2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『ルパンの娘』1話ネタバレあらすじ&感想 深田恭子のクールでセクシーな演技に驚き!


ドラマ『ルパンの娘』は2019年7月よりフジテレビ系木曜22時~枠で放送されることが決まりました。原作は2015年に講談社より発売されている、『ルパンの娘』という同名小説です。

視聴率がひと桁続きと不振だった『ストロベリーナイト・サーガ』の枠での放送となります。シリアスな雰囲気のミステリーから一新、コメディタッチのミステリードラマです。

小説のあらすじをまとめています。

>>> 横関大原作『ルパンの娘』あらすじ走り読み!

>>> もっと詳しく!よくわかるあらすじ!

『ルパンの娘』相関図

『ルパンの娘』1話あらすじ

スポンサーリンク

図書館に勤める三雲華(深田恭子)は、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)の家族を初めて紹介されて、ガチガチに緊張している。和馬の父、典和(信太昌之)の口調は厳しく、母の美佐子(マルシア)も華の勤め先にガッカリした様子。和馬が公務員としか聞いていなかった華だったが、桜庭家は代々警察官の一族だったのだ。それを聞いて震え上がり、さらに和馬が警視庁捜査三課と知った華は…。

その日、和馬に送ってもらった華は平凡な一軒家に入って行く。和馬の車が去ると、その家からそっと抜け出し、タワーマンションの高層階へ。実はここが本当の三雲家。高級な猫を抱いた母の悦子(小沢真珠)、キャビアをつまみにワインを傾ける父の尊(渡部篤郎)、トラフグを調理中の祖母マツ(どんぐり)が華を迎え入れた。だが、猫もキャビアもトラフグも…他人様から失敬したものばかり。そう、三雲家は泥棒一家。華は和馬を諦めようと考える。

一方、和馬は典和に捜査一課の刑事になれたら華との交際を認めても良いと言われる。和馬が三課の先輩刑事・巻(加藤諒)に相談すると、先祖代々家族全員が盗みの専門家、“Lの一族”を捕まえろとアドバイスされる。決して尻尾を出さない、それでいて弱者からは盗みを働かない、まるで、“アルセーヌ・ルパン”のような大胆不敵な犯行から“L”がつけられる一家。和馬は彼らを捕まえる決心をするが、その一族こそ、華の家族・三雲家だった。

引用元:公式HP

以下ネタバレします。

三雲華と桜庭和馬の家族

スポンサーリンク

和馬は突然華を実家に連れていき、彼女だと紹介する。公務員だと聞いていた和馬は実は警察だった。そして、和馬を含む家族全員が警察なのだ。泥棒一家の鼻は、緊張して気分が悪くなり倒れてしまった。

和馬に送られた後、本当の家に戻る三雲華。そこは高級タワーマンションだった。母も父も盗んできたもので晩餐を楽しんでいた。それをみて大きなため息をついた。和君ごめん。

そんな中、和馬の家族は家族会議で華との交際を反対されていた。しかし、和馬が根気よく話し、捜査一課に入れたら交際を認めてもらえることになった。

三雲悦子が狙う10カラットダイヤモンド

10カラットの指輪が欲しいという母悦子。窃盗団が入る予定を聞きつけ、兄でハッカーの三雲渉に窃盗団のこと尋ねる。引きこもりの渉が調べると拳銃を持っているので危険だという。

華は、そんな家族を目の前に普通の人間として、大好きな人と幸せになりたかったと願う。しかし、こんな家族じゃ一生結婚できない。華は別れを心に決めるが、和馬は華との結婚を進めたいと思っていた。

華と和馬の出会い

スポンサーリンク

図書館で働く華のところへ、円城寺がやってきた。円城寺は幼馴染の泥棒で、華に好意を持っていた。

彼氏ができたことを円城寺に伝えると、驚いた。華が一生結婚できないといっていたからだ。愛してるが、別れてくると円城寺に話す華。

そのころ和馬は巻栄一に結婚したい女性がいると告げる。するとその素性を洗うという巻。規則だからだ。しかし、よく警察一家の桜庭家が一般人を許したなという巻に「捜査一課になることが条件だ」と伝える。どうなったら捜査一課に入れるのかと悩む和馬に巻は「L一族を捕まえればいい」とアドバイスを送る。先祖代々盗みの専門家。大胆不敵で、痕跡を残さない。善良なものを助ける一面もあり、アルセーヌルパンを彷彿させるためL一族と呼ばれていた。

和馬と華のジュエリーショップ

和馬は気は早いと知りつつ、老舗ジュエリーショップへ足を運んでいた。華の好みやサイズを知っておきたかったからだ。華は、別れを切り出そうとするが、そこへ悦子が現れる。

「もしかして彼氏さん?」と妖艶な姿で近づく悦子。いぶかしがっている和馬に「母です」と伝える悦子。「桜庭和馬です、びっくりしました。若い」と声を出すとかわいいといって和馬の手を取った。

終わった・・・華は心の中で思っていたが、和馬に「出よう」と声をかけた。しかし、悦子はそんな二人を逃がしはしなかった。向かった先は高級すし店。そこには、父の三雲尊もいた。

食事も終盤に差し掛かったところ、「和馬君はどんな仕事を」と尊が聞く。「警察です」と話そうとする和馬の声にかぶせて華は「公務員です」という。その職業を聞いて固まる尊と悦子。

あなたたち指輪見てたわよね。結婚を前提に付き合ってるの?と聞くと「僕はそのつもりです」という和馬。まだ何も決まっていないという華。尊は、まずは両親の挨拶からだという。

会計をしようとする和馬は値段に驚く。尊が私がといい会計をしに行こうとする。スミマセンと振り返る和馬に「あんまり見ない方がいいわ」と悦子が言う。後ろでは竜崎組が会食をしていた。

和馬が家に帰ると、お土産を渡す。父は、収賄罪に当たるといい怒ったが、じいさんに持っていけという。鬼の桜庭という異名をもつ敏腕刑事だった桜庭和一だ。

和一に寿司を差し出すと、「その女はあきらめろ」と一言だけ言った。

スポンサーリンク

華が家に帰ると、尊も「あの男はだめだ」といった。ただの公務員で泥棒になる素質はない。婿養子にはできんな。というのだ。婿養子という言葉に驚く華。しかし、華が泥棒をやらない以上跡取りがやるしかないと尊は考えていたのだ。

兄の渉は引きこもりだからL一族は継げないと悦子も言う。

宝石強盗

スポンサーリンク

宝石強盗事件が発生した。強盗した二人組を、射殺する二人組が現れる。それをみて、尊と悦子はその場に身を潜めた。翌朝のニュースをみながら、「黒幕ならわかっている」という尊。「やっぱりつながってたね」という悦子。

そんな中、和馬が強盗事件の担当になっていた。殺害された二人は、車を乗り換えようとしたところ襲撃され、盗んだ宝石が強奪されたのだ。宝石店の防犯映像の確認に行く和馬。そこで、巻に「彼女といったショップだった」と告げる。

巻は彼女とどこで出会ったのかと聞くと、「図書館だ」と答える和馬。七夕の日に、読み聞かせをする華は、いつまでもまじめに働かない両親を思い出して悲しくなった。そして涙してしまった。それを和馬は見ていた。本を読んで悲しむなんてなんてきれいな心の持ち主なんだ。

スポンサーリンク

泣いている華の目の前に和馬が現れ、お互い惹かれ合ってキスをしたのだ。

その状況を円城寺に説明する華は「何のとりえもない私を好きになってくれた」と話す。しかし、華には取り柄があった。スリの才能だ。

宝石強盗の映像解析

下見をしていた可能性が高いため、過去の防犯映像を見せてもらうために宝石店へ向かう和馬。そこで、出てきた男は、竜崎組と寿司を食べていた男だった。社長の金剛丸だ。

「殺された犯人は竜崎組に出入りしていたそうだ。竜崎組を追っている4課と合流捜査することになった」と巻から電話が入る。

和馬は「すぐ戻ります」と伝え電話を切ると、金剛丸は背後から鈍器で和馬を殴りつけた。

 

宝石店の監視

そのころ三雲一家は、宝石店を監視していた。尊と悦子は華に「竜崎組と社長の金剛丸のことを怪しんでいた」と話した。寿司屋に行ったのも、その二人の計画を知るためだった。子飼いの二人は、使い捨てで殺されたのだった。

盗難保険に入っていて、保険金をむしり取ろうとしたならず者だという。天罰を下してやるという尊と悦子。

危険だという華は、監視映像をみると、そこには捕まった和馬が映っていた。警察に通報しようとする華に、家宅捜索の令状が下りないと伝える尊と悦子。「だったら今すぐ助けに行って」と華がお願いすると「危険すぎるからやめよう」と寸劇をはじめ「あと一人いてくれるといいんだけど」という尊と悦子。

華は、和馬を助けるために泥棒スーツに身を包む。「盗むことで何かを変えられる日が来る」三雲巌の言葉を思い出す。

 

和馬の救出

難攻不落のやくざ事務所に乗り込む三雲一家。尊と悦子はマッサージ屋のふりをして手前の二人を足止めし、伝説のカギ師三雲マツが裏口のカギを1秒で開ける。中に入ったのは華だ。

スポンサーリンク

渉が、警報を鳴らす。尊と悦子が合流する。尊は二人を催眠スプレーで眠らせ、たくさんの侵入者がいると電話をかけるとやくざたちは和馬を置いて部屋を出ていった。そこへ三雲華がクモようにワイヤーで降りてきた。

最期に一目見たかったと涙ぐむ和馬は出会ったときの思い出を語る。華はそんな和馬の首にチョップをかまし気絶をさせる。そこで宝石を回収する華。和馬のロープを外すが、そこへ2人帰ってきてしまう。

『和君起きて』と心に念じるが、天井からブレスレットが一つ落ち、和馬の頭に落ちる。目を覚ました和馬はやくざ2人は取り押さえるが、金剛丸に拳銃を突きつけられてしまう。華がまた和馬を気絶させ金剛丸と戦うが、圧倒的な強さで勝つ。

30丁を超える拳銃と実弾が保管されていたことがニュースをになる。

ハイパーソーシャルクリエイター

声の主は女だったという金剛丸の証言からL一族可能性が高まるが、和馬は悔しさをにじませる。

事件が落ち着いて華に会いに来る和馬。警察の決まりで調査したという。ハイパーソーシャルクリエイターだという公安の調査結果に、和馬は驚いたという。

そして、華の家族に会いたいという家族を連れてきてしまった。

 

『ルパンの娘』1話感想

スポンサーリンク

こういうこと?(笑)

スポンサーリンク

三雲華かっこいい~!これは原作よりがぜん面白いですね。そして、巌が死ぬ前に、宝石強盗事件。

宝石強盗事件では限定者のリングが悦子を追い詰める設定でしたが、そうじゃなさそうですね。そして、事件のオムニバスなのでしょうか?

原作と違って、和馬の祖母は死んでしまっているし、警察犬を連れているのは、和馬の母でした。

三雲マツも品の良い鍵師でしたが、どんぐりがやるとこうなるのか…。

栗原類も泥棒スーツきるの?万年ジャージな印象だったたんだけど…

凪のお暇のキャストがなんかちがうと話題になっていましたが、ルパンの娘も原作とはちょっとイメージが違ったけれど、

とてもいい裏切りです。真珠と渡部篤郎の茶番もたのしいです。

スポンサーリンク

和馬は捜査三課の人間(窃盗を扱う部署)で、捜査一課を目指す設定でした。今回の手柄で捜査一課に行けるのでしょうか?そして、そこで巌の事件が発生するのでしょうか?

泥棒スーツもセクシー。クールな役が意外となかった深田恭子の新たな一面もとてもいいですね。

 

『ルパンの娘』2話あらすじ

三雲華(深田恭子)は泥棒一家“Lの一族”の娘であることに思い悩んでいる。なぜなら、恋人の桜庭和馬(瀬戸康史)は警察一家の息子だからだ。和馬の家族と自分の家族を合わせるなど、華にとってはもってのほか。そんな華の願いもむなしく、和馬が母の美佐子(マルシア)、父の典和(信太昌之)、元警察犬のドンまで連れて三雲家に挨拶に来てしまう。玄関に入った美佐子と典和は、警察官の嗅覚でいろいろと探り始めたため、華は気が気でない。幸い、ダミーの家に尊(渡部篤郎)悦子(小沢真珠)たちの姿がなかったため、華は胸を撫で下ろす。ところが、尊たちが秘密の通路からやって来てしまった。

図らずも両家の親たちの顔合わせになってしまい、華は和馬たちの職業を尊たちにバレないようにしようと必死。尊たちは泥棒とは言わないが、おかしな職業を作り上げているので、やはりハラハラしっぱなしの華。後から現れたマツ(どんぐり)は、尊と一緒に公務員批判を繰り広げ始める。両家は睨み合いになってしまうが、意外なことで尊と典和が意気投合。別々の高校に在学していた時に、野球部で試合をしていたのだ。

とりあえずホッとする華だが、美佐子は典和とは違っていた。後日、華は美佐子から和馬とは別れて欲しいと言われてしまう。やはり和馬と別れた方が良いのかと華は悩む。そのころ、和馬はアポ電強盗事件を担当。一方、三雲家は、ある会社社長が所有する名画を盗む計画をしていた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です