2019春のドラマのあらすじまとめてます

『わたし、定時で帰ります。』第1話ネタバレあらすじ&感想 等身大女子のライフスタイルに共感の声多し!


吉高由里子さん主演のドラマ『わたし、定時で帰ります。』第1話のネタバレあらすじ&感想をまとめてみました。

 

ついに『わたし、定時で帰ります。』がスタートしました。

脚本:奥寺佐渡子、清水友佳子   演出:金子文紀、竹村謙太郎、ほか

主題歌:Superfly「Ambitious」

このドラマの原作は朱野帰子さんの同名小説『わたし、定時で帰ります。』となります。「働き方改革」が声高に叫ばれている現代社会におけるニューヒロインを、TBSドラマ初主演の吉高由里子さんが演じます。主人公のまわりには様々なスタンスで仕事と向き合う同僚がおり、会社員も専業主婦も学生も、あらゆる人が明日を少し前向きに迎えられるようなドラマになって欲しいですね。

 

以下『わたし、定時で帰ります。』第1話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『わたし、定時で帰ります。』第1話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

 

主人公の結衣(吉高由里子さん)の演技力もさることながら、脇を固めるユースケ・サンタマリアさん、江口のりこさん、梶原善さんや酒井敏也さんなどクスっと笑わせてくれるユニークな俳優陣にも期待が高まります。

 

主人公の結衣は「必ず定時で帰る」というモットーを貫くワーキングガールで、キャリアウーマンでもありません。仕事は定時できっぱり退社し、馴染みの店で1杯飲んだり、恋人・諏訪巧(中丸雄一)と家で夕飯を楽しむ。彼女がなぜそのようなスタイルを貫くようになったのか。

そこには結衣の過去や元婚約者・種田晃太郎(向井理)がどう関係してくるようですが…、注目していきたいところです。

 

  • 『わたし、定時で帰ります。』第1話ネタバレ

    AD

主人公・東山結衣(吉高由里子)はWEB制作会社で働くディレクター。過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社。行きつけの中華料理屋でビールを嗜み、恋人・諏訪巧(中丸雄一)との時間も大切にしている。

だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前に曲者社員たちが立ちはだかる。

ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井理)、会社に住み着く非効率男・吾妻徹(柄本時生)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、双子を育てるワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)、そして悪気なくブラック発言を連発する部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)。彼ら曲者たちが抱える様々な問題に、結衣はどう立ち向かうのか──?

引用元:ドラマ『わたし、定時で帰ります。』公式HP

 

以下、ネタバレです。

 

毎日、定時でハッピーアワー!?

東山結衣(吉高由里子)を中心としたチームがウェブサイトをアップする。そして不備がないかを一通りチェックし、クライアントに無事完了した報告をすると、ちょうど定時の18時になる。結衣は立ち上がり、「お疲れさまー」と帰っていく。そして、上海飯店のハッピーアワーにぎりぎり駆け込んでビールを飲む。

翌日は有給を取得し、温泉に1泊しながらの優雅な人間ドックにやってくる結衣。

その夜、愁という男に「こないだは資料をまとめてくれてありがとう」とLINEメッセージを送ると、「また、いつでもどうぞ」「気になることが…。今度、種田晃太郎(向井理)が本社に帰ってきます」と返信がきた。

 

元彼が職場にやってくる

翌日、職場へ向かうと新たな上司となる部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)がやってきた。福永は元ベンチャー企業の社長である。そして晃太郎が副部長としてやってきた。

 

エナジードリンクの新規ウェブサイトの案件が結衣の部署に舞い込み、三谷佳菜子(シシド・カフカ)が自分のチームにやらせて欲しいと手をあげる。それとは対照的に定時で帰る結衣は、福永に良く思われていない様子だ。

帰り際に晃太郎に出くわす。そして昔付き合っていたことは知られたくないと言い、帰っていく。

 

そのまま結衣は今の彼氏・諏訪巧(中丸雄一)の家へ。結衣は、夕飯を食べながらゆっくり話す時間を持てることに幸せを感じていたが、仕事で時間に追われる夢を見てうなされたりする日もあった。

 

仕事帰りに上海飯店のハッピーアワーに駆け込むと、結衣の先輩で育休中の賤ヶ岳八重(内田有紀)がいた。かつては結衣と一緒にハッピーアワーを楽しんでいたのだが、今の八重は仕事復帰へやる気が満ち溢れていた。八重は出産後半年も経っていないにもかかわらず、会社に席がなくなることを懸念し、復帰への意欲を見せていた。

 

まじめ人間、佳菜子の苦悩

AD

佳菜子は新人の将来を考えるがゆえ、小泉咲(ついひじ杏奈)に対し厳しい指導をし続けていた。しかし、咲は過去に自分がされたことを押し付けているだけだと反論し、溝は深まってしまう。そして佳菜子は「私の言うことが聞けないなら好きにしなさい」と言い放ってしまう。

 

翌日、咲は会社を辞めますという付箋をパソコン画面に残し、しかも佳菜子のパソコンのパスワードを変更して作業をできないような細工までして退職した。

AD

そして、佳菜子はもう一人の新人である来栖泰斗(泉澤祐希)とも言い合いになってしまう。仲裁に入った結衣に対し「あなたみたいな要領のいい人が評価されて、私のように要領は悪い人間はどんなに努力しても認められない」、と職場を飛び出してしまう。

 

上司の清次は、新人が辞めて、佳菜子まで辞めたら問題だな、と自分の体裁ばかり気にしている。清次は晃太郎と昼食に出る。実は晃太郎は清次が経営していたベンチャーで働いていたことがあるのだ。そして、その当時、晃太郎が東山という人と結婚すると言っていたことを思い出して、それが結衣であるのか尋ねる。晃太郎はあっさりと認め、結衣とのことを思い出していた。

 

佳菜子に寄り添う結衣

翌日、皆勤賞を誇っていた佳菜子が無断欠勤をした。結衣は佳菜子の家を訪れる。

すると佳菜子は布団にもぐったまま語りだす。自分のような人間はたくさん残業することでしか評価を得ることはできないが、結衣のような要領がいい人間には理解してもらえない、と。

 

すると、結衣は自分の過去を話す。最初は大手旅行代理店に就職したが、多忙で誰も仕事を教えてくれない環境で、けがでもして会社辞められないかな、と思っている矢先に、本当に大けがをして会社を辞める決心がついた。そこから100社面接を受けてやっと受かったのが今の会社で、面接でも定時で帰ることを社長に宣言していたのだった。

AD

 

佳菜子の仕事ぶりは、副部長である晃太郎も認めていると結衣が伝えると、佳菜子は布団から起き上がり、結衣が差し入れに買ってきたおかゆを食べたのだった。そして、今まで結衣にバカにされていると思い込み、結衣は他人に興味がない人だと勘違いしていたと明かした。

 

翌週、佳菜子が元気になって出社してきた。続いて、なんと八重が出社してきた。「時短なんて甘いことはいいません。初日からバリバリ残業します」と清次に握手をする八重。

 

その時、愁から結衣にLINEで連絡が来る。「新しく部長に就任した福永清次には気をつけて」と。

 

  • 『わたし、定時で帰ります。』第1話感想

    AD

毎日、定時に帰る。会社員の夢ですよね。しかし、仕事は終わらない、そして上司や同僚の目もあり実現するのは、むずかしいところ。

それでも、それを実践する結衣は、ある意味、芯のある強い女性だと思いました。

来週からはワーキングマザーの八重という、現代を象徴するような更にキャラが増えますが、なぜ八重はそこまで仕事に身を捧げるように変わってしまったのか、気になるところです。

また、結衣にLINEで情報をくれる愁がどんな存在なのかが、今は全く謎に包まれたままで、そちらにも注目ですね。

 

  • 『わたし、定時で帰ります。』第2話あらすじ

    AD

結衣(吉高由里子)の先輩であり、新人時代の教育係で、双子を出産、育休をとっていた賤ヶ岳八重(内田有紀)が職場復帰する。

復帰早々、はり切り過ぎている賤ケ岳の様子に、結衣をはじめ周りの社員は動揺を隠せない。

そんな中、製作4部のメンバーがコンペで勝利し、大手飲料メーカーの日本初上陸のPR案件を受託した。

ディレクターには賤ケ岳がなるが、サイト公開の直前にトラブルが発生する…。

一方、賤ケ岳の夫の陽介(坪倉由幸)から、双子が熱をだしたと連絡が入る。

心配で気が気でない賤ケ岳の様子をみた結衣はどう立ち向かうのか──?

引用元:ドラマ『わたし、定時で帰ります。』公式HP

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です