2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『TWO WEEKS』2話あらすじネタバレ&感想 重要な証拠が隠されたデジカメはどこに?


TWO WEEKSが7月16日火曜夜9時スタート!

三浦春馬が主演、韓国ドラマのリメイクとなります。韓国ドラマではイ・ジュンギが主演でした。殺人事件で濡れ衣を着せられた男が、白血病を患う娘の骨髄移植の手術までの2週間逃亡するというドラマです。2週間逃げきれて、娘を救うことができるのでしょうか?

原作ネタバレもまとめていますが、殺し屋や企業の会長、議員など原作に近い配役なので同じストーリー展開になるのでしょうか?

『TWO WEEKS』原作あらすじネタバレ&感想 タイムリミットは2週間!命を懸けた逃亡劇!

『TWO WEEKS』相関図

相関図引用:公式HP

 

『TWO WEEKS』2話あらすじ

スポンサーリンク

殺人未遂容疑で服役した過去を持つ結城大地(三浦春馬は、ある日、元恋人の青柳すみれ(比嘉愛未から、白血病を患った8歳の娘がいると告げられ、自分がその子の父親であることを知らされる。
さらに検査の結果、娘の青柳はな(稲垣来泉と骨髄が適合し、正式にドナーとなるが、その矢先、ある人物の策略によって、結城は殺人の濡れ衣を着せられ、逮捕されてしまう。
はなへの移植手術は2週間後――、結城は警察のふいを突いて護送車から脱走する。第2話

一方、結城が殺害したとされるホステスの柏木愛(立花恵理)を協力者として、実業家の柴崎要(高嶋政伸を内偵させていた検事の月島楓(芳根京子は、彼女の死の真相を探ろうとしていた。

するとひょんなことから、愛の遺品の中に、以前渡したはずのデジカメがないことに気づき、そこに柴崎の弱みが隠されているのではないかと考える。

やがて、政治家である久我早穂子(黒木瞳の口利きで、新米ながら今回の事件の担当検事に抜てきされた楓は、愛がデジカメを質入れしたと思われる結城の質店を捜索。

しかし結局見つけることはできず、楓は何としても結城にたどり着かなければと躍起になる。

第2話その頃、検問をかいくぐって逃亡したものの、有馬海忠(三浦貴大たち警察に追い詰められ、行き場を失った結城は、人気のない場所に身をひそめながら8年前のことを思い出していた。

「あいつがまた俺を身代わりにしようとしてる……?」結城の脳裏に、ある男の顔が思い浮かぶが、次の瞬間、巡回中の警備員に見つかり、結城は息つく間もなく、はなとの約束を胸に再び駆け出して……。

 引用元:公式HP

8年前の真相

楓の父が死んだ事件で被疑者となった結城のことを思い出す楓。楓は法廷で、嘘をつく結城をみて「この人じゃない」といったが聞き入れてもらえなかった。8年前、結城はすみれに手を出さないことを条件に、柴崎の殺人事件の罪をかぶったのだ。
柴崎の弱みを握った愛が柴崎に殺されたとなると、何を握っていたのか。
結城は、今回の事件を工事現場で振り返っていた。質屋の倉庫に探し物に行くよう仕向けられ、背後から殴られた。
しかし、警察ではだれも結城に倉庫に行くよう頼んでいないという証言が得られていた。
愛に惚れていた柴崎が愛を殺すほどのこととは…そこに立ち入り禁止だという声とともに男が現れた。
男は、それが逃亡犯だとわかると警察へ通報した。結城は、警察に追われると、ビルを駆け上がった。そして、ビルからビルへ飛び移ろうとしたが、手を滑らせる。
しかし、その下にネットがあり命は助かった。そして結城はその場を立ち去った。

夢に出てくる娘

夜、結城は娘の夢を見ていた。「華に会いに行くために逃げた」という結城に、娘は約束を守ってねという。

 

はなとドナー

スポンサーリンク

その関係性を知らないすみれの婚約者、有馬警部補。有馬は勇気を追う警部だ。

質屋で見つかったデジカメのリスト

楓は質屋に行くが、しかし、店員はデジカメがないという。デジカメは店長、結城がもっていったという。質屋から柴崎に連絡が入り「月島という検事がデジカメを探していた」ということが伝わると、柴崎はそこに「やばい証拠」があるのかとつぶやいた。

愛が殺された日の出来事

スポンサーリンク

やばい証拠をつかんだ愛は、「少しでかけてくる」というと急いで外に出て、楓に電話する。それを見張る柴崎の部下。

愛は走るが、柴崎の手下に見つかってしまう。愛を捕まえると「俺に近づいたのは、探るためか?結城との関係は?」と聞きながら包丁を取り出し、愛を刺殺した。

何が写ってるのか大体わかるという柴崎。そして、結城を見つけてデジカメを取り返し、結城を始末しろという。

走り続ける結城

目撃者情報から、足がついてしまった結城は雑木林へ逃げ込んだ。

雑木林から逃げ出そうとする結城だったが、爆破事件が起こり警察が混乱する。そのすきに男が背後から迫った「こっちだ」勇気を導く男を結城は知らない。

助けてくれたのか?というと男はナイフを取り出し、結城を襲った。

 

『TWO WEEKS』2話感想

結城は逃げきれるのでしょうか。こんなに目撃情報が集まるのは…イケメンだからですね。(笑)

本当に走りっぱなし。

ビルを飛び越えられないのはコナン君じゃありえないけど、

落ちた先にネットがあって命が助かったのは、映画っぽかった。「映画かよ」と三浦春馬も言ってたけどそれ言わないのが映画だよ。(笑)

それにすごい近い距離を走って逃げてる。韓国ドラマのリメイクだから??

あの調子だと、すぐ捕まりそう…だけど捕まらないのがドラマですね(笑)

黒木瞳演じる衆議院議員は久我は、楓を担当検事にする。衆議院議員ってそんなに影響力あるの?司法立法行政は三権分立なはずですが、忖度する人がやはり官僚の中にもいるのでしょうか。

警部補の有馬は、いい奴な感じもするけどちょっとヤな奴っぽくない?はなちゃんが書いてたのは、絶対結城だと思うのだけど「有馬さんを描いたの?」と聞くとうんというはなちゃん。ええこや~でも、絶対パパ描いたんだよね。

はなちゃんが今週もかわいいTWO WEEKSでした~!

『TWO WEEKS』3話あらすじ

雑木林で警察に追い詰められた結城大地(三浦春馬は、謎の男・灰谷(磯村勇斗)に窮地を救われる。傷を負いながらも、なんとかその場から逃げ出した結城は、やがて一人暮らしの老女・北村義江(倍賞美津子)の家にたどり着く。結城の顔を見て、世間を騒がせている逃亡犯だと気づいた義江は……。

そのころ、結城の行方を追っていた月島楓(芳根京子は、雑木林で灰谷に遭遇し、見覚えのあるその顔に表情が凍りつく。一方で警察は、何者かに結城の捜索を妨害されたことから、逃亡を手助けする協力者の存在を疑い始める。

第3話移植手術を控える結城の娘・青柳はな(稲垣来泉の看病をしていた青柳すみれ(比嘉愛未は、結城が殺人を犯し、そのうえ護送車から脱走したというニュースを知り、がくぜんとしていた。助かるはずだった娘の命が再び死の危機にさらされ、絶望の淵に沈むすみれ。するとそこへ、警察の追手から逃げる結城から電話が。憤りを抑えきれないすみれに対し、結城は「俺の無実を証明する証拠を必ず見つける」と約束。

今回の事件の鍵が、殺された柏木愛(立花恵理)のデジカメに隠されていると悟った結城は、同居人のサトル(森永悠希)に連絡をし、受け渡しのために会う約束をするがー。

引用元:公式HP第3話

'第3話

原作が気になる方はこちらへ!

『TWO WEEKS』原作あらすじネタバレ&感想 タイムリミットは2週間!命を懸けた逃亡劇!

第1話

'第1話

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です