メゾンドポリス8話ネタバレあらすじ&感想 瀬川は監察でラスボスは佐野史郎?!高遠建設の闇に急展開


高畑充希さん主演ドラマ『メゾンドポリス』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

夏目惣一郎( 西島秀俊)が刑事を辞めた理由が明らかになりました。それは、牧野ひより(高畑充希)の父・尚人と同じ建設会社で働く社員・池原の自殺でした。惣一郎はある事件の参考人として、当時池原の取り調べをしていたようです。

池原の自殺が尚人と同じ死に方をしていることから、背後に何かあることは間違いなさそうです。

そんな中、メゾンドポリスに出入りする買い物コーディネーター・瀬川草介(竜星涼)が、メゾンドポリスを盗聴していることもわかっています。瀬川の動きにも、注目です。

以下、ドラマ『メゾンドポリス』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、第8話の視聴がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『メゾンドポリス』第8話までのおさらい(ネタバレ

  • 通称・世田谷のジゴロこと本郷幸成(井上順)の自宅で窃盗事件が発生、金庫が破られていた
  • 金庫はバールでこじ開けられていたが、伝説の金庫破り・アゲハのやり方と同じ方法で、以前一度金庫を破った形跡が残されていた
  • 本郷の周囲には、家政婦の本宮カレン(大西礼芳)・内縁の妻の小倉汐里(西丸優子)・訪問看護師の赤井美香(太田美恵)、3人の女性がいて、いずれの女性も本郷と男女の関係があるらしい、痴情のもつれか?
  • 本郷の薬にヒ素が入れられていることがわかる
  • 本郷とカレンは血の繋がった親子で、本郷こそが伝説の金庫破り・アゲハだった
  • 金庫をバールでこじ開けたのは、内縁の妻・汐里と看護師の美香、2人は遺産目当てに本郷を殺害しようと計画し、その前に遺言書を確認し、相続人が誰になっているのか、確かめる必要があった
  • 遺言書の相続人がカレンになっていたことから、本郷とカレンの親子関係を知った美香たち。事実を隠すことを条件に、本郷は美香たちに金を渡し、窃盗の罪を自首させた

 

この他、鑑識課の杉岡沙耶(西田尚美)からの情報により、ひよりが惣一郎が刑事を辞めた理由を知りました。自分の父・尚人と同じ会社の社員が、父と同じ不審な死を遂げていることを知ったひよりは、父の死が自殺ではなく事件だと確信。惣一郎に迫りますが、惣一郎はなにも知らないとはぐらかしますが、それが嘘であることは一目瞭然です。

また、2人のやり取りを盗撮していたのが、買い物コーディネーターの瀬川であることも明らかになっています。瀬川の背後に誰がいるのか?気になるところです。

さらに詳しい第8話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『メゾンドポリス』第7話以前のネタバレあらすじを知りたい方はこちら

原作小説『メゾンドポリス』とドラマの違いや、惣一郎やひよりの過去について先取りしたい方はこちら!


 


<スポンサーリンク>

 

『メゾンドポリス』第8話のネタバレあらすじ

あらすじ

ある日、館林桃香(住田萌乃)という少女が1人でメゾンにやってきた。祖父がオレオレ詐欺に遭ったので犯人を捕まえてほしいという。桃香にメロメロになったおじさまたちが話を聞いていると、宛名も送り主もない謎の小包が届く。夏目(西島秀俊)がリビングに運んできたその小包から着信音が。中にはスマホが2台入っていた。電話の主は変声機を使った声で藤堂(野口五郎)を誘拐したと告げる。そしてもう一方のスマホにメールが届き、添付された写真には血を流して倒れている藤堂の姿があった。犯人は午後5時までに1億円を用意しろと要求、できなければ藤堂の命はないと脅す。しかし、すでに指定時刻まで30分しかない。さらに犯人は外部との連絡手段を全て遮断させ、1億円の価値があるものがメゾンの中にあるだろうとけしかける。無茶な要求におじさまたちが困惑する中、ひより(高畑充希)が美砂(萩野友里)という女性を連れてメゾンにやってきた。期せずして2人もこの騒動に巻き込まれてしまう。意図がわからないまま犯人とのやり取りを続けるうちに、桃香がキッズケータイを持っていることに気づく。ひよりはそれで桃香の母・真琴(東風万智子)に連絡を試みる。

そのころ、草介(竜星涼)はメゾンの近くに停めた車の中でメゾンを盗聴していた…。
引用元:ドラマ『メゾンドポリス』公式HP

以下、ネタバレになります。

誘拐された藤堂

海岸にて、3年前に亡くなった高遠建設社員、池原の妻・美砂(萩野友里)に会った巡査部長・牧野ひより(高畑充希)。『警察に話すことは何もありません・・・』去っていこうとする妻だったが、ひよりが同じ会社で働いていた自身の父が、池原と同じ、不審な死を遂げていることを語ると、美砂は立ち止まった。

同じ頃、ある埠頭にて、1人の男と密会する買い物コーディネーター・瀬川草介(竜星涼)の姿があった。メゾンドポリスのおじさんたちとひよりが、尚人の不審な死に気づき、動き始めていることを、瀬川は男に報告する。男は『これ以上動かれると面倒だ。こちらから動く。組織を守るためだ』と瀬川に指示を出すのだった。

メゾンドポリスに館林桃香(住田萌乃)がやってきた。かわいらしい桃香に、おじさんたちは皆メロメロだ。

『おじいちゃんがオレオレ詐欺に遭ったから、助けてほしくて・・・』という桃香。すると、そこに差出人不明の荷物を持って、夏目惣一郎( 西島秀俊)がリビングに入ってくる。

箱の中には、スマホが2台入っていた。そのうちの1台が鳴る。惣一郎らが出ると、変声器を使って声を変えた男が、『藤堂雅人(野口五郎)を預かった』と語り始める。同梱されていたスマホに、血を流す藤堂の写メが送られてきた。

男の要求は1億円。今日の夕方までに用意しろと言う。『お前何者だ?』と惣一郎が問うと、男は『とある組織に属している者だ。俺だよ、俺。あんたらならわかるだろう?』と答えた。

次に、男は惣一郎ら全員のスマホの電源を落とさせ、ルーターの電源も切らせた。電話線も外すよう、指示があり、惣一郎らは完全に外部と遮断された形になった。男は、メゾンドポリスの建物内に1億円の価値があるものがあると語り、よく考えろという。テレビ電話の画面に、皆が入るよう、男は指示を出し、そこから離れるのは1分以内にしろとも告げた。

するとその時、玄関のチャイムが鳴った。赤いスマホで撮影しながら、リビングに連れてくるよう、男が指示を出し、惣一郎が玄関へ。やってきたのはひよりと美砂だった。

『美砂さん・・・どうして・・・』驚く惣一郎に、ひよりは美砂と一緒に高遠建設の事件を追うことにしたと語る。1分が過ぎようとしていたため、惣一郎はひよりと美砂を強引にリビングへ連れてきた。
 


<スポンサーリンク>

 

犯人の目的

突然の事態に驚くひよりと美砂。男はひよりと美砂にもスマホを出すよう、命じた。メゾンドポリスでのこの様子は、外に駐車した車内にて、瀬川が盗聴している。

『物じゃない!情報だ。それを出せば、藤堂は助けてやる』という男。状況を元警務課課長代理・高平厚彦(小日向文世)がひよりに説明した。キッチンには桃香が隠れている。男は、まだメゾンドポリスの建物内に桃香がいることに気づいていない。気づけば巻き込まれてしまうため、高平はひよりに桃香がいることは黙っているよう、小声で伝えた。

桃香はキッズ携帯を持っていた。キッズ携帯からは桃香の母と祖母にしかつながらないようになっているらしい。ひよりが携帯を借り、桃香の母に電話をした。

突然、警察から電話がかかってきたことに驚く母親に、状況を説明したひよりは通報して欲しいと依頼。藤堂の画像の背後に高層マンションが写り込んでいたこと、世田谷の講演会の帰りに藤堂が拉致された可能性が高いことから、おじさんたちは藤堂がいる場所のだいたいの目星をつけた。

すると、そこでひらめいた惣一郎が、わざとボヤ騒ぎを起こし、消火器を噴射。騒動に紛れて、惣一郎は藤堂の部屋に入り、講演会の名簿を持ってきた。そこに、惣一郎は見覚えのある名前を見つける。

『約束を破ったな?』桃香の携帯に男から電話がかかってきた。男は桃香の母親を拘束し、その携帯からかけてきているらしい。もう一つのスマホには、拘束された桃香の母親の画像が送られてきた。

しびれを切らした男が、ついに『資料を出せ。高遠建設についての資料だ。その情報は大きな金になる』と要求してきた。メゾンドポリスのおじさんたちが、自分の父の死に関する情報を持っていたことを知り、ひよりも美砂も驚きを隠せない。

すると、元警察幹部・伊達有嗣(近藤正臣)が『私です!高遠建設と関わっていたのは私です。他の皆さんは関係ありません』と進み出た。『資料を持ってきます』伊達は2階へ上がっていった。
 


<スポンサーリンク>

 

犯人はひより!?

やがて、伊達は資料を持ってリビングへ降りてきた。藤堂が殺されるまでのタイムリミットは残り1分となっている。『私が集めてきた物です』伊達はそう言うと、スマホに向かって資料を1枚1枚めくり、男に見せた。

『ふざけるな!警察資料と雑誌の切り抜きばかりじゃないか?!もっとあるだろう!出せ!』声を荒らげる男に、伊達は他にはもうないと語り、『そう思うなら、あなたがここへ来て、探してはどうですか?館林真琴さん』という。男だと思っていた犯人の正体は、桃香の母だった。桃香の母は高遠建設の事件を追っているフリージャーナリストだった。

しかし、桃香の母親がメゾンドポリスの間取りまでを知っていたことから、犯人は館林真琴1人だけではないことに惣一郎らは気づいていた。『お前が犯人なんだろう?・・・牧野』惣一郎はひよりに迫る。

『2週間前、美砂さんに会いに行きました』ひよりはそう切り出し、そこで美砂に真琴に引き合わされたと語り始めた。ひよりは真琴から、高遠建設の市野沢という池原の上司もまた、謎の死を遂げていることを聞いた。

また、ひよりは、高遠建設が天下り先として、毎年たくさんの警察OBを引き受けていることを知る。真琴は高遠建設がある闇を抱えていて、その闇を隠すために、口止め料として多くの警察OBを引き受けているのではないかと考えていた。高遠建設へ天下りをした警察OBの名簿の中には、伊達の名前があった。

このやり方はやりすぎではないかという批判が、メゾンドポリスのおじさんたちからひよりに飛ぶ中、美砂が『時間がないんです!』と声を上げた。美砂は自身が末期ガンに冒され、余命わずかなことを明かし、死ぬ前に真実を知りたいと訴える。

証拠不十分だったため、不審なところがあったものの自殺として処理された尚人の事故。伊達はその事件の真相を探るために、高遠建設に天下りをしたのだと明かした。しかし、ひよりは信じられないと声を上げる。『まだ何か隠してますよね!』さっきおじさんたちがリビングの戸棚をひよりに開けさせまいとしていたことが引っかかっているようだ。

しかし、戸棚の中に入っていたのは、お雛様・・・高平以外娘がいないおじさんたちが小遣いを出し合って購入し、ひよりを驚かせようとしていたのだ。

伊達は、惣一郎やひよりをメゾンドポリスへ引き入れたのは、高遠建設の闇を暴くにあたり、強力な助っ人となるだろうと考えたからだと明かし、ひよりに『一緒に真相を追ってくれませんか?』と尋ねる。しかし、ひよりは混乱しているようで、『どうすればいいか、わかりません!』と言い、メゾンドポリスから走り出ていった。
 


<スポンサーリンク>

 

瀬川の正体

1人歩くひよりは、瀬川から拉致され、埠頭に連れてこられた。そこでひよりは、瀬川が警察の内部調査をする機関・監察の警官で、メゾンドポリスへは潜入捜査を行っていたと明かされた。瀬川に指示を出していたのは、瀬川の上司の警官だった。瀬川らは警察と高遠建設の癒着を暴こうとし、伊達と惣一郎にも深い疑いをかけているらしい。

『せっかく買ったのにな・・・』メゾンドポリスでは、ひよりのために買ったお雛様を、高平と迫田保(角野卓造)が見つめていた。『ひよこちゃんはもうここへは来ないかもしれないな・・・』藤堂も寂しそうにつぶやく。

一方のひよりは、メゾンドポリスのおじさんとの思い出を1人自宅で思い出していた。『このチームなら、いつか高遠建設の闇を暴くことができる』という伊達の言葉、『最強の刑事になりたいんだろう?』という惣一郎の言葉を思い出したひよりは立ち上がり、コンセントに仕掛けられた盗聴器に向かって話し始めた。

『聞いてますよね?私はメゾンドポリスのリーダーでもあります。だから、やっぱり仲間を信じます。あの人たちと一緒に必ず事件の真相を突き止めますから!』ひよりはそう言うと、盗聴器を壊した。

『昨日は大変ご迷惑をおかけしました!申し訳ありませんでした!』翌朝、ひよりがひなあられを手土産にメゾンドポリスを訪れた。『捜査会議をしながら、一緒に食べてもらえますか?このチームで高遠建設の事件を追うことにしました。異論はありませんか?!』と朝食中のおじさんたちに向かって問いかけるひより。少しの間の後、おじさんたちは一斉に『なし!』と声を合わせ、ひよりの顔に満面の笑みが浮かぶのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

『メゾンドポリス』第8話の感想

ドラマ『メゾンドポリス』第8話が終了しました。ひよりの父・尚人の不審な死の背後に、警察と高遠建設の癒着があった可能性が高いことが明らかになった第8話でした。

高遠建設の闇について、怪しんでいたものの、相手が警察組織なだけに表立って動けば命取りになると考えていた伊達は、ひそかにこの事件の真相を暴くために機会を伺っていたようです。しかし、そんな伊達の動きが、警察内部の不祥事を暴く監察、通称ヒトイチからは、逆に高遠建設の一件に絡んでいるのでは?と怪しまれていたという展開でした。

てっきり、瀬川やその背後の人間たちが、高遠建設の闇を隠したい側の人間だと思っていたため、この展開は意外でした。

そして、第9話からは、黒幕として佐野史郎さんが登場するようです。ラスボス感たっぷりの、まさにナイスキャスティングですが、果たして佐野史郎さん演じる元警察OBの高遠建設社員・野間がラスボスなのか?その背後にまだ誰かいるのか?最終回を間近に控え、一気に楽しみな展開となってきました。

『メゾンドポリス』第9話のあらすじ

ひより(高畑充希)とメゾンのおじさまたちは、フリージャーナリストの真琴(東風万智子)とともに改めて高遠建設を調べ始めた。警視庁から天下りした常務取締役・野間仁(佐野史郎)という男が全ての鍵を握っているようだ。数日後、真琴は野間と青幸興行社長・大黒毅(中野英雄)の密会現場を写真に収めることに成功する。青幸興行は暴力団・青戸組のフロント企業で、渉外部部長を兼務する野間が青幸興行に仕事を発注する事案も多いという。野間と大黒が癒着しておりその不正会計を経理部の市野沢譲(税所伊久麿)や池原慎吾(関幸治)に処理させていたのではないか。そしてこの企みから逃げようとした市野沢は転落死に見せかけて殺されたのではないか。そして後任となった池原は刑事時代の夏目による苛烈な取調べを苦に自殺したとされてきたが、彼も自殺に見せかけた口封じだったのではないか。野間と大黒の接点が見つかったことで一連の事件が線としてつながり始める。

ひよりたちは酔って橋から転落死した市野沢から再捜査を始める。そして彼の妻・和子(宮地雅子)の元を訪ねると、思わぬつながりが発見される。しかし、市野沢が亡くなる直前まで酒を飲んでいたバーに立ち寄った直後、覆面を被った暴漢に襲われてしまう。既に青戸組にひよりたちの情報が漏れているのか…。
引用元:ドラマ『メゾンドポリス』公式HP

ドラマ『メゾンドポリス』第8話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 
今期話題のドラマや映画のネタバレあらすじを取り揃えております。ぜひ、チェックしてみてください!












Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

家売るオンナの逆襲8話ネタバレあらすじ&感想 庭野と足立の反抗期!夫の疑惑を知った万智は?!

3年A組9話ネタバレあらすじ&感想 真犯人は私たち含めた“世間”!?目的は騒ぐことで人が殺せる実例作りか

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る