2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『それぞれの断崖』1話あらすじネタバレ&感想 不登校の息子の凄惨な家庭内暴力


ドラマ『それぞれの断崖』は2019年6月よりフジテレビ系土曜23時40~枠で放送されることが決まりました。

原作は小杉健治『それぞれの断崖』という同名小説です。

本当は原作を先に読んでから、と思ったのですが間に合わなかった~理由は書籍が売り切れてしまっていたからです。今読んでます…(笑)。明日には原作アップしますね。ドラマの原作を読むようになり、いろいろな作家の文体を見てきましたが、小杉さんの文体はかなり読みやすいです。それに、ストーリーに無駄がありません。機微な感情の動きもディテールも描かれており、原作も楽しみです。

『それぞれの断崖』原作→明日アップ予定

『それぞれの断崖』イントロ

家庭内暴力をふるう不登校の中学生が殺害された。加害者は、13歳の同級生。

殺人を犯しても少年法で守られていて罪には問われない。悲劇の夜、「被害者の父」は酒に酔い、怪しげな店で遊んでいたことが発覚。妻や娘たちに恨まれ、警察からも疑いをかけられる。加えて、加害者少年への怒りを爆発させたことで、人でなし呼ばわりされ、世間からの容赦ないバッシングを受ける。

職を失い、家族の絆が綻び、やり場のない怒りを抱えた「被害者の父」。生きる支えは、息子の無念を晴らすこと。矛先を向けたのが「加害者の母」で、儚げな美しさをもつ、シングルマザーだ。法律に守られた少年の行方や、殺人を犯す少年を育てた母親の動向を知るために、怒りと復讐心から己を偽り近づいてゆく。だが運命は、皮肉だった。

主役となる「被害者の父」、志方恭一郎を演じるのは遠藤憲一。この春、月9「ラジエーションハウス ~放射線科の診断レポート~」で見せた、ダメ父も心温かで男気のある役柄から一転、「被害者の父」と「加害者の母」が惹かれあう、という複雑な役どころを、円熟味を増した遠藤がどう演じるのかが注目だ。

社会派ミステリーの名手×遠藤憲一

原作は、社会派ミステリーの名手・小杉健治が描く「それぞれの断崖」。重厚な人間ドラマを描く第一人者と、人間の心の機微を演じたら右に出る者のいない遠藤憲一が、去年2月のオトナの土ドラ「家族の旅路」に続き、がっぷりと組み合う。

『それぞれの断崖』相関図

AD

『それぞれの断崖』1話あらすじ

AD

「何が原因なんだ…」
物は飛び散り荒れ放題のリビングの惨状を前に、志方恭一郎(遠藤憲一)は、妻・雪子(田中美佐子)に呆然と問いかけた――。

コンピュータ会社の企画開発部長である志方の中学2年生の息子・恭介(渡邉蒼)が不登校になったのは、ほんの1ヵ月前のことだった。それまでは素直でおとなしかった恭介が、別人のようにキレて暴力をふるうようになったのだ。志方夫妻も、長女の真弓(仁村紗和)、次女の真紀(永瀬莉子)も、訳が分からず途方に暮れるばかりだった。

「息子さんも悩んでいるんですよ」得意先の葵電気の担当者・丹野(梨本謙次郎)の言葉は、苦しむ志方の心を少し楽にしてくれた。丹野が社内の反対を押し切って調整に尽力してくれたおかげで、葵電気とは大きな契約が成立したばかりだった。自身も子供の家庭内暴力に悩んだ経験がある丹野は、志方のよき相談相手でもあった。自分の弱みを見せることで子供を理解できるかもしれない、という丹野の言葉で、志方は恭介と本音で向き合う決意をする。
志方は会社からの帰宅途中、恭介が別の少年ともみ合う場面に出会う。八巻満(清水大登)と名乗るその少年は、礼儀正しく挨拶して立ち去った。シングルマザー八巻はつみ(田中美里)の一人息子である満は恭介の親友だという。怪訝に思いながらも志方は、「恭介、鯛焼き食わないか?」と声をかける。
恭介と車で海へ向かった志方は、海岸で鯛焼きを頬張りながら、自分の過去の恥部を語る。自分のことは話そうとしない恭介だったが、素直に志方の言葉に耳を傾け、「…生きていくのは辛いね…」とつぶやく。久しぶりに息子と心が通い合ったような気がしてほっとする志方だった。

翌日、志方を衝撃が襲う。会社の上層部が、強引に葵電気との契約を破棄したのだ。猛然と上司に抗議する志方だったが、もはや決定事項であり覆せないところまで話は進んでいた。丹野を裏切ってしまった…志方は謝罪に向かうが、窮地に立つ丹野はそれを受け入れる余裕もない状態だった。
落ち込む志方はその夜、深酒したあげく部下に連れられていかがわしいデートクラブに行く。そのことが、後に自分自身を追いつめることになるとは夢にも思わず…。
酩酊して帰宅した志方に、雪子(田中美佐子)が思いつめた顔で告げる。「恭介がまだ帰らないのよ」一気に酔いが覚める志方だったが、まだ事態を深刻にとらえてはいなかった。まもなく警察から、信じがたい知らせがもたらされる。
「え…恭介が…?」
志方の、悪夢の日々の始まりであった――。

以下ネタバレします。

葵電機の契約成立

志方が勤務するマルコーコンピューターと葵電機の契約が決まった。丹野が社内を押し切ってくれたかたちだ。志方は丹野に息子の家庭内暴力を相談すると、自分の弱みをさらけ出したという丹野に、志方は何かヒントを得たようだった。

恭介との会話

打ち合わせの帰り、恭介に会う。たいやきをかってきたんだ、といい恭介を誘って海へやってきた志方。無理に話を聞こうとはせず、志方は昔の失敗とか、自分の弱さをさらけ出した。

その話を恭介は黙って聞いていたが、恭介も弱さがたくさんあるといった。

さらけ出せよと志方がいうと、恭介は難しそうだった。志方は、察するといいたいときに言えばいいといった。「生きていくのはつらいね」恭介が言うと、「うん。でも生きていかなきゃな」と志方は言った。立ち上がって海にむかって叫んだ「バカヤロー」というと、恭介にもそれをやらせてみた。

 

契約破棄

AD

志方が決めてきた仕事は戸田専務によって契約破棄されていた。米国のゴップル社への納品を優先するという社の判断だった。丹野部長を裏切れないと志方がいうと、情に流されるなと戸田専務は押し切った。

葵電機との善後策を考えようとする志方に、その必要はないという戸田専務。すでに、葵電機の専務との話がついているというのだ。

志方は担当者が蚊帳の外に追いやられたことに腹を立て、専務に食って掛かったが「出ていけ。命令だ」といわれてしまう。

葵電機の外で丹野部長を待ち続ける志方。丹野を見つけるとそこで志方は土下座をする。

「謝ってもらっても仕方ありません。あなたを信じていました。残念です。」というと丹野は目の前を去っていった。丹野は既に社内で苦境に立たされていたのだ。

やけ酒と事件の発生

深瀬に誘われるがまま、志方はやけ酒を飲みに出かけた。

志方が気が付くと、愛倫倶楽部という全員女子大生のお店へと連れていかれ、志方はそのあとその女と消えていってしまった。

深夜、志方が家に戻ると恭介が帰ってきていないという。

真弓と真紀も心配していた。12時を回ったところだった。警察に電話しようという家族3人に、恭介が嫌がるだろうといいもう少し待とうという志方。

2時30分まで待ったころやっぱり警察に行こうというと俺が行くから待ってろといい志方が立ち上がると、電話が鳴った。警察からだった。恭介が死んでいるという連絡が入ったのだ。

 

事情聴取

AD

事情聴取で、不登校、家庭内暴力などの話が聞かれたが、志方も雪子もわからなかった。警察の声が遠のいていく感じがした。

AD

家に帰ると、雪子はビーフシチューを作っていた。恭介に食べさせてあげたくてという。

そのシチューを食べながら、恭介が手帳を探していたのを思い出した。

翌日、志方は恭介といった海に行って、手帳を見つける。

そこには、恭介の趣味だったカメラの撮影の記録と、失望、そして、名前のわからないあの人という文字が書かれてあり、女の子の写真が収めてあった。

満への聞き込み

志方は、満に手帳をみせ、何があったのか聞くと「恭介が書いたラブレターが見つかって、読み上げたやつがいる」という。その女の子の写真が写っていたのをみせ、これがあの人なのかと聞くと「わからないけど、写真展に一緒に行けることになったと恭介が喜んでいた」とたどたどしく言った。

AD

そして、満は志方に「からかいを止められなくてすみません。通夜にはいきます」といい、深く頭を下げると去っていった。

葬式が終わってから

AD

深瀬が、手伝いを終えて家を出ていくと、マスコミに囲まれてた。デートクラブに行ったことがマスコミに漏れていたのだ。家族は信じられないといって、志方を責めた。あの夜早く帰ってきてくれていたら、恭介はこんなことにならなかった。そういって雪子は泣き崩れた。

満への事情聴取

満が警察に引っ張られていった。事情聴取を受けている理由は「志方恭介の殺害の容疑」だった。若菜という少年犯罪専門の弁護士が満についた。「満が志方恭介君を殺害したと自供した」と弁護士が母のはつみに連絡する。

弁護士は不幸中の幸いで、満はまだ13歳だといった。はつみにはその意味がとっさにはわからなかった。

満が捕まった(補導された)ことは、志方にも伝えられた。志方はその名前を聞いて驚いた。

しかし、少年犯罪のためマスコミにも少年Aとして公表するという警察。志方は怒りが収まらない。14歳未満の犯罪は罪に問われない、最も重い場合で少年院送致だという事実を聞き、憤慨した。少年の教育の場だという事もあり更生が認められれば、1~2年で社会復帰すると警察が告げる。

雪子は恭介はもう戻らないのに、というと泣き崩れた。

部屋を出ると、志方は八巻満に遭遇する。つかみかかろうとすると警察が止めに入り、満は去っていった。

 

『それぞれの断崖』1話感想

AD

大人のドドラは、展開が早い!特に1話目。

ストーリーに人を引き込まないといけないから、なのかもしれないけれど、日本のドラマって展開が早すぎ。特に土ドラは6話8話と10話に満たないストーリーが多いので1話目に詰め込まれてる~

AD

もし、13歳の子供に大事な人を殺されたらどうしよう。

許してあげられないし、罪を償う必要もないなんて…

それに、前科がつかないってことですよね。つまり社会的制裁も最小限ってことですね。

っていうか、こんな法律があるんだと知って、若い子たちがやんちゃしませんように…心配。

本当に納得いかない事件です。私だったら、どうしよう。考えても答えが出ない深い土ドラ。次回が楽しみです。

あと、遠藤憲一最高な演技でした。迫力もあるのにくどくなくて、丹野さんと話すときは誠実で、恭介としゃべるときの気楽さなどが伝わってきました。

主演するには強面だけど、私は大好き。

次回も楽しみです。

AD

『それぞれの断崖』2話あらすじ

息子・恭介(渡邉蒼)を殺したのが同級生の八巻満(清水大登)であること、少年法上まだ13歳の満は犯罪者にはならないということを知り、激怒する志方(遠藤憲一)。さらに、不登校や家庭内暴力などの問題があった恭介の側にそもそも事件の原因があったのではという憶測記事が出て、志方や雪子(田中美佐子)、真弓(仁村紗和)らは怒りに震える。

志方は出版社に勧められて、反論の手記を出すことに。少年を殺意むき出しで激しく糾弾する内容と、さらには編集部が企画した座談会でも満への憎しみを感情的にぶちまけたことで、世間から猛烈なバッシングが巻き起こる。恭介側の家庭の問題や、事件当夜に志方がいかがわしいデートクラブにいたことも発覚し、志方家や職場にまでマスコミが押しかける事態に発展してしまう。

一方、満の母・はつみ(田中美里)は、息子が犯した罪に打ちひしがれながらも、せめて志方家に謝罪したいと申し出るが、満の弁護士・若菜(内田滋)に「その必要はない」と止められる。警察は、高城秀子(黛英里佳)という女性に対する暴行事件にも満の関与を疑っていた。はつみは、理解しているつもりでいた息子の得体のしれない部分を突きつけられ、戸惑うばかりだった。

志方は、事態を重く見た会社から休職を命じられる。雪子もフラワーアレンジメントの講師を辞めざるをえなくなり、真弓は婚約者の父親から婚約破棄を告げられてしまう。恭介の事件と、志方の言動が引き起こしたバッシングは、志方家に大きな暗い影を落としていた。

そんな中、満が高城秀子への暴行を認めたという知らせが入る。満は、恭介と共謀してやった、10万円を恭介に脅し取られた、と供述していると言う。信じられない志方だったが、恭介の部屋を探すと供述通りの10万円が見つかり、呆然とする。

恭介は、秀子に憧れてラブレターまで書いていたのだ。彼女を襲ったりなどするはずがない。恭介のことは信じている。しかし――
真実を求めて、志方はある無謀な行動に出るのだが…。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です