2019春のドラマのあらすじまとめてます

『緊急取調室3』2話ネタバレあらすじ&感想!奇妙な協力で殺人?女流棋士


天海祐希主演の『緊急取調室3』2話のネタバレあらすじ&感想をまとめてみました。

『緊急取調室3』2話のネタバレあらすじ&感想をまとめています。ネタバレしますので、『緊急取調室』2話をまだご覧になっていない方はご注意ください。

 

『緊急取調室3』2話の見どころ(一部ネタバレあり)

今回でシリーズ3となった人気の緊急取調室。今回のキントリは、将棋好きのメンバーが女流棋士の対局中継を見ているところから始まる。菱本が好きな女流棋士の宗形あずさと、玉垣が好きな橘日名子の歴史的戦いだ。橘日名子が勝てば女性棋士初のプロが誕生するが…?しかし、そこで事件は起きてしまう。ファンの心理から、被疑者をかばってしまう菱本と玉垣。そして、お互いの意見に敵意をむき出しにして仲間割れを起こしてしまう。

何手も先を読む女流棋士を相手に、キントリメンバーはどう事件の真相を明らかにするのか。

以下あらすじです。ネタバレもします。

  • 『緊急取調室3』2話ネタバレ

とある旅館で、女流棋戦の最終対局が行われていた。対戦するのは20歳の新進女流棋士・橘日名子(松井珠理奈)とベテラン女流棋士・宗形あずさ(紺野まひる)。日名子は女性初のプロ候補として期待される逸材であり、ここで勝てば、あずさがかつて打ち立てた記録をしのぐ22連勝も達成することになる。そのため、この対局は世間の注目度も高く、ネットで大々的に生中継されていた。
ところが対局中、とんでもない事件が起こる。解説を担当していたスポンサー・大庭広夢(合田雅吏)が、体調を崩して退席。その後、控室で絶命しているのが見つかったのだ! 不測の事態を受け、対局は急きょ延期されることに…。そんな中、死因は中毒死だと判明。大庭が水筒に入れて持参していたお茶に、毒キノコの粉末が混入していたことが明らかになる。しかも、あずさの“ある証言”により、疑いの目は日名子に注がれ…!
真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」はさっそく日名子の取り調べを開始。日名子は関与を否定するが、調べれば調べるほど容疑は深まっていく結果に…。というのも最終対局中、日名子はあずさが長考している間に約5分退席。しかも、このとき日名子が触れた蘭の花から、毒キノコの粉末が発見されたのだ。 だが、有希子はどうも話が出来過ぎだと、いぶかしがり…。
これぞという決め手がなく、見えそうで見えない真実。やがてキントリ・チームは王手をかけるべく、なんと日名子とあずさを同じ日時に別室へ呼び出し、前代未聞の“二元同時取り調べ”を始める――。

以下ネタバレします。

反発し合う橘と宗形

事件のことで橘の家を訪れていた宗形は、このまま対局が流れてしまうと、女流棋士へのイメージが悪くなることを心配し、事件のことで知っていることがあるのであれば情報を提供し合って善後策を練りたいというのだ。しかし、ここでも二人は反発し、お互いへの疑いを深めていた。そんな中、橘日名子と宗形あずさが同時に緊急取調室へやってきた。わざと一階で二人を鉢合わせにして、動揺させるところから始まった。

同時進行の取調べ

聴取のために呼ばれた橘と宗形は、別々の部屋へ通された。橘の聴取は、菱本、真壁が担当し、宗形の聴取は玉垣、小石川が担当した。二人にそれぞれ、将棋の駒を調べ重要なことが分かったと伝えるが、肝心なことは教えない。同時の聴取で、お互いが何をしゃべったかを織り交ぜていく変わった事情聴取のスタイルだ。

橘はそれが何か気になるようだったが、宗形はやましいことがないから気にならないといった。

将棋には人生観が出る

AD

橘は定石にはこだわらず、奇襲の攻め手を試す。攻める時には攻めるのは、定石だけでは人間にもAI(人工知能)にも勝てないからだ。橘がここまで将棋に打ち込めるのは、ただ勝ちたいからだという。

それとは反対に、定石を大切にする宗形は、歴史から学ぶことが大切という。小石川がその方法に間違えはありませんでしたか?というと、がむしゃらに新しい手を模索するより、鉄壁の守りを固める。勝つことより負けないことを目指す。それが将棋だと思うと宗形が言う。

お互いに、真逆の人生観を持っているように思えたが…

 

取調べの戦略

二人には似たところがあると緊急取調室のメンバーは言った。

二人が似ていると聞かされた二人は、それぞれ否定し合っていた。女流棋士の二人の感情が動き始めたようだ。

橘が否定すると、菱本がイヤホンから何かを聞き、メモをする。そして、真壁とメモでやり取りをすると、菱本が出ていった。

慌ただしい雰囲気に、何が起こったのか不安な表情を見せる橘。

真壁は最初の質問に答えると橘に向かっていった。宗形さんが話し始めたので隠す必要がなくなったという。

菱本が入ってきて、小石川にメモを見せる。そのメモにはMPDと書かれていた。今度は、玉垣が部屋を出ていった。

小石川は、橘が話し始めたので、宗形にも話をするという。

 

事件の真相

AD

小石川は宗形に橘の触った蘭から、マコモダケが出てきたという。橘さんの手に付着していたものか調べるために、コマにもついていたか調べたというのだ。

AD

真壁は橘に、どのコマを調べたかわかるかと聞くと、玉垣が、玉将を橘に見せた。同時に、小石川は宗形に、王将を見せていた。

将棋では、コマは相手のものになるが、王将・玉将は相手のものにはならない。王将は取られると決まったときに勝負があったとなるからだ。対局中、王将玉将だけは相手が触れない。

宗形の使った王将から毒物が発見され、橘の玉将から毒物が発見されなかったら、宗形の手にだけ毒物がついていたことになる。逆に、どちらのコマからも毒物が発見されなければ、何者かが蘭に毒を仕込んだということになる。

結果を尋ねる宗形に小石川は、やっと興味を持ってくれましたねとにこやかに答えた。毒物を飲ませ、ランに毒を仕込んだのはあなたですか?と菱本が宗形に聞くと、「まさか。マコモダケなんて手に入りません」と宗形は答えた。マタゴダケは公表していない毒物だった。それに気づかない宗形に、宗形の地元ではマタゴダケは有名だという菱本に、悔しそうに涙ぐむ宗形。

橘の取調室では、毒物はどちらにもついていなかったと、真壁が言う。橘は、私の手に毒物はついていなかったことに安堵し、これで私への疑いは晴れた。

AD

そういう橘に対して、毒物への疑いに限っての話だという真壁。ほかのものが検出されたという。それは、下剤の成分だった。

私が下剤を仕込んだというんですか?橘は動揺する。

玉垣は、橘の将棋には、奇襲をかけて相手を揺さぶり鮮やかに勝つところにロマンがある。逃げはあなたの勝負ではないとファンならではの心の揺さぶりをかけた。「まいりました」と頭を下げる橘。

裏に潜む八百長

二人とも死ぬとは思っていなかったのだ。殺すつもりもなく、警察に見破られるような手を指すなんてことはしないといった。大庭に、八百長をしろと言われたのだった。対局の朝、借金の申し込みのかわりにそれを引き受けるといいに、大庭の部屋に行き、マコモダケを盛った。

大庭が解説をする中では心が乱れると思い、対局中、大庭の体調が少し悪くなればいいと思っただけだった。

こんなことで警察沙汰になるとは思わなかった。自分に疑いが向かないようにしなければならないと思い、橘が蘭のはなにマコモダケを付けた。このまま将棋ができなくなるのを避けるためだった。

橘も大庭から八百長を持ち掛けられていた、会見後に橘日名子杯、女王トーナメントを発表し、そこで喜べというのだ。大げさに泣くぐらいでもいいと、大庭に言われていた。

八百長がどうしてもいやだった、嘘の涙なんか流したくなかった。そう思った橘は、増量タイプの下剤を作ったというのだ。おなかを壊すぐらいで、警察沙汰になるとは思っていなかった。

橘が前日に仕込んだ下剤と、当日朝にお茶に仕込んだマコモダケで、計算外の毒数を発揮してしまい大庭は死んでしまった。

二人は期せずして協力してしまい大庭さんを殺してしまった。大好きな将棋のために。

AD

橘は悪手を指していなかった。宗形が八百長をしていないというのがわかって、勝つために真剣に指した手だった。

 

『緊急取調室3』2話感想

ネタバレ、どうでしたでしょうか?

私としては、女流棋士がテーマのおもしろい回でした。当日使用されたコマが事件を解くカギになり、マタゴダケが日名子の手についていたなら、当然駒にもマタゴダケが付着している。コマからマタゴダケが出ても、どちらの手に付着してついたのかまではわからないという捜査一課に対し、玉将を見ればわかるという菱本、玉垣、小石川。将棋のルールを知らないと気づくはずもない展開です。わたしも、将棋わからなくて、女流棋士がアマチュアしかいないとか知らないことがたくさんでした。

専門性が高いことも大事ですが、目の前の事件解決にはオールラウンドな知識が必要のようです。これ、将棋をみんな知らなかったら迷宮入りになったのでしょうか?それとも、有名なボードゲームなので、現実にこのような事件が起こっても解決できるのでしょうか??

科捜研が調べた結果、下剤も付着していたことがわかったときは驚きましたね。身勝手なスポンサーの要望、八百長が原因だったことも、切なかったですね。八百長って、現実世界ではどのぐらいあるのでしょう?盛り上げるための八百長や、賭博をめぐる八百長。たまにニュースになりますが八百長を強いるのは本当にやるせないです。。

同時進行の取調べの意味があったのかと、最後にふと思いました。何手も先を読む女流棋士の調子を狂わせることが目的だったのかなと思いますが…それが効果的だったかどうかはわからなかった。でも、意外な展開はとても楽しめましたね。

 

次回も楽しみに。

『緊急取調室3』3話あらすじ

仮想通貨取引を意のままに操り、“5億稼ぐ女”と呼ばれるカリスマトレーダー・宝城理沙(筧美和子)が、自宅マンションで殺された。死因は頭部をアタッシュケースで強打されたことによる脳挫傷。事件現場の状況から、金が絡んだ顔見知りによる犯行だとにらんだ捜査一課の刑事・監物大二郎(鈴木浩介)渡辺鉄次(速水もこみち)は、さっそく同じマンションに住む第一発見者・平井かすみ(仙道敦子)を逮捕する。というのも、かすみは理沙に仮想通貨専用の口座を開設させ、裏で自分が売買取引を実行。そう…何を隠そう、“5億稼ぐ女”の正体は理沙ではなく、かすみだったのだ! しかも、かすみには犯行時刻のアリバイがない上に、理沙の部屋から指紋も多数検出されていた…。
ところが、いざ監物と渡辺が取り調べを始めると、かすみは犯行を全面否定。完全に行き詰まってしまったため、取り調べは真壁有希子(天海祐希)ら「緊急事案対応取調班(通称・キントリ)」に一任される。しかし、かすみは他人の口座で仮想通貨取引をした詐欺行為については認めたものの、殺人については相変わらず否認を貫き…!? そんな中、有希子らの脳裏に大きな疑問が浮かび上がる。そもそも、かすみはなぜ理沙を自分の代わりに表舞台に立たせたのか? そこには何か“人には言えない理由”と“別の顔”があるのではないか、と…。
その矢先、理沙が男性高齢者たちを相手に、詐欺を働いていたことが判明! しかも、この新事実をキントリ・チームが突きつけた瞬間から、かすみは“出口の見えない黙秘”に転じてしまい…!?

引用元:緊急取調室公式HP

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です