メゾンドポリス最終回ネタバレあらすじ&感想 惣一郎を逮捕したひより,捜査一課の刑事に!おじさんたちとの親交も続く


高畑充希さん主演ドラマ『メゾンドポリス』最終回ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

牧野ひより(高畑充希)の父・尚人の死に関する謎に、警察から高遠建設に天下りした野間仁(佐野史郎)が関わっていることが明らかになりました。

真相に迫るひよりとメゾンドポリスのおじさんたちに、警察はもちろん、暴力団とも強いつながりがある野間から強い圧力がかかり、ひよりとおじさんたちはバラバラに・・・最終回では、そこからの反撃が描かれます。

果たしてひよりたちは野間の悪事を明るみに晒すことにより、警察内部に巣食う闇までをも正すことができるのか?いよいよ、最終回を迎えます。

以下、ドラマ『メゾンドポリス』最終回ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、最終回の視聴がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『メゾンドポリス』最終回までのおさらい(ネタバレ

  • 高遠建設に天下りした野間は暴力団・青戸組のフロント企業・青幸興業に仕事を発注することでキックバックを受け取っていた
  • その不正な会計に関与させられていたのが、経理部の市野沢譲(税所伊久磨)と池原慎吾(関幸治)。2人は口封じのために殺された可能性が高い?
  • 野間の悪事を暴くための証拠として、ひよりたちは不正会計の一部始終が記録された裏帳簿を探すことになる
  • ひよりとメゾンドポリスのおじさんたちの動きを察した野間が反撃に出る。藤堂の研究室が爆破され、高平は娘を人質に取られ、惣一郎と迫田は青戸組の傘下にある半グレ組織の構成員・若林和史(笠松将)殺害の罪を着せられてしまう
  • 野間にひよりたちの情報を流していたのは、味方のふりをしていたフリージャーナリスト・館林真琴(東風万智子)だった

 

前話ラストにて、高遠建設の闇を追求しようとしていたジャーナリストの真琴が、野間とグルだったことが判明しました。

警察上層部と暴力団、両方に強いつながりを持つ野間の反撃により、バラバラになってしまったひよりとおじさんたちですが、ここからどう挽回していくのか?に注目が集まります。

さらに詳しい最終回までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『メゾンドポリス』第9話以前のネタバレあらすじを知りたい方はこちら

原作小説『メゾンドポリス』とドラマの違いや、惣一郎やひよりの過去について先取りしたい方はこちら!


 


<スポンサーリンク>

 

『メゾンドポリス』最終回のネタバレあらすじ

あらすじ

高遠建設常務の野間(佐野史郎)の周到な策略で、ひより(高畑充希)とおじさまたちはバラバラにされてしまった。誰もいないメゾンでひよりは失意に暮れる。すると、そこに伊達(近藤正臣)が帰ってきた。ひよりはこのピンチの原因は自分の判断ミスだと嘆くが、伊達は年をとると諦めが悪くなると語り捜査続行を示唆。そこに娘の名を出されて脅迫されていたはずの高平(小日向文世)も戻ってきた。高平も全く諦めていない。2人のやる気に接し、ひよりは野間と対峙する気力を取り戻す。

そのころ、逃亡中の夏目(西島秀俊)は野間の実働部隊を率いる大黒(中野英雄)に接触。迫田も新木(戸田昌宏)と原田(木村了)を留置所に呼び出し署内の裏切り者探しを頼むなど、それぞれの持ち場でやれることを進めていく。しかし厳重に保管していた証拠のデータが消えるなど、野間の魔の手は署内にも蔓延っている。誰が味方で誰が敵なのか。ひよりたちは圧倒的に不利な状況から野間を追い詰めることができるのか。
引用元:ドラマ『メゾンドポリス』公式HP

以下、ネタバレになります。

諦めないひよりたち

小梅(水谷果穂)のもとに駆けつけた高平厚彦(小日向文世)。電話は脅迫で、小梅は無事であることを高平は確認。ほっと胸をなでおろす。

しかし、メゾンドポリスの藤堂の研究室は爆破され、藤堂雅人(野口五郎)は重体となっている。牧野ひより(高畑充希)にも自宅謹慎命令が出てしまった。

半グレ組織構成員・若林和史わ(笠松将)殺害の容疑で迫田保(角野卓造)は警察から取り調べを受けている。現場から逃走した夏目惣一郎( 西島秀俊)の行方は未だわかっていない。

高遠建設・常務取締役渉外部部長・野間仁(佐野史郎)にひよりたちの情報を流していたフリージャーナリスト・館林真琴(東風万智子)は、野間が市野沢譲(税所伊久磨)の妻・和子(宮地雅子)を殺してしまったことに驚きを隠せない。情報提供には協力できるが、人殺しには協力できないと真琴は主張するが、野間から金を握らされ、真琴は黙るしかなくなるのだった。

メゾンドポリスにひよりが戻ってくると、そこに伊達有嗣(近藤正臣)の姿があった。散り散りになってしまったメゾンドポリス、ひよりはチームリーダーとして、野間を甘く見ていたと謝罪。しかし、伊達はここで捜査をやめることはできないと穏やかに言う。

そこへ高平も戻って来た。高平もとことんひよりたちの捜査に協力するつもりらしい。

その頃、惣一郎は青幸興業社長・大黒毅(中野英雄)の行方を追い、とあるサロンに現れた。惣一郎は若林殺害は大黒の仕業と睨んでいる。若林の血痕が付着していると思われる大黒の靴を証拠として、惣一郎は持ち出す。直後、大黒は警察関係者らしき人物に電話し、惣一郎により自分の靴が持ち込まれるかもしれないが、いつものようにうまく処分してくれと依頼するのだった。

病室の藤堂が目を覚ました。看護婦が男性が藤堂に差し入れだと持ってきたという紙袋を預かった藤堂。中には大黒の靴が入っている。藤堂は早速靴底を鑑定してみることにした。

拘置所内の迫田は、内密に課長で警部・新木幸司(戸田昌宏)と巡査長・原田照之(木村 了)を呼び出し、警察内部に裏切り者がいると明かす。迫田は黒幕が野間で、野間は警察と暴力団両方とつながっていることを明かし、『あいつが飼ってる犬、捕まえてくれ!お前らにしか頼めないんだよ!』と頼むのだった。

池原慎吾(関幸治)の妻・美砂(荻野友里)と接触した惣一郎。惣一郎は出世欲にとらわれ、手柄を立てようと池原に対して行きすぎた取り調べを行ったことを明かす。『本当に申し訳ありませんでした・・・』惣一郎は美砂に謝罪した。

迫田の依頼を受け、署内の防犯カメラをチェックする原田と新木。『そういえば、あの時ヒトイチが来てたな・・・』ひよりが証拠として提出しようとしていた市野沢和子の証言が、ICレコーダーから消された騒動が起こった時、確かに監察の人間が署を訪れる様子が映っていた。
 


<スポンサーリンク>

 

ひよりの作戦

メゾンドポリスに藤堂が帰ってきた。藤堂はこれから大黒の靴を鑑定しようとしているようだ。そんな中、真琴の娘・桃香(住田萌乃)がやってきた。『ママが・・・怖い人に脅されてる』と桃香はひよりに報告する。

その頃、惣一郎は市野沢が死の直前に訪れていたバーを訪れていた。『市野沢は死の直前、この店で誰といた?!』市野沢の死の真相を探ろうとする惣一郎だったが、バーのマスター・三上重利(三村晃弘)は1人だとシラを切る。惣一郎がマスターをしめた結果、マスターはしぶしぶ当時の映像が残っていると切り出した。

『こちらの情報を野間に伝えていたんですね?』桃香を迎えにやってきた真琴に、そう切り出したひより。『高遠建設の記事を書いた後、編集部に連絡があったの。取材のつもりで会ったのが、野間だった・・・』真琴に接触してきた野間は、今後高遠建設の闇を暴こうとする人物が現れれば、その動向を教えて欲しいと金をチラつかせてきたのだという。金に目がくらみ、受け取ってしまった真琴。その後、手を切ろうとした真琴だったが、野間は桃香に危害を加えると脅してきたため、手を切ることができなかったと真琴は涙ながらにひよりに明かした。

すると、ひよりがひらめき、『野間はまだ真琴さんのことを駒だって思ってるんですよね?・・・切り札になるかも!』と言い出した。野間が真琴のことを味方だと思っていることを利用して、一矢報いようというのが、ひよりの作戦らしい。

拘留されている迫田の前に、捜査一課管理官で警視・間宮朝人(今井朋彦)が現れた。『警察内部に裏切り者がいるとお考えであるることは、新木課長から聞きました』間宮はそう切り出したのちに、保釈許可が下りたと言い、鍵を開ける。間宮は防犯カメラを確認した結果、監察の鴨下警視正が署に来ていたことを確認したと言い、鴨下が裏切り者ではないかと迫田に伝える。

その頃、鴨下は野間と接触していた。警察内部の野間の犬は、鴨下だったのだ。野間からの圧力を受け、鴨下は高遠建設の闇を追うことをやめることにしたらしい。捜査打ち切りを知らされ、真相を知った瀬川草介(竜星涼)は驚きながらも憤りを隠せないのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

見つかった裏帳簿

迫田がメゾンドポリスに帰ってきた。そして、惣一郎が持ってきた大黒の靴底からも、若林の血液が検出される。そんな中、惣一郎がひよりの自宅前に現れた。惣一郎は、市野沢が死ぬ直前に居たバーの防犯カメラの映像を持ってきたのだ。

ひよりが確認すると、市野沢と一緒に飲んでいたのは池原であることがわかる。野間に命令され、市野沢をバーに呼び出した池原。その際、市野沢は証拠として裏帳簿を警察へ渡すと語ったため、直後、市野沢は口封じのために若林から殺害されていた。

その後、池原が惣一郎の追求を受けていることを知った野間は、池原が真相を吐く前に池原も処分したのではないかと惣一郎は語る。

『この封筒・・・』和子が死の直前持っていた写真を見ていたひよりがあることに気づいた。高遠建設の封筒が写り込んでいたのだ。同じ封筒を探した結果、ひよりの家から裏帳簿が見つかる。裏帳簿はどうやら尚人が保管していたらしい。

ひよりは裏帳簿は真琴に託し、雑誌にて暴いてもらうことに決めた。真琴と待ち合わせし、ひよりは裏帳簿を真琴に手渡す。

一方の惣一郎は裏帳簿のコピーを持ち、メゾンドポリスへ。そこへは、拳銃を持った野間や大黒が待ち受けていた。メゾンドポリスのおじさんたちは、すでに野間たちの手により、拘束されてしまっているようだ。『これでゲーム終了だな』惣一郎もたちまち拘束されてしまう。

『どうするつもりだ!?』『もうお分かりでしょう?』大黒たちは灯油が入ったポリタンクを持ち出した。老い先短い老人たちが、逃亡中の惣一郎と一緒に心中したということにするつもりらしい。

『取引しないか?』高遠建設の裏帳簿があることを明かす惣一郎だったが、コピーも本物の方も、すでに野間の手中にあるようだ。味方に戻ったと思われた真琴は、依然野間側の人間らしい。真琴を介して、野間は裏帳簿を手に入れていた。
 


<スポンサーリンク>

 

勝負の行方

『まだ牧野がいる!』惣一郎が声を上げるが、ひよりもまたすでに野間たちに捕まっていた。『最後に教えてください!20年前、私の父はどうして死んだんですか?!』最後を覚悟したひよりが、そう野間に尋ねると、野間は『私が殺した』を明かす。

20年前、高遠建設へ天下りしてきた野間が駒集めに奔走していた頃、真相を知った尚人は警察へ届けると野間に言ってきた。もみ合いとなり、野間は尚人を建設現場から突き落とした。

野間は尚人が何か証拠を持っていないか、カバンを確認したという。『お父さんのカバンに何が入っていたと思う?ゼリーだよ。死ぬ前にみかんゼリーなんか買ってたんだよ』野間はそう言うと、笑い始めた。

すると、ひよりが『ありがとうございます、しゃべってくれて。これで逮捕できます』と言い始める。実は真琴は野間に寝返ってはいなかった。また野間の自白の一部始終を盗聴器を介して、瀬川が聞いていたのだ。『ちわ〜っす!極上SIT小隊、一個お持ちしました!』SITを従え、瀬川が突入してきて、野間たちは全員確保されてしまう。

『なんで俺がこんな奴らに・・・俺は無敵なんだ!!』拘束された野間が隊員の拳銃を奪い、ひよりに突きつける。しかし、野間が引き金を引くよりもいち早く、高平が持っていた拳銃の引き金を野間に向かって引いた。『正当防衛!一度ぶっ放してみたかったんですよ!』と高平は大興奮。こうして、野間は殺人の現行犯で逮捕された。

こうして、野間や高遠建設、警察内部の闇が暴かれた。間宮が野間とつながってことも明るみ出たが、そこまでで、それ以上の上層部の闇は、隠蔽され出てきそうにない。

『伊達さんも、私にひとつ隠し事してますよね?』ひよりが警察時代の伊達の名刺を差し出す。尚人の死の直後、怯えていた小さなひよりと母によくしてくれた警官が伊達だったことに、ひよりはこの名刺を古い荷物の中から発見して初めて気づいたと明かす。

『感謝してます。ここに呼んでいただいて、育てていただいて、本当に感謝しております』ひよりはメゾンドポリスのおじさんたちに、深々と頭をさげると、最後の仕事が残っていると、メゾンドポリスを後にした。

その後、惣一郎と会ったひより。『夏目惣一郎、傷害罪、器物損壊罪、以上の容疑で逮捕上が出ています』ひよりは逮捕状を惣一郎に差し出した。『お前でよかったよ。ここに来てくれたのが』という惣一郎の言葉を聞いたひよりは涙が止まらない。『泣くな!最強の刑事になるんだろう?頑張れよ』そう優しく言う惣一郎の腕に、ひよりは手錠をかけるのだった。

署に戻ったひよりに内示が出た。こうしてひよりは捜査一課で働くことになる。早速、ひよりが現場へ出ると、そこにメゾンドポリスのおじさんたちが現れた。おじさんたちは今からここでお弁当を食べながら、ひよりの働きを見物するつもりらしい。そこには拘置所から保釈されたなかりの惣一郎の姿もあった。

ニコニコ笑うおじさんたちを目の当たりにし、ひよりは思わず『嘘でしょ・・・・』と呟いてしまうのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

『メゾンドポリス』最終回の感想

ドラマ『メゾンドポリス』最終回が終了しました。父の死をめぐる野間との勝負に決着がつき、最強の刑事を目指すひよりが、その第一歩として捜査一課の刑事になった最終回となりました。

最大の敵だった野間ですが、結局はひよりとメゾンドポリスのおじさんたちによる自白を引き出すという作戦で逮捕となりました。ありがちな展開でしたが、最後ひよりが惣一郎を逮捕することで、警察としての筋を通し、それが買われて捜査一課に配属されるという展開はよかったと思います。

とにかくキャスティングの良さから、ベストバランスでコミカルな要素が入ったことにより、刑事モノにもかかわらずあまり頭を使わずに観られるという点は金曜ドラマにはちょうどよかったのではないかと思います。原作はミステリー要素強めで、高遠建設の事件ももっと複雑なので、これを機に原作の方もぜひ読んでみてもらえればと思います。

『メゾンドポリス』の次に始まるドラマは?

ドラマ『メゾンドポリス』最終回の次に始まるドラマは、山下智久さん主演ドラマ『インハンド』です。


山下智久さん演じる義手の天才科学者が、最新科学で未知の病気や事件に挑むサイエンスミステリーとなっています。エリート官僚を菜々緒さんが、救命救急の専門医を濱田岳さんが演じます。

なお原作は同名コミックですが、ドラマ初回のあらすじを見ると、ストーリーはだいぶ改変されたものになりそうです。原作自体も未完結で、主人公が義手になった理由なども明かされておらず、アレンジの余地が多く残された状態ですので、ドラマ版はドラマ版として純粋に楽しめそうな予感がします。

新ドラマ『インハンド』初回放送日は現段階では未発表ですが、おそらく4月の第2週〜第3週あたりになるでしょう。楽しみに待ちたいと思います!
 


<スポンサーリンク>

 

今期話題のドラマや映画のネタバレあらすじを取り揃えております。ぜひ、チェックしてみてください!












Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

家売るオンナの逆襲 最終回ネタバレあらすじ&感想 万智が社長&ママに!留守堂にも幸せが訪れ完全なハッピーエンド!

トレース科捜研の男 最終回ネタバレあらすじ&感想 父&実行犯は早川で黒幕は壇!予想外に腹落ちする結末に

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る