2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『凪のお暇』第1話ネタバレあらすじ&感想 これが本当の人生リセットコメディ


黒木華さん主演のドラマ『凪のお暇』第1話のネタバレあらすじ&感想をまとめてみました。

『凪のお暇』は同名漫画を原作とした“人生リセットコメディー”です。

空気を読み過ぎるOLが、全てを捨てて自分を変えようと奮闘するドラマです。

脚本:大島里美

演出:坪井敏雄、山本剛義、土井裕泰

主題歌:miwa『リブート』

以下『凪のお暇』第1話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『凪のお暇』第1話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

『凪のお暇』第1話ネタバレ

都内にある家電メーカーで働くサラサラストレートヘアが特徴的な28歳の 大島凪 (黒木華) は、日々何事もなく平穏に過ごすために常に場の空気を読み 「わかる!」 と周りに同調することで自分の平和を保っていた。しかし、いつもニコニコ、ビクビク、人の顔色を伺う凪の様子に同僚からは、いじり、“良い意味で” のダメ出し、そして理不尽な仕事をふられ放題の毎日。そんな 「なんだかなぁ〜」 な生活を送っていたある日、付き合っていた彼氏・我聞慎二 (高橋一生) からの一言がきっかけで心が折れてしまう。それをきっかけに 「わたしの人生、これでいいのだろうか…」 と見つめ直した結果、凪は人生のリセットを決意する。

会社を辞め、家も引き払い、交際していた彼氏もろとも知り合いとの連絡を絶ち、SNS をやめ、携帯も解約。幸せになるために人生のリセットを図った。そして東京郊外の何もない六畳一間のボロアパートに引っ越した凪。コンプレックスの天然パーマを隠すため毎朝1時間かけてアイロンをかけていたサラサラストレートヘアもやめて、そのままに生きることを決意する。仕事もこれまでのつながりも予定もない、誰にも縛られない楽しいはずの自由な生活。しかし、やはり人の目を気にしてしまう凪は空気を読んでしまいそうになる…。凪を追いかけてきた慎二やアパートの隣人・ゴン (中村倫也)、そして新しく出会った人たちに囲まれながら、凪の人生リセットストーリーが始まる。

引用元:『凪のお暇』公式HP

郊外でも新しい暮らし

凪はママチャリで図書館に行ったり、

自分のやりたいことを見つめなおそう!と意気込むが、やりたいことが…無いことに気づく。自分は早まったかと焦ってしまう。それでも、六畳一間で感じるそよ風は幸せを感じさせてくれた。

人生のリセット、早まった!?

その矢先、自動販売機の下のつり銭をあさったり、捨てられた傘を拾ったりしているおばあさんを見かける。そのおばあちゃんが近所のパン屋で食パンの耳をタダでもらっているのを凪は目撃し、このままずっと独り身だったらああなるのか、と戸惑う。

こんな形の幸せも…

AD

ある日、凪の部屋の前に上の階の洗濯物が落ちてくる。凪がそれを届けに行くと、つり銭をあさっているおばあさんの部屋だった。

お礼にお茶でもどうぞ、と半ば無理やり部屋にあげさせられる。独り身女の行く末を見たくない、おそるおそる部屋にあがる凪。しかし、そこの六畳一間にはホームシアターさながらのしつらえ。自動販売機のつり銭は“ハッピー貯金”として貯金され、パンの耳はお手製のポッキーに変身していた。

気づくと凪はおばあさんに自分のこれまでの経緯を話していた。おばあさんは優しく受け止めてくれた。

生まれ変わる凪

凪が近所の激安八百屋で買い物を済ませ、レシートを見るとお会計が間違っていた。これまでの凪なら泣き寝入りするところ、勇気をもってそれを言うと、強面の八百屋は“ごめんなさい~”と言いながらお詫びにえのきだけをくれた。

勇気を出して良かったと、喜ぶ凪。その勢いで捨ててあった扇風機を拾って自分で色を塗って、新生活を楽しみだした。

そして、いかにも遊び人の隣人のゴンにも怖くて話しかけられなかったが、勇気をもって話しかける。ゴンの住む部屋のベランダにはゴーヤが生えっぱなしになっていたのを見て、“食べないんですか?”と聞いてみたのだ。そして黄色く熟れすぎてしまったゴーヤは実は甘くなって美味しいハッピーゴーヤなのだ、と凪が教えると、ゴンは知れて良かったとうれしそうに笑う。

慎二が追ってきた

AD

その日、突然、慎二が凪を訪れてきた。凪の古くて何もない部屋と、凪のくるくるパーマを見て馬鹿にして、 “DIY?自分流アレンジ?オンリーワン?尊いね~”と嫌味を連発してきた。そして、“この髪変だよ、前みたいにちゃんとしろよ”と言ってそのうえで凪を押し倒そうとしてきたので、凪は“したら帰ってくれる?会社の人に彼女と会うのはアッチがいいからだって言ってたよね?”と言うと、慎二は、あれは男同士のノリだと答える。

それを聞いた凪は、慎二を突き飛ばし、“本当はこれが私の地毛で、月イチでストパーかけて毎朝1時間かけてブローしてたの!空気は読むものじゃなくて、吸って吐くものだ!”と言い返す。

そして帰って行く慎二に“ありのままの自分を愛さなくていいから、もうかかわらないで!”と雨の中、凪が叫ぶ。しかし、慎二は“また来るね”と不気味な笑みを浮かべて帰っていった。そしてゴンがそれを見ていた。

AD

ご近所さんに癒される凪

びしょ濡れになった凪の髪を上の部屋のおばあさんが優しく乾かしてくれた。すると隣の部屋(ゴンとは反対)の女の子がやって来る。その子はいつも冷たい目で凪を見ていたのだが、本当は凪のクルクルの髪を触ってみたかったらしい。凪が触らせてあげると、“わぁー犬みたい”と無邪気に喜ぶ。その笑顔に凪も癒される。

慎二の本当の想い

AD

一方、慎二は駅まで信号も無視、車にも引かれそうになりながら、ただ颯爽と歩いて駅へ向かう。途中すれ違った人が慎二を見て言う。“今の人号泣してなかった?”

慎二はバーへ向かい、酔いつぶれる。マスターに失恋したの?と聞かれる。慎二は付き合いたての頃、彼女がとても早起きをして1時間以上かけて天然パーマをなおしている健気な姿をみて、この子を一生守りたいと思っちゃったんだよね、と話す。

凪、恋に落ちる!?

凪は、慎二のことは忘れ、無職の自由な時間を謳歌していた。そこへチャイムが鳴る。訪ねてきたのはゴンだった。先日の“ラッキーゴーヤ”のお皿を返しにきて、そして“ごちそうさま”と言いながら凪をハグして帰っていた。凪は腰をぬかしてしまう…。

『凪のお暇』第1話感想

AD

まず、高橋一生さんと中村倫也さんの演技力が光りましたよね。見る前は実は2人とも原作のイメージとかなり違うし、違和感が出てしまうのではないかなぁ、と思っていたのですがさすがの実力ですね。原作とは違うけれど、原作を忘れれば本当に2人ともそれぞれ魅力的な男性でしたね!

AD

凪も原作のイメージとはちょっと違う感じがありますが、純粋な女性を演技はの黒木華さんがさすがの演技力で演じていらっしゃいました。

ストーリーの本筋とは関係ありませんが、上の回のおばあさんの生活、素敵じゃありませんでしたか?自動販売機の下のお金を拾うのも誰かの物を奪っているわけでもないし、捨てられてしまうパン屋の耳をもらうのも誰かが損しているわけでもない。誰も傷つけることなく、お金をかけず自分の幸福度を上げる、というのは案外難しいことなんじゃないかとも思います。おばあさんの部屋を見るとお金をかけなくても得られる幸せっていっぱいあるんじゃないかと気づかされます。

『凪のお暇』第2話あらすじ

AD

全てを捨てて人生のリセットを決意したアラサー女子の 凪 (黒木華) は、東京郊外にある6畳一間のアパートで再出発を図ろうとしていた。

しかし、突然訪ねてきた元カレ・慎二 (高橋一生) からの 「お前は絶対、変われない」 という言葉に、凪の心は激しく荒れていた。

そんな時、ふと目に入ったのは様々な支払い用紙。生きているだけでお金が減っていく現実に凪は危機感を覚え、失業保険の給付を受けるためにハローワークへ。

そこで、なにやら担当者ともめている 坂本龍子 (市川実日子) と出会う。落ち込んでいる様子の龍子に、凪は勇気を出して話かけてみるが…。

一方、慎二は行きつけのスナック「バブル」で ママ (武田真治) や 杏 (中田クルミ) から “女心が分かっていない” と説教を受け、凪との復縁はないと言われてしまう。

ヤケをおこした慎二は、凪のアパートへ行き執拗にチャイムを鳴らすも凪は留守。そんな慎二に声を掛けたのは上の階に住む 吉永緑 (三田佳子) だった。

その頃、凪は隣人の ゴン (中村倫也) と一緒に近所の公園でバーベキューをしていた。ゴンが持つ、ゆるっとやわらかな空気に癒される凪だったが、ゴンと家に戻ったところで、慎二と出くわしてしまう。凪は隣に住む うらら (白鳥玉季) と予定があると言い慎二を避けるも、なぜか凪の部屋で慎二とうらら、緑、ゴンとトランプをする羽目になり…。

引用元:『凪のお暇』公式HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です