2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『ルパンの娘』3話あらすじネタバレ&感想 華の嘘がついにバレる?


ドラマ『ルパンの娘』は2019年7月よりフジテレビ系木曜22時~枠で放送されることが決まりました。原作は2015年に講談社より発売されている、『ルパンの娘』という同名小説です。

視聴率がひと桁続きと不振だった『ストロベリーナイト・サーガ』の枠での放送となります。シリアスな雰囲気のミステリーから一新、コメディタッチのミステリードラマです。

小説のあらすじをまとめています。

>>> 横関大原作『ルパンの娘』あらすじ走り読み!

>>> もっと詳しく!よくわかるあらすじ!

『ルパンの娘』1話あらすじはこちら

『ルパンの娘』2話あらすじはこちら

 

『ルパンの娘』相関図

『ルパンの娘』3話あらすじ

AD

三雲華(深田恭子)は、交際相手の桜庭和馬(瀬戸康史)が警察官であることを祖母、マツ(どんぐり)に知られてしまった。華はマツに尊(渡部篤郎)たちには黙っていて欲しいと頼むのだが、答えは得られない。一方、和馬はアポ電強盗逮捕の手柄を典和に褒められる。だが、美佐子(マルシア)は華からの連絡が和馬の犯人逮捕のきっかけだと知り疑念を深めて行く。

タワーマンションに戻った華は、尊から“Lの一族”を潰すつもりかと言われてしまう。マツがバラしたのだと観念する華。しかし、尊が怒っていたのはマツの手刀を浴びた和馬が倒れてしまったこと。そんなことでは泥棒一家に迎え入れることは出来ないと尊と悦子(小沢真珠)。話はズレていたが、どちらにしても華は和馬と別れを決意しなくてはいけない流れになってしまう。そこに、渉(栗原類)からお宝を見つけたと報告が入る。IT会社社長が某王国の秘宝を落札したのだ。しかも社長は脱税した金で購入する悪人。“Lの一族”、次のターゲットが決まった。

和馬はSNS強盗の担当に。SNSで目をつけた相手の住所や行動を追って、留守中に高級品を奪う手口だ。その頃、華は美佐子に誘われ桜庭家にいた。美佐子は華に料理などを手伝わせ、指紋や血液型などを身に付けた鑑識能力で探ろうとしている。和馬が帰宅すると、美佐子は和一(藤岡弘、)を呼びに行って欲しいと華に頼む。華が部屋に入ると、瞑想中の和一が真剣をふりかざして来た…。

以下ネタバレします。

 

ルワンダ王国の秘宝

次のターゲットは、IT系の社長がもっているというルワンダ王国の秘宝だった。脱税をしているのでL一族の次なるターゲットが決まった。

そのころ、和馬の母は三雲一家を怪しんでいた。指紋が一つも出ない家。そして、和馬が倒れている間に犯人が捕まっていたこと。

美佐子の訪問

華のもとに和馬の母、美佐子がやってきた。まだ別れていないのねと美佐子が言うと、華は謝った。しかし、無理に別れさせようとした私が悪い。仕事が終わった後桜庭家へいらっしゃいという。

華は突然美佐子の態度が変わり、自分を受け入れようとしてくれたことに驚いていた。しかし、美佐子はなにかを企んでいるようだった。華は仕事が終わった後、桜庭家に行く。美佐子は華にエプロンをかけ、一緒にご飯を作ろうという。そして、レシピをこれに書き込むように言い、手帳を渡した。

 

SNS強盗

AD

SNSでアップロードされた高級品やその持ち主の行動を調べ、住所を特定し休みや留守に強盗に入る。そんなSNS強盗が流行っていると捜査三課に情報が入り、和馬が担当することになった。

典和がドンの散歩をしていると3人組の男が老人をなぎ倒して走り去っていった。老人を助け起こす典和と、ドンは何かを見つけた。

美佐子の捜査

元鑑識の美佐子は、華の血、筆跡、毛髪を採取していた。そして、今にカツどんを置いて座らせると、そこへ典和が帰ってきた。

刑事時代の取調べを思い出すなという典和。そして、そこへ、和馬も帰ってきた。美佐子に言われ祖父和一の部屋に和一を呼びに行く華。そこには集中する和一。声をかけた瞬間、和一は真剣で襲い掛かってきた。しかし、華は真剣白刃取りをし、挨拶をする。初めまして、和馬さんとお付き合いをしている三雲華です。

祖父和一は我に返ると「すまなかった」と声をかけた。

和馬は台所にある証拠品袋に気づく。それを美佐子に問いただしていると、そこへ華がやってきた。「こんな女に騙されてはだめよ」そう美佐子が言う。

家に指紋がなかったことを華に問いただす美佐子。美佐子は華をいびり始めると、和馬は怒る。そして、華に行こうというと二人で家を出ていった。

謝る和馬に華は、和馬に別れると告げる。理由がわからない和馬は「俺は華のことを離さない。捜査一課になったら華との交際を認めてくれると約束した」といいながら華を抱きしめる。

AD

マツと華

AD

華が悩んでいると好きなんやったら、黙って付き合ったらいいという華の祖母マツ。そして、交際の条件を話すとマツは、和馬が捜査一課に入れるように手を打とうという。

マツに言われるまま、華は和馬に家族旅行をプレゼントする。家族旅行に行っている間に、和馬の家に遊びに行きたいという華。二人きりの夜を過ごせると思った和馬は喜んでいた。

マツに言われた部屋の写真を何枚か送ってほしいと頼む華に、和馬はわかったといった。

美佐子と悦子

道端でばったりと会う美佐子と悦子。美佐子は現場で鑑識を行った帰り、悦子は盗みの下見だった。お互いの容姿をディスりあうと、悦子は笑いながら去っていった。

しかし悦子が下見しようとしていたIT企業の家には、すでに泥棒が入っており、先子されてしまったのだ。

AD

家に帰って泣く悦子。誰に横取りされたのかを調べる渉。

マツの作戦

AD

華は和馬から送られてきた家の写真をマツに見せる。マツは、SNSにアップさせ、物色している泥棒を家に侵入させる。そして、逮捕させればいいという。そこに金塊や札束を合成するが、ドンの首にはルワンダ王国の秘宝がかかっていた。

テントウムシ型のカメラを桜庭家にセットしていると、そこへ美佐子が帰ってきた。「何をしているの」と華に声をかけると、おばあちゃんと通りかかって…というが、逃げ足の速いマツの姿はなかった。忘れ物、と取り繕うが美佐子は深く疑う。

もういいですといい、華もその場を立ち去るが、美佐子はテントウムシに気づく・・・

家族旅行とSNS強盗

一人旅で家を空けるというマツのSNSの投稿に、SNS強盗の3人は動き始めた。

和馬の両親と祖父は家族旅行に出かけ、その夜、華は桜庭家を訪れた。泥棒ホイホイが来たというマツの連絡を受ける華。泥棒が侵入すると、それを追いかけてきた尊と悦子。

美佐子の首にルワンダの秘宝がかかっていた。それを狙う尊と悦子。2階で物音がし、和馬が行くとSNS強盗の男がいた。相手は格闘技のチャンピョンだった殺されてはいけないと思い助けに入ろうとするが、和馬は思いのほか強かった。1人は仕留めたが、他に残党は2人いる。

美佐子を襲う一人は、ルワンダ王国の秘宝が美佐子の首にかかっていることに気づく。華は美佐子を助けようとするが、あっさりとやられてしまう。

そこへマツが現れ、華にドロボースーツを着て、まず美佐子を気絶させた。そして、泥棒相手に戦い、泥棒を最後に仕留めたのはもちろん華だ。

警察がやってきて、美佐子が目を覚ます。和馬はここに来た時には最後の泥棒もすでに倒れていたというと、美佐子は「華さんじゃない?」といった。華に何か格闘技をしていたか聞く美佐子。華は合気道をやっていたと答えると、美佐子は「だからあの身のこなし・・・」という。そして、泥棒と勇敢に戦った華を「桜庭家の嫁にふさわしい」とついに認めるのだった。

AD

一方、泥棒の残党一人がルワンダの秘宝をもって逃げる。それを追いかけ、尊がそれを掏る(する)。

ルワンダの秘宝はついに悦子の手元にやってきた。

 

和馬のお見合い

元警視総監の孫娘と和馬をお見合いさせたいと、典和の上司から、典和に話が入った。図書館に和馬がやってきて、犯人の自供から「この女にやられた」というと似顔絵が出てきた。それは泥棒スーツに身を包んだ女の絵だった。

本当のことを聞かせてくれ、という和馬に動揺する華。

 

『ルパンの娘』3話感想

AD

SNS強盗ね。今後起こりそうな犯罪でもありますよね。ピースから指紋を検出も可能とか聞いたことあります。子供の顔と名前が一致すると誘拐の危険性が増したりするとも…

SNSへアップする内容も、それを見張っている人がいるかもしれないと思うと怖いですね。でも、住所まで割り出せるようなSNSはなかなか見たことないぞと思うのですが、気にした方がよいのは確か。

さて、今回も和馬は気絶しましたね。変なテントウムシを目撃されてしまいました。かわいいけど、目立つw 赤だしね。

そして、犯人の供述から華がついた嘘がかもしれません。

AD

原作ではバレちゃうんですけど…和馬は葛藤の末、告発し、華に別れを告げます。

ところで、原作だと最初に死体となって発見される華のおじいちゃんは、写真と改装でしか出てきませんが生きてるのでしょうか?気になりますね。

次回も楽しみです。

 

『ルパンの娘』4話あらすじ

AD

三雲華(深田恭子)は、桜庭和馬(瀬戸康史)の母、美佐子(マルシア)の信頼を得た。しかし、和馬から“Lの一族”逮捕の手柄を立てて捜査一課に入ることが華との結婚条件と聞いてしまい胸中の複雑さは拭えない。

そんな折、和馬の父、典和(信太昌之)が見合い話を持って来た。相手は元警視総監の孫娘、橋元エミリ(岸井ゆきの)。華を気に入った美佐子は反対するが、典和は見合いを断れば和馬の昇進はなくなり、捜査一課への異動も出来ないため、華との結婚も無くなると言う。途方に暮れる和馬に、美佐子はとりあえず見合いをするよう勧める。見合いをしてエミリから断ってくれれば良いと言う美佐子に、和馬は勇気づけられる。だが、見合いの結果、和馬はエミリに気に入られてしまう。

華は円城寺輝(大貫勇輔)の協力で、和馬とエミリのデート現場へ潜入。円城寺が仕掛けた盗聴器で二人の会話を聞く華だが、聞こえて来たのは和馬からエミリへの愛の告白。実は、断片的な会話に過ぎず、和馬はエミリとの結婚を断っていたのだが、華は誤解してしまう。

傷心の華が家に帰ると、尊(渡部篤郎)たちが騒いでいる。ニュースで“Lの一族”の似顔絵が公開されていたのだ。泥棒コスチュームの華だが、本人と見比べた尊たちはこの似顔絵では分からないだろうと一安心。そんな尊たちの新たなターゲットは国際ロマンス詐欺師。この男が女性たちから騙し取った金で集めた金塊を奪い取ろうというものだった。

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です