2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『東京独身男子』6話あらすじネタバレ&感想 結婚は過酷な長距離走!


高橋一生さん主演のドラマ『東京独身男子』6話のネタバレあらすじ&感想をまとめてみました。

脚本:金子 ありさ

演出:樹下 直美  タナダ ユキ 松本喜代美

主題歌:高橋一生「きみに会いたい-Dance with you-」

このドラマは高橋一生、斎藤工、滝藤賢一が“あえて結婚しない”男子、AK男子にとして描かれます。仕事も趣味も家事も全部一人でできてしまう3人は、それぞれ結婚しなくても大丈夫だと思っていたのだが、結婚しようとするとなかなかうまくいかない。そんなこじらせ男子を描くドラマです。

以下『東京独身男子』5話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『東京独身男子』5話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

 

『東京独身男子』6話までのおさらい

 

 

『東京独身男子』1話 あらすじネタバレ

独身を謳歌する太郎(高橋一生)、三好(斎藤工)、岩倉(滝藤賢一)だったがいろいろな出来事から結婚を意識するようになった。太郎は、元彼女の舞衣(高橋メアリージュン)があらわれて結婚したくなり、三好は、EDに悩み、子供が欲しくなった。岩倉は、父親を介護が大変で結婚を考えていた。舞衣に結婚前提の彼がいて落ち込む太郎だったが、婚姻届けを出さなかったことをSNSで知ると太郎は舞衣に電話をかけ、突然プロポーズをした。

『東京独身男子』2話 あらすじネタバレ

突然プロポーズをした太郎に、直接会って話したいという舞衣。約束の日、舞衣の元婚約者・糸井が怒鳴りこみ、太郎は舞衣の本心を聞けないままだった。その後太郎は、舞衣から温泉に誘われたが、それが営業で、さらに、糸井とも出会う。卓球勝負の後、糸井の舞を大切にする気持ちを知り、舞衣へ結婚を後押ししてしまう。傷心の太郎に、かずなが突然のキスし、「結婚しようって言ったよ、太郎ちゃん」と衝撃の事実を告げられるが、全く思い出せない太郎は動揺し、布団の上でかずなを押し倒したような体制になったところに三好と岩倉が帰ってくる。

『東京独身男子』3話 あらすじネタバレ

温泉宿で、岩倉が透子へ好意を寄せていることに気づいた三好。 かずなから告白された太郎の葛藤したが、舞衣と糸井の結婚式でかずなと付き合っていると嘘をついてしまい、かずなを傷つけた。かずなは先に帰るといったが、太郎はかずなを探しだし、俺と付き合う?よかったら俺と。嘘をつけない太郎はかずなに「俺にとってぶっちぎりの2番!こんな俺でよければ付き合ってください」という。その告白に、かずなは結婚前提を迫る。

『東京独身男子』4話 あらすじネタバレ

三角関係に発展した岩倉と三好だったが、岩倉は友情を取り手を引こうとする。が、パーティーで三好が他の女とキスする姿をみた透子。その透子をホテルに連れて行ったのは岩倉だった。二人がもめる最中、三好がEDであることが分かった岩倉は共闘宣言!太郎はかずなへ結婚前提で付き合うかの回答を保留したままだったが、もう出会いはいらないといい、かずなを誘う。しかし、そこへ飛び込んできたのは、太郎の元カノ舞衣だった。

『東京独身男子』5話 あらすじネタバレ

糸井とケンカして海外から帰国し、太郎の家にやってくる舞衣。太郎、かずな、舞衣の奇妙な共同生活が始ったが、同じ頃、岩倉(滝藤賢一)と三好(斎藤工)は、透子(桜井ユキ)とダブル三角関係になっていた。
ヘッドハンティングの誘いを受けた太郎は人生の モテキ?と勘違いする。岩倉父・和雄(小野武彦)の看病の御礼にと、透子を誘うと、そこへ三好が押し掛ける。かずなと舞衣も加わる。三角関係の相手に敵意むき出しの三好兄妹。しかし、それぞれの帰り道三好は、透子をあきらめ、かずなも太郎をあきらめる。

 

 

『東京独身男子』6話 あらすじ

スポンサーリンク

かずな(仲里依紗)から“太郎ちゃんが好きなのは、自分自身”と強烈な一言を浴びせられた太郎(高橋一生)。行き場をなくした舞衣(高橋メアリージュン)を部屋に泊めるも、舞衣に「友達じゃ嫌」だと切り出される。
一方、元妻・薫(野波麻帆)の訪問を受けた三好(斎藤工)は太郎と岩倉(滝藤賢一)にSOS招集!! “相変わらず3人一緒…永遠の青春”と痛烈な皮肉を発する薫は、三好から夫婦時代に購入した墓が欲しいのだと告げる。
毎年の恒例行事、人間ドックを訪れたAK男子3人。そこでも話題は「三好家の墓」問題に。「俺に任せろ」と敏腕弁護士・岩倉が本領発揮…と思いきや、薫の猛攻に苦戦。
そんな折、太郎は会社で手痛い目に遭い、ふと“仕事ほど報われないものはないのでは”という思いを抱く。岩倉は恋愛に、三好は結婚生活に、三者三様ながら虚しさを共有。そんな3人の中には「人間ドック再検査」の知らせが届く者もいて…。心身ともに弱りまくりのAK男子たちに救いは訪れるのか!? 思いがけず分かる三好の元妻・薫の本心とは? そして太郎とかずなの関係は…!?

引用元:東京独身男子公式HP

以下ネタバレします。

 

舞衣にタオルを渡す太郎

太郎は、舞衣が糸井のことをずっと気にしていると指摘した。舞衣には俺じゃないときっぱり断る太郎。

 

薫の訪問と墓問題

今後一切財産および慰謝料の請求をしないと三好の嫁、薫がサインしているのを突きつけるが、墓地は財産リストになかったため、財産隠匿だと主張する。

岩倉もともとの離婚原因は三好に不貞行為や金銭問題があったわけではないのに、十分財産分与したと主張する。太郎もそれをフォローしようとしたが、薫の勢いには勝てなかった。

三好は、終わったってことだというが、薫は終わっていないという。財産すべて分けてもらうと主張する。また、岩倉と太郎は独身なのに夫婦の何がわかるのかという。

三人は薫の恐ろしさを感じていた。

 

仕事の代打

スポンサーリンク

急にいけなくなった同僚の代わりに、プレゼンをしてほしいとの電話が入った。太郎はそのプレゼンシートに目を通す。エネソケット財務戦略の中に、内久保電子への投資撤退が書かれていた。

太郎は内久保電子を訪れた後、プレゼンに出席し、内久保電子への投資を続けるべきだと説明した。内久保電子の赤字決算は設備投資が原因だという。世界最高水準のAIを導入し、ラインはすべて稼働し人員過剰も見受けられなかったと説明する。向こう5年の黒字決算を見せた。

上に呼び出される太郎。太郎は褒められると思っていたが、上司は冷ややかな態度だ。ヘッドハンティングのうわさが出ていること、それは命取りだと太郎に話し、上司は部屋を出ていった。

 

報われない仕事、恋愛、結婚

仕事だけは裏切らないと思っていたが、仕事ほど報われないものはないのではないか。宗太郎は思い、三好と岩倉にLINEした。

すると、恋愛こそ報われないと岩倉が返した。それをいうなら結婚生活こそだと三好が反応する。

三人とも現実に打ちひしがれていた。

 

かずなに、新たなる出会い?

スポンサーリンク

三好のクリニックに、新たなMRがやってきた。それは、糸井の結婚式で出会った男だった。運命を感じる二人。

 

健康診断の結果

三人は健康診断の結果を持ち寄る。三好は「元気問題があったのに、A」と喜び、岩倉はBだった。しかし、太郎は再検査「D1」だった。それをみて、三好も岩倉も「体が大事だ」といい、再検査の予約をすぐにとる。

 

岩倉と透子、三好と薫

スポンサーリンク

岩倉のオフィスの部屋には透子がいた。透子は岩倉に「好きです」といった。「でも、私は変われませんという。たとえボスのためであっても。」岩倉は、「俺もだ。それでも始めてみるか?」といい透子とキスを交わす。

薫に墓を渡すことにした三好は、薫と会っていた。薫が男と歩いていたことを指摘し、三好は薫に「その男に言われた?それとも復讐?」と聞く。

「もう現れないから安心して」そういう薫は、三好のもとから去っていった。

 

太郎の再検査結果

太郎の家に岩倉と三好がやってきて、再検査の結果セーフだったと告げる。無事でよかったといい、三好、岩倉と抱き合って喜ぶ3人。かずながそこへやってきた。

 

薫がやってきた本当の理由

かずなは薫に会いに行った。あんなに兄が譲歩したのに、なぜお墓なの?そう薫に聞きに行ったというのだ。

薫は、かずなに墓を一緒に見に行った時のことを思い出したといった。一生添い遂げるつもりで、一緒に入るつもりで墓を買ったと薫は言っていた。「何度も関係修復しようとした。最後のディナーで渡せなかったものがあるといい、渡しておいて」と言われたというかずな。薫から手渡されたものは、三好が薫をほったらかしてまでラスベガスで探していた「心願成就の水晶」だった。

弁護士も通さず薫がやってきた理由。「本当は別れたくなかった。でも離れるしかなかったんだともう」かずなは3人の前でそう話した。

 

薫と会う三好

三好は薫をバーに呼び出した。「二度と会わないこれっきり」って言ったのに。そう薫はつぶやいた。

三好は薫に謝った。「目の前のこれだと思ったことに飛びついて、走り抜け、それが自分らしさだと思っていた。ずっとそばにいてくれた君の方を見ることも気にすることもなかった。幸せにできなくてごめん、家族になれなくてごめん。」

三好がそういうと薫は、涙をためながら「今更そんなこと言われても、もらったものは返さないから。全部背負って前に進む。」といって、立ち去った。それを太郎は見ていた。

 

結婚は過酷な長距離走

「でも、それをしなければ見えてこない景色がある。」

太郎はアジェンダ候補を三好に話した。あんなに好き放題言って、ぶつかり合って。それでも幸せを願える相手がいるってすごい。たとえ報われなかったとしてもすごい。

その言葉を聞いた三好は、太郎にそう言ってもらえると救われるという三好。

次の朝、三好の元気問題はなくなっていた。

 

岩倉は透子と同棲?かずなは新彼氏?

透子を相手に3人暮らしを提案する岩倉。「3人?」透子はそう聞き返すが、満面の笑みでうなづく岩倉。

朝、かずなに会う。「太郎ちゃんは自分が好き」というのが引っかかっているといい、あれで終わりは嫌だというが「ごめんいくね」といった先に、男がいた。

 

『東京独身男子』6話感想

スポンサーリンク

なんだか、かずなヒドイ。。あんなに太郎の事振り回してたのに男欲しかっただけみたいで。。

太郎は、舞衣の裸をみても、乗りませんでした。

石橋をたたいてわたるのが太郎。誠実な人なのでしょうね。

でも、役柄になり切っているから?

なぜか高橋一生がだんだんこのドラマで老けてきたようなきがして心配です。(笑)

かずなに言いたい。太郎の話最後まで聞かないと…兄の友人でもあるわけだし、、太郎かわいそう。

自分の気持ちだけ自由にするのは、どこかで相手を傷つけてしまうんだということが分からないと。

太郎かわいそう。ほんとかわいそう。

誠実に仕事をしても、上司に痛い一言を言われる太郎。

仕事は報われない、恋愛も報われない、結婚も報われない。

気持ちはすごくわかる…!

太郎には幸せになってほしいです。

三好の嫁怖かったけど、本当は、三好大好きだったんですね。強がりなだけで、三好のことはすべて許してきた人なんだなと思いました。湯水のように金を使う女って三好言ってたけど、薫さんが言ってたことをまとめると…

悪いのは三好!

でも、三好は、目の前が見えなくなる人間なんだと思うと、また違った接し方があったような気がします。

それと岩倉が透子に一緒に暮らそう、というところで3人でというのに引きました。

3人だったら一緒に暮らさなくていいと思う。変わらなくていいって言うならなおさら。

これは新たなトラブルを暗示していますね。

 

『東京独身男子』7話あらすじ

スポンサーリンク

元妻と最後に残されていた“墓問題”を解決した三好(斎藤工)は心身ともに調子を取り戻し、新たな恋への期待も高まっていた。岩倉(滝藤賢一)も、透子(桜井ユキ)との交際と同時に同居を開始!
そんな中、かずな(仲里依紗)に恋人ができたらしいことを知った太郎(高橋一生)は、仕事も思うようにいかず、誘われていたヘッドハンティングを真剣に検討するものの、なかなか決断できない。だがある日、顧客に大胆な提案をしたことをきっかけに、太郎のサラリーマン人生に大きな岐路が訪れる。
一方、実はクリニックの経営不振にあえいでいた三好。その相談を受ける岩倉も、透子と父との3人暮らしは想像以上に困難を極め…。悩める3人は、互いの将来について話し合い、いつしか激しい口論へと発展!
AK男子3人組が、とうとう離散の危機に!? そして太郎のかずなへの思いは果たして…!?

引用元:東京独身男子公式HP

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です