすじネタバレ&感想 逆襲撃始まる!警察の手に渡ったものはアレ!


TWO WEEKSが7月16日火曜夜9時スタート!

三浦春馬が主演、韓国ドラマのリメイクとなります。韓国ドラマではイ・ジュンギが主演でした。殺人事件で濡れ衣を着せられた男が、白血病を患う娘の骨髄移植の手術までの2週間逃亡するというドラマです。2週間逃げきれて、娘を救うことができるのでしょうか?

原作ネタバレもまとめていますが、殺し屋や企業の会長、議員など原作に近い配役なので同じストーリー展開になるのでしょうか?

『TWO WEEKS』原作あらすじネタバレ&感想 タイムリミットは2週間!命を懸けた逃亡劇!

『TWO WEEKS』相関図

相関図引用:公式HP

 

『TWO WEEKS』7話あらすじ

AD

結城(三浦春馬がようやく手に入れたデジカメには、柴崎(高嶋政伸早穂子(黒木瞳が密談する様子が映っていた。母親のように慕う早穂子の裏の顔を知った楓(芳根京子は衝撃のあまり言葉を失い、放心状態に。すると次の瞬間、灰谷(磯村勇斗)が2人に襲いかかり、デジカメは柴崎の手に渡ってしまう。

すみれ(比嘉愛未から、結城が8年前と今回の事件で何者かに無実の罪を着せられ、命をも狙われていると聞いた有馬(三浦貴大)は、すみれが元恋人を案じていることに少なからずショックを受けるが、それでも、手術を控えるはな(稲垣来泉のために結城を死なせるわけにはいかないと、8年前の事件の捜査資料を読み、やがて楓が当時の事件関係者だったことに気付く。

そんななか、はなが入院している病院では、ある騒ぎが起きる。何者かが結城の友達を名乗り、はなの病室に侵入したのだ。男が結城のことを探っていたと聞き、ピンときた有馬が担当看護師に確認すると、侵入者は柴崎だと判明。薄汚いやり方に、はなを利用されたと怒り心頭の有馬は、すぐさま柴崎のオフィスへ。しかし反対に、はなが確実に移植手術を受けられるよう、ある取引を持ちかけられる。

一方、デジカメを奪われ、柴崎に対抗する手立てを失った結城は、突然、楓に出頭すると告げる。しかし、そこにはある思惑があり……。

 

以下ネタバレします。

柴崎と久我早穂子

2人の関係性が信じられない楓。楓は結城に、晩御飯を提供しながら過去の話をし始めた。まるっきりしっぽがつかめなかったのを愛が手に入れたのに、柴崎に殺されたと説明した。早穂子が脅されているかもしれないと、早穂子のことを信じたい様子だった。「俺にはそうは見えなかった」というが…

あと7日死ぬわけにはいかないという結城に、ここにいてもよいという。しかし結城は、これ以上迷惑をかけられないという。

柴崎はデジカメを手に入れて、あとは結城を始末するだけだと語った。

柴崎は早穂子にデジカメを渡すと、早穂子は、デジカメを壊した。そして、早く結城を何とかしろと柴崎に言った。

 

はなが隠していた写真

はなが大切にしていた写真は、すみれが捨てた写真だった。「返して。」というはなは、「パパの顔を知りたかった」といった。パパのことを聞くとママが悲しむから言えなかったというと、すみれも正直に話した。

すみれははなに、パパのことを誤解してたと話し、手術が終わったら全部話すと約束した。

 

結城の誕生日は母親の命日

AD

回想シーン。結城の誕生日を祝おうとするすみれに、俺は誕生日が嫌いだという結城。結城は8歳の誕生日に母親が自殺したのだ。そんな結城をだきしめて「お誕生日おめでとう。ありがとう、生まれてきてくれて」結城は泣いていた。

 

久我議員の不正なお金の流れ

いくつかの医療機器の認可が下りた時、メーカーから柴崎のペーパーカンパニーへ多額のお金が流れていた。立件できるだけの証拠がなかったので立件されていないという。

また、医療機器で不慮の事故が起こり、その原因が認可を受けた機器が原因ではないかという噂があると楓を補佐する事務官がいった。その事故もまた8年前だった。

結城は冤罪

AD

有馬が楓を訪ねてきて、8年前の事件の当事者だとなぜ言わなかったのか聞いた。有馬とはなの関係性を楓に伝え、結城が冤罪だと思う理由を尋ねた。

それを聞くと引き返せなくなりますよ、という楓。

早穂子を訪ねる楓

早穂子をランチに誘い出すと、楓は早穂子が大事にするプロジェクトに、柴崎がかかわっていると心配になったといった。早穂子は、私の命の様なプロジェクトだといい、だれにも邪魔させないといった。

 

はなを訪ねる柴崎

AD

はなに、パパの友達だと告げると、次にいつ結城が来るかを聞き出す柴崎。

不審人物だと思い声をかけると逃げるように出ていったと看護士が証言した。有馬は、柴崎の写真を見せると看護士は、この男ですといった。

結城は、もともと務めていた質屋へ録音機を仕掛けに行くと部屋に戻った。

AD

有馬は柴崎を訪ねる

アポなしでは会えないといったが、ありまは社長室へ乗り込んでいった。どんなご用件ですか?というと「なぜはなに会いに行った」と聞くと、友人のお見舞いに行ったらあまりにもかわいいので少しおしゃべりしただけですよと、柴崎は答えた。

「嘘をつくな。はなは俺の娘だ」といい胸倉をつかむと「不法侵入に暴力、ハナちゃん悲しむだろうな」と柴崎は笑いながら言った。そして、柴崎は「誰も訴えはしないですよ。刑事さんが結城の情報を流してさえくれれば。結城が逮捕されれば、はなちゃんのドナーとして手術は受けられないですよ」という。

有馬は硬直した顔で話を聞いた。「娘の命をそんな不確実なことに賭けるんですか?私に結城の身柄を渡してくれればはなちゃんの手術を受けさせてあげます。ただし、そのあと結城の処置に関して任せてくれますか?」と柴崎がいうと「俺に結城を売れという事か?」と有馬は言った。

「そうすれば娘は生きられる。違いますか?」そう柴崎が言うと、有馬は悩みを抱えたまま部屋を後にした。

 

結城は楓を訪ねる

結城は楓に電話をかけて会いたいというと、楓は自分には尾行がついているので簡単に動けないと伝えた。そして、事務官を通じてやり取りをすると、結城は助走をして楓の家までやってきた。早穂子と柴崎がつながっていることを確信したという楓は、デジカメを盗られた以上、武器になるものが何もないと答えた。すると、結城はこっちも柴崎に抵抗する手立てがないといい、俺はあした出頭するといった。

AD

楓は警視庁に赴き、結城があす出頭すると連絡してきたといった。しかし、引き渡しは楓一人を指名しているといった。警察の手出しはやめてくださいと楓がお願いすると有馬は柴崎に連絡した。リークしたのだ。

柴崎は、尾行をやめさせ集合場所にスナイパーを準備させた。スナイパーは灰谷だ。灰谷が結城を撃ったあと、そこに待ち構える有馬。

 

すべては作戦

あした出頭するというと柴崎が動くと踏んだ結城が、灰谷を捕まえるために罠を仕掛けたのだ。バイクと防弾チョッキを用意したのは有馬だ。

灰谷を目の前に、殺人未遂の現行犯で逮捕したいと告げる有馬。電気ショックをあたえ何とか捕まえる有馬。

 

『TWO WEEKS』7話感想

AD

いや~ドキドキしましたね!灰谷にやられちゃうと思ったあとの、作戦でした感。

有馬も灰谷にやられちゃう!と思ったけど、電気ショックもってたとは…!

ひやひやしました。やられちゃうと思いましたよね。

あと、早穂子の収賄事件ですが、考えさせられるところありますよね。お金がないと大局的にものが動かせないのかもしれません。田中角栄のロッキード事件のような・・・

柴崎はどんな甘い蜜を吸っていたのでしょう?収賄事件に見合うだけの何かを受け取ったという事ですよね。

じゃないとボランティアになってしまう~!手数料??

AD

次回の展開も気になりますね。

『TWO WEEKS』8話あらすじ

AD

結城(三浦春馬楓(芳根京子有馬(三浦貴大が手を組んだ出頭作戦は見事成功し、灰谷(磯村勇斗)は殺人未遂の現行犯で逮捕される。はな(稲垣来泉の手術まであと5日、灰谷の自供をもとに、何としても身の潔白を証明したい結城は、その思いを有馬に託す。第8話

取り調べで灰谷と対峙した有馬は、これまでの罪を認めさせ、背後にいる柴崎(高嶋政伸の悪事を暴こうとするが、灰谷はなかなか口を割らない。それどころか、黒幕・早穂子(黒木瞳からの圧力もかかり…。第8話

圧倒的な力の前に手も足も出ず、八方ふさがりとなった結城は、打開策が見出せずに焦りを覚えていた。するとそこへ、はながすみれ(比嘉愛未の目を盗んで電話をかけてくる。はなとの会話により、初めて父親として認められた気がしてうれしくなった結城は、「会いたい」と言ってくれる娘のため、次なる一手を思いつく。目をつけたのは、柴崎の片腕であり、クラブオーナーの久留和(池田鉄洋。結城は、久留和の柴崎への忠誠心を逆手に取り、恐怖心をあおることで揺さぶりをかける。

原作が気になる方はこちらへ!

『TWO WEEKS』原作あらすじネタバレ&感想 タイムリミットは2週間!命を懸けた逃亡劇!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です