2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『仮面同窓会』5話あらすじネタバレ&感想 日比野真理の自殺の原因をネタバレ!


ドラマ『仮面同窓会』は2019年6月よりフジテレビ系土曜23時40~枠で放送されることが決まりました。

原作は雫井脩介原作『仮面同窓会』という同名小説です。

『仮面同窓会』スタッフ&キャストはこちら

『仮面同窓会』原作のあらすじはこちら

『仮面同窓会』1話あらすじはこちら

『仮面同窓会』2話あらすじはこちら

『仮面同窓会』3話あらすじはこちら

 

『仮面同窓会』5話あらすじ

6月29日 O.A.

シーン写真1

洋輔(溝端淳平)には、和康(木村了)に歩道橋で突き落とされそうになったところから記憶がなく、目を覚ました自宅の洗面所には血が飛び散っていた。美郷(瀧本美織)から、和康がビルから転落死したことを聞いた洋輔は、もしかして自分が和康を殺したのではないかと混乱するが、美郷が「洋輔を信じている」と言い落ち着かせる。

シーン写真4

翌日、洋輔の勤務先に刑事が訪れる。監視カメラが捉えた洋輔の後を追う和康の写真を見せられるが、洋輔には全く記憶がなかった。

シーン写真4

和康の葬式で顔を合わせた洋輔、希一(佐野岳)、八真人(廣瀬智紀)の3人。希一は洋輔に対し「和康を殺したのはお前だ」と厳しく詰め寄る。希一に対し、洋輔も珍しく口答えをするが、そんな2人の様子を八真人が冷静に見つめていた…。

シーン写真5

以下ネタバレします。

記憶がない洋輔

カズが死んだ日の記憶がない洋輔。「仕事帰りにカズと会って、カズに殺されそうになった」と家に来た美郷に説明する。気が付いたら家にいたという洋輔。カズがどこで死んだかを美郷に確認すると、美郷は「錦町のビル、屋上から落ちたんじゃないか」といった。

「俺が殺したのかも」という洋輔に美郷は、そんなわけないという。洋輔は、血に染まった洗面台や手の血をみて「じゃあこれは誰の血?」といい動揺する。洋輔は警察に行こうとするが美郷は「そしたら犯人にされる」といって引き留める。「洋輔君が人を殺すはずがない、自殺の可能性もあるじゃない。私は洋輔君を信じてる。美郷は警察に聞かれたら、昨日は洋輔君はずっとうちにいたというから、洋輔君もそう言って。」

洋輔を訪ねてくる警察

警察へ任意事情聴取に来ると希一がいた。「お前がやったのか。和はお前のこと嫌ってたからな」と希一が言うと、洋輔はそれは希一がいろんなことを吹き込んだからだと反論した。言い合いになっていると、警察が割り込んできた。

事情聴取で洋輔は「皆川さんが、大見さんは新谷さんを嫌っていたといっていましたが、何かありました?」と聞かれたがありませんとこたえた。アリバイを確認されると、洋輔は美郷と朝まで一緒だったと説明する。

防犯カメラに写った洋輔の写真を見せたが、その後ろをカズがつけていたのだった。それでもあってないという洋輔。

カズの葬式で

スポンサーリンク

加奈子と希一がカズの葬式で会った。希一に「全部証拠はとってあるから、3000万用意して」と告げる加奈子。加奈子はカズから「希一にチクりやがって」と電話を受けた後、カズにどこにいるか尋ね会いに行った。しかし、そこでカズは首を絞められているところだった。それを映像に収めた加奈子。

そこへ八真人と洋輔もやってきた。その葬式の後、「お前なんで数を殺した」と希一はいらいらしながら言った。殺すわけないだろと洋輔がいう。希一は「お前のことが信用できない。だから鉄の結束にも入ってないんだよと」というと八真人がもういいだろと止めに入った。

お前だって、と洋輔切り出す。「加奈子先生に拉致のことを話したのはカズだったんだろ」というと「だったら何なんだよ」という希一。八真人は「加奈子先生に警察に行かれたらどうするんだ」というと「ありえねぇ。あいつの目的はそんなんじゃねぇ」という。

金か?と聞く八真人に希一は「そっちは俺が処理しとく」というと、八真人を突き飛ばして出ていった。

 

カズ自殺説

カズの自宅から樫村の時計が見つかった。それに悩み、自殺したのではないか。

美郷はそう書かれた新聞をもって、洋輔の家を訪れていた。これでもう洋輔君が疑われることはないんだよね。と美郷は言う。

洋輔は突然思い出した。

スポンサーリンク

カズが洋輔の首を絞め、洋輔の意識が遠のくとそこに黄色いフードをかぶった男がやってきてカズの首を絞めた。そして、そこへ兄の声がする…「殺したのはお前だ」

やめてくれ・・・だまれ!というと、美郷が心配そうにしていた。洋輔はこの後予定があるといい、美郷に飼えるように言った。

 

3人での会合

スポンサーリンク

カズが死んだことで疑われなくなったと八真人がいうと、希一は「自分たちが良ければ、ダチに罪をかぶせてもいいってのかよ」といきり立った。真犯人は探したいが、世間的にはいったん樫村の事件が決着だ。それでいいんじゃないかという八真人。

 

兼一の情報

カズがやっぱり犯人かと兼一は言う。希一や八真人はなんか言ってないの?と兼一がいうと、洋輔はショックを受けていると答えた。話は変わるがといい、兼一は串刺しジョージのことを話し始めた。

串刺しジョージが襲ったのは里中彩香だったと。顔をざっくりとやられて、大きな傷が残り自殺未遂をしたというのだ。今もまだ入院中だという。

スポンサーリンク

「洋輔にはいいずらいんだけど里内も、樫村も日比野真理絡みだろ、洋輔が怪しくないか」という兼一。「カズは手伝わされたとか…」という兼一に、八真人は日比野とのりで付き合っただけで、ほとんど何もなかったと聞いていると洋輔は答えた。

「でもさ、八真人は日比野と屋上でキスしてるところをみた。八真人じゃなければ、日比野の呪いだ」と兼一は言った。

 

美郷へのお願い

スポンサーリンク

美郷に、串刺しジョージが里中を襲ったらしいと告げる洋輔。自殺未遂を起こしたことも伝えて「里中がどこに入院してるかわかるかな」というと美郷は最近は個人情報が厳しいからそういう野はわからないと答える。

洋輔は「樫村のことも、カズのことも日比野が関係してるとしか思えない。」というと、美郷はカズの自殺で事件解決なんじゃないの?と聞き返す。「やっぱりカズは自殺してないんじゃないかなと思って」洋輔がそういうと美郷は「でも、これ以上かかわったら洋輔君が疑われるかもしれないんだよ、放っておこうよ」という。しかし「カズは人一倍臆病で、人殺しも自殺もできるわけがない」と洋輔はいう。

翌日「里中さんの既往歴について問い合わせがあった、恵清会病院の外科病棟に入院してるかもしれない」と美郷は洋輔に連絡する。

 

恵清会病院で

口を大きく引き裂かれた里中を訪ねるが、里中はショックを受けて話せる状態ではなかった。日比野真理さんのことについて聞きたいと洋輔がいうと、振り返り目を見開いた。

そこへ美郷から電話がかかってきた。その背後に里中がたってぶつぶつと何か言ったかと思うと「私じゃないんだってば、許して」と洋輔につかみかかった。

加奈子へ3000万渡す希一

金を渡してくれたら私はあなたの味方。という加奈子だったが「大見和康をやったのは誰?あなたが雇ったんでしょ」と聞く加奈子。

何か見たのかと希一が言うと、まあいいわといって席を立つ加奈子。その腕をつかむ希一は加奈子をホテルへ連れ込む。「カズをやった奴は誰だ」と希一が聞くと、マスクをしていたからわからなかったと答える加奈子。

希一は、「金はやるからやり直してくれ、カズが死んで正直しんどいんだ。」というと加奈子は乾杯しましょといってワインをついだ。ワインを飲むと、倒れ込む希一。

スポンサーリンク

加奈子はワインに薬を混ぜていたのだ。「あなたは負け犬」というと金をもってホテルを出ていった。

 

日比野の自殺の原因はいじめじゃない

美郷に話をする洋輔「自分のせいだと思いたくないのね」と美郷。

美郷は病院で、江藤なるみと話していた。「彩香が襲われ、奈央も襲われた。本当だったら、あんたが一番最初に襲われるべきなのに」となるみが言うと、なんで?と美郷は聞いた。「真理がいじめられる原因を作ったのは美郷で、真理がいじめられるとすぐ、真理を見捨てた。なんで苦しめられなきゃいけないの?終わったことなのに」となるみがいった。

「終わってないよ。私はあの時真理から離れたことずっと後悔してる。だからずっと苦しいの。真理への後悔は一生消えない。勝手に終わりにできることじゃないよ」と美郷がいうとなるみは「なんで勘違いでここまでやられなきゃいけないのよ。真理の自殺のずっと前に、いじめは終わってた」

そのやり取りを洋輔は陰から見ていた。

「どういうこと?」と美郷が聞くと、真理が全部終わらせたとなるみは答えた。どれだけいじめても、私たちに普通に接してきた。その夏にはもうあの子にちょっかいかける子はいなくなっていた。

真理は私たちが原因で死ぬような子じゃない。気を付けたほうがいい、勘違いでおこっていることなんだとしたら、あなたも危ない。そうなるみは美郷に告げた。

洋輔は、話を聞いていたことを謝り、「いじめが原因じゃなかった。美郷さんが原因じゃないよだから、そのことで苦しまなくてもいいんじゃないかな」といった。

スポンサーリンク

なるみ襲われる…

病院からの帰り、江藤なるみをおそう黄色いフードをかぶった男がいた。

洋輔と美郷はそれに気づいて、「江藤さん」と声をかけた。そこへ車が追突し、江藤なるみをはねた。

黄色いフードの男はそれを見ると、去っていった。

 

『仮面同窓会』5話感想

スポンサーリンク

犯人は、やはり原作通り、でしょうかね。

カズの首をしめたのも黄色いフードの男でした。つまり、串刺しジョージですね。

彼の正体は、日比野真理の兄です。

口が裂けてしまった里中彩香は「日比野真理をいじめた」うちの一人で、串刺しジョージが復讐したということもうなづけます。それを美郷(共犯者)が知らなかったことも、納得です。

スポンサーリンク

日比野真理はいじめに屈するタイプではなかった、自殺よりずいぶん前にいじめ自体は終わっていた。でも、美郷はなぜ知らなかったのでしょう?普通なら知ってると思いますが…

洋輔の部屋の血は誰の血だったの?原作だと、美郷が浴びたカズの返り血でしたが…!でも、どうにでもできるか…。

洋輔は記憶がなかったわけですしね。

 

『仮面同窓会』6話あらすじ

スポンサーリンク

#06

7月6日 O.A.

シーン写真1

洋輔(溝端淳平)と美郷(瀧本美織)は、卒業直前に自殺した日比野真理(吉田志織)の墓参りに訪れる。そこに居合わせたのは、花を持った八真人(廣瀬智紀)だった。「真理の自殺の本当の原因を知りたい」と問う美郷をはぐらかすばかりの八真人。洋輔もさらに八真人を問い詰めるが、「お前にも話したくない過去があるだろ」と、亡くなった洋輔の兄・雅之のことを持ち出し、話す気配はない。その瞬間、「お前が殺した」と幻聴が聞こえた洋輔は、人が変わったような異様な表情で八真人に迫る…。

シーン写真4
シーン写真4

洋輔は最近自分を苦しめるようになった幻聴の原因を探ろうと、意を決して心療クリニックを訪れる。医者に「身近な誰かに話すだけでも気持ちが楽になる」とアドバイスを受けた洋輔は、美郷に18年前の兄の死について語り始めた。

シーン写真4

 

『仮面同窓会』原作のあらすじはこちら

『仮面同窓会』1話あらすじはこちら

『仮面同窓会』2話あらすじはこちら

『仮面同窓会』3話あらすじはこちら

『仮面同窓会』4話あらすじはこちら

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です