2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『仮面同窓会』1話ネタバレあらすじ&感想 拉致現場から離れた場所で遺体が発見


ドラマ『仮面同窓会』は2019年6月よりフジテレビ系土曜23時40~枠で放送されることが決まりました。

原作は雫井脩介原作『仮面同窓会』という同名小説です。

スタッフ&キャストはこちら

原作のあらすじはこちら

#01 6月1日 O.A.

『仮面同窓会』プロローグ

 

出来心から始まったちょっとしたいたずらが、

男たちの人生を狂わせていく――

「過去にケリをつけようぜ」

高校時代の親友4人が、体罰教師への仕返しに催した“仮面同窓会”。

少し痛めつけて放置。それで終わりのはずだったが・・・

事態は思わぬ方向に転がり不可解な殺人事件に。

高校時代の友人たちは疑心暗鬼に陥り、お互いの腹を探っていく。

・・・明らかになっていく秘密。そして新たなる殺人。

ドラマは一気に衝撃のラストへと突き進んでいく。

原作は雫井脩介の「仮面同窓会」(幻冬舎文庫)。

「火の粉」(ユースケ・サンタマリア主演・2016年オトナの土ドラ)、

「検察側の罪人」(木村拓哉主演・2018年公開映画)などで知られる、現代ミステリーの名手。

張り巡らされた伏線、むき出しの人間の本質を描く。

2016年4月より始まった「オトナの土ドラ」記念すべき通算20作目は

戦慄のクライムサスペンス!

土曜の夜は、もう人を信じられなくなる!?

引用元:仮面同窓会公式HP

『仮面同窓会』1話あらすじ

AD

#01

6月1日 O.A.

シーン写真1

住宅設備機器を扱う営業マンの新谷洋輔(溝端淳平)。
高校卒業後故郷を離れ、過去に蓋をして生きてきたが、それには2つの理由があった。18年前に兄を事故で亡くしたこと、そして同級生たちと高校時代に受けた暴力教師による体罰…この忌まわしい記憶から逃れるためだった。しかし洋輔は仕事でミスをして異動となり、再び地元へと帰ってくることになる。

シーン写真2シーン写真3

ある日、帰宅途中にストーカーに追われていた女性を助けた洋輔。その女性は、高校時代の憧れの同級生・竹中美郷(瀧本美織)だった。偶然の再会を喜ぶ洋輔に、美郷は近々開かれる高校の同窓会に行かないかと誘う。過去から逃げ出したい洋輔だったが、美郷との出会いに少しテンションが上がり、同窓会に出席することに。

シーン写真4

そこで再会したのは、かつて行動を共にしていた幼馴染の皆川希一(佐野岳)、大見和康(木村了)、片岡八真人(廣瀬智紀)。街を離れて以来、彼らと逢うことを避けてきた洋輔だったが、再会した瞬間から一気に学生時代のノリに帰っていく。
その会場には、憎き体罰教師・樫村(渡辺裕之)も出席していた。樫村の顔を見て、再び洋輔の胸中には過去のトラウマが蘇ってしまう。

シーン写真5

同窓会終了後、希一、和康、八真人の3人は、彼らのたまり場として使っている廃パチンコ店に洋輔を誘う。そこで希一が驚きの提案をする。「樫村を拉致し、廃工場に放置して怖がらせる」いういたずらの計画だった。子供じみた提案に難色を示す洋輔だったが、「過去にケリをつけよう」と説得する3人の雰囲気と勢いにのまれ、渋々計画に参加することに。しかしその計画は、予期せぬ方向へと突き進んでしまうことに…。

引用元:仮面同窓会公式HP

以下ネタバレします。

 

同窓会での出来事

新谷洋輔は、同窓会に出かける。そこで、樫村と出会い、フラッシュバックを起こし、吐いてしまうが、洋輔は顔も覚えられていなかった。

トイレから戻ると竹中美郷がかけよってきて「どうしたの?」と心配そうに聞くが、洋輔は飲みすぎたようだ答えた。美郷から、この前のお礼として、お土産でかってきたスマホケースを洋輔に渡した。「よかったら使って」

その様子を兼一が見て「お前らつきあってんの?」というが洋輔は否定する。兼一は今度結婚することになったといい、洋輔の会社のシステムキッチンについて相談に行きたいという。むしろ助かるといって、洋輔は兼一にお礼を言った。

 

串刺しジョージ事件

兼一は去り際に、「串刺しジョージ」事件の犯人が、春ごろこの町に戻ってきたといった。最近、女性が襲われた事件、串で顔を引っかかれたという。顔を引っかかれたかというのは高校時代の同級生だときき、兼一はそれを確かめに来たという。

喫煙所で

AD

樫村と上原加奈子が話をしていた。この二人は不倫の関係にあり、樫村の奥さんに上原は脅されたという。そこへ入ってきたのは、希一だった。「仲がよさそうだな。加奈子先生」と話すと加奈子は「別に」と答えた。

 

天突き体操

同窓会で飲み物を運んでいると、「よいしょ―!」との声が聞こえ、振り返ると樫村がスピーチをはじめた。それを見つめる洋一に、「顔が怖い」と兼一が寄ってきた。樫村をみて「あの人も変わんないよなー。一時変な噂もあったけど、一部の女子には人気だもんな」と切り出し、洋輔は変な噂?と聞き返した。兼一は、洋輔が八真人と仲がいいから聞かない方がいいといった。

樫村の「よいしょ―」というのを聞いてられなくなって、同窓会の会場を抜け出すと、そこに希一と和康、八真人がいた。「この後時間ある?」八真人がそう聞くと、希一は「時間なんだろ」といって、洋輔を誘って4人で外に出た。

向かった先は、希一の親が経営する不動産会社が管理する物件だった。

 

仮面同窓会計画

AD

「樫村をやる」希一が切り出した。その言葉に驚く洋輔。「やるって?」と聞き返すと「殺す」という。その言葉を聞き焦る洋輔。それを見た希一は笑う。八真人は「ケガさせるわけじゃない」といった。「さらう。お前大きい車持ってんだろ。あれを使う」と希一がいう。「あれは会社の車だ。いやだよ。」と答える洋輔。

樫村に顔を見られたらどうすんだよと洋輔がいうと、希一は「仮面をかぶる」といい「仮面同窓会」だといった。やられっぱなしのまんまだと大人になれない。過去にけりをつけようという希一。八真人は「俺たち親友だろ」といった。

計画は、樫村がランニングしているときに拉致して、体罰を与えるということで、ケガさせるわけではないようだった。

 

伏線:洋輔の兄は死んでいる

帰り道、洋輔は考えていた。兄が死んだシーンを回顧する洋輔。洋輔には事故で亡くなった兄がいたのだ。

そこへ美郷からメールが来る。そこにはこう書かれていた。「会えてうれしかった。今度ご飯に行きませんか?」

 

伏線:加奈子と希一の身体の関係

AD

希一は加奈子のいるアトリエに来ていた。「美術教師の分際でよくこんないいのかえたな」と希一はいうと、加奈子にキスをした。服を脱がせながら「樫村とできてんのか」と希一が聞くと、「そんな噂信じてんの?」と加奈子は切り返した。

AD

 

仮面同窓会の下見

洋輔、八真人、希一、和康は車の中から、樫村がランニングしているのをみて計画を練っていた。計画は来週の土曜日だった。

拉致するポイントを決めた後、廃墟に向かった。持ち主が蒸発してそのままになっている廃墟だ。そこで声が漏れるかをテストする4人。

「樫村まってろよォー!」「仮面同窓会、週末開催」「顔忘れてるってどうゆーことだよ!」洋輔が言うと希一は「洋輔声が小さい」と樫村のマネをして笑った。

仮面と、びりびりペンを用意して、週末に迫った仮面同窓会に向けて盛り上がっていた。

 

美郷と距離を縮める洋輔

美郷と食事する洋輔。美郷は大学病院で事務をしているようだ。同級生が来ても知らないふりをすることもあるという美郷は「10代のころには思い出したくない思いでもあるから」といった。なんかわかるな、と洋輔は同調した。仲が良かった八真人とあったのはあの同窓会で、10年ぶりだといった。

AD

高校の時、お互い誰とも付き合ってないという話になったが、美郷に男子で人気があったのは誰かと問うと「樫村先生」と答えた。その答えを聞いて洋輔の顔はゆがんだ。

「あんなやつ、今だったら体罰でそっこーアウトだよ」過去を振り返りながら洋輔はそういった。

 

仮面同窓会当日

「絶対名前は呼ぶなよ」というと、後ろから樫村が走ってきた。仮面をつけて飛び出す4人。樫村に飛びつき、粘着テープを使って制圧した。

車に乗せ、移動し、廃墟に樫村を連れ込むと、口の粘着テープをとった。

サソリさんと遊んでもらうといい、びりびりペンをあてる。やめろという樫村に、天突きやれよと洋輔が言った。

「樫村、天突き1000回。気合出せコラー」

「樫村又お前か。何回言ったらわかるんだ。反省しとるんか」

次々に樫村の口真似をする4人。立てよこの野郎といって、樫村を無理やり立たせた。

「これじゃ天突き出来ないな。外してくださいって言えよ。」「外してください」そういうと、テープを外した。「なんていうんだ樫村」というと「ありがとうございます」と樫村は答えた。

天突きで「声が小さい」「気合がたりない」「どうした樫村」口々に言う4人。そこで、和康が「声が出てないからサソリの罰だ」と言ってびりびりペンで刺すと、樫村は和康を突き飛ばした。劇場した和康は、暴行に走った。

AD

 

仮面同窓会での失敗

「やめろかず」洋輔はそう口に出してしまった。洋輔が粘着テープを張ろうとしたとき、樫村と目があってしまう。

「これ以上はまずい、行こう」という4人。車に乗り込むと和康は洋輔に「あれだけ名前は呼ぶなって言ったろ」と飛びつきそうになった。カズなんて5万といるだろという希一。「洋輔いれんの反対だったんだよ」という和康に、「ちょっと、俺釘指してくるわ」という洋輔。そして車を降り、もがく樫村に、洋輔はいう。

「いいかこれはお前がやってきたことだ。それへの報いだ。でも、それも今日で終わる。だからお前も今日のことを忘れろ」その言葉に、うなずく樫村。

帰りに仮面などの証拠隠滅を図り、火をつける4人。その日を見つめる4人の顔は暗かった。

樫村の死と、場所の謎

家に帰ってすぐに横になる洋輔。朝に、八真人から連絡がきて、テレビをつける洋輔。

「狐狸山の池で樫村の遺体が発見された」というニュースが流れていた。そこへさっそく誰かがやってきた。

 

『仮面同窓会』1話感想

AD

ちょっと展開が早い!と思いました。

小説とは違う感じが結構ありましたね。最初から串刺しジョージ出てきたりするところ。

AD

それに、串刺しジョージは原作だと、希一和康、八真人と知り合いで、同窓会に来てたんですけどね。。

それに、串刺しジョージは女性を襲ったりしてなかったから、ドラマオリジナルの展開が期待できそうです。

名前も、動物の名前で呼び合うとか、確かに、呼び合いたいときに名前がないと不便。

そういう演出もありですね。

樫村は、別の場所で発見されました。このあと、どうなっていくのでしょう?原作と一緒なら…?

原作が気になる方は、こちら

『仮面同窓会』2話あらすじ

AD

高校の同窓会で久々に再会した洋輔(溝端淳平)や希一(佐野岳)ら4人は、「仮面同窓会」と称し、高校時代に受けた体罰の仕返しに元教師の樫村(渡辺裕之)を拉致し、廃工場で天突き体操をさせた。その樫村が翌日、別の場所で遺体で発見される。その夜、希一の召集でたまり場に集まった洋輔、和康(木村了)、八真人(廣瀬智紀)。暗く重い雰囲気が流れる中、警察に拉致がバレたら樫村殺しの濡れ衣を着せられると考え、アリバイの口裏を合わせる約束をする。

シーン写真4

一方、美郷(瀧本美織)の勤める大学病院では、樫村の司法解剖が行われていた。美郷はその検視内容を偶然きいてしまう。

  • シーン写真2
  • シーン写真3

樫村の葬儀に参列した美郷は、そこでなぜか希一の姿を目撃する。樫村の検視結果と、葬儀での出来事を洋輔に伝える美郷。その報告を受け動揺した洋輔は、その夜一人で樫村を放置した廃工場へと向かう。すると、そこにいたのは…?

シーン写真5

 

 

引用元:仮面同窓会公式HP

『仮面同窓会』あらすじネタバレ2話に続く

6月8日放送分はこちらから

AD
Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です