2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』第2話ネタバレあらすじ&感想 


石原さとみさん主演のドラマ『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』第2話のネタバレあらすじ&感想をまとめてみました。

脚本:吉田恵里香

演出:木村ひさし、松木彩、村尾義昭

主題歌:あいみょん「真夏の夜の匂いがする」

以下『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』第2話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』第2話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』第2話までのおさらい(一部ネタバレあり)

第1話では、黒須仮名子は伊賀観をはじめとする少々問題あり?な面々をスカウトし、フレンチレストラン“ロワンディシー”をオープンさせる。

フレンチレストランの経験者はシェフと伊賀のみ。およそ経営者とは思えない仮名子の言動に振り回さながらも、伊賀が皆を引っ張り、なんとかオープニングパーティーを迎える。

『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』第2話ネタバレ

スポンサーリンク

「ロワン・ディシー」の開店からおよそ一ケ月。お客といえば、近所の石材屋の鱸(田口浩正)くらいで、店内には閑古鳥が鳴いていた。

ある日、食事を楽しんだ仮名子(石原さとみ)は、シェフ・小澤(段田安則)をテーブルに呼び「最近の料理にはパンチが足りない」と指摘。実は、小澤は弱気になると味が薄くなる性格で、客が来ないのは自分の料理が美味しくないからだ、と思い悩んでいるのだった。そんな小澤の自信を取り戻そうと、仮名子は従業員たちにお店のチラシを配ることを命令!手書きのチラシを作って客を呼ぼうと団結する。ところが数日後、店は予想外の事態に陥ってしまう…。

小澤救出に向け、仮名子の秘策は成功するのか?

小澤シェフの秘密が明らかに!?

仮名子は小澤シェフの自信と塩気を取り戻せるのか?

引用元:『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』公式HP

自信がなくなると、味が薄くなるシェフ(笑)

シェフの小澤(段田安則)は、自信が無くなると、味付けを薄くしてしまうという習性がある。店がなかなか繁盛しないことから、味付けが薄くなり、数少ない常連客にもそれはバレていた。

小澤の秘密!?

三ツ星レストランのシェフなんだから、自信を持てと仮名子は檄を飛ばすが、小澤には全く効かない。

それどころか伊賀は、なぜ元三ツ星シェフがこんな店に来たのかと疑問に思うが、小澤も仮名子もそれには答えない。2人とも何かを隠しているようだ。

小澤に自信を取り戻させる作戦その1

スポンサーリンク

小澤の自信を取り戻させようと、チラシを配ってお客を呼ぶが、集まってきた客は飲み放題や梅サワーを注文するようなフレンチには似つかわしくないお客ばかりで、店内は騒々しくなる。堤や河合をはじめとする面々が、プロレス会場や夜中にたむろしている若者にチラシを配ったためだった。

これにより、常連客まで離れていく状況になり、ますます小澤は自信を失い、塩気が薄くなっていく。

小澤に自信を取り戻させる作戦その2

仮名子は駅前の人気フランス料理店に偵察に行くことにする。そこで皆で料理を食べて、小澤の料理の方がおいしいと持ち上げて自信を取り戻させるという作戦だった。同業者だとバレると普段通りのサービスを受けられないため、同業者だとバレないように皆で気をつける。

しかし、仮名子たちは同業者と気づかれるどころか、女性との付き合い方がわからない男性がテーブルマナーを学ぶサークルだと勘違いされてしまう。仮名子たちは変な意地をはり、自分たちが“その道のプロ”だとみせつけようとするが、空回りし、周囲の客に笑われて終わる。

仮名子たちがデザートを注文しようとしたその時、そのレストランのサービスがちょっとしたミスからボヤを起こすが、伊賀が自分のジャケットで消し、その場をおさめる。

それを見た小澤は、伊賀はサービスマンとしての行いができているのに対し、自分はできていないと余計に自信を失ってしまう。

小澤の秘密は…

スポンサーリンク

皆で小澤を励まそうと話し合う。そこで、仮名子はついに小澤の秘密を暴露する。小澤は経営不振やボヤ騒ぎ、リーマンショック、経理の資金持ち逃げ…など数々の理由から働いて来たレストランが全て潰れていた。皆に隠していたのは小澤の勤めた店は全て潰れるというジンクスだった。

小澤に自信を取り戻させる作戦その2

伊賀(福士蒼汰)がミッドナイトランチコースを始めようと提案すると、見事にこれがヒット。

仮名子(石原さとみ)が知り合いのグルメライターに記事を書いてもらい更に店は繁盛する。しかし、その記事は、小澤が今まで渡り歩いてきた店が全部潰れてきたというジンクスをネタにしたものだった。

その記事内容を見てさらに落ち込む小澤だったが、その記事をある人物が見て“ロワンディシー”に予約を入れてきた。

小澤に与えられた自由

スポンサーリンク

その男はOKANOという有名アパレルメーカーの社長で、1人5万円で16人の予約を入れてきた。小澤(段田安則)は料理の自由度が高過ぎて迷走し始める。今まで原価率を下げることばかり考えてきたため、逆に5万円に見合う原価率のメニューを考えられないでいた。

しかし、仮名子が「シェフの才能が5万円で買われたのよ。自分の好きなものを作ればいいじゃない。食材の余りなんて気にしなくていいの。」と背中を押す。

おかげで、小澤は前向きにメニューを検討しだす。

予約前日。5万円のお客様に確認しておいた嫌いな食べ物リストを見ていて、小澤はあることを思い出す。予約してきた岡野は小澤が若かった頃、初めてお客にファンになった、と言ってくれた人物だった。限られた食材の中で料理していた若かりし小澤が、自由になったらどんな料理を作ってくれるのかを見に来てくれたのだった。

それを感じとった小澤は当時のメニューを食材に制限されることなく再現した。

仮名子の本音は?

“放り込まれた自由の中でも自分らしさを見失わさず、答えを出した”。そんな小澤に勇気づけられたと岡野は小澤にお礼を言って帰って行った。

小澤はオーナーの仮名子が自由にやっていい、と言ってくれたから今日のもてなしをできた、と感慨にふけっていた。山縣や他のスタッフも実はオーナーはスタッフのことを考えてくれているのか…!?と話しているその場に仮名子はいない。

そしてキッチンからいい匂いがただよってくる。仮名子は余った食材を食し始めていた。

もしかして、仮名子はただ余り物を欲しかっただけ…!?

 

『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』第2話感想

スポンサーリンク

やっぱり石原さとみさんがかわいい!衣装もメイクも美しかったです!

さて今回は自由って難しいな、と考えさせられました(そんなテンションのドラマではないですけど笑)。全てが自由だと逆にどうしていいかわからないですよね。制約があるからこそ、工夫して良いものを生み出すことができるのだと思います。

それにしても、仮名子の振る舞いはスタッフのことを想ってのことなのか??そこが気になるところですよね。生まれつきの自由奔放なのか、本音を隠すための言動なのか!?注目したいところです。

実は原作でも、そのあたりはあまり詳しく描かれていないんですよね。

>>>気になる方は原作あらすじネタバレをどうぞ!

『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』第3話あらすじ

スポンサーリンク

「ロワン・ディシー」では、店長の堤(勝村政信)が頭を抱えていた。予約の電話を受けたコミドランの川合(志尊淳)が致命的なミスを犯したのだった…。

その夜、店は予約で満席。フロアが大混乱する中、仮名子(石原さとみ)がアクシデントに見舞われ、伊賀(福士蒼汰)はその対応に追われる。

すると山縣(岸部一徳)が堤と川合を手招きする。山縣が指さした先には、仮名子の席に座る女性の姿が…。押しの強いその女性は、伊賀をみると「観!!」と親しげに呼ぶ。その女性は観の母・勝代(財前直見)で、観を長崎に連れ戻そうと東京にやってきたのだった。

仮名子と勝代は、似た者同士でそれぞれの都合で観を自分のそばに置いておきたいと必死。「ロワン・ディシー」の”サービスの要”伊賀をめぐる仮名子と勝代の争奪戦が幕を開ける!!

引用元:『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』公式HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です