2019春のドラマのあらすじまとめてます

『ラジエーションハウス』第7話ネタバレあらすじ&感想 医者の特別扱いはアリか?


 

窪田正孝さん主演のドラマ『ラジエーションハウス』第7話のネタバレあらすじ&感想をまとめてみました。

 

脚本:大北はるか

演出:鈴木雅之

主題歌:MAN WITH A MISSION「Remember Me」

 

この作品は、掟破りの放射線技師の活躍を描く同名コミック『ラジエーションハウス』が原作のドラマです。

 

以下『ラジエーションハウス』第7話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『ラジエーションハウス』第7話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

 

『ラジエーションハウス』第7話までのあらすじ(一部ネタバレあり)

・五十嵐唯織(窪田正孝)…唯織は幼い杏に恋として依頼、彼女との約束を忠実に守り、技師となる。杏は唯織のことをすっかり忘れていたが、そんなことは気にせず、杏を支える。院長の渚しか知らないが、実は医師免許ももっており、技師としての能力も卓越しているため、しばし医師の診断にまで口を出してしまうため、周りと問題を起こしてしまう。

・甘春杏(本田翼)…甘春病院で放射線科医として働く。唯織との約束は覚えていないが、技師としての能力が高く、患者さん想いの唯織の存在をどんどん意識し、信頼し始める。元院長の娘としてのプレッシャーのあまり、忘れかけていた患者さんを想う気持ちを唯織の存在により、思い出していた。

・広瀬裕乃(広瀬アリス)…新人でまだまだ経験不足ではなるが、純粋な気持ちで患者と向き合う。まじめでまっすぐ。

・小野寺俊夫(遠藤憲一)…ラジエーションハウスの上司=技師長。情熱を表には出すタイプではないが、ここぞというときには患者のことを考えた行動をとる。

・黒羽たまき(山口紗弥加)…さばさばしているが、優しい一面もたまに見せる、頼りになる存在。杏の唯織に対する気持ちに勘づき始めている。

・大森渚(和久井映見)…甘春病院現院長。唯織は実は医師免許を持っていることや、権威ある医師からも認められる能力の持ち主であることを唯一知っている。技師として働いている以上、医師として仕事をしないよう行動を慎むように唯織にくぎを刺す。

・鏑木安富(浅野和之)…診療部長であり、放射線科長。病院の名声や自分の出世に走るタイプ。唯織が技師の領域をこえて口出しをしてくることに怒り、唯織を追い出したいと考えている。

・辻村駿太郎(鈴木伸之)…杏の大学時代からの先輩で、甘春病院に勤める外科医。杏のことが好きなため、唯織を警戒している。また、鏑木と同様、医師の診断に首をつっこまれることを良く思っていない。。

もっと詳しいあらすじはこちら

『ラジエーションハウス』第7話ネタバレ

AD

唯織(窪田正孝)がきてから変わりつつあるラジエーションハウスのメンバー。その日は、初めてひとりで当直をすることになり、不安で一杯の裕乃(広瀬アリス)。しかも、緊急時に備えて待機するオンコール担当は軒下(浜野謙太)。頼りにならない軒下にさらに不安を覚える裕乃で……。

 

そんな折、乳腺外科に、軒下と中学時代の同級生だった蛭田真貴(松本若菜)と志朗(篠原篤)夫妻がやってくる。人間ドックで真貴の胸にしこりが見つかり、マンモグラフィ検査を受けに来たのだ。軒下と再会した真貴は、彼が卒業アルバムに将来の夢は医者と書いていたのを覚えていた。初恋の相手の真貴から、「夢を叶えたんだね」と言われ、本当のことが言えない軒下。

 

真貴のマンモ画像を読影した杏(本田翼)は、唯織にも意見を求め、悪性の疑いがあるため超音波検査が必要との診断を下す。それを見ていた鏑木(浅野和之)は、杏は技師に甘えていると指摘する。技師には技師の役割があり、一線を越えることは、唯織の首を絞めることになる、というのだ。

 

再検査が2ヵ月後になると知った志朗は軒下に医者として検査を何とか早められないか、泣きつく。しかし、特別扱いはできないと答えるしかない軒下。それでも諦めきれない志朗は、通りかかった唯織に声をかけ、事情を説明した。真貴は自分の人生のすべて、という志朗の言葉に強く共感した唯織は、杏に相談。だが、鏑木の言葉を思い出した杏は、患者を救うのは医者の仕事だと返し……。

引用元:ドラマ『ラジエーションハウス』公式HP

技師はどこまで立ち入るべきなのか

唯織は院長の渚にも、何か真貴のためにできないか、と相談する。しかし、技師としてやるべきことをやるしかないと返されてしまう。

杏は杏で、唯織に相談された真貴の事が気になっていた。そこへ辻村がやってきて、悩んでいるようだから話聞くよ、と言って食事に誘う。

「自分はラジエーションハウスの技師に甘えている」と杏は辻村に告げる。そんなことを思うようになったのは唯織のせいだ、と辻村は指摘する。そして、辻村はリラックスする時間も必要だよ、と優しい言葉をかける。しかし、杏は仕事に戻ると言って病院に戻ってしまう。

 

技師としてできることを

一方、裕乃は初の当直で緊張していたところ、唯織も居残っていることに気づく。唯織は真貴のマンモグラフィー再検査をするために残っていた。“検診難民”となって再検査を待たされる患者は、精神的に追い詰められてしまうことがあるため、唯織はそれを心配して院長のオーダーをもらい一人で再検査をすることにしたのだ。

AD

 

本当は誠実な軒下

AD

そこへ緊急の患者が搬送されてくる。外傷がひどく、撮影箇所も多いため裕乃はパニックに陥る。唯織に相談するが、マンモグラフィー検査があるため、一人で対応できない場合は温コールの軒下に連絡するように言われてしまう。軒下は帰宅前に、今日デートだということを裕乃に強調されていた。そのため、裕乃はダメもとで軒下へ電話をする。

 

軒下は医師だと嘘をついて、マッチングアプリで知り合った女性とレストランで食事していた。偶然にも、辻村と杏が食事をしていたお店と同じお店だった。杏に帰られた辻村が、軒下のテーブルに挨拶に来る。初めは裕乃の電話を無視しようと思っていた軒下だが、辻村も交えて話しているうちに、自分を取り戻す。

そして、軒下は本当は自分が技師であることを告白し、「かわいい後輩を放っておけない」とラジエーションハウスに向かって出ていく。辻村は、軒下が飲酒していたのではないかと心配する。しかし、軒下が飲んでいたのは、実はワインではなくぶどうジュースだったことを知る。

 

裕乃のもとへ軒下が駆け付けると、裕乃も軒下の飲酒を心配した。すると軒下は「女を口説くのに酒はいらない。ぶどうジュースで充分だ」とドヤ顔で言う。そして、裕乃を見事に助けてあげるのだった。

 

真貴の病理は?

唯織はマンモグラフィーを終えて真貴と旦那さんに読影した結果を話した。唯織の見解ではCSLという珍しい良性の腫瘍だった。

AD

それを伝えると、真貴夫妻は安心で目を潤ませて喜んだ。

 

翌日、裕乃が「あの軒下さんがデートをすっぽかして、助けに来てくれた」と喜んでラジエーションハウスの皆に報告すると、誰も驚かない。むしろ、「だって軒下でしょ」という感じだ。技師長の小野寺には「お前、あいつの写真見て気づいていなかったか。あいつ技師として一流だぞ」と言われる。裕乃だけが、軒下の”腕”に気づけていなかったのだ。

 

唯織は何者なの?

AD

唯織が再検査をしたことに気づいて、杏がやってくる。

杏は唯織の能力に戸惑っていた。「どうしてこんな病変に気づけるの…?」と。

ラジエーションハウス技師長の小野寺は、杏が読んでいた本の著者がDr.ピレスであることが気になっていた。以前に、唯織がDr.ピレスという名のメールを受信していたのを小野寺は目撃していたからだ。小野寺が調べてみると、Dr.ピレスは世界的有名な放射線科医であり、そのチーム写真に唯織らしき人物が移っているのを発見した。

小野寺は、それを唯織に突きつけ、「お前何者なんだ」と問いただすのだった…。

 

『ラジエーションハウス』第7話感想

AD

“検診難民”という問題

第7話では“検診難民”という言葉が出てきました。

私自身も、健康診断の予約をするのに何か月も先しか空いていないという経験があります。その時はただの健康診断だったので良いですが、結果でひっかかった後の再検診だったら毎日不安ですよね。

確実な検査結果を聞けるまでに何か月もかかってしまうとなると、病気ではないかという不安から精神的に参ってしまう方もいらっしゃるそうです。そして、実際にその間に病気が進行することだって、きっとありますよね。

AD

ただ、医師が患者さんを特別扱いするわけにもいかないですし、難しい問題ですね。

『ラジエーションハウス』のおかげで、皆の健康診断に対する意識が高まりそうですね。

 

浜野謙太さんの笑いを呼ぶ演技

前話までは唯織の放射線技師というか、放射線科医としての能力をこれでもか!と見せつけるストーリーでした。

しかし第7話では、今までラジエーションハウスの中でも冴えないキャラの軒下さん(浜野謙太さんが演じる)の活躍が多く描かれていました。軒下さんは仕事もやる気ないキャラでしたが、実は技師としての腕は一流、しかもラジエーションハウスのメンバーから(裕乃以外)の信頼はあつかったんだ、というのが初めて描かれました。

いつもクスっと笑わせてくれる浜野謙太さん。いつもより、笑いどころが多い回で、個人的に第7話は好きでした

『ラジエーションハウス』第8話あらすじ

AD

甘春総合病院に、けいれん発作で魚谷久美(稲垣来泉)という少女が救急搬送されてくる。唯織(窪田正孝)らは、久美のCT検査を行ったが異常は見られなかった。だが、別の日にMRI検査を行ったところ、二相性急性脳症の特徴的な所見である、脳が木の枝のように光る「ブライトツリーアピアランス」が見られ、入院しての治療が行われた。

 

杏(本田翼)は、久美への治療の効果を確認するため再度MRI検査を行うことを決める。その席で、杏が目も合わせてくれないことにショックを受ける唯織。それを知った裕乃(広瀬アリス)は、何故かモヤモヤした気持ちになっていた。一方、杏が唯織を気にしていると見抜いたたまき(山口紗弥加)は、「素直になれば?」と杏に告げるが……。

 

小児科では、久美の強い希望により、季節外れのハロウィンパーティーを行うことに。枕元に願い事を書いた紙を置いて寝るとそれが叶うという言い伝えもあることから、唯織や小野寺(遠藤憲一)たちも久美から願いごとカードを手渡されていた。

 

同じ頃、内科には腹部の痛みを訴えて受診した若井陽子(佐藤めぐみ)の姿があった。陽子は、アルバイトを抜け出して病院に駆けつけた夫の祐一(板橋駿谷)に、盲腸だと診断されたが「薬で散らせるから普通に働ける」と言って安心させる。久美は陽子にも願いごとカードを手渡していた。

 

そんな折、MRI検査を受ける予定だった久美が突然けいれんを起こし……。

引用元:ドラマ『ラジエーションハウス』公式HP

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です