2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『東京独身男子』5話のネタバレあらすじ&感想 ダブル三角関係でドロドロに。


高橋一生さん主演のドラマ『東京独身男子』5話のネタバレあらすじ&感想をまとめてみました。

脚本:金子 ありさ

演出:樹下 直美  タナダ ユキ 松本喜代美

主題歌:高橋一生「きみに会いたい-Dance with you-」

このドラマは高橋一生、斎藤工、滝藤賢一が“あえて結婚しない”男子、AK男子にとして描かれます。仕事も趣味も家事も全部一人でできてしまう3人は、それぞれ結婚しなくても大丈夫だと思っていたのだが、結婚しようとするとなかなかうまくいかない。そんなこじらせ男子を描くドラマです。

以下『東京独身男子』5話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『東京独身男子』5話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

『東京独身男子』5話までのおさらい

 

『東京独身男子』1話 あらすじネタバレ

独身を謳歌する太郎(高橋一生)、三好(斎藤工)、岩倉(滝藤賢一)だったがいろいろな出来事から結婚を意識するようになった。太郎は、元彼女の舞衣(高橋メアリージュン)があらわれて結婚したくなり、三好は、EDに悩み、子供が欲しくなった。岩倉は、父親を介護が大変で結婚を考えていた。舞衣に結婚前提の彼がいて落ち込む太郎だったが、婚姻届けを出さなかったことをSNSで知ると太郎は舞衣に電話をかけ、突然プロポーズをした。

『東京独身男子』2話 あらすじネタバレ

突然プロポーズをした太郎に、直接会って話したいという舞衣。約束の日、舞衣の元婚約者・糸井が怒鳴りこみ、太郎は舞衣の本心を聞けないままだった。その後太郎は、舞衣から温泉に誘われたが、それが営業で、さらに、糸井とも出会う。卓球勝負の後、糸井の舞を大切にする気持ちを知り、舞衣へ結婚を後押ししてしまう。傷心の太郎に、かずなが突然のキスし、「結婚しようって言ったよ、太郎ちゃん」と衝撃の事実を告げられるが、全く思い出せない太郎は動揺し、布団の上でかずなを押し倒したような体制になったところに三好と岩倉が帰ってくる。

『東京独身男子』3話 あらすじネタバレ

スポンサーリンク

温泉宿で、岩倉が透子へ好意を寄せていることに気づいた三好。 かずなから告白された太郎の葛藤したが、舞衣と糸井の結婚式でかずなと付き合っていると嘘をついてしまい、かずなを傷つけた。かずなは先に帰るといったが、太郎はかずなを探しだし、俺と付き合う?よかったら俺と。嘘をつけない太郎はかずなに「俺にとってぶっちぎりの2番!こんな俺でよければ付き合ってください」という。その告白に、かずなは結婚前提を迫る。

『東京独身男子』4話 あらすじネタバレ

三角関係に発展した岩倉と三好だったが、岩倉は友情を取り手を引こうとする。が、パーティーで三好が他の女とキスする姿をみた透子。その透子をホテルに連れて行ったのは岩倉だった。二人がもめる最中、三好がEDであることが分かった岩倉は共闘宣言!太郎はかずなへ結婚前提で付き合うかの回答を保留したままだったが、もう出会いはいらないといい、かずなを誘う。しかし、そこへ飛び込んできたのは、太郎の元カノ舞衣だった。

 

『東京独身男子』5話あらすじ

スポンサーリンク

ついに太郎(高橋一生)がかずな(仲里依紗)と結ばれることを決意した矢先、目の前に現れたのは、元恋人で海外へ旅立ったはずの舞衣(高橋メアリージュン)だった!
慣れない海外での新婚生活、そこで起こった喧嘩をきっかけに帰国したと言う舞衣。行きがかり上、太郎、かずな、舞衣の奇妙な共同生活が始まって…!?
同じ頃、岩倉(滝藤賢一)と三好(斎藤工)は、透子(桜井ユキ)を巡り激論に…。勢いで三好は自身の“元気問題”を暴露してしまう!
ほどなくヘッドハンティングの誘いを受けた太郎だったが、かずなと舞衣、それぞれから違う意見をぶつけられ、大混乱。そして、結婚するということは、自分の人生を誰かとシェアすることなのだと、改めて痛感する。
そんな中、父・和雄(小野武彦)の看病の御礼にと、透子をささやかな食事会に招待した岩倉。しかし、そこへ三好と太郎が押しかけ、かずなと舞衣も加わり、一堂に会した6人は波乱模様で…さらに思いもよらぬ人物まで現れ…!?

引用元:東京独身男子公式HP

 

以下ネタバレします

太郎のヘッドハンティング

スポンサーリンク

かずなと舞衣が待つ部屋に帰りにくい太郎は、三好を誘う。ヘッドハンティングの話がフラれると、かずなは「一年ごとの年俸制だと、給与が下がっちゃうんじゃない?無理する必要はないと思う」というと、「そっか。太郎君だけの問題じゃないもんね。結婚したら家買って、ローン組んで、子供生まれて。そんな時期にヘッドハンティングだとかずなさん、不安だよね」と舞衣。

結婚式はいつ?と舞衣が話をふると、三好は「結婚も何も…え?」一線超えたか?とジェスチャーで聞く。舞衣は涙を流していた。そして「友達が帰ってないか電話してくる」と言って、外へ出ていった。しばらくして、太郎は「ちょっと見てくるわ…」と言う。

残された三好兄妹。かずなは「女の涙には要求が隠れてる。太郎ちゃんに自分を見てと突きつけてる」という。

岩倉父のお見舞い

岩倉の家を訪ねると、今夜透子がやってくるということが判明する。闘志をもやす三好。下心が伝わってくる!という太郎。「ただのお礼だ」という岩倉に、「太郎が飯を作って、どうせならみんなでお父さんの快気祝いをしましょうね」という三好。

夜になり、透子が岩倉の家にやってきた。三好が透子に近づくと「コインの勝負に勝ったのは俺だ」というが、あれはあの晩限りのものでもう無効だという透子。

三好は、岩倉のもとに行き「勝負は振出しってことですか?もしかして怒ってます?」というが、「むしろ良かった」という岩倉。

 

ダブル三角関係の会食

スポンサーリンク

太郎の、見事な手料理が並べられる。「こんなおいしい料理を作る人が彼氏だと大変。いつも作らせるわけにもいかないし、代わりに作るのもハードルが高い」という透子に、「モテると思ったのに」という太郎。

そこに「透子さんうちの嫁に来ない?」と岩倉父が爆弾発言をし、苦笑する全員。「でも、岩倉さんは独身主義では?」と聞く舞衣に岩倉はAK男子だとかずなが答えた。

「AK男子でも、独身男子でもない。いい人がいれば結婚する」と岩倉が言う。三好に話がフラれると、俺もなくはないというが…

 

結婚には興味がない

透子がそう発言したのだ。誰かに幸せだって証明してもらう必要もないし、価値観は人それぞれだからという。

「太郎さんはAK男子?」と透子が質問すると、「焼き加減を見てくるといい」立ち上がる太郎。

三好は岩倉をつかまえて「まさかAK女子とはな。まさに俺の理想だ」という。「いいな、お前は単純で」という岩倉に「もうそろそろ、決着つけましょうよ」という三好。岩倉にしつこく言い寄る。

太郎のもとへいったかずなは「何かあるなら言ってよ」と不機嫌そうにいうと、「別に何もないよ」と答える太郎は料理を運ぶが、言い争う岩倉三好にぶつかってメインを落としてしまう。出張から友達が帰ってきたといい、突然帰るという舞衣に、わたしもそろそろという透子。岩倉は三好に「送ってやれ」という。

 

舞衣、嘘をついて出ていく

非通知で電話に出ると、糸井だった。舞衣の近況を糸井に伝えていたのだ。帰ったら手続きを終わらせるという糸井に、もう舞衣が出ていったことを告げる太郎。

「同僚のあゆみちゃん?でしたっけ?」と太郎が言うと糸井は聞いたことがないという。

そこへかずながやってきた。「もしかして舞衣さん?」と聞くと、「いや」と答える太郎。馬鹿みたいに嫉妬して舞衣に悪いことをしてしまったというかずな。「太郎が好きなのは、舞衣でもかずなでもなく自分。だから一人がいい。誰かといると息が詰まる。だったら、もうやめる」かずなは無理して笑顔を作った。

 

透子を送る三好

三好は透子をおくっていた。「相手が何考えてるかわかんない時は、お前に気がないだけ」アジェンダにあったなと透子に話す。「俺だけを見てよ。といいたいところだけど、俺に気持ちはないよね。なら邪魔しない。うまくいくといいね」という三好。

透子に気があるのに、行かせてしまった岩倉になぜかきく岩倉父。

結婚できなくちゃ意味がない。さすがに老後一人というのはいやだという岩倉。

結婚してても、結婚しなくても、子供がいても、いなくても一緒だ。結局人は一人だ。今まで自分に嘘をつかずに生きてきたから胸が張れると話す岩倉父。

 

一人ずつ家路につく三好、透子、かずな、太郎。

三好が家に着くと、元嫁がいた。

太郎は道端で舞衣を見つける。友達なんだから頼ってといい、家に連れ帰る。

部屋着を出す太郎。しかし、舞衣はリビングにいなかった。ベッドルームを見ると、舞衣は裸だった。「友達じゃいやだ」と切り出す。

 

『東京独身男子』5話 感想

スポンサーリンク

舞衣が出戻ったのは、糸井(早乙女太一)が忙しくて帰ってこず、他の女性とキスしたのを目撃したからですが、太郎のところにまっすぐやってくるのはどうですかね。実家はないの?

 

かずなに遠慮しながら太郎の家に泊まっていた舞衣でしたが、舞衣はずるいですよね。裸になるとか女子の武器全開。笑

 

でも、太郎がそれに惹かれてしまったのは、かずなに疲れていたからだと思います。かずなはちょっとしんどいですよね。闘争心と嫉妬心むき出しで。それなのに、かずなから太郎は「太郎は、舞衣もかずなも好きじゃない。自分が好きだから、誰かといると息が詰まる」と言われてしまっておいおいと思いました。

 

ちがうよ!疲れる人と一緒にいると息が詰まるんだよ~!

 

人を追い詰めたりするような言い方や、突っかかるような話し方の人が身近にいれば、それがだれであれ疲れちゃいますよね。そういう人と生活をシェアすると、こっちが壊れちゃう。

 

透子はさばさばしてましたが、AK女子でした。笑

自立していると結婚のメリット見えてこなくなりがちです。私も、好きな人と一緒にいたいけど、生活までをシェアしたくないです。できれば。

 

三好は子供っぽいけど、最後に登場したゴジラ系元嫁の要求がとてつもなくすごそうです。財産を半分持っていくとか鬼。怖い。

 

太郎は、舞衣とヨリをもどすの?でも、かずなはないよね。次回はどうなる?

 

『東京独身男子』6話 あらすじ

スポンサーリンク

 かずな(仲里依紗)から“太郎ちゃんが好きなのは、自分自身”と強烈な一言を浴びせられた太郎(高橋一生)。行き場をなくした舞衣(高橋メアリージュン)を部屋に泊めるも、舞衣に「友達じゃ嫌」だと切り出される。
一方、元妻・薫(野波麻帆)の訪問を受けた三好(斎藤工)は太郎と岩倉(滝藤賢一)にSOS招集!! “相変わらず3人一緒…永遠の青春”と痛烈な皮肉を発する薫は、三好から夫婦時代に購入した墓が欲しいのだと告げる。
毎年の恒例行事、人間ドックを訪れたAK男子3人。そこでも話題は「三好家の墓」問題に。「俺に任せろ」と敏腕弁護士・岩倉が本領発揮…と思いきや、薫の猛攻に苦戦。
そんな折、太郎は会社で手痛い目に遭い、ふと“仕事ほど報われないものはないのでは”という思いを抱く。岩倉は恋愛に、三好は結婚生活に、三者三様ながら虚しさを共有。そんな3人の中には「人間ドック再検査」の知らせが届く者もいて…。心身ともに弱りまくりのAK男子たちに救いは訪れるのか!? 思いがけず分かる三好の元妻・薫の本心とは? そして太郎とかずなの関係は…!?

引用元:東京独身男子公式HP

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です