2019夏のドラマのあらすじまとめてます

『ラジエーションハウス』第3話ネタバレあらすじ&感想 医者の診断は信用できない!?実は学べるドラマ!


窪田正孝さん主演のドラマ『ラジエーションハウス』第3話のネタバレあらすじ&感想をまとめてみました。

脚本:大北はるか

演出:鈴木雅之

主題歌:MAN WITH A MISSION「Remember Me」

この作品は、掟破りの放射線技師の活躍を描く同名コミック『ラジエーションハウス』が原作のドラマです。

以下『ラジエーションハウス』第3話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『ラジエーションハウス』第3話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

第3話の前に!第2話のあらすじ&ネタバレを読みたい方はこちら

 

『ラジエーションハウス』第3話の見どころ

前回は、いつもクールな黒羽たまき(山口紗弥加)がもしや乳がんかも、と思わせるような予告がありましたが、実際はどうなのか気になるところですよね。

また、今回のお話では”医師の診断は完全じゃない”というのを教えてくれる内容になっていて、学べるドラマとしても楽しめそうです。

 

『ラジエーションハウス』第3話ネタバレ

AD

唯織(窪田正孝)は、甘春総合病院の放射線科入局説明会で挨拶をする杏(本田翼)の姿を見に行く。堂々と話す杏に見とれる唯織。しかし、杏が整形外科医の辻村(鈴木伸之)と食事に行ったことを偶然知り、ショックを受けてしまう。

同じころ、裕乃(広瀬アリス)は、マンモグラフィー検査に苦戦していた。そこに、結婚を控えた女性誌編集者・葉山今日子(内山理名)がやってくる。今日子は、母と祖母がガンに罹患していることから毎年検査を受けていた。不安そうな今日子を和ませようと話しかける裕乃。だが、それを聞いていたたまき(山口紗弥加)から「ここはおしゃべりを楽しむ場所じゃない」と叱られてしまう。

今日子は、日本人に多いデンスブレスト――乳腺密度が濃い女性だった。読影した杏は、鏑木(浅野和之)に相談したものの、病変が見つからないことから『異常なし』との診断結果を下す。

一方たまきは、友人から相談されたと言って、杏に1枚のマンモ画像を見せる。杏は、右胸にある腫瘤が悪性の可能性を否定できない、として再検査をした方が良い、とたまきに伝える。

そんな中、唯織は、今日子のマンモ画像に目を止める。何かに気づいた唯織は、今日子の後を追いかけ、なるべく早く超音波検査を受けてほしい、と伝えた。

その夜、たまきは、裕乃に声をかけ、自ら被検者となってマンモグラフィ検査の練習をさせる。するとたまきは、その画像をこっそり持ち帰り……。

引用元:ドラマ『ラジエーションハウス』公式HP

 

以下、ネタバレになります。

 

相変わらず杏にベタ惚れの唯織

医師向けの説明会で、甘春杏(本田翼)は放射線科医へのプレゼンをするがまるで人が集まらない。しかし、そんな杏を五十嵐唯織(窪田正孝)はときめきのまなざしで陰から見つめるのであった。

説明会後の杏に労いの言葉をかけようとコーヒーを準備して待つ唯織だが、辻村駿太郎(鈴木伸之)に先を越されてしまい、話しかけることができない。

 

もしかして乳がん!?

放射線検査室では広瀬裕乃(広瀬アリス)がマンモグラフィー検査にてこずっていた。そこへ、母や祖母をガンで亡くした経験を持つため、葉山今日子(内山理名)がマンモグラフィー検査を受信しに来る。不安がる今日子を安心させるため雑談をする裕乃に黒羽たまき(山口紗弥加)はしびれをきらし叱る。

たまきは自分のタブレットに入れたマンモグラフィー検査画像を杏に見せに行く。杏は、圧力が不十分で診断がつきにくい画像のため再検査が必要だ、と意見を述べると共に、誰の画像かたまきに尋ねる。すると、友達の画像だと答えるのだった。

 

マンモグラフィーじゃわからない

AD

マンモグラフィー検査の結果、今日子はデンスブレストという乳腺が発達していることにより乳がんが発見されにくい体質の持ち主であることがわかった。所見に迷っている杏に対し、鏑木安富(浅野和之)は、デンスブレストは病気ではないから“異常なし”とレポートすれば良いと指示する。

しかし、今日子のカルテを見てしまった唯織はすぐに走り出し、帰ろうとする今日子を追いかける。ちょうど、検査で問題なかったと婚約者にLINEを送った今日子を捕まえ、デンスブレストの場合、乳がんの疑いははれず、また今日子の家族は乳がんや卵巣がんの既往歴があるため超音波検査が必要だと唯織は説得するが、帰っていってしまう。

杏に対しても、今日子の超音波検査の許可を乞う唯織。しかし、日本人のデンスブレストの割合は半数以上であり、全ての人を再検査するわけにはいかないと、杏は反論する。

 

不安が募るたまき

その夜、自分の手際の悪さを反省し、定時後にマンモグラフィー検査の練習をする裕乃に、たまきが自分の胸を使って練習をしてみないかと持ち掛ける。

練習を終えると、裕乃の検査を珍しく褒め、また練習したかったら10万円で受けると言い残して帰って行った。

撮った画像を褒められて喜ぶ裕乃だったが、自分でデータを見ようとすると削除されていた。たまきが持ち去り、消去してしまっていたのだ。裕乃はなんとか削除データを復活させてみると、その画像には腫瘍らしきものがあった。

AD

翌朝、たまきの名前は出さずに、技師長の小野寺俊夫(遠藤憲一)に前日の画像をみせる裕乃。すると小野寺はすぐに再検査をすすめた方が良いとのアドバイスをした。

 

揺れる今日子の気持ち

AD

今日子は婚約者とディナーを楽しんでいた。ライターである今日子が過去に記事で紹介した教会で挙式をあげることになっていた。婚約者も、乳がん検査に異常がなかったことを喜び、今日子のドレス姿を楽しみにしている。

今日子が唯織を訪ねてきた。唯織に言われて、デンスブレストについて調べてきたのだ。今日子は、なぜガンの可能性が否定できないにもかかわらず、乳腺科医からの診断は異常なしになっているのか、と怒りをぶつける。

今日子の母親は乳がんの発見が遅れて亡くしているため、今日子はマンモグラフィー検査を毎年受信し、人よりも気をつけてきた。それなのに、これまでの検査は無駄だったのか、と投げやりになる今日子。

 

今日子からの信頼を得る唯織

それに対して唯織は、自分も今まで発見が遅れた患者さんを見て悔しい思いをしてきた事、日本でも検査のあり方が少しずつ変わってきてはいる事を伝え、何とか超音波検査を受けて欲しいと頼む。

AD

今日子の超音波検査をしながら、唯織は、マンモグラフィーでしか発見できないガンもあり、これまで受けてきた検査は無駄ではないと言った。すると今日子は、これまでいろんな病院で検査を受けてきたが、デンスブレストについて教えてくれたのは唯織だけだと告げる。そんな2人の会話を複雑な表情で聞く杏。

 

不安が募るたまき

AD

裕乃に撮ってもらった自分の検査画像を眺めているたまき。小野寺が後ろからのぞき込む。裕乃は友達のものだと説明するが、小野寺はその朝、裕乃に見せてもらった画像と同じであることに気づく。そして、小野寺はそれがたまきの診断画像であることに気づきながらも、「その友達に言っとけ。今すぐ超音波検査を受けろって」と言葉を残した。

その夜、裕乃はたまきに超音波検査を取るようにすすめるが、口出しするなと怒られてしまう。

 

真実を知るために

そんな中、唯織が超音波検査を勝手にした、今日子の担当の乳腺科医が、抗議しに技師室へやってくる。謝る小野寺を尻目に、唯織は追加で乳房MRI検査をさせて欲しいと言う。超音波検査で病変とは言い切れない、わずかな異変を発見したのだ。なかなか了承しない乳腺科医に対して、杏は唯織と一緒になって頭を下げてお願いをしてくれた。その結果、MRI検査も実施することに。

今日子の検査がいよいよ始まる。いつも定時で帰る技師メンバーたちであったが、なんだかんだ言いながら、みんな残って心配そうに唯織が検査する様子を見ている。

検査の結果、クモの巣状の非浸潤性乳がんであることがわかった。

 

裕乃の想いはたまきに通じるのか

裕乃はどうしてもたまきに再検査を受けて欲しい裕乃は、10万払うから練習させてくれと、たまきに頼む。かわいい後輩のために引き受けてやれ、と小野寺も後押しする。

裕乃はたまきの検査を実施し始めた。たまきは検査を受けながらも、冷静に裕乃へ指導する。腫瘍が発見され、焦りの表情が出てしまう裕乃であったが、その様子を見ていたが小野寺が検査機器のモード切替を裕乃へ指示をする。そして良性の腫瘍であることをつきとめると、喜びの表情でたまきに伝える。たまきは冷静を装いながらも、安心から一筋の涙を流した。

そして“乳房再建”について勉強していた裕乃に対し、いつもであれば、患者に入れ込むな、検査をするだけが技師の仕事だと説教をするたまきだが、黙ってそれを見つめるのだった。

 

病気を受け入れた今日子

命を守るためには右乳房を全摘出しなければならないことを告げられた今日子。最初の検査では異常なしとのレポートを出していたことについて誤る杏と唯織であったが、そんな彼らに今日子は、早期に発見してくれた、とお礼を言う。ただ、泣きながら婚約者に申し訳なくて何と説明すればいいのか…と涙を流す今日子。それを立ち聞きしていたたまきは、たまらずに飛び出す。そして、申し訳なくなんてない、乳がんになる確率より、結婚したいと思えるほど好きに思える人に会えるほうが奇跡だと今日子に伝える。

AD

病院まで迎えに来ていた婚約者に、右乳房を摘出しなければならない事実を伝える。すると、「俺だって年取ったらメタボになるかもしれないし、髪の毛もなくなるかもしれないし、お互いさまだよ」と言いながら今日子の手をにぎってくれた。

 

唯織に影響を受けた杏!?

それ以来、同じようなデンスブレストの患者に対し、“異常なし”という所見を書く鏑木に、“超音波検査を推奨”と書き直させる杏がいた。

後日、デンスブレストや乳がん検査について今日子が書いた記事が雑誌に掲載され、喜ぶ唯織。それを杏にも見せ、一緒に追加検査を依頼してくれたおかげだとお礼を言う。すると一瞬うれしそうな表情を見せる杏であったが、すぐに思いなおし、「あなたには負けませんから」と言って去って行った。

 

『ラジエーションハウス』第3話感想

AD

第3話では、女性であれば身近な病気である乳がんがメインのお話でした。

乳がん検診は受けている方がたくさんいらっしゃると思いますがデンスブレストというのはあまり知られていないですよね。女性として、とっても勉強になりました。

実際に役立つ知識を得られるというのもこの作品の良いポイントですよね。

唯織と杏の距離は信頼関係が芽生えそうな気配はありますが、他方で杏の唯織に対するライバル心が芽生えてきてしまったようです。

なかなか近づかない感じがいじらしくて、たまりません!

AD

 

『ラジエーションハウス』第4話あらすじ

AD

唯織(窪田正孝)は、杏(本田翼)と偶然出くわす。杏は、友人を誘って飲みに行った帰りだった。公園で杏を介抱した唯織は、彼女が、以前股関節痛と診断した男性患者のことを気にかけていると知る。画像所見と血液検査の結果が合わないからだった。杏の力になろうと早速動き出す唯織。

あくる日、甘春総合病院に、ロックバンドでギターを弾いている大学生・坂元美月(山本舞香)がやってくる。美月は、右肩の痛みを訴えていたが、検査をしてもその原因は特定できなかった。それを受け、整形外科の辻村(鈴木伸之)は、しばらく様子を見ると美月に伝える。

診察を終え、慌ててバンドの練習に向かおうとした美月は、病院の廊下で裕乃(広瀬アリス)とぶつかる。その際、落ちたスマホ画面から、美月がある曲を聴いていたことを知る裕乃。その曲は、高校時代バスケットボールに打ち込み、全国大会を目指していた裕乃にとっても、それは大切な、そして苦い思い出の詰まった『FLY AGAIN』と言う曲だった。裕乃は、プロデビューするという夢こそ破れたものの、大好きな仲間たちと行う最後のライブを成功させたい、と願う美月に、かつての自分の姿を重ね合わせる。

そんな折、唯織は、患者の情報を盗み見たことを鏑木(浅野和之)から叱責されるが……。

引用元:ドラマ『ラジエーションハウス』公式HP

来週は、唯織の恋敵である辻村駿太郎(鈴木伸之)と何かありそうな予感です。しかも、予告では酔っぱらった(?)杏が唯織にもたれかかっているような場面もありました。

唯織の恋に進展はあるのか、見逃せませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です