2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』第1話ネタバレあらすじ&感想 仮名子の正体は?


石原さとみさん主演のドラマ『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』第1話のネタバレあらすじ&感想をまとめてみました。

脚本:吉田恵里香

演出:木村ひさし、松木彩、村尾義昭

主題歌:あいみょん「真夏の夜の匂いがする」

以下『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』第1話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『Heaven?~ご苦楽レストラン~』第1話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』とは(一部ネタバレあり)

ドラマ『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』は佐々木倫子さんの同名漫画が原作のコメディドラマです。

主人公のレストランオーナー黒須仮名子が自由奔放にレストランスタッフを振り回します。わがままで自分のやりたいように進める仮名子はなぜか憎めない。伊賀をはじめとするスタッフがどのように対処していくのか、そして仮名子の言動が時として奇跡の結末を生み出す、奇想天外なドラマになりそうです。

 

『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』第1話あらすじネタバレ

AD

フレンチレストランで働いていた伊賀観(福士蒼汰)は、真面目な性格で営業スマイルができないため、仲間からも客からもまったく評価されていなかった。
しかしそんな彼を高く評価する女性が現れる。その謎の女性は黒須仮名子(石原さとみ)。彼女は近々オープンするという自分のフレンチレストランに伊賀をスカウトする。
「スタッフに必要なのはオリジナリティー。あなたはいいサービスマンになるわ。きっと」
その言葉に心を打たれ、彼女の店で働くことを決意する伊賀。
だがそのレストランは駅からも繁華街からも住宅地からも遠く離れた墓地の中に佇む店で、しかも彼女が集めた従業員は、元・美容師見習いの無邪気なコミドラン・川合太一(志尊淳)、牛丼屋の店長を5年務めていた店長・堤計太郎(勝村政信)、人に言えない秘密を抱えている不運の天才シェフ・小澤幸應(段田安則)、資格取得が趣味の元・銀行員ソムリエ・山縣重臣(岸部一徳)と、小澤以外はフレンチ未経験の素人ばかり。
仮名子はなぜそんな彼らを集めたのか? はたして店は無事にオープンできるのか?
かつてない、“至極のフレンチレストランコメディー”の幕が開く!

引用元:『Heaven?~ご苦楽レストラン~』公式HP

“ロワンディシー”へ転職

伊賀は退職を決心して、仮名子のレストラン“ロワンディシ―”に向かう。それは素敵な洋館ではあるが、墓場の横にある建物だった。伊賀が迷子になりながら店へ向かうと他のスタッフはそろっていた。

意を決して来た伊賀だが、仮名子はスカウトのために人に声をかけまくっていたため、伊賀のことをきちんと覚えてすらいなかった。

昨日の仮名子の言葉は嘘だったのか、と驚く伊賀だが、既にスタッフは仮名子のこのような適当な言動にあきらめを感じ、諦観(本質をみてとり、悟りの境地にあって物事を見ること)の笑みを浮かべていた。

仮名子の適当さ

よくよく話を聞いてみれば仮名子はそれぞれのメンバーをスカウトする際に、「レストランに一番大切なのは…」ともっともらしい言い方をしていたが、“距離感”と言ったり、“味”と言ったり、“非日常”と言ったり…その場で思いついたことをただ言っているだけだった。

伊賀のあきらめ

AD

しかも、スタッフの皆は元銀行員や元牛丼屋店長、元美容師と“個性派”揃いだった。

シェフと伊賀を除けば皆がフレンチ未経験だというのにあと4日後にオープンが迫るという危機的状況。

もう完全に諦めがついた伊賀はなんとかして、皆を指導してなんとかオープンにこぎつけようと奮闘する。

トイレも無い!?

そして保健所の検査の日。トイレがまだ完成しておらず営業許可が下りなくなりそうだったため、伊賀がトイレは隣の葬儀場“きさらぎ会館”にあると主張した。伊賀が機転を利かせたおかげでなんとか営業許可はおりた。そんな伊賀を山縣や堤、川合は「さすが」だと伊賀を褒める。伊賀は勝手なことをして怒られると思っていたのにみんなの反応に喜びを感じていた。

仮名子にも思いやりが…?

AD

しかし小澤にはトイレは店内にあった方がいいのではと言われる。しかし、仮名子が「伊賀君が決めたんだからつべこべ言わない!」と伊賀をかばったので、皆が驚く。

しかし、実は仮名子はトイレの設営予定箇所を自分の“オーナー室”にしようと思いついてしまっただけだった。仮名子にも優しさがあるとほっこりしたスタッフは、真意を知り、大きく落胆する。

まだまだ開店前に起こるハプニング

そして、オープニングパーティー前日に、皆でなんだかんだ団結して開店準備を成し遂げたことに伊賀は感慨深さを感じ、今までない経験だ、と珍しく笑みを浮かべていた。

しかし、その直後に着席ではなく立食パーティーだと言う事が知らされる。皆もついに怒りが爆発する。小澤は辞めてやる!と啖呵を切るが、そこを伊賀がなだめる。オーナーを頼りにできないのはわかっていたのだし、これまでの準備がもったいない、と説得する。

AD

招待客が1人も来ない!

AD

伊賀の説得に応じて、なんとか開店準備を進める。オープニングパーティー当日にいたっても、なんとエアコンが壊れていたりといった問題は生じるが、氷と扇風機を準備したりと、何とか開店にこぎつける。

しかし、なかなか招待客が来ない。待ちくたびれた仮名子はワインと食事を楽しみ始める。皆はそんなことをしている場合じゃない、と怒るが、開店準備はみな本気で頑張ったのだから来ない客が悪い!以上!と仮名子は言い放った。

そこで皆は休憩をとることにした。疲れと緊張がマックスに達していたみんなも仮名子のおかげで緩む。

仮名子の致命的ミス

招待客が1人も来ないのは、招待状に電話番号は書いていなく、日付を4月31日(4月は30日までしかない)からだった。しかも仮名子は、その招待状を4月1日のエイプリルフールに着で出していた。

終わり良ければ全て良し!?

急いで仮名子は電話をかけ、なんとか人を呼び集めた。山縣が故障したクーラーのブレーカーを発見してONにすると溜まりに溜まったほこりが一気に噴出してきた。しかし、皆が楽しんで帰っていった。

AD

近所の八百屋や肉屋も呼び、彼らは「こんなにおいしいものを食べたのは生まれて初めてだ」と笑顔で帰って行った。

 

仮名子は伊賀に「あなた、きっといいサービスマンになるわ」と笑いかける。

最後は皆で記念写真を撮る。

謎の紳士

写真立てに飾られたその記念写真を眺める紳士(舘ひろし)。写真を懐かしそうに見ていた。

 

『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』第1話感想

AD

仮名子の正体

まず、とにかく石原さとみさんの衣装がおしゃれでしたね!“お金持ってます”感が前面に出ていましたが。これからの楽しみポイントになりそうです。石材屋の鱸さんも仮名子のことを何者なのかと訝しんでいましたが、ネタバレをしてしまうと仮名子は実は小説家なんですね。仮名子がお金をもっているのは、過去にヒットした作品があるから、という設定です。

紳士の正体

また、もう一つネタバレしてしまうと、舘ひろしが冒頭と最後に出てきました。しかも仮名子がお気に入りと言っていたティーカップでお茶を飲んでいます。

仮名子がお気に入りと言っていたカップです。実は舘ひろしさん演じる紳士は数十年後の伊賀なんです。そう、『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』は伊賀が過去を振り返って語っている物語なのです!

本日のコース

・赤ピーマンのムースとフレッシュとうもろこしの冷たいスープ

・野菜と鴨とフォアグラのテリーヌ

・オマールのポワレ 赤ワインの焼きリゾット添え

AD

・山椒とレモンのジュレ

・牛肉のグリエ 季節の野菜添え コンソメのスープをそそいで

・ウ・ア・ラ・ネージュ

・ベリーのミルフィーユ フルーツジュレとバニラアイス

“ウ・ア・ラ・ネージュ”は日本語だと淡雪卵と訳されます。卵白に砂糖を加えて泡立てたメレンゲに火を通して固めたものにカラメルなどのソースをかけたデザートです。いつか食べてみたい!

 

『Heaven(ヘブン)?~ご苦楽レストラン~』第2話あらすじ

AD

「ロワン・ディシー」の開店からおよそ一ケ月。お客といえば、近所の石材屋の鱸(田口浩正)くらいで、店内には閑古鳥が鳴いていた。
ある日、食事を楽しんだ仮名子(石原さとみ)は、シェフ・小澤(段田安則)をテーブルに呼び「最近の料理にはパンチが足りない」と指摘。実は、小澤は弱気になると味が薄くなる性格で、客が来ないのは自分の料理が美味しくないからだ、と思い悩んでいるのだった。そんな小澤の自信を取り戻そうと、仮名子は従業員たちにお店のチラシを配ることを命令!手書きのチラシを作って客を呼ぼうと団結する。ところが数日後、店は予想外の事態に陥ってしまう…。
小澤救出に向け、仮名子の秘策は成功するのか?
小澤シェフの秘密が明らかに!?
仮名子は小澤シェフの自信と塩気を取り戻せるのか?

引用元:『Heaven?~ご苦楽レストラン~』公式HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です