2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『偽装不倫』第1話ネタバレあらすじ&感想 婚活やめた途端に恋に落ちる!?


杏さん主演のドラマ『偽装不倫』第1話のネタバレあらすじ&感想をまとめてみました。

脚本:衛藤凛

演出:鈴木勇馬、南雲聖一

主題歌:milet「us」

以下『偽装不倫』第1話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『偽装不倫』第1話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

 

『偽装不倫』第1話ネタバレ

32歳で独身の派遣社員・濱鐘子(はましょうこ)(杏)は、二世帯住宅の実家で両親と姉夫婦と同居するパラサイトシングル。3年に渡り辛くむなしい婚活に励んできたものの、報われないばかりか巷に溢れるのは不倫ゴシップばかり。勤務先での派遣契約が満了したその日、「どうせみんな不倫するんだから結婚に意味はない」、と婚活をやめる決意を固める。

一方、鐘子の姉・葉子(ようこ)(仲間由紀恵)は一見地味で堅物だが、3年前に非の打ち所のない夫・賢治(けんじ)(谷原章介)と結婚したキャリアウーマン。鐘子とは正反対の幸せな結婚生活を送っていた。 そんな葉子から「またお一人様旅行?」と非難されながらも、鐘子は“婚活さよならパーティー”の一人旅の荷造りを始める。

翌日、博多旅行へ旅立った鐘子は、葉子に借りたワンピースのポケットになぜか結婚指輪が入っていることに気づく。そして、機内に乗り込んだ途端、突然落ちてきたスーツケースが頭を直撃し、指輪を落としてしまう。慌てる鐘子に指輪を差し出したのは、落ちてきた荷物の持ち主・伴野丈(ばんのじょう)(宮沢氷魚)。そのイケメンぶりに動揺した鐘子は、とっさに自分の結婚指輪だと既婚者のふりをしてしまう!

お詫びとして丈から博多での食事に誘われた鐘子は、言い訳をこねくり回した末、『人妻』という嘘設定を引きずったまま丈について行くことに。スペインでカメラマンをしているという7歳年下の丈との図らずも楽しいひと時に、心奪われていく。婚活では自分を偽らないあまりにモテもせず恋もできず失敗を繰り返してきたのに、人妻と嘘をついた途端、なぜか年下のイケメンに恋をしてしまいそうな自分に焦る鐘子。その夜、丈から「僕と不倫しませんか?」と誘われて……!?

引用元:『偽装不倫』公式HP

以下、ネタバレになります。

鐘子の偽装不倫がスタート

スポンサーリンク

丈は幼い頃、博多で育ったため昔の馴染みのお好み焼き屋に連れて行く。そこでようやく、自分の名前を初めて伝える鐘子。丈が幼い頃に通っていた店だということもあり、地元の客も一緒になって、盛り上がったため帰りが夜になってしまった。

鐘子を誘惑する丈

ホテルまで送るという丈。2人はその道すがら夜景のきれいな場所を通りすがる。そして、丈は立ち止まり、鐘子の写真を撮りだした。

「こんなおばさん撮っても絵にならない」と言う鐘子に、日本ではなぜ鐘子のようなきれいな人がそんなことを言うのかわからない、と言う丈。久しぶりに日本に帰ってきて有名人が不倫をしていて丈はびっくりした、という。

「なぜ私なんかと…」と戸惑う鐘子に「だって綺麗だから。他に理由なんてある?」とさらりと言ってのける丈。

男女の関係になるかと思いきや…

スポンサーリンク

2人でホテルにチェックインし、口づけをかわそうとした矢先に、丈の携帯が鳴る。携帯の画面には“Akari”の文字が。

電話でAkariは丈にお土産を要求するだけの用事だった。丈はスペインで暮らしているが、彼女は丈の姉で、日本でスペイン料理店を営んでいる。

丈が電話を終え、部屋に戻ると鐘子が酔いつぶれて寝ていた。久しぶりの恋愛っぽいことに緊張してしまい、それを紛らわすために部屋にあるお酒をあおってしまったのだった。

遊びの付き合いなのか

スポンサーリンク

朝、鐘子が目覚めると丈が朝ごはんを買ってきてくれた。一緒に公園で朝食をとりながら、おしゃべりをする。丈は夫のことを聞いてくる。鐘子は旦那さんに愛されているんだね、と丈は言いながらも「いよいよ不倫って感じがしてきた。どきどきしてきたね」と少しはしゃいだような表情を見せる。

鐘子は「あぁ、そういうことか。」と妙に納得をする。丈は不倫をしたかっただけだと。日本の人妻は不倫を望んでいると勘違いしているのだと。そう感じた鐘子は丈を好きになるまい、決心する。

運命なのか…

自分がシングルだと打ち明けないと決めた鐘子は流れるように嘘が口をついて出る。そして、2人は楽しい時間を過ごす。出身地の話になり、鐘子は宮沢賢治と同じ岩手出身であることを告げる。そして、話題は『銀河鉄道の夜』にのぼる。『銀河鉄道の夜』は主人公のジョバンニと親友のカンパネルラが本当の幸せとは何かを探す旅に出る物語である。

丈は主人公が自分の名前とそっくりであることに驚き、喜ぶ。丈には告げなかったが、鐘子は内心どきどきしていた。カンパネルラはイタリア語で“鐘”を意味し、“鐘子”の名前の由来であるからだ。

一日デートをした夜、鐘子と丈は結ばれる。ベッドの上で、丈は鐘子に指輪をはずして、「今夜だけは僕のものになって」とささやく。

スポンサーリンク

翌朝、飛行機の時間ギリギリに目覚める。慌てて支度をする鐘子。「連絡先は聞かなくていいの?」と尋ねる丈に、鐘子はつい「その方がいいんじゃない?」と大人ぶった態度をとってしまい、そのままホテルを去る。

なんと、鐘子はホテルに指輪を忘れてきてしまっていた。

姉・葉子の秘密

スポンサーリンク

一方、姉の葉子のもとには、夫の賢治から「残業がなくなったから、ご飯作って待ってるね」とメッセージが届く。

賢治はいつも優しい。葉子にも、義両親にも、鐘子にも。

しかし、そんな優しい賢治とのやりとりをする葉子の表情はいつも曇っている。

スポンサーリンク

その日、葉子は「急な接待が入った」と賢治に嘘をつく。そして彼女が向かったのはボクシングジムだった。そこにはスパーリングをするピンクの髪の青年がいた。彼は葉子に気づくと、笑顔を浮かべ、全力で手を振ってきた。

葉子はそれに対し、いつもは見せない満面の笑顔で応えるのだった。

『偽装不倫』第1話感想

いよいよ始まりました!偽装不倫。現実世界では不倫関係のスキャンダルはあとを絶ちませんが、このドラマ『偽装不倫』はそれらとは全く違う、恋に不器用な女性の純愛物語になりそうですね!

若いイケメンに舞い上がっているのを隠すために、思わず既婚者のフリをしてしまったあたり、とても共感できるというか、かわいらしいですよね。合コンでいいなぁと思う人がいてもがつがついったら重たいと思われそうだから、そこまで興味がないフリをしたり。つい強がったり、平気なフリをしてしまうことあります。恋愛ではない場面でも、がっついていると思われたら、恥ずかしい、引かれる、という気持ちはありますよね。例えば芸能人を街中で見つけても、がつがつサインや握手を求めるのはかっこ悪い、みたいな。

それにしても鐘子はなかなかの見栄っ張りですよね。最初の既婚者のフリもそうですけど、博多でのお別れの朝も、連絡先を交換しなくていいんじゃない?とクールな態度をとってしまいます。そして一度目の嘘から反省をしていない。

でもこんな見栄っ張りの嘘を越えて、また丈と再会して恋に落ちたら本当に運命だと感じてしまいますね。

婚活パーティーでも嘘の自分を演じることのできなかった鐘子がどこまで嘘をつらぬき通せるのか??

そして、丈が持っている秘密とは??今後も見逃せません!

『偽装不倫』第2話あらすじ

スポンサーリンク

公式HP更新後にUPします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です