2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『ノーサイドゲーム』5話あらすじネタバレ&感想 執念のサイクロンズ戦!


ドラマは2019年7月より日曜21時枠で放送されることが決まりました。原作は2019年にダイヤモンド社より発売されている、池井戸潤原作『ノーサイドゲーム』という同名小説です。

『集団左遷』の枠の放送となります。半沢直樹など視聴率をたたき出した池井戸潤原作の小説です。体当たりの演技力が魅力の大泉洋さん主演で面白くなりそうです。

原作ネタバレはこちら

 

 

 

 

『ノーサイドゲーム』5話あらすじ

AD

 

君嶋GM(大泉洋)の経営戦略と柴門監督(大谷亮平)の最新ラグビー理論が合致したアストロズは勝ち星を重ねていった。今年は優勝を伺える位置におり選手たちの士気も高い。一方、カザマ商事買収の道筋をつけた滝川常務(上川隆也)は経済誌で堂々とコスト削減を論じるなど目に見えて影響力を増している。しかしこの件がリークされた裏には滝川とカザマ商事・風間社長(中村芝翫)のある関係性があった。それに気づいた君嶋は元上司・脇坂(石川禅)に調査を依頼する。
そんなある日、滝川が府中工場の視察にやってきた。滝川は工場の合理化を推し進めて人件費などのコストを削減するつもりなのだ。リストラが断行されれば廃部に追い込まれるかもしれない。連勝に沸く選手たちにも不安が芽生え始める。さらに、柴門はサイクロンズ戦の活路が見えず焦る。津田監督(渡辺裕之)は自分の手の内を知り尽くしたている。だが、君嶋の発言にヒントを得て選手たちに指示を出す。数日後、アストロズはレスリング道場にいた。
そしてサイクロンズ戦まで数日に迫る中、柴門には津田の因縁を面白がるマスコミからの取材依頼が殺到していた。これを集客に結び付けるべく、君嶋はトキワ自動車本社に津田を招いて両監督の合同記者会見を仕掛ける。

 

以下ネタバレします。

アストロズは11連勝し、アストロズは最終戦であるサイクロンズ戦を残すのみだった。その一方で新聞の一面ではトキワ自動車買収による株価上昇など、滝川常務の手腕が光っていた。

七尾の内定

七尾はラグビー枠で入社した。トキワ自動車に入ってから、仮入部すればいいと君島に説得されたのだ。七尾はそのことをトキワ自動車の先輩に報告しに来た。

滝川の権力

ますます力を増した滝川。脇坂は君嶋にこのままだとアストロズが危ないという。買収が成功するかどうかの矢先に、新聞になぜ掲載されたのか。滝川常務が絶対破談にならない自信があったからか…と読む君嶋。

13連勝を果たしたアストロズを率いている君嶋。サイクロンズとアストロズでは選手層の厚さが違った。君嶋は「間に合えばいいがな」とつぶやいた。

 

七尾は海外事業部へ配属

AD

海外事業部に配属された七尾は、カザマ商事の買収の裏で大忙しだった。しかし、滝川常務のコスト削減を進めていて割を食う部署もあった。

佐々は里村より上

本波というOBが若手をの練習に付き合っていた。本波は「佐々のパスは里村より上だ」という。スピードと飛距離では上だと岸和田も認めていた。しかし、足りないものがあるという。

 

滝川常務の同期

AD

滝川とカザマ商事の風間は、大学の同期だった。それに気づいた君嶋は、脇坂に報告する。「これはただの買収劇か、他に企みがあったのか」と君嶋は深く考えていた。そのころ滝川は風間と会っていた。「買収の方はどうだ」と風間が聞くとおおむね順調だと答える滝川。持つべきものは優秀な同期だと風間がいうと滝川は含み笑いをした。

サイクロンズに勝てる可能性は数%

1~3次攻撃は、つぶされるが、リロードにチャンスがある。リロードとは、試合中に倒れてから起き上がる時間の短さだといった。同じファイター戦で、圧倒的な差が見つかったのがリロードだ。その瞬間。15人動けているアストロズに対し、サイクロンズは10人しか動けていなかった。

倒れている時間の差異、そこに数的商機がある。そして、すぐ起き上がる練習にはレスリングが最適だと言った。

 

勝ちたいという気持ち

AD

柴門は、あとは勝ちたいという気持ちが大事だといった。

もう一度七を誘った。柴門も君嶋も七尾が持っている才能を失いたくはないといったのだが、七尾は悩んでいた。来年には廃部になるかもしれないという不安もあり、練習ではミスが連発していた。そこにマスコミが取材をしたいと言ってきたが、津田監督とのことでという。

君嶋は津田監督率いるサイクロンズに、共同記者会見を申し込んだ。津田はふざけるなといったが、50社があつまり鍵原は費用は向こう持ちなので、格の違いをみせてやりましょうと鍵原はいうと津田は首を縦に振った。

合同記者会見

合同記者会見では、柴門が新しい方針をとりいれたことにより城南大学を3連覇に導いたにもかかわらず、津田に更迭されたという噂について質問が上がった。

「去年再会のアストロズが、ここまで来たのは私だけの力ではありません。新GMと磨けば光る素晴らしい選手たちのおかげです。私は私のやり方でチームを率いてきました。ラグビーは進化しています。伝統にとらわれていたら、強くはなりません。私は理論に基づいた攻撃でねじ伏せ、サイクロンズを叩きつぶします」

柴門君君は礼儀を知らないといわれると、勝つことが礼儀だと思っていますと柴門は答えた。

全てはグラウンドで結果を出します。

その会見を見た浜畑は士気に震えていた。「ひさびさやわ。勝ちたいを通り越した感じ。やるわテツ。」と浜畑がいうと、岸和田は「命がけで叩きつぶすぞ。」といい雄たけびをあげた。

AD

サイクロンズ戦

記者会見の結果もあり、サイクロンズ戦の客席は満席だった。

サイクロンズは里村を徹底的につぶしに来る作戦だった。そして、初トライをサイクロンズに決められてしまった。パスも動きも何もかも読まれているという佐倉に、ふぉあーどは買っているという柴門。

フォワード戦に持ち込んだが、サイクロンズの層の厚さにより前半40分が過ぎたころ、本波が負傷した。5対21だった。サイクロンズ、はリロードに差が出るという柴門。

データがない佐々の登場によってサイクロンズは揺れていた。佐々のパスが光るプレーがサイクロンズをつぶしていった。スクラムハーフの動きについてくるのがやっとのサイクロンズ。

アストロズとサイクロンズの点差は17対21まで追いついていた。相手を信頼する気持ちがパスでつながり、リロードによる差も数的有利な状態も続いた。

AD

4点差でペナルティーキックを決めても勝てない。トキワコールが続き、パスでつながるトキワ。岬がトライを決める。しかし、ホイッスルが鳴らず、ビデオ判定に持ち込まれた。

岬の脚が先にグラウンディングしていれば、ノートライという状況だった。

負けた…岬の脚がトライより先に地面についていたのだ。

ノーサイドゲームの笛がなった。

『ノーサイドゲーム』5話感想

AD

ビデオ判定が勝敗を分ける結果となりましたが、運がよかったサイクロンズ。実力的には、五分五分でした。

柴門監督の手腕は本当に素晴らしい!そして、かっこいい~!

七尾は海外事業部に配属され、先輩社員とともにアストロズ戦を見に来ましたね。どう感じたのでしょう?

また、仮入部という形で七尾はこの後、アストロズに入ってきます。

この後、次のシーズンに向けていきます。また予算は取れるのですが…カザマ商事の買収の件で君嶋がつかんだ情報で流れてしまうんです。

本社に戻らないかという脇坂のオファーですが、原作では、君嶋はそれを断ります。しかし、君嶋の本当の敵は滝川ではなく、脇坂でした。

AD

原作もなかなか良い展開なので、気になる方は見てみてください。

 

『ノーサイドゲーム』原作あらすじ

気になる方はこちら

『ノーサイドゲーム』6話あらすじ

AD

サイクロンズ戦には敗れたもののプラチナリーグを2位という好成績で終えたアストロズ。選手たちが喜ぶ中、GMの君嶋(大泉洋)は渋い顔だ。優勝という目標を達成できなかったうえに収支もほぼ改善していない。来年度予算を承認してもらうため君嶋は役員会議に臨むが、全社的な予算圧縮を目論む滝川常務(上川隆也)から全否定されてしまう。島本社長(西郷輝彦)のとりなしで辛くも予算は承認されたが、アストロズを取り巻く環境は厳しいままだった。
数日後、脇坂(石川禅)に呼び出された君嶋は経営戦略室に戻ってくるよう勧誘される。脇坂は滝川常務と同期で、増大する滝川の勢いを削ぐために君嶋を手元に置きたいのだ。GMとして自信を失っている君嶋はこの誘いに揺れる。
自らの身の振り方に迷う君嶋だが、GMとしてできることをやろうと決める。やはりラグビー界全体が変わらない限り各チームの収支は改善しない。君嶋は昨年同様GM会議の席上で改革案を提案する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です