2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『ノーサイドゲーム』1話あらすじネタバレ&感想 芸人並みに体を張る大泉洋の演技がすごい!


ドラマは2019年7月より日曜21時枠で放送されることが決まりました。原作は2019年にダイヤモンド社より発売されている、池井戸潤原作『ノーサイドゲーム』という同名小説です。

『集団左遷』の枠の放送となります。半沢直樹など視聴率をたたき出した池井戸潤原作の小説です。体当たりの演技力が魅力の大泉洋さん主演で面白くなりそうです。

原作ネタバレはこちら

 

ノーサイドゲーム1話あらすじ

スポンサーリンク

トキワ自動車の経営戦略室次長の君嶋隼人(大泉洋)は出世頭と目されるエリート社員。家では妻の真希(松たか子)と二人の息子、博人(市川右近)尚人(盛永晶月)に囲まれ幸せに暮らしていた。ある日君嶋は企業買収を推し進めようとする常務の滝川桂一郎(上川隆也)に対し反対意見を述べる。君嶋の意見が通り買収は見送られたが、同時に君嶋は本社から府中工場の総務部長に飛ばされることになった。

異動初日、君嶋は総務部員の佐倉多英(笹本玲奈)からキャプテンの岸和田徹(高橋光臣)をはじめとしたトキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」の選手たちを紹介される。総務部長はアストロズのゼネラルマネージャー(GM)を兼務することになっているという。

社長である島本 博(西郷輝彦)の肝煎りで創設されかつては強豪だったアストロズだが、今は成績が低迷。それどころか14億の巨額赤字を抱え、会社のお荷物と囁かれる始末。ラグビーについては知識も経験もない君嶋には気が進まないことばかりだった。しかし後がないのは君嶋も同じ。自らの再起を考えた君嶋は・・・。

引用元:ノーサイドゲーム公式HP

以下ネタバレします。

意見書の代償

ラグビーにはノーサイドという言葉がある。試合が終わった瞬間、敵も味方もなくなり互いに検討をたたえ合う。

滝川常務がすすめるトキワ自動車の「1000億カザマ商事の買収」の裏側で、反対の意見書を提出した君嶋は左遷の憂き目にあってしまった。社内政治で意見書が変わるようなものなら最初からない方がましだといった。島本は、その意見書を評価しカザマ商事の買収は見送りとなった。

君嶋は自宅で嫁に府中工場に左遷されたいきさつを説明していた。自転車で通えるしよかったじゃんと、子供たちはいう。嫁も、胸を張れといい君嶋を励ました。

 

府中工場での歓迎

府中工場では、佐倉多英が迎えに来た。歓迎をしたのは工場の全員とアストロズのメンバーだった。総務部長はアストロズのGMも兼任することになっていた。アストロズはワールドカップに一人でも送り出し、プラチナリーグ優勝だといった。

シロウトGMが来たことに、アストロズのメンバーは揺れていた。シロウトをあてた弱くさせるつもりなんじゃないか。そう浜畑は発言する。監督もいない中一部残留も怪しいと口々に発言するアストロズのメンバー。

お得意の計算で、アストロズの予算を削りに来たんちゃうか。

 

構造的な赤字

スポンサーリンク

運用に14億を支出し、収入は0に等しい。そして成績は低迷して最下位争いをした。君島は脇坂に「滝川常務の嫌がらせとしか思えない」そう話した。不満話わかるが島本社長の肝いり案件だと脇坂は言う。

廃部にしたいぐらいだという悪態をついた。

自宅では嫁の真希がつぶせば14億浮いて、GMみたいな仕事しなくてよくなるという。左遷を止めなかった社長も社長だという。

真希は滝川に恩を売り、本社に戻してもらうのはどうかというと、君嶋は反応した。

歓送迎会と2つの急務

吉原の送別と、君嶋の歓迎会が行われていた。遅れて佐々と浜畑がやってきた。浜畑が佐々の仕事をフォローしたのだ。歓送迎会で吉原は早急に2つの案件が託された。1つは予算案、もう一つは監督人事だった。

予算案をもって吉原がやってきた。それを見て佐倉多英は驚く。そして、キャプテンを呼ぶ。君嶋がトレーニングルームにいると、岸和田が「どうしてアストロズの予算をあそこまで削ったんですか」と怒鳴り込んでいた。

14億は多すぎる、という君嶋に「人件費、施設の管理費、移動宿泊費、ラグビーにはお金がかかるんです」という岸和田。浜畑が「ありえない」という。そして、ワールドカップが近いので早く監督をきめてやと割り込んできた。

君嶋は収益がないことを追求すると、日本蹴球協会がチケットを管理しているという佐倉。「人気がない。盛り上がっているのは、地域と関係者だけで、ラグビーに興味がないんじゃないか」君島は浜畑に向かって話す。

成績も悪く、経費ばかりが掛かり収益はない。何の意味があるのか、君嶋がそう聞くと、社会貢献だと答える岸和田。

社会貢献と聞き、君嶋は「どう貢献しているのか」と聞く。

「FC東京には足しげく通う。近所で行われているアストロズの練習を見に来ない。興味なんかないんだよ。それに、ラグビーがあるといい3時には会社を出ていく。会社の戦力にもならない。」君島がそういうと、仕事の手は抜いていないと反論する。

スポンサーリンク

佐々君が発注する部品は、不良品が多いと君島が指摘する。工場長に呼ばれ叱られている佐々を見たのだ。佐々が反論しようとすると、試合には勝てない、仕事もできない。君たちのどこに14億の価値があるのか。

先ほどの監督の件も選べませんね。というと、監督も選ばないつもりかと反発する声が上がった。私には仕事があるんでといい、その場を去った。

佐倉多英はそのあとを追いGMがラグビーを嫌っているように見えますという。「ラグビーは嫌いだ」というと、背を向けて歩いていった。

 

ラグビー運営に関する意見書

スポンサーリンク

滝川と面会すると、君嶋は意見書を出すように言う。トキワ自動車にとってアストロズがどうするべきか、経営戦略室で鍛えた分析を役員に提示しよう。その礼はする。滝川は君嶋にそう伝えた。

「滝川常務はここまで想定して、私を府中工場へと送ったのですか?廃部にするために」と君嶋が問う。

スポンサーリンク

「君がそう思うのは構わない。トキワ自動車の命運を分ける大勝負だ」という滝川。

アストロズのGMとして堂々と意見書をまとめると告げる君嶋。

17時2分練習開始。

佐々遅刻、2時間残業。

練習場でひたすらメモを取る君嶋。

 

博人のいじめ

博人は、父親がラグビーをやっている、ダサいといわれサッカーに混ぜてもらえなかった。タックルをしろと言われ弱虫コールを受ける博人。

 

佐々の残業問題

スポンサーリンク

メモをつけ続けて、君嶋が気づいたことがあった。佐々が残業で遅れてきた日も、佐々は残業をつけていなかった。そして、歓送迎会の日、浜畑が佐々と残業をしたはずの日も、残業がつけられていなかった。残業ではなく、自主練をしていたという事か?といぶかしる君嶋。

佐々は、現場で残業の代わりをお願いされていた。先輩社員に、こういう時ぐらい貢献したらどうだといい寄られ、はいと答える佐々。

その夜、佐々は先輩の代わりに資料を作っていた。君嶋はサービス残業ならもっとちゃんとごまかせと指摘する。あの時のミスも、あの先輩社員に押し付けられたんじゃないかという君嶋。このことは工場長に伝えるというと佐々はやめてくれという。

そこへ浜畑が「会社に迷惑かけてるからしゃーないやろ」といいいながらやってきた。「14億のお荷物なんですよ。工場の中にはそういうせこい奴もいる。でも、そういう奴の稼いだ金からも、14億は出てる。俺にとってそれが全てなんですわ」君はそれでいいのかと君嶋が言うと、「大したことじゃありません」と佐々は答えた。浜畑は「なに手伝ったらいい」と聞き、佐々の仕事を手伝った。

スポンサーリンク

アストロズの予算

慶応義塾大学卒の浜畑は相当優秀な社員だった。

そこへ吉原がやってきた。「詳しく調べてわかったが14億は切り詰めた結果の費用なんですね」君島はそう話した。プラチナリーグの中では最低の予算で、これ以上削るとなると廃部しかないという吉原。

「なぜラグビーは嫌いなんですか。佐倉くんから聞きました。城南大学はラグビーの名門校ですよ。」というと、君嶋は舌打ちをする。くだらない理由だといいい、大学時代に日本代表に選ばれるぐらいの選手がいて、何をやっても許された。どんだけ偉いんだ。勉強もできない。ただラグビーができる。

ほらね。くだらない理由ですよ。そこまで君嶋が話すと、吉原は「負けず嫌いの性格はラグビーに向いている」という。どうかアストロズのことをよろしくお願いいたしますというという吉原。

 

君嶋の考え

アストロズは廃部が妥当だ。そう意見書を締めくくる。

自宅に帰ると真希に「本社に戻せるかもしれない」という君嶋。君嶋は自転車通勤で擦れたパンツのスーツを見せ、新しいスーツを買ってほしいというが、巻きは却下した。すると、そこへ博人がやってきて「ラグビーボールを買いたい」と言い出した。ラグビーなんて危ないでしょ。ダメ。真希は速攻却下した。

土曜に君嶋はラグビーの練習を見に行く。驚く佐倉多英に「ラグビーの初心者は何から練習するのがいいのか」と聞くと、GMがラグビーをやりたいそうだと、メンバーに声をかける。息子がやりたいといったのはお構いなしだった。

ユニフォームに着替えさせられた君嶋に、岸和田はルールを説明した。しかし、君嶋は実践的なことを教えてくれというと、浜畑が強烈なパスをよこした。思わずよける君嶋に、パスも受け取れへんと浜畑はいう。そしたら、あれはどうやとタックルをすすめる浜畑。

スポンサーリンク

腰のあたりに突進し、足をひきつけ倒すのだと説明を受けてメモを取る君嶋。タックルは見事に失敗。肩を痛めた。

社長が見に来ているといわれ、急ぎグランドに戻る君嶋。アストロズはどうだと聞かれると「現在アストロズは高齢化が進んでおり、新しい戦略もなく今季は前回よりも成績が下がる見通し。チームとしての魅力はなく価値は14億どころか0に等しい。これ以上ラグビー部を続けるのはどぶに金を捨てるようなものです」君嶋はそう答えた。

「それを何とかするのが君の仕事じゃないのか」と島本に言われると、君嶋は「私は素人です」と答えた。あのタックルを見ればわかるという社長は、続けてこう話した。普段の生活で物や人に思いきりぶつかるということはない。でもぶつかるのがラグビーなんだ。

どうして、そんなに怖いことができるんでしょうかと君嶋が問う。

ハカを知っているかと社長は問い「私は死ぬ。私は生きる。見よ、この勇気を。ここにいる男がまた太陽を輝かせる。上へ上へ。」マウイ語でそういう意味だと説明した。「死ぬかもしれない。でも応援してくれる人のために、チームのために、戦う。諦めることなく戦う。だからこそ、応援せずにはいられない。そういう感情になったことはないか。胸の奥から使命感がこみ上げてくるような。」

しかし、君嶋は「ありません。アストロズに未来はない。私はそう分析します。」と率直に答えた。

「君がそういうんだったら、そうなんだろう。しばらくこのままにしてくれ。」島本社長はグランドに向かって座り込んだ。

スポンサーリンク

カザマ商事と滝川常務

君嶋がラグビーの意見書をまとめたものを本社に持ってくると、脇坂が「カザマ商事の買収が復活するかもしれん」と耳打ちした。「売却価格を1000億から800奥に値下げしてきたという。滝川はあきらめていなかった。このM&Aが成功すれば、滝川の勢いは一気に増す。ここにきて、廃部が決まれば滝川の天下だ。社長交代もあり得る」脇坂は危機感をあおるようにそう話した。

君嶋は、滝川に廃部を提案する意見書を提出する。君が大勝負に出たのも、無駄だったという滝川。「滝川さんの狙いは、このM&Aを成功させるためですか。邪魔だったからですか?そして、アストロズの意見書を書くよう打診した。その際礼をするつもりだといった」というと滝川は言ったねといい、府中工場に最新のエアコンを入れるのに便宜を図ったと答える滝川。「これが君への礼だ」と締めくくる。

君嶋は本社に戻れるんじゃないですかと聞くと、そんな約束はしていない。府中工場の人間なんだからそれが一番の礼だと思っている。滝川はそう君嶋に伝えた。

 

君嶋の決意とノーサイド

雨の中グランドを見つめる君嶋タックルをされて、倒れる君嶋に浜畑は、そんなところにいるのは迷惑だといった。「どこに行けばいいっていうんだ」と君嶋が叫ぶと「知るか」と浜本が答えた。

タックルし続けて何度も転ぶ君嶋に、「死ぬ気で行かんか」と声をかける浜畑。ラグビーはチームのため、仲間のために死ぬ気でぶつかるんや。浜畑がたち何度もタックルをした後、ようやく浜畑を倒した。浜畑は君島に、タオルを渡した。

家に帰ると、新しいスーツがボロボロな件を嫁の真希に詰められていた。そして、弟の尚人一言で、博人のサッカーボールがぺしゃんこでボロボロになっていることに気づく君嶋。

真希は「誰にやられたの」というが、君嶋はラグビーしたい理由は、自分で戦おうとして強くなりたかったからかと聞くと博人はうなづいた。

「でも、ラグビーはケンカじゃないんだ。相手が憎くてぶつかりに行くわけじゃない。一緒に戦う仲間のためにぶつかる。ラグビーっていう野はそういうスポーツだ。ケンカじゃない。スポーツだ。わかるか?ラグビーにはノーサイドという言葉がある。試合が終わったら、敵味方はなく仲間になる。それがスポーツマンシップだ。それができるか?お前にこんなひどいことをしたやつを、最後には許せるか?正々堂々と戦った後は握手できるか?そいつに最後にタオルをかけてやれるか?お前がやりたいのはそういうラグビーか」

「ラグビーやりたい」博人は言った。

真希は憤った「大事な家族こんなにされて許すつもりないよ。でも、こいつは、自分の力でけりをつけようとしている。自分で戦うという覚悟を無視していいのか。」

「博人は決めたんだよな」というと真希は「何も決められないあなたに」という。君嶋は真希を見つめた。

意見書の内容と本音

現状を誰もわかっていない。前期の成績で誰が試合を見たいと思う?私だったらただでもらってもいかない。社員食堂の値段が30円値上がりする告知の方が社員にとって大事だ。

「滝川常務にしっぽを振るためだ。そうまでして本社に戻りたいのか」里村は言った。サラリーマンなんだから当たり前だと君嶋は言いながら、話をつづけた。

君たちこそどうなんだ。ワールドカップ日本代表、プラチナリーグ優勝を目指すといいながら実際はどうだ。

現状維持で万々歳か?そんな危機感のない会社はすぐにつぶれる。そんな社員は即刻首だ。勝ったものが正義なんだ。敗者は批判にさらされる。

ラグビーもビジネスも同じだ。リーグ残留でも2位でも駄目だ。勝てるものも勝てない。その目標がすでに負け犬なんだよ。だから社員は足元を見るんだ。ダメなものはだめだとなぜ言わないんだ。ラグビーは君たちの誇りだろう。

こんな卑屈なチームの監督なんて決められるわけない。今はどん底だ。だから、上だけを見ろ。

「上って」岸和田がそう聞くと、君嶋は優勝だと答える。

プラチナリーグ優勝だ。それだったら誰だって価値がわかる。そんな期待を抱かせてくれる試合なら、客は見に来る。父親は子供を連れ、友人を連れてくる。勝つことで、その輪は大きくひろがっていく。それが社会貢献という奴だろ。

廃部にするつもりだったが、昨日の夜君たちにコテンパンにされるまでは。

私は死んだんだ。本社から送られてきた時点でサラリーマンの俺は死んだ。何度も地面にたたきつけられながら思った。このまま終わるのはいやだ。何の役にも立たず終わるのは嫌だと思った。そして、君たちとタックルができない俺は一緒に戦いたいと思った。

ラグビーボールと同じでどこに転がるかわからない。ボールを最後につかんでいたやつが勝ちだ。そんな君たちだったら、応援したい。もう一つの予算案14億を堂々と提出し、アストロズが不要だといわれても、私は断固として戦う。これから先は君たちの問題だ。

来期もボロボロに負けて14億のお荷物といわれ、30円の張り紙に負けるのか?どうなんだキャプテン。どうなんだテツ!

誰も何も答えないメンバーに、そうかと言い残し、出ていく君嶋。

「好き放題いいやがって、リーグ残留では満足できへんねん。もう負けんのはいやや。やってられるか!俺はこのチームで優勝したい」浜畑が声を上げた。

メンバーは立ち上がり、「プラチナリーグ優勝のために練習をしなければならない」と、グランドで天を仰ぐ君島に堂々と宣言した。

意見書は差し替えられ、14億の予算は確保された。

『ノーサイドゲーム』1話感想

スポンサーリンク

原作とはかなり違った内容でしたね。左遷されて君嶋が工場の総務部長になるのは同じでしたが、君嶋は原作ではここまで冷徹な意見をズバズバいうタイプではありません。それに、浜畑や岸和田ももっと好意的です。

でも、さすが映像ですね。文章にはない勢いがありました。

それに、息子との絡みやラグビーの精神についてもかなり感動的に仕上がっています。松たか子もかなりいい!そして、芸人枠?と思われるほど体当たりな大泉洋の演技も最高です。

タックルぶつかっていくところや、ぼーっと立っててタックルされる姿もあり

たいへんやな~と思いました。

佐々は小説ではかなりキーになってくる男の子ですが、イメージが違いました。浜畑はかっこいいですね。

滝川は威圧的ですが、原作ではあーなってこーなります!笑 脇坂もあーなってこーなります。

気になる人は原作あらすじもチェックしてね。

『ノーサイドゲーム』2話あらすじ

スポンサーリンク

トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋(大泉洋)は大きな困難に直面していた。新監督人事が進まないのだ。キャプテンの岸和田(高橋光臣)からも早く監督を決めるようお願いされるが、ラグビーの経験も知識もない君嶋にはどんな人物がふさわしいのかわからない。ない知恵を絞っても始まらない。君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から戦略を練る。チームを優勝させるには優勝経験を持つ者を監督にしたい。しかし前GMの吉原(村田雄浩)が残していった候補者は物足りない。そんな時、多英(笹本玲奈)が先日城南大学の監督を退任したばかりの柴門(大谷亮平)の名を口にする。柴門は大学を三連覇に導いた男で、なんと君嶋とは知り合いだった。君嶋は柴門に監督就任を打診するが、取り付くしまもなく断られてしまう。それにはアストロズ関係者も知らなかった過去の出来事が関係していた。
監督人事に苦しむ一方、君嶋は元上司の脇坂(石川禅)から滝川常務(上川隆也)によるカザマ商事買収話が順調に進んでいると聞く。この話が成功して滝川が次期社長になれば君嶋が本社に返り咲く可能性は限りなく0に近づく。君嶋はどうなってしまうのか・・・。

引用元:ノーサイドゲーム公式HP

『ノーサイドゲーム』原作あらすじ

気になる方はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です