2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『ノーサイドゲーム』1話から最終話まであらすじネタバレ&感想 気になる原作・結末まとめ


ドラマ『ノーサイドゲーム』は2019年7月より日曜21時枠で放送されることが決まりました。原作は2019年にダイヤモンド社より発売されている、池井戸潤原作『ノーサイドゲーム』という同名小説です。

『集団左遷』の枠の放送となります。半沢直樹など視聴率をたたき出した池井戸潤原作の小説です。体当たりの演技力が魅力の大泉洋さん主演で面白くなりそうです。

ノーサイドゲーム原作あらすじ

ノーサイドゲームの原作を2万文字wで詳しくあらすじまとめてます。

原作あらすじはこちら

 

ノーサイドゲームドラマ紹介

TBSでは7月からの日曜劇場枠(毎週日曜よる9時~9時54分)で、『ノーサイド・ゲーム』を放送する。原作は池井戸潤の同名タイトル小説で書き下ろしの新作(6月13日(木)発売 ダイヤモンド社刊)。数々のヒットドラマの原作となる小説を生み出してきた池井戸潤の最新作を、早くもTBSで映像化する。

主演を務めるのは大泉洋。大泉がTBSの連続ドラマで主演を務めるのは初となる。映画・ドラマ・舞台などさまざまな作品で味のある人物を演じ続けてきた大泉が初めて池井戸作品に挑む。なお、彼が所属する演劇ユニット 「TEAM NACS」の中でこれまで池井戸ドラマに出演していなかった最後のひとりである。他の4人は既に池井戸ドラマへの出演を果たしており、満を持して主演として出演する大泉に期待と注目が集まる!

左遷された男は低迷するラグビー部とともに 再起することができるのか !?

その大泉が演じるのは、大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人。君嶋は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で府中工場に総務部長として赴任することに。意に染まない異動だが、これもサラリーマンの宿命。やるせない思いで赴任先の工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。かつては強豪チームだったアストロズだが、いまは成績不振にあえいでいた。こうして知識も経験もない君嶋にチーム再建という重荷が課せられた。低迷するラグビー部と出世の道を絶たれた君嶋の、再起をかけた戦いが始まる。

また、本作のプロデューサーは伊與田英徳、演出は福澤克雄。TBSで池井戸作品を映像化してきたスタッフが集まった。主人公と仲間たちが会社内に立ち塞がる大きな壁に挑み、苦しみながら逆境を跳ね返していく様をどのように映像化していくのか。奇しくもラグビーワールドカップが日本で開催される2019年に、新たな池井戸ドラマが幕を開ける!

 

ノーサイドゲーム相関図

ノーサイドゲーム1話あらすじネタバレ&感想 

M&Aに反対する意見書を書いたことで左遷される主人公。左遷された先では、アストロズというラグビー部のGMまで兼務することになった。アストロズは成績が低迷している上に、大きすぎる14億の支出、0に近い収入。アストロズが存続するべき価値があるか意見書を提出するように言われる君嶋。もっと読む

ノーサイドゲーム2話あらすじネタバレ&感想 →放送後に更新します。

AD

ノーサイドゲーム3話あらすじネタバレ&感想 →放送後に更新します。

AD

ノーサイドゲーム4話あらすじネタバレ&感想 →放送後に更新します。

AD

ノーサイドゲーム5話あらすじネタバレ&感想 →放送後に更新します。

ノーサイドゲーム6話あらすじネタバレ&感想 →放送後に更新します。

AD

ノーサイドゲーム7話あらすじネタバレ&感想 →放送後に更新します。

ノーサイドゲーム最終回あらすじネタバレ&感想 →放送後に更新します。

AD

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です