2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『それぞれの断崖』2話あらすじネタバレ&感想 被害者家族へバッシングが激しさを増す。


ドラマ『それぞれの断崖』は2019年6月よりフジテレビ系土曜23時40~枠で放送されることが決まりました。

原作は小杉健治『それぞれの断崖』という同名小説です。

本当は原作を先に読んでから、と思ったのですが間に合わなかった~理由は書籍が売り切れてしまっていたからです。今読んでます…(笑)。明日には原作アップしますね。ドラマの原作を読むようになり、いろいろな作家の文体を見てきましたが、小杉さんの文体はかなり読みやすいです。それに、ストーリーに無駄がありません。機微な感情の動きもディテールも描かれており、原作も楽しみです。

『それぞれの断崖』原作→明日アップ予定

『それぞれの断崖』イントロ

家庭内暴力をふるう不登校の中学生が殺害された。加害者は、13歳の同級生。

殺人を犯しても少年法で守られていて罪には問われない。悲劇の夜、「被害者の父」は酒に酔い、怪しげな店で遊んでいたことが発覚。妻や娘たちに恨まれ、警察からも疑いをかけられる。加えて、加害者少年への怒りを爆発させたことで、人でなし呼ばわりされ、世間からの容赦ないバッシングを受ける。

職を失い、家族の絆が綻び、やり場のない怒りを抱えた「被害者の父」。生きる支えは、息子の無念を晴らすこと。矛先を向けたのが「加害者の母」で、儚げな美しさをもつ、シングルマザーだ。法律に守られた少年の行方や、殺人を犯す少年を育てた母親の動向を知るために、怒りと復讐心から己を偽り近づいてゆく。だが運命は、皮肉だった。

主役となる「被害者の父」、志方恭一郎を演じるのは遠藤憲一。この春、月9「ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~」で見せた、ダメ父も心温かで男気のある役柄から一転、「被害者の父」と「加害者の母」が惹かれあう、という複雑な役どころを、円熟味を増した遠藤がどう演じるのかが注目だ。

社会派ミステリーの名手×遠藤憲一

原作は、社会派ミステリーの名手・小杉健治が描く「それぞれの断崖」。重厚な人間ドラマを描く第一人者と、人間の心の機微を演じたら右に出る者のいない遠藤憲一が、去年2月のオトナの土ドラ「家族の旅路」に続き、がっぷりと組み合う。

『それぞれの断崖』相関図

スポンサーリンク

 

『それぞれの断崖』2話あらすじ

スポンサーリンク

息子・恭介(渡邉蒼)を殺したのが同級生の八巻満(清水大登)であること、少年法上まだ13歳の満は犯罪者にはならないということを知り、激怒する志方(遠藤憲一)。さらに、不登校や家庭内暴力などの問題があった恭介の側にそもそも事件の原因があったのではという憶測記事が出て、志方や雪子(田中美佐子)、真弓(仁村紗和)らは怒りに震える。

志方は出版社に勧められて、反論の手記を出すことに。少年を殺意むき出しで激しく糾弾する内容と、さらには編集部が企画した座談会でも満への憎しみを感情的にぶちまけたことで、世間から猛烈なバッシングが巻き起こる。恭介側の家庭の問題や、事件当夜に志方がいかがわしいデートクラブにいたことも発覚し、志方家や職場にまでマスコミが押しかける事態に発展してしまう。

一方、満の母・はつみ(田中美里)は、息子が犯した罪に打ちひしがれながらも、せめて志方家に謝罪したいと申し出るが、満の弁護士・若菜(内田滋)に「その必要はない」と止められる。警察は、高城秀子(黛英里佳)という女性に対する暴行事件にも満の関与を疑っていた。はつみは、理解しているつもりでいた息子の得体のしれない部分を突きつけられ、戸惑うばかりだった。

志方は、事態を重く見た会社から休職を命じられる。雪子もフラワーアレンジメントの講師を辞めざるをえなくなり、真弓は婚約者の父親から婚約破棄を告げられてしまう。恭介の事件と、志方の言動が引き起こしたバッシングは、志方家に大きな暗い影を落としていた。

そんな中、満が高城秀子への暴行を認めたという知らせが入る。満は、恭介と共謀してやった、10万円を恭介に脅し取られた、と供述していると言う。信じられない志方だったが、恭介の部屋を探すと供述通りの10万円が見つかり、呆然とする。

恭介は、秀子に憧れてラブレターまで書いていたのだ。彼女を襲ったりなどするはずがない。恭介のことは信じている。しかし――
真実を求めて、志方はある無謀な行動に出るのだが…。

以下ネタバレします。

もう一つの事件

満はもう一つの容疑もかけられていた。警察は高城秀子が襲われた日、満もエレベーターの防犯カメラに写っていたが、満はその関与を否定していた。

加害者の母の引っ越し

犯人は恭介に脅迫されていたという記事を真紀がみつける。志方は、その訂正記事を出版社に交渉しに行くが、出版社に手記を書く方がよいと勧められる。
加害者の母は事件発覚後2日後に引っ越しをしていた。志方がそのマンションを訪れると真紀がインターホンを鳴らし続けていた。真紀はひどすぎると感情的になり、扉をけり叫び続けた。
母はつみは、素性を知られないように気を付けて、マスコミはあなたを探し出そうとしているという弁護士。近々、第一回審判が行われる。満の反省の態度と母の接し方が影響を及ぼすというと、満の弁護士は急ぐように帰っていった。
志方はそのころ弁護士に電話をかけていたが、弁護士は電話を無視し続けていた。恭介が悪者にされたままなのがおかしいという真紀はその気持ちを父、志方にぶちまける。
追い詰めれた志方は、手記を書き始める。

現行の少年法と父の手記

スポンサーリンク
その手記には、父ならではの事件の真相を知りたいという気持ちと、少年法の在り方、少年法がそのままであれば八巻満を刺し殺したいという強い気持ちが吐露されていた。

はつみの動揺

はつみは、水商売だった。客の話題に動揺しお酒をこぼしてしまう始末だった。事情を知るママは、はつみを呼び絶対ばれないようにしてくれと釘を刺した。

 

被害者家族へのバッシング

スポンサーリンク

その一方で、手記の激しさからバッシングを受けてしまう志方。有識者の特集では、座談会形式で行われた。世論は味方しないという話や、偏見があるという指摘、デートクラブに行っていたこと、家庭内暴力があったことなどで志方は責められていた。

志方はマスコミに伝えるも、マスコミから世間への伝え方が志方の思った通りではないことが続き、疲れていた。志方が座談会を行ったことによって、志方の会社にまでマスコミが押し寄せ、休職を迫られた。志方の家の前にはマスコミがあふれ、「お前が死ね」と玄関にかかれていた。

容赦ない追及に志方は疲れていた。志方の家に丹野が焼香にやってきて、励ましの言葉をかけた。志方は改めてお詫びに伺いたかったというが、丹野は息子との時間が取れるようになったというと志方はよかったといった。

雪子、真弓、真紀への影響

フラワーアレンジメント教室の講師をしばらく休むという雪子。不登校や家庭内暴力があったのに母親として何をしていたんだという抗議の電話を受けたという。抗議しようという志方に、もう放っておこうというと、「もうやめて」といって真弓がかえってきた。

真弓は俊平という婚約者からの婚約破棄を迫られていた。家と家のつながりが結婚で、俊平のお嫁には問題のない家でと考えていると俊平の父がいう。婚約破棄を言い渡された真弓は固まっていた。俊平は何も言えないままだった。志方はこんな時期にこんな非常識なことを言われ、こちらから願い下げだといった。

被害者なのに、責め続けられる連日の報道や、周りの対応。志方の家族は崩壊しかかっていた。

はつみの訪問

スポンサーリンク

はつみは、罪の意識から志方家を訪れたが、そこで「おまえが死ね」の落書きをみて心を痛めていた。志方家が出てくるとはつみは影に隠れてしまった。納骨に出かける様子だった。

弁護士にそのことを叱られてしまうとはつみ。今一番大事なのは満のことだと言われ、そのほかの傷害事件もとなると同情的な満への世論もバッシングへと変わっていくという弁護士。

また、満ははつみに会いたくないと弁護士が告げると、はつみは動揺を隠せなかった。

 

恭介の供述と10万円

恭介に10万円を取ってこいと言われて、高城秀子という女性を共謀して殴ったと供述する満。しかも、そのお金を恭介に脅し取られたといっている。そして、志方は恭介が出かけた際に、満ともみ合っていた現場を思い出す。

そして、恭介の部屋を探していると、10万円が出てきてしまったのだ。ショックを受ける志方。そのことを家族に告げると「好きな人のことを脅して金を盗むわけないだろう」というが、警察に届けるという志方。悪者にされたままは嫌だという真紀。しかし、真弓は10万は見つかったといい、騒ぎはたくさん!というと10万円を燃やし始めた。

止める志方に、恭介は死んだけど、私は生きていかなきゃいけないと涙ながらに言った。

高城秀子のもとを訪れる志方

驚く高城に、恭介の父だと答える。

八巻満に恭介が殺されたというと高城は過呼吸になり、「私のせい…」といった。看護婦を呼びにいくと看護婦は悲鳴を上げ、警備員に取り押さえられてしまった。

 

『それぞれの断崖』2話感想

スポンサーリンク

 

少年法で保護されるのはわかる。でも、反省できない人はサイコパスかも、、連続殺人を犯すかもしれない。更生できるかもしれないけれど、脳の疾患や精神疾患の場合2年で出てこられては困る…

それに、あそこまで被害者側をバッシングする人いるのでしょうか?編集部もひどいよね、あんな風になることをわかっていて編集を加えるならわかる。でも、被害者家族にバッシングが起こるように仕向けているようで、悲しかったです。

真弓も婚約破棄されたり、休職しろと言われたり。

さんざんですね。

意識不明だった高城さんが目を覚まし「わたしのせい」といい、過呼吸になりましたが、次回の展開はどうなるのでしょう?

志方家を救う一人となるのでしょうか。

『それぞれの断崖』3話あらすじ

傷害事件で意識不明の状態だった高城秀子(黛英里佳)が意識を回復し、志方(遠藤憲一)の元を訪れる。「恭介君はそんなこと絶対にしません。私たちはお付き合いしていたんです」たった14年でその人生を閉ざされてしまった息子・恭介(渡邉蒼)が、親の知らぬ間にしっかりと大人への成長を見せていたことに心を熱くする志方と雪子(田中美佐子)。
「あなたに恋して、夢を追っていた恭介がいたんですね…」
一方、殺人を犯した息子・満(清水大登)に家庭裁判所での審判が迫っていることを知った母・はつみ(田中美里)は不安に駆られていた。「審判には、被害者家族の方もいらっしゃるんでしょうか」

「なぜ、私たちが傍聴できないんですか!?」
事件を巡る志方の過激な言動が問題視されたため、今回の審判に被害者家族の傍聴は認められなかった。自分のせいで息子の事件の真相も、殺人犯・八巻満に下される裁きも、まったく情報をもらえないという状況に、志方のやり場のない鬱屈はたまる一方だ。
なんとしても審判を傍聴したい。志方は満の担当弁護士・若菜(内田滋)の事務所へ押しかけるが、そこで加害者の母・はつみに遭遇。初めて目にするその姿に、憎しみに燃える志方。人ごみに紛れ土砂降りの中を家路へ急ぐはつみの後を尾ける。住居と勤め先のクラブ『マリー』を突き止めた志方は決意する。直接会って謝罪させる。

家庭裁判所の審判が始まった。満は、はつみの呼びかけに一切反応せず、いきなり話し始める。「僕、警察に嘘をつきました」騒然とする審判廷。呆然とするはつみ。
少年鑑別所に戻った満の面会に赴いたはつみだったが、息子は母親の姿を見るなり激高し椅子を叩きつける。「何で来たんだよお!出ていけっ、クソババア、二度と来るなっ」
どんなことがあろうと息子を信じてやりたい。悲壮な覚悟を決めていたはつみだったが、震える声で付添いの若菜に訴えた。
「もうあの子は私の手に負えないのかもしれません」

悲しみを押し殺し『マリー』で笑顔を振りまくはつみを指名する一人の客がいた。笑顔で近づくはつみを睨みつけていたのは、志方だった。この場で罪の重さを突きつけ断罪し、絶対に謝罪させてやる――。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です