2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『インハンド』10話ネタバレあらすじ&感想 米国化学兵器エボラウィルスがアウトブレイク


山下智久さん主演のドラマ『インハンド』10話のネタバレあらすじ&感想をまとめてみました。

TBS制作・TBS系「金曜ドラマ」で2019年4月10日から放送されているテレビドラマです。

原作:朱戸アオ『インハンド』( 講談社「イブニング」連載中 )

脚本:吉田康弘、田辺茂範、福田哲平

監督:平野俊一、岡本伸吾、青山貴洋

主題歌:山下智久「CHANGE」( SMEレコーズ )

以下『インハンド』10話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『インハンド』10話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

『インハンド』10話までのおさらい

右腕が義手の天才研究者紐倉哲が、内閣情報局危機管理部門の牧野巴と、高家春馬とともに、事件を解決していく医療ミステリーです。医者だった高家が、内部告発をきっかけに紐倉の助手となった。紐倉の義手を含め過去が徐々に明らかになっていく医療ミステリー!

『インハンド』1話 あらすじネタバレ&感想

『インハンド』2話 あらすじネタバレ&感想

『インハンド』3話 あらすじネタバレ&感想

『インハンド』4話 あらすじネタバレ&感想

『インハンド』5話 あらすじネタバレ&感想

『インハンド』6話 あらすじネタバレ&感想

『インハンド』7話 あらすじネタバレ&感想

『インハンド』8話 あらすじネタバレ&感想

『インハンド』9話 あらすじネタバレ&感想

 

『インハンド』10話あらすじ

AD

紐倉(山下智久)は高家(濱田岳)と共に、高家の故郷・相羽村を訪れる。村では、福山(時任三郎)が計画する危険な病原体を取り扱う科学研究所・BSL4施設の誘致をめぐって反対運動が行われていた。自然豊かな相羽村を堪能する紐倉だったが、ある日、福山と話をするために施設の拠点となる予定の場所を訪れる。施設の建設をやたらと急ごうとする福山に、紐倉は疑念を抱く。そんな中、高家の幼馴染・美園(石橋杏奈)の父・実喜男が吐血をして倒れ、病院へ搬送される。その症状を聞いた紐倉は、エボラ出血熱の可能性を指摘。村は封鎖され、日本中を巻き込む事態へと発展する…。引用元:インハンド公式HP

以下ネタバレします。

 

BSL4施設の副センター長候補

副センター長候補に、紐倉の名前が挙がっていた。しかし、条件は、SM室のアドバイザーをやめることだった。

紐倉は、高家の休暇で相羽村に赴いた。そこでインタビューに答える紐倉をテレビで見て、SM室のメンバーも相羽村入りすることになった。

AD

 

厚労省の不正?

相羽村は、浸水地や土砂災害のエリアを含んでいるため、WHOが規定する建設基準を満たしていない。しかし、BSL4施設誘致が進んでいた。SM室は厚労省が文書改ざんした形跡がないか調べると、建設は厚労省の金村のいとこが経営している会社で取り仕切っていることが判明する。

牧野は相羽村の村長に「BSL4の建設を停めたいわけじゃないが、安全の確保が優先だ」というが、村の存続のためには施設誘致がマストだという。牧野が村役場を去るとき、高家の幼馴染の美園が声をかけた。「不正を知らなかった。私にできることは協力させてほしい」

 

美園の父の容態

AD

美園の父は、にんじんを盗もうとした猿に手を引っかかれてから風邪のような症状で寝込んでいた。その症状は日に日に悪化するばかりだったが、高家の母に言われて美園の父は病院へやってきた。診断は風邪だった。

 

医師不足の村

高家は、医師不足の村の医院で診察を手伝うことにした。その間、紐倉は福山に会いに相羽村の小学校へやってきた。BSL4の建設予定地だ。

福山は紐倉に返事を聞かせてくれというと、紐倉は生物学者にとって相羽村は良いというが、副センター長のオファーは断った。

AD

どうして?と聞く福山に、魅力的な条件だが放っておけない生物が周りに多いという紐倉。「中でも人間がやっかいだ。それに、もっとふさわしい人間がいる。新太君だ。」紐倉がそういうと福山は、「彼には務まらない」といい、その場を去ろうとした。

紐倉は「一つ聞いてもいいですか?どうしてそんなに急いでいるんですか」と聞くと、福山は「もう若くない。時間が惜しい」と答える。

 

美園の父倒れる

AD

病院で風邪と診断された美園の父は、バスの中で吐血して倒れる。

 

相羽村で牧野を見つける紐倉

牧野はSM室でもBSL4予定地を調査することになったという。博士はどうして、と聞く牧野に「フューチャージーンに誘われたが断った」と紐倉は答える。驚く牧野。「僕の働きに見合った給与を払えるとは思えないからだ」と紐倉が言うと牧野は嬉しそうにしていた。

しかし、その場で悲鳴を上げる。足元に、コウモリが死んでいたのだ。

紐倉は近寄り、「出血している」と何か考えている。そこへ牧野にくっついてきた美園の電話が鳴る。父が倒れた連絡だ。

 

 

病院へ向かう紐倉牧野

AD

お父さんは何かの感染症かもしれない。すでに亡くなっていた。近づこうとする美園を抑える高家。「エボラかもしれない。」と紐倉が言うと、まさかと青ざめる高家。

「サンプルを国立感染研に回す手配をして、あたりならゲノム解析も至急する。患者に接触したものを確認して、医師や看護師もだ。二次感染で食い止めないと大変なことになる。病院の中に隔離病棟を設置して、医療者には手袋とマスクを徹底させろ。少しでも発熱のあるものは隔離だ。」

確証もないのに、と高家がいうと「早くしないと手遅れになる。地獄を見たいのか」という紐倉。その表情は真剣だ。

牧野は室長に連絡してくるという。高家は「エボラは飛沫感染はしない」といい、諸々の手続きに走った。しかし、紐倉はフィリピンの島のことを思い出して「普通のエボラならな」とつぶやいた。

AD

フィリピンでのウィルスは、殺傷能力を高めた生物兵器だったからだ。

 

エボラ次々と感染

相羽保育園では、美園の父が倒れたバスを運転していた男が娘を送りにきていた。しかし、その顔は熱に浮かされたような表情をしていた。娘は元気を分けるといって、パパにキスをする。

病院内では、医師も発病していた。美園も隔離されていた。バスの車内映像を確認しながら、バスに乗車していた者たちを隔離していく。一人は、記者だった。感染症を発症したものが次々と現れる記者会見現場。

福山にこれはどういうことだと聞く紐倉。「そうだ。これは5年前入谷の研究室から持ち出した新型エボラだ」と福山が答える。「入谷の死を無駄にしたくなかった。あいつの死を無駄にしたくなかった。新型兵器が黙って使われていくのを見過ごせないだろ。」

紐倉は「BSL4の施設も完成していないのに、あなたほどの人がどうして」というが、福山は「あの村の犠牲を無駄にしたくなかった」と答えるばかりだった。

研究はどこまで?と紐倉が聞くと、福山は行き詰っていたと答える。新しい世代の力を借りようと思って、新太を呼び寄せた。

新太は仲間と一緒なら参加するといった。新太を後継者としようとして、すべてを見せた。政治家や官僚に媚びることに新太は反発して出て行ってしまった。

 

持ち込まれたウィルス

新太たちが自分たちで抗ウィルス剤を作ろうとしたんだろう。紐倉はそれを聞いて、その場を去った。

AD

そして、紐倉が去った後、福山も吐血する。

紐倉は牧野に「これは普通のエボラじゃない、米軍が生物兵器として開発したエボラだと告げる。接触感染だけではなく、飛沫感染もする。感染初期に呼吸器系に作用して咳が出るようなゲノム改変されている。いますぐ村を閉鎖しろ、そうじゃないと日本に感染が広がるぞ。」

 

牧野から連絡を受けた網野

エボラの発生を伝えると、SM室より先に官僚たちに伝わっていた。

 

 

美園は妊娠していた

しかし、エボラに感染しているかもしれない。恋人で青年会会長をしている棚橋に泣きながら謝る美園。

 

村の封鎖

 

村の封鎖が決定したことを牧野に伝える網野。同時にSM室に裏切者がいると伝える。牧野は退去するが、紐倉は残るという。「これは5年前に俺がまいた種なんだ」というと「だったら私も残る」という牧野に、紐倉は「君は外にいてくれ。君にしかできないことがある。心配するな、僕は天才だ。」という。

牧野を車に乗せる紐倉。

 

新型のエボラウィルス

新型のエボラウィルスが発見されたこと、飛沫感染の恐れがあること。2次感染まで広がっており、3次感染を防ぐため、村を全面封鎖することを決定したことが発表された。

AD

高家は、棚橋を慰める「美園はまだ発症していない」と。すると、棚橋は「俺はとんでもないことをやっちまった」という。

新太と接触して、山小屋を貸し出したというのだ。エボラを持ち込んだなんて知らなかったという棚橋。現場につくと、柏木が倒れていた。

 

 

『インハンド』10話感想

AD

 

エボラウィルスが最近ウガンダで発症しましたね。隣国コンゴでのアウトブレイクするさなかに旅行したことがきっかけです。普通のエボラでも怖いのに、100%の致死率を誇る新型のエボラウィルス。美園が発症しない理由は、スーパースプレッダーのように抗体がある人間だからでしょうか?それとも、父と接触していなかったから?

 

確かに、ガラス戸はしまっていたとは思いますが、、、

バスの運転手とその娘も感染してしまいましたが、どんな病気でももらってくる保育園に娘が通っていたことも考えると保育園の園児も全滅?

 

美園は妊娠していたので、感染がとても不安だと思いますが、1番目の感染者が父親だと隔離されてもまだ納得できそうですが、、相羽村の妊婦で村の人たちと非接触だった人がいた場合、逃げ出せないことを考えると完全封鎖怖いですね。。

 

10人生きるための1人の犠牲だったらいいのか、というと倫理的にはどうかという声もありそうですが、でも、10人死ぬというリスクは国として拾えません。それを考えると、福山は軽率ですね。エボラのアウトブレイクを起こしてしまったのだから。

 

牧野は外に唯一脱出できましたが、外から何かできるのでしょうか?

また、天才の才能はここでも発揮できるのでしょうか。

次週の最終回がとても気になります。

 

BSL4の副センター長候補となった紐倉でしたが、周りの人間のために断ったのがちょっと、素敵でした。

さいごまで3人仲良くいてほしい…!

 

インハンド最終回あらすじ

AD

 

高家(濱田岳)の故郷・相羽村で新型エボラウイルスが発生し、日本中が大パニックに。高家と共に封鎖された相羽村に残った紐倉(山下智久)は、牧野(菜々緒)らと情報共有をしながら現地対策室で調査を始める。だが感染は日に日に拡大し、死者も増えていく一方だった。

絶望的な状況の中、紐倉はワクチンの開発に取り掛かることに。必死に開発を進める紐倉だったが、ワクチンは完成しないままついに高家も感染してしまい…。

引用元:インハンド公式HP

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です