2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『わたし、定時で帰ります。』第9話ネタバレあらすじ&感想 定時で帰らない結衣!?


吉高由里子さん主演のドラマ『わたし、定時で帰ります。』第9話のネタバレあらすじ&感想をまとめてみました。

脚本:奥寺佐渡子、清水友佳子

演出:金子文紀、竹村謙太郎、ほか

主題歌:Superfly「Ambitious」

このドラマの原作は朱野帰子さんの同名小説『わたし、定時で帰ります。』となります。「働き方改革」が声高に叫ばれている現代社会におけるニューヒロインを、TBSドラマ初主演の吉高由里子さんが演じます。主人公のまわりには様々なスタンスで仕事と向き合う同僚がおり、会社員も専業主婦も学生も、あらゆる人が明日を少し前向きに迎えられるようなドラマになって欲しいですね。

以下『わたし、定時で帰ります。』第9話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第9話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

 

『わたし、定時で帰ります。』第9話までのおさらい(一部ネタバレあり)

 

・東山結衣(吉高由里子)…過去に新卒時に入った会社がトラウマとなり、定時で帰れる会社を探した結果、今のweb制作会社“ネットヒーローズ”に就職。晃太郎は元婚約者。

・諏訪巧(中丸雄一)…競合他社に勤める。結衣との時間を大切にしてくれる家庭的な彼。結衣にプロポーズし、結婚準備を進める。晃太郎がまだ結衣のことが好きなのではないかと気にしている。

・種田晃太郎(向井理)…休みなく働く典型的な仕事人間。結衣との両親顔合せの日も、あまりの激務ですっぽかし、結衣と別れる。しかし、数年後、結衣と同じ会社、同じ部署に副部長としてやってくる。仕事人間ではあるが、実は周りはよく見えており、さりげないフォローもするデキる男。第6話では、巧にまだ結衣のことが好きかを聞かれ、好きだと答える。

・福永清次(ユースケ・サンタマリア)…新しく結衣の部署の部長としてやって来た。元ベンチャー企業の社長で、自分の会社は売却したと言っているが、実は社員が集団退職したからとの疑惑も…。晃太郎は結衣と付き合っていた頃、勤めていたのは実は福永の会社であった。何か不穏な動きをしている。

・三谷佳菜子(シシド・カフカ)…まじめ人間。頭でっかちで周囲とうまくいっていなかったが、結衣の影響もあり、周りと打ち解けるようになった。

・賤ヶ岳八重(内田有紀)…双子を育てるワーキングマザー。復帰直後は空回りしていたが、今は出産前のように結衣の良き理解者。しかし、夫の親の介護のため再び休職することを決める。

・来栖泰斗(泉澤祐希)…結衣が教育係となっている新人。「やめよっかなー」が口癖。大きなミスをしてしまい、本当に辞めそうになるが、今は気持ちを入れ替えている。

・吾妻徹(柄本時生)…仕事以外にすることがないため、楽しみない人生を送っていた。しかし、成就はしなかった派遣デザイナーに恋をしたのをきっかけに、ワークスタイルを見直す。

・種田柊(桜田通)…“愁”はハンドルネーム。晃太郎の弟。新卒で入社した会社がブラック企業で退職した後、引きこもりになる。晃太郎とは分かり合えないと思っている。結衣は今も良き相談相手。

・東山宗典(小林隆)…結衣の父。定年を迎えているが、昔は仕事人間だったため、なかなか結衣と分かり合えなかったが、ようやくお互いを理解し合う。

・東山美園(山下容莉枝)…結衣の母。

さらに詳しいネタバレはこちら

 

 

『わたし、定時で帰ります。』第9話ネタバレ

スポンサーリンク

福永(ユースケ・サンタマリア)から突然会議室に呼び出された結衣(吉高由里子)は、“晃太郎(向井理)が自分の会社を辞めた本当の理由”を聞かされ、チーフとして定時には帰らず、残業するよう提案される。

そんな中、赤字必至な星印の案件を進めるうちに、結衣の知らないところでサービス残業をする制作4部のメンバーと福永の姿が…。

残業続きで疲れた部署のメンバーを見かねた結衣もついに残業をするように…。

一方、結衣と巧(中丸雄一)は結婚式の準備を始めるが、結衣の仕事が忙しくなるにつれてすれ違いが増えていく――。

引用元:ドラマ『わたし、定時で帰ります。』公式HP

以下、ネタバレです。

晃太郎は結衣のために転職した!?

福永が言う晃太郎の本当の退職理由は“結衣”だった。晃太郎は付き合っている彼女のために定時で帰れる会社に転職したいと言って福永の会社を退職したらしい。

追い詰められる福永

ネットヒーローズでは幹部会議が行われていた。星印の案件を赤字なのにもかかわらず、福永にそそのかされ、無理やり社内審査を通した丸杉常務の退職が発表された。星印案件の後ろ盾がいなくなって福永は焦りだす。しかも、残業は80時間以内に必ずおさめるようにと釘をさされる。

焦った福永は新しい策に出る。三谷や来栖など全員を個別で食事に誘い、それぞれ甘い言葉でそそのかしていた。皆はそれぞれにねじ曲がってモチベーションがあがっていた。

ファミレスでサービス残業

スポンサーリンク

そんな中、幹部の1人であるグロさんが結衣以外の制作4部のメンバーがファミレスに集まっているのを発見し、結衣に連絡が来る。

不審に思った結衣は、皆に話を聞いてまわる。皆は変におだてられて、福永のいいように使われ連日サービス残業をしていた。

しかも進捗の遅れは晃太郎がカバーしてくれている部分もあったことを知った結衣。

ついに残業宣言!

定時になり、ファミレスへ向かおうとする4部のメンバーを結衣が止める。そして、結衣も定時で帰らず、残業することを宣言する。晃太郎も福永に社内の残業規定を守ってやりましょうよ、と言いきる。

4部はそこから皆で連日、残業で作業をする日々。皆の疲れが溜まり、職場の雰囲気はぎすぎすし始めていた。

結婚準備も巧に頼りっぱなしで進められない結衣は、泣きながら賤ヶ岳に電話する。そして「何かしてあげよう、なんて思わなくていいんじゃない。まずは、自分のためにちゃんと食べて、ちゃんと寝ること」と励まされる。

結衣に対する膨らむ疑念

スポンサーリンク

上海飯店を訪れる巧。先日酔っぱらった結衣をおんぶして連れて帰ったのは晃太郎なのだが、それを婚約者の巧であると勘違いしていた常連客から「優しいねぇ~、婚約者をおんぶしてあげるなんて」と言う言葉を聞いてしまう。

 

制作4部の歯車が狂いだす…

翌日、星印の課長が合併により変わったため、皆で挨拶に行く。すると新任の課長は、結衣たちのネットヒーローズに制作はこのまま頼むが運用については、巧が勤めるベーシックオンにも見積りをとると言われてしまう。しかもベーシックオン側の担当者は巧だった。

星印からの帰り道、来栖は疲労のあまり倒れてしまう。

巧の優しさ

スポンサーリンク

結衣はあいかわらず多忙な日々を送っていた。巧とのデートにも行けない。ある日、映画の約束の断りの電話を入れる。巧はまだチケット取ってないからいいよ、と優しく言う。するとそれを見ていた女上司が巧に、その映画に付きあってあげるよ、と言って誘う。

スポンサーリンク

勇気を出す愁

その夜、星印の新任課長・武田の経歴について愁から情報が送られてくる。そこで結衣は、晃太郎のように働きたがって言う事を聞かない来栖の事を相談した。すると、愁は来栖と話がしてみたいと言い出した。

休日。結衣と来栖は晃太郎の実家を訪ねる。愁は来栖に、自分が新卒で働き始めた当時のことを語りだした。毎日、会社で怒鳴られ辛い毎日を過ごしていた。目を閉じると会社が出て眠れないと言う愁に、晃太郎は「人間は寝なくても死なない。死ぬ気でやればなんでもできる」と言った。翌朝、愁は「もう無理だ」と命を絶とうとした。しかしそこで踏みとどまれたのは結衣のおかげだった。当時、晃太郎の実家に遊びに来た結衣はお酒を飲み過ぎて、二日酔いで会社をズル休み休みした。それを思い出した時、愁は肩の力を抜いて自殺を踏みとどまることができたのだ。

来栖は晃太郎を尊敬しているというが、愁は晃太郎のような仕事だけの人生が幸せなのか?と投げかける。そして愁は来栖に「弱いからこわれたんじゃない。無理して働いていれば誰にも起こりうることなんです!」と強く訴えた。

落ち込む晃太郎

話の一部始終を聞いていた晃太郎。愁の考えていた事を知り、ショックを受けているようだ。縁側で結衣と2人になり、結衣にお礼を言う。結衣は、福永に聞いた晃太郎の本当の退職理由について尋ねる。すると晃太郎は「やっぱりこの会社に来るべきじゃなかったのかもしれないな…」とつぶやいた。

まさかの婚約破棄!

家に帰ると、巧が大きな荷物を抱えていた。そして、巧はやっぱり結衣とは結婚できない、と言うのだった。

スポンサーリンク

最終回第10話のネタバレはこちら

『わたし、定時で帰ります。』第9話感想

スポンサーリンク

ついに結衣が定時帰りを止めてしまいました。その方がリアルと言えばリアルですけどね。

ドラマでは残業が“悪”として描かれていますし、残業を減らすことはもちろんいいことだと思うのですが、現実にはたくさんの矛盾がありますよね。

だって、残業は制限するのに、業務量が減っているわけではないですから。

同じ量の仕事はあるのに、しかも人員は増やしてくれるわけではないのに、残業は減らせと言われても無理があります。だから、グロさんが残業時間数は絶対厳守!と言うのが、ドラマ上は正義として描かれています。しかし、リアルな会社員から見れば現場を全く知らないマヌケ上司か、体裁を保つことしか考えていない役人上司のどちらかですよね。

これは今、あらゆる会社の方が経験していることだと思います。

そして、何とラストでは巧が婚約破棄を言い出します。結衣にとっては2度目の破談。なかなか2回も経験する女性もいないですよね(笑)。そういえば、最近、結婚式保険というのが話題になっていました。主な想定としては、新郎新婦がインフルエンザなどの急病になったり、親戚の不幸などが起きた場合です。結婚式のキャンセルなんて早々あるもんじゃないと思っていましたが、結構身近なのかもしれません。

とりあえず、結衣は絶対入った方がいいですね!(笑)

『わたし、定時で帰ります。』第10話あらすじ

スポンサーリンク

巧(中丸雄一)に「結衣ちゃんとは結婚できない…」と告げられ、途方に暮れる結衣(吉高由里子)。

そんな中、外注先が倒産し制作4部のメンバーは窮地に陥る。

さらに「星印工場」から呼び出された晃太郎(向井理)は契約を進める条件として、福永(ユースケ・サンタマリア)を案件から外すことを要求される。

その事を聞いた結衣は、ついに福永と対決するが…果たして結衣はチームを守ることができるのか?

定時の女が最後に選ぶ、新時代の働き方とはーー、そして巧との関係、晃太郎との恋の行方は?

引用元:ドラマ『わたし、定時で帰ります。』公式HP

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です