2019春のドラマのあらすじまとめてます

『ラジエーションハウス』第9話ネタバレあらすじ&感想


窪田正孝さん主演のドラマ『ラジエーションハウス』第9話のネタバレあらすじ&感想をまとめてみました。

脚本:大北はるか

演出:鈴木雅之

主題歌:MAN WITH A MISSION「Remember Me」

この作品は、掟破りの放射線技師の活躍を描く同名コミック『ラジエーションハウス』が原作のドラマです。

以下『ラジエーションハウス』第9話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『ラジエーションハウス』第9話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

 

『ラジエーションハウス』第9話までのおさらい(一部ネタバレあり)

 

・五十嵐唯織(窪田正孝)…唯織は幼い杏に恋として依頼、彼女との約束を忠実に守り、技師となる。実は医師免許ももっており、しばし医師の診断にまで口を出してしまい、周りと問題を起こしてしまう。医師であることは院長の渚と技師長の小野田しか知らない。

・甘春杏(本田翼)…甘春病院で放射線科医として働く。唯織との約束は覚えていないが、技師としての能力が高く、患者さん想いの唯織の存在をどんどん意識し始める。元院長の娘としてのプレッシャーのあまり、冷徹な女と化していたが唯織の影響で変わりはじめていた。

・広瀬裕乃(広瀬アリス)…新人で経験不足ではなるが、純粋な気持ちで患者と向き合う。まじめでまっすぐ。唯織のことが好きなのか!?

・小野寺俊夫(遠藤憲一)…ラジエーションハウスの上司=技師長。情熱を表には出すタイプではないが、ここぞというときには患者のことを考えた行動をとる。唯織が医師であることに唯一気づいてしまった人物。

・黒羽たまき(山口紗弥加)…さばさばしているが、優しい一面もたまに見せる、頼りになる存在。杏の唯織に対する気持ちに勘づき始めている。

・大森渚(和久井映見)…甘春病院現院長。世界的権威ある医師からも認められる能力の持ち主であることを知っている。技師として働いている以上、医師として仕事をしないように唯織にくぎを刺している。

・鏑木安富(浅野和之)…診療部長であり、放射線科長。病院の名声や自分の出世に走るタイプ。唯織が技師の領域をこえて口出しをしてくることに怒り、唯織をけむたがっている。

・辻村駿太郎(鈴木伸之)…杏の大学時代からの先輩で、甘春病院に勤める外科医。杏のことが好きなため、唯織を警戒している。また、鏑木と同様、医師の診断に首をつっこまれることを良く思っていない。

第9話までの詳しいあらすじはこちら

『ラジエーションハウス』第9話ネタバレ

AD

唯織(窪田正孝)は、病院内で意識を失って倒れ、エスカレーターから転落した杏(本田翼)に駆け寄る。杏は、エスカレーターを転がり落ちた際に頭部を強打しており……。

同じころ、甘春総合病院に、大物政治家の安野将司(中村梅雀)が極秘入院することになった。辻村(鈴木伸之)の父親で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)が、鏑木(浅野和之)に依頼したのだ。安野は、政治資金に関するスキャンダルから逃れるために1週間ほど身を隠したいのだという。丈介は、辻村を安野の主治医にするよう、鏑木に頼んだ。

ところがその矢先、安野が甘春総合病院の裏口で、ゴルフスイングのまねごとをしている写真が週刊誌に掲載されてしまう。記事には「偽装入院」などという文字も踊っていた。押し掛けてきたマスコミに、出勤早々囲まれてしまう裕乃(広瀬アリス)や小野寺(遠藤憲一)、たまき(山口紗弥加)らラジエーションハウスの面々。一方、記事に激怒した安野は、何かしらの入院理由をつけてすぐにでも発表するよう、鏑木と辻村に命じるが……。

引用元:ドラマ『ラジエーションハウス』公式HP

以下、ネタバレになります。

唯織のことが気になる杏

入院する間も、杏はずっと唯織のことが気になっていた。彼女は院長の渚と技師長の小野田の会話を立ち聞きしてしまったからだった。医師免許を持っているということ持ちながら、なぜ技師として働いているのか、それが気になっていたが、聞けないでいた。

技師を認めない辻村

唯織が入院する杏の様子を見に来る。唯織が転んだ時に打った肩に触れようとすると、杏は「もう痛みはありませんから、大丈夫です!」とムキになる。

もう痛みがなくなっていることに驚いた唯織は、辻村の元へ走る。唯織は技師にもちゃんと検査をする責任があるといい、追加検査をさせて欲しいと依頼する。しかし、辻村は「技師のちっぽけな責任と医師を一緒にするな!」と言って追加の検査を拒否する。

政治の汚い嘘

AD

一方、安野の入院理由を説明する記者会見の時間は迫っていた。

辻村は入院理由を発表する前に、せめて検査をするようにオーダーを出す。安野は検査を受けたくないといい、辻村の父・丈介も大学病院に戻りたいのならば安野の意向をくむように言われる。しかも、安野は1か月ほど前に麗洋医科大学病院で人間ドックをして何も問題なかったと言って、辻村の父も検査の必要はないとした。

本当は嘘をつきたくない辻村

ラジエーションハウスの面々は困惑する辻村の表情を感じとっていた。「あんた、本当は嘘なんてつきなくないんじゃない⁉」と言ってして、彼らは当初の辻村のオーダー通りの検査を始めた。

サクサクと手際よく検査を進めていく彼らを、辻村はただ茫然と彼らを見ているだけだった。

そして、ラジエーションハウスの面々の総力を結集した結果、胃のスキルス癌を発見する。

唯織の真意は?

AD

杏の病室に院長の渚が見舞いにやってくる。杏は、唯織が医師であることを盗み聞きしてしまったことを話す。理由を聞く杏に渚は、唯織がやりたいからやっているだけで、彼にとっては上も下もないのだろう、と答えるのだった。

変わり始める辻村

辻村はラジエーションハウスの面々の技術に感心していた。

技師たちの存在の大きさを知った辻村。杏の件についても、追加検査を唯織にオーダーした。結果、杏には肩関節の手術が必要であることがわかった。辻村はその手術の経験が浅いため、転院を検討する。しかし、唯織は今まで辻村の患者の術前・術後の写真を何枚も撮影してきて、丁寧な治療をしていることは知っている、と言って辻村の背中を押す。

辻村は杏の手術をすることを決意する。そして見事に手術は成功した。

AD

辻村の正直さ

AD

辻村は、追加検査をすべきだと言った唯織の判断が合っていた事を杏に告げる。そして杏の父に憧れて甘春病院に来たと言っていたが、本当は大学病院で研修医をしていた時代に事実上“クビ”になってここへやって来たことも告白する。

すると杏は、「大学病院と民間病院だからと言って上も下もない」ことに最近気づいたと返す。

辻村がくだした決断

安野の病気を本当に見つけたため、丈介と安野の怒りもおさまる。そして、丈介は辻村に大学の医局に戻ってこい、と言う。

それに対し、安野の病気を見つけたのは甘春病院の放射線技師たちである事、甘春病院に学ぶべきことがたくさんある事を理由に、辻村は大学病院への入局を辞退した。

ライバル宣言

辻村は杏のオペが成功したことを唯織に報告し、ラジエーションハウスの面々にも感謝の意を示す。そして唯織には仕事でも恋愛でも負けるつもりはない!とさわやかに宣戦布告するのだった。

AD

 

『ラジエーションハウス』第9話感想

AD

先日、岡田准一さん主演の『白い巨頭』を見たばかりだったので、すごく軽く感じてしまいました(笑)。

エリート一家で育った辻村の苦悩が描かれましたが、簡単に解決したなぁと…。そして、今まで唯織の能力を目の前で見ていたのに、辻村はそれを認めようとはしませんでした。にもかかわらず、今回の第9話では急にラジエーションハウスの面々に感服していました。

ある意味あっという間の1時間でした。

それから気になったのが、杏の病気です。杏は第8話で、しきりに頭痛を感じていたので、絶対脳の病気だろうと思っていましたが、ただの軽い脳しんとう。問題があったのは肩関節だったという拍子抜けの展開でした。先週の杏はただの寝不足だったのかなぁ(笑)。

ちなみに今回、登場したスキルス胃がんとはどんな病気なのか少し調べてみました。スキルス胃がんは、若い年齢でも発症するガンで、ガンの中でも最も治療が困難なものの一つだそうです。5年生存率はわずか7%…。ガンの中でもとりわけ難しいもののようです。

ドラマ中では大学病院の内視鏡検査で見逃されたという設定でした。それくらい発見が難しい病気だと知って怖くなりました。働き盛りの世代でも発症することのある病気であるとのことなので、まだそんな年齢ではないから大丈夫、などと思っていてはいけませんね。

 

 

『ラジエーションハウス』第10話あらすじ

AD

出勤途中の唯織(窪田正孝)のもとに、放射線科の世界的権威である恩師・ピレス教授(Dutch)からメッセージが届く。人工知能を使った読影補助ソフトを開発することになったピレスは、そのメンバーに唯織を迎えたいと考えていた。

鏑木(浅野和之)は、辻村(鈴木伸之)の父で、麗洋医科大学病院教授の辻村丈介(名高達男)から系列病院の院長を任されたことを家族に報告する。妻の聡子(梅沢昌代)と娘の加奈子(丸川ゆい)に、給料も倍になるから3人でハワイ旅行に行こう、と嬉しそうに話す鏑木。

そんな折、ラジエーションハウスに杏(本田翼)の父親で、元院長の正一(佐戸井けん太)が突然現れる。正一がうつ病の状態だと知る小野寺(遠藤憲一)たまき(山口紗弥加)らは、努めて明るく彼を出迎える。

同じころ、辻村は、嶋田茜(西原亜希)の1歳8ヵ月になる息子・光の診察をしていた。骨折の疑いでレントゲン検査のオーダーを受けた裕乃(広瀬アリス)は、赤ちゃんの検査にしり込みし、軒下(浜野謙太)に助けを求める。そこで、3ヵ月前にも右上腕骨骨折の疑いで光の検査をしたことを思い出すたまき。検査の結果、光は鎖骨を骨折しており、虐待の疑いが……。

鏑木は、院長の渚(和久井映見)に辞表を提出する。院長室を後にした鏑木は、椅子に座っていた正一に気づいた。正一も鏑木に挨拶しようと立ち上がるが、そのとき突然頭痛に襲われ、倒れてしまう。

引用元:ドラマ『ラジエーションハウス』公式HP

この続きはこちら!!(第10話ネタバレ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です