2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『ラジエーションハウス』第5話ネタバレあらすじ&感想 まさかの殺人事件!唯織の名推理!


窪田正孝さんが月9初主演を務めるドラマ『ラジエーションハウス』第5話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。

 

この作品は、普段は表に出ることのない縁の下の力持ち的な存在である放射線技師の活躍を描く同名コミック『ラジエーションハウス』が原作のドラマです。

 

以下『ラジエーションハウス』第5話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『ラジエーションハウス』第5話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

 

『ラジエーションハウス』第5話までのおさらい(一部ネタバレあり)

五十嵐唯織(窪田正孝)は幼き頃、甘春杏(本田翼)に助けられ恋に落ちる。杏は放射線科医の父を持ち、自分も放射線科医になること、そして唯織には放射線技師となって自分を助けて欲しいと約束をした。

唯織はその約束を忠実に守り、権威ある医師からも認められる技師となって杏の父の病院甘春病院へ就職した。実は唯織は医師免許も取得しているのだが、あくまで放射線技師として杏を支えることを希望しており、現院長の大森渚(和久井映見)以外はその事実を知らない。

杏は、唯織の事を全く覚えておらず、医師の領域に首をつっこんでくる唯織を当初は嫌うが、次第に唯織の能力、そして患者さんを想う気持ちに気づき、変わり始める。

外科の辻村駿太郎(鈴木伸之)は杏の大学の先輩であり、杏に想いを寄せている。杏の唯織に対する気持ちが変化し始めた事や、唯織の恋心にも気づいているため、唯織を警戒している。

技師室のメンバーは技師長の小野寺俊夫(遠藤憲一)を筆頭に割り切って仕事をしていたが、唯織の影響もあり次第に変わりつつあるのだった…。

詳しいネタバレはこちら

 

『ラジエーションハウス』第5話ネタバレ

AD

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)からあるCT画像について意見を求められる。画像を覗き込んだ唯織は、杏との距離が近いことに照れてしまい……。

 

裕乃(広瀬アリス)は、威能(丸山智己)が遺体画像を見ていたことに驚く。実は威能は、CTやMRIを使って遺体の死因を究明するオートプシー・イメージング――通称『Ai』と呼ばれる死亡時画像診断のスペシャリストだった。鏑木(浅野和之)は、放射線科の受診患者増加などを理由に、Aiの受け入れを最小限にとどめようと提案していた。だが、院長の渚(和久井映見)は、Aiと解剖を組み合わせることは医療界全体の未来にとって必要だと考えていた。

 

そんな折、ラジエーションハウスに、公園で倒れているところを発見され、その後死亡が確認された美しい顔の少年・藤本直樹(南出凌嘉)のAi依頼が届く。第一発見者は直樹とキャッチボールするために公園に来たという弟の雄太(斎藤汰鷹)。救急通報をしたのは、藤本家の近所に住む少年・山村肇(小林喜日)だった。

 

辻村(鈴木伸之)は、心臓付近に擦過傷が見られたことから、胸骨の未発達な子どもの胸に衝撃が加わることで起こる心臓震盪の可能性に言及した。直樹は、上に向かってボールを投げてそれをキャッチしていた、という目撃情報もあった。だが、直樹の父母、勝彦(三浦誠己)と歩美(森脇英理子)は、小野寺(遠藤憲一)らの説得にも耳を貸さず、Aiを頑なに拒否する。周囲は虐待死を隠ぺいする為だと疑い始め……。

引用元:ドラマ『ラジエーションハウス』公式HP

 

以下、ネタバレとなります。

 

杏と急接近!

画像を見て欲しいと唯織に依頼しにくる。2人の顔の距離が接近し、どきどきしてしまう唯織だが、なんとか冷静に読影をする。杏の唯織に向けた視線は、尊敬しているような眼差しだった。

 

Ai死亡画像診断とは?

技師室では威能圭(丸山智己)がAiと呼ばれる死亡画像診断を行っていた。遺体のMRやCT画像を撮り、死因を究明するものだ。

 

そこへ新たなAi依頼が来る。公園で倒れており、死亡していた藤本直樹(南出凌嘉)という少年だった。直樹とキャッチボールするために公園へやってきた弟の雄太(斎藤汰鷹)が発見。心臓付近に擦過傷と、腕に数か所あざがあるのみで、致命傷になりそうな外傷は見られなかった。上に向かってボールを投げて遊んでいたという目撃情報があり、取り損ねたボールが胸に直撃したことで死亡したのでは、と辻村駿太郎(鈴木伸之)は言及するが確実な死因は不明だった。

 

虐待の疑いを持つ技師メンバー

AD

しかし、直樹の両親がAiを拒否した。日本では年間15万人もの異常死(死因が不明の死)があるが、13万人は死因がわからないまま火葬される。これは、遺族の多くが解剖を拒否するからであった。技師室のメンバーは両親による虐待を疑う。

 

直樹のAiを諦めかけていた技師メンバーであったが、技師長の小野寺俊夫(遠藤憲一)らの説得もあり、Aiの承諾はもらうが、母親の希望であり、父親は依然としてAiに消極的なようだった。

 

その間、弟の雄太は病院のロビーで近所の少年・山村肇(小林喜日)に付き添われて待っていた。肇は泣きじゃくる雄太の代わりに救急通報し、病院にも幼い雄太に付き添って来てくれていた。

 

まさかの殺人事件

直樹のAiが始まる。Aiの専門家である威能が撮影を行い、その横で唯織と杏が読影を行う。唯織が驚異的なスピードで読影をこなしていくことに驚く周囲。

 

読影の結果、直樹の肝臓が破裂していたことが判明する。ボールが当たったくらいの衝撃では起こりえない現象だ。これは事故か、何者かに殺害されたということを意味していた。

 

撮影が終わり、物思いにふける威能。威能の妹は死因が解明されないまま埋葬されたため、それを後悔しつづけているのだった。

 

直樹と父親の関係

AD

唯織が雄太に話をしに行くと、肇が突然思い出したように「ひょっとして、おじさんが…」と話し始める。

AD

 

雄太には聞かれないように肇を違う場所に連れていき、話を聞き出す唯織。聞けば、直樹の両親は2年半前に再婚をし、直樹は母親の連れ子、弟は父親の連れ子だった。そして直樹は父親と上手くいっておらず、叩かれたことがある、と言っていたことがわかった。

 

父親の虐待はあったのか

直樹の肝臓が破裂していたことを伝える杏と辻村。暴力をふるったことは無いかと尋ねると、父親は過去に一度だけ手を挙げたことがあると言う。

 

何かに気づく唯織

AD

唯織は雄太にも当日の状況を聞く。直樹とキャッチボールをするため、家を出ようとすると、直樹から、財布を忘れたから持ってきて欲しいと電話があったそうだ。唯織は、遺留品に財布はあったが、携帯電話はなかったことを不審に思う。

そしてなぜか唯織は、野球ボールを肇に投げる。すると肇は左手でパッとキャッチした。

 

唯織の推理開始!

唯織は父親、母親、雄太、肇をあつめる。そして、直樹のように大きな外傷がないにもかかわらず、肝臓破裂して死亡したボクサーの症例を紹介する。そして、直樹も同様のケースである可能性が高く、その場合、格闘技経験者によるものであると考察された。

AD

 

「俺がやったって言いたいんだろ」と乱暴に言う父親。しかし、唯織は断言する、直樹は右側の肝臓を損傷していたため犯人は左利きの人物であり、右利きの父親ではないと。

 

すると父親が語りだす。それは、直樹が遅くに帰って来た日の事だった。心配した母が叱ると、「関係ねぇだろ」と母の腕を振り払ったのを見て、父親は平手打ちをしたのだった。本当の家族になりたいと思ってやったが、直樹は親だなんて思ってなかったんだろうな…とあきらめたように語る父。

 

直樹の本当の想い

それを聞いた弟は、「そんなことないよ。おにいちゃんは仲良くなりたがっていたよ」と言う。父親と昔からキャッチボールをして上手だった弟に対し、その経験がなく下手な直樹は恥ずかしくて父親と一緒に遊ぶことができなかった。しかし、実は一緒に遊びたくて弟と内緒にキャッチボールを練習していたのだった。

 

真犯人は??

そして唯織は、「ここに格闘技経験者で左利きの人物がいます」と肇の方を見つめる。唯織は肇に空手経験者に見られる拳ダコがあり、しかも唯織が投げたボールを左手でキャッチしたことから、肇を疑ったのだった。

 

そして、直樹の父親の携帯から直樹の番号に電話をかけると、肇のポケットがブルブルと震えた。とりだすと、それは直樹の携帯だった。

 

肇は観念し、殺すつもりは無かった、殴ったのは直樹が裏切ったからだと告白する。肇は実の父親から虐待を受けており、父親を憎んでいた。そして、父親なんて要らないと、2人で仲良くしていた。しかし、徐々に父親と近づこうとしていく直樹に怒り、殴ってしまったのだった。

 

最後に通じあった父と子の気持ち

直樹とキャッチボールしたかった、一度でいいから“お父さん”と呼ばれたかったと泣く父親に、唯織は肇がポケットに隠し持っていた携帯を差し出す。その直樹の携帯にはしっかり、“お父さん”と番号登録がなされていたのだった。

 

唯織を頼りにし始めた杏

再び、画像を一緒に見て欲しいと唯織に頼む杏。2人の顔の距離が接近したところへ辻村が杏に読影を依頼しにやって来た。杏がそちらに応じて唯織のもとを去ろうとするので、唯織もついていこうとするが、辻村に断られてしまうのだった。

 

『ラジエーションハウス』第5話感想

AD

第4話までの『ラジエーションハウス』では、医者が偉そうにして診断を間違う→技師メンバーが医者の反対を振り切り検査を実行→唯織が新たな発見をして正しい治療をする、という悪く言えばワンパターンのストーリーに少々視聴者の皆さんも飽きてきたところなのではないでしょうか!?

 

『ラジエーションハウス』第5話では、誰が犯人かわからない推理要素があり、いつもと違う展開にドキドキしました。ただ、肇くんの怒りにむかう過程の描き方が雑で、感情移入できない感じでした。

AD

しかも、 “格闘技経験あり”と“左利き”という根拠だけで唯織が肇くんを犯人と推理した点もちょっと弱いなぁという印象です。

 

それから『ラジエーションハウス』第5話では丸山智己さん演じる威能圭がフィーチャーされる回でしたが、あまり活躍の場が無かったですね…素敵な俳優さんだと思うので残念です…。

 

とは言え、今までと違うストーリー展開であったことも新鮮でしたし、Aiという死亡画像診断の存在も初めて知ったので興味深かったです。

 

『ラジエーションハウス』第6話あらすじ

AD

第6話では、IVR(画像下治療)という、またまた素人には馴染みのないものが題材となるようです。

 

ドラマも、後半戦ということで、杏と唯織の恋もそろそろ進展していくのでしょうか。気になるところです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です