2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『ルパンの娘』7話あらすじネタバレ&感想 華の悩みを理解した和馬本気のプロポーズ!


ドラマ『ルパンの娘』は2019年7月よりフジテレビ系木曜22時~枠で放送されることが決まりました。原作は2015年に講談社より発売されている、『ルパンの娘』という同名小説です。

視聴率がひと桁続きと不振だった『ストロベリーナイト・サーガ』の枠での放送となります。シリアスな雰囲気のミステリーから一新、コメディタッチのミステリードラマです。

小説のあらすじをまとめています。

>>> 横関大原作『ルパンの娘』あらすじ走り読み!

>>> もっと詳しく!よくわかるあらすじ!

『ルパンの娘』1話あらすじ

『ルパンの娘』2話あらすじ

『ルパンの娘』3話あらすじ

『ルパンの娘』4話あらすじ

『ルパンの娘』5話あらすじ

『ルパンの娘』6話あらすじ

 

『ルパンの娘』相関図

『ルパンの娘』7話あらすじ

スポンサーリンク

三雲華(深田恭子)桜庭和馬(瀬戸康史)から正式なプロポーズを受ける。和馬は華が“Lの一族”と知った上で、ともに運命を乗り越える決心をしたからだ。華から話を聞いた尊(渡部篤郎)は、折を見て自分たちが“Lの一族”だと伝えると言い出す。しかし、華は反対。まだ、マツ(どんぐり)以外で、桜庭家が警察一家と知っている家族はいなかった。

一方、和馬も典和(信太昌之)たちに華へのプロポーズを報告。だが、典和や美佐子(マルシア)が喜んだのは和馬の捜査一課への異動だった。典和は、結婚には和一(藤岡弘、)への報告も必要と和馬を促す。和一は、覚悟は出来ているかと和馬に尋ねただけで、滝に打たれに出かけてしまった。

和馬が三雲家に挨拶に来ると、尊と悦子(小沢真珠)は泥棒への勧誘を始める始末。見送りに出た華は和馬に謝る。和馬は、これからはお互いに嘘をつかないこと、華は泥棒をもう二度としないことを約束しようと話した。華は和馬に真実を伝えようと、尊たちの留守に本当の住まいであるタワーマンションへ案内する。渉(栗原類)は自室で爆睡中。数々の盗品に和馬が目を丸くしているとマツが現れ、二人を応援すると言う。そこに尊と悦子が帰って来てしまった。華は和馬を渉の部屋に隠し、マツの協力で何とか乗り切ろうとする。

和馬が家に帰ると、典和が結納を行うと言う。しかも、桜庭家が代々結納を行って来た旅館に泊まりがけ。華と和馬はお互いの両親に家族の職業がバレないよう作戦を練るが…。

以下、ネタバレします。

結納へ向けた作戦

華と和馬は結納で和馬の職業が警察だとならないようにどうするか考えていると、マツがいい考えが浮かんだといって登場した。

和馬は帰るなり、両親に華には兄がいて、一歩も外に出られないと両親(典和と美佐子)に説明した。渉が中学生のころ、痴漢と間違えられ警察の厳しい取調べを受けたこと。そのことから三雲家は警察嫌いで、警察と聞くと息苦しくなると説明した。

顔合わせの時に警察だと聞いて華が失神したことを思い出す和馬の両親。和馬は三雲家の前で「警察だ」といわないように念を押した。

 

温泉旅館での結納

悦子は温泉旅館の悪口ばかり言っていたが、部屋に入るとそこは豪華な家具であふれていた。尊が悦子が止まりたがっていたホテルから調達してきたのだ。気分を良くする悦子。

和馬の部屋では、美佐子が「あの母親とは気が合わない」と愚痴をこぼしていた。その横で、典和は逮捕術のけいこに励んでいる。余興で披露するというのだ。警察だとは言わないが、特技がこれしかないという。

華と和馬は庭で落ち合うと「かなり心配だ」とお互いに言い合った。華が謝ると、和馬は「運命共同体だから、華の苦しみは僕のものでもある」そういい華の肩に手をおいた。

 

結納の儀

スポンサーリンク

華の美しい着物姿に和馬は見とれていた。正座になれない悦子ははじまるやいなや文句を言い、正座で足をしびれさせた悦子は結納品をもちあげよろよろと歩いたが、和馬の前で転んでしまった。

なんとか和馬がその場を収めて、その後、会食となった。

スポンサーリンク

しかし、その間に桜庭家の部屋に泥棒が入り、財布等を盗んでいった。そして「Lの一族」という名を残していったのだ。

そこへ「三雲巌」が現れた。はなの祖父で伝説のスリ師だ。祝いの席だからといい、尊が呼んだというのだ。

カオスな状況に、和馬は尊をさそって温泉に行く。そして、悦子に「美肌効果があるから温泉言ってこれば?」という。

そこで「Lの一族」であることを告白した。

和一は桜庭家のことをいつから知っていたんだとマツに聞いた。

スポンサーリンク

 

温泉で

美佐子は、脱ぎ散らかした悦子の衣装をかごに入れる。その下に、秘宝であるペンダントを見つけた。それは、かつてドンが拾ってきたものだった。

それを拾うと、華がそこへやってきた「私旦那が心配だからやっぱり部屋に戻るわ」といって、その秘宝をもってその場を去っていった。財布が盗まれたこととLの一族のレターを見つけ、三雲家桜庭家が集合した。

財布などは盗らないという悦子に、よくご存じでという美佐子。

ここ1か月で15件の財布の盗難にあったのだ。

また、リゾートホテル女将が男と密会している現場に華は遭遇した。リゾートホテルは闇組織のフロント企業が行っているもので、土地の買収を断って以来旅館への嫌がらせがひどいというのだ。そんな中社長の息子だけが力になってくれた、という。この運命を二人で乗り切ろうと固く約束をしたというのだ。

そのころ、桜庭家と三雲家は捜査会議を進めていた。その中で、ソワソワしながら私の秘宝を探すという悦子。「闇組織のフロント企業の嫌がらせかもしれない。所轄に連絡しろ」という典和。

尊が不思議に思って「ただの公務員ですよね」と聞くと、美佐子は自分たちは全員警察官だと答えた。渋い顔になる尊。

 

L一族の素性がばれる

スポンサーリンク

女将の悲鳴が聞こえ、巌が現れる。華に着替えろという。華は躊躇うが女将と社長の命を救うために泥棒スーツに着替えるのだった。そして、巌とともに華は女将を救い出す。そのころ、旅館には警察が集まってきた。秘宝の存在から、三雲一家がLの一族だとバレてしまい、一家で逃げることになった。

「必ず迎えに行く」という和馬に首を縦に振らない華。

『ルパンの娘』7話感想

スポンサーリンク

まるで、ロミオとジュリエットな展開になってきました。悦子はやらかし系ですが…よく今まで捕まらなかったな。(笑)原作では、悦子は貴金属専門の泥棒で、もっと美人でスマートですが、小沢真珠が演じると少し下品で馬鹿そうですよね。

スポンサーリンク

キャラクター的には面白いですが、実際にいたら絶対捕まると思う。秘宝をほったらかしで温泉に入るんですよ~気づくでしょ。(笑)

それにどこで秘宝が無くなったかも気づいてない。なかなかありえない展開ですね。

あと巌が出てきましたね。原作では「殺される役」なんですけど。

持ってるもののすり替えが見事。さすがは伝説のスリ師。ルパンの娘はドラマから原作に行ったら全然違う印象かもしれませんが、それはそれで面白いです。すり替え殺人事件と、華と和馬の許されぬ恋の両軸で話が進んでいきます。

華が小説の中で唯一盗んだのは、新郎の和馬だけでした。それ以外の盗みはしていません。ドラマの方が人間らしいですが、小説の方が知的です。気になる方は原作あらすじも読んでみて下さい。

>>> よくわかる原作あらすじ!

『ルパンの娘』8話あらすじ

スポンサーリンク

三雲華(深田恭子)の家族が“Lの一族”だということが警察に知られてしまう。指名手配された華たち家族は落ち合う場所を決めて逃げていた。一方、華と交際していた桜庭和馬(瀬戸康史)は針のむしろ状態。典和(信太昌之)から“Lの一族”とは知らずに交際していたことを証明しろと言われてしまった。

警察の捜査をかいくぐり、華たちは集合場所へ。そこで、尊(渡部篤郎)は華、悦子(小沢真珠)渉(栗原類)マツ(どんぐり)にそれぞれ一万円と偽造免許証を渡し、新しい戸籍で生きるよう告げ、何十年先になるかわからないが必ず迎えに行くと三雲家の解散を宣言する。一方、和馬や巻栄一(加藤諒)たち捜査三課は、三雲家が身を隠しそうな都内の宿泊施設をしらみつぶしに調べていた。

華は漫画喫茶に隠れていたが、尊からもらったなけなしの金を奪われてしまい出て行くことになる。華と入れ違いに、和馬が聞き込みに来たが二人が会うことはなかった。

途方に暮れた華は、満足に食事も出来ずに街をさ迷ううちに倒れてしまった。華は場末のスナックのソファで目を覚ます。声をかけたのは店のママ、薄井佐知(遠野なぎこ)。華を救った佐知は食事を与え、事情も聞かずに店で働かないかと雇ってくれた。和馬はなぜ警察の上層部が執拗に“Lの一族”を追うのかを元警視総監の孫、橋元エミリ(岸井ゆきの)に尋ねるのだが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です