家売るオンナの逆襲8話ネタバレあらすじ&感想 庭野と足立の反抗期!夫の疑惑を知った万智は?!


北川景子さん主演ドラマ『家売るオンナの逆襲』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

第8話では、家を売りたい父・茂雄(泉谷しげる)と実家を残したい庭野(工藤阿須加)が対立、三軒家万智(北川景子)が父側に味方したことから、庭野と万智に溝が生まれ、庭野が脱三軒屋チルドレンを宣言します。

また、叶わぬ恋に胸を痛める足立(千葉雄大)も、留守堂謙治(松田翔太)からの卒業を宣言し、庭野と足立はともに自立を誓い合うことに。

そんな中、夫・屋代(仲村トオル)の不倫疑惑が万智の知るところとなり、ストレスのあまり万智が失声症を発症してしまうという事態が発生。万智はどうなってしまうのでしょうか?

以下、ドラマ『家売るオンナの逆襲』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、第8話の視聴がまだ・・・という方はご注意ください。
 

 

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第8話までのおさらい(ネタバレ

  • 輝く女性社員の活躍をアピールするために本社が立ち上げた企画・ウーマンプロジェクトのメンバーに万智・ワーキングマザー・宇佐美サキ(佐津川愛美)・キャリアウーマン・朝倉雅美(佐藤江梨子)が選ばれ、ともに仕事をすることになる
  • 子育てを理由に仕事に甘えを見せる宇佐美とそれを許せない朝倉の間に、溝が生じ始める
  • 朝倉の家探しを担当していた万智、宇佐美の家探しを担当していた留守堂(松田翔太)だったが、偶然2人が同じ物件を希望し、家の取り合いに発展
  • 仁義なきボーリング対決の結果、物件は朝倉のものに。しかし万智は育児と仕事を両立させようと奮闘する宇佐美を認め、宇佐美にぴったりの別の物件を用意し、宇佐美もその物件を購入した
  • 万智に隠れて、屋代は白洲美加(イモトアヤコ)のバイト先のスーパーの上司・三郷楓(真飛聖)と外で会うようになっていた

 

働く女性の共感を呼びそうな、ワーママと子ナシ既婚女性の問題を取り扱った第7話でした。

また、前話から引き続き、仕事に没頭する妻に寂しさを感じていた夫・屋代の心の隙間に、1人の女性が入り込む展開もありました。第8話では不倫疑惑が初めて浮上し、万智に衝撃的な事態が起こることになってしまいそうです。

さらに詳しい第8話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第7話以前のネタバレあらすじはこちら
 

 

広告

『家売るオンナの逆襲』第8話のネタバレあらすじ

あらすじ

庭野(工藤阿須加)は突然職場に押しかけてきたお調子者でいい加減な父・茂雄(泉谷しげる)から実家を売って人生最後の勝負にタコ焼き屋を始めたいと相談される!
お金と女にだらしなく、商売に失敗しては喰い潰してきた茂雄を反面教師に真面目に育ってきた庭野は、亡き母が残した実家を売れば茂雄の生活基盤がなくなると反対するが、突然現れた万智(北川景子)が自分が売ると宣言!頭を抱える庭野は、自分の境遇を自宅の売却を担当している客・棟方母娘に重ねる。
夢見がちな母・棟方幸子(南野陽子)の「家を売ったお金でケーキ屋を始めたい」というわがままにふりまわされながらも、母を心配し家を売らない方がいいと主張する堅実な娘・すみれ(大後寿々花)に共感する庭野は、万智に逆らい実家も棟方家も売らずに済ませようと決意。“サンチーの犬”を脱したい庭野と、留守堂(松田翔太)に対してモヤモヤを抱える足立(千葉雄大)は、それぞれ万智と留守堂からの卒業を誓う。
しかし、茂雄を説得しようと実家に帰ると、すでに万智が家を売る算段をつけていて…。しかも買い手はなんと留守堂!万智のあまりの仕打ちに庭野は自暴自棄になってしまう。そんな中、美加(イモトアヤコ)から屋代(仲村トオル)と三郷(真飛聖)の浮気写真を見せられた万智は怒りに燃える。恐ろしい剣幕で庭野を呼びつけた万智は棟方母娘の元へ。しかし家を売ろうとしたその時、突然声が出なくなってしまう!!万智を襲った突然の悲劇、その時庭野は…!?
引用元:ドラマ『家売るオンナの逆襲』公式HP

以下、ネタバレになります。

広告

庭野と足立の卒業同盟

かつて三軒家万智(北川景子)のことを密かに想っていた庭野聖司(工藤阿須加)。万智と屋代大(仲村トオル)が結婚してからはその想いを封印してきた庭野だったが、留守堂謙治(松田翔太)が現れて以来、庭野は自分と万智が対等な関係ではないと感じ、落ち込み続けていた。

そんな中、庭野は棟方幸子(南野陽子)とその娘・すみれ(大後寿々花)を担当することになった。実家を売り、夢にかけたいと語る母・幸子。しかし、娘は家が自分たち最後の資産であることから、家を売ることには賛成ではないらしい。

幸子の夫はすでに他界。その後、幸子は陶芸教室や趣味の教室を営んできて、その度に失敗してきているらしい。今回、幸子は駅前に良い喫茶店の店舗が売りに出ていることから、自宅を売り、そこで製菓教室を開きたいと考えているとのこと。

しかし、自宅は幸子とすみれの共同名義となっていることから、庭野はすみれの同意がなければ、家は売れないと言うのだった。

フェンシングクラブの更衣室にて、足立聡(千葉雄大)は留守堂のことを愛していると告げた。しかし、留守堂は自分が愛しているのは万智だと語る。『じゃあ謙治は三軒屋チーフを奪いたいって思ってるの!?』そう問い詰められる留守堂だったが、留守堂に万智とどうしたいかという展望は特になかった。『どうしたいんだろう・・・?』宙を見つめる留守堂。

そこへ警備員がやってきたため、話はそれきりとなってしまい、足立は切なそうにため息をついた。

ちちんぷいぷいに足立がやってくると、庭野がいた。庭野は前に進むため、万智から卒業したいと考えていると語る。『卒業っていい言葉だな・・・』足立はそう切り出し、愛する人からどうしたいかと逆に聞かれ、答えられなかった自分に落ち込んでいるらしい。

『自分、三軒屋チーフを卒業します!』と宣言する庭野に、『頑張って卒業しなよ』と優しく声を掛ける足立。2人は仲良く青春時代を熱唱するのだった。
 

 

親子間のしがらみ

その頃、街中で屋代は偶然白洲美加(イモトアヤコ)のバイト先のスーパーの上司・三郷楓(真飛聖)に出会った。おでんを食べに行かないかと誘われた屋代は、家に食事があるからと断るが、楓は強引に屋代を誘い、歩き始めた。

『行きたいのは、おでん屋じゃないんです・・・行きたいのはここなんです』楓はそう切り出し、ホテルへ入ろうと誘ってきた。動揺する屋代に、『1回だけでいいんです!1回だけ慰め合いません?』と迫る楓。屋代は自分にはそういうつもりはないと断り、這々の体で逃げ出した。

テーコー不動産に庭野の父・茂雄(泉谷しげる)が突然現れた。茂雄は現在住んでいる浜松の家を売るため、わざわざ上京してきたらしい。

『父ちゃんな、またいいこと思いついたんだよ!』茂雄はいい年をしてミュージシャンになる夢を追いかけ、大失敗している。今度は家を売り、それを開店資金に充て、たこ焼きやを始めたいと言い始めた。『家は売らないよ!だってあの家売ったら、父ちゃん路頭に迷うんだよ!』家を売ることには大反対の庭野。

すると、そこへ万智が現れ、『私が家を売ります!』と言い始めた。浜松の家は庭野の母が遺したもので、半分は庭野の名義であることから、自分は家を売らないという庭野だったが、万智は『私に売れない家はありません!』の一点張り。

万智が家を売る気になったら、何をするかわからない・・・取り乱す庭野だったが、名義が半分庭野になっているのならば、さすがの万智でも茂雄の一存で家を売ることはできないと庭野をなだめる屋代だった。

庭野のもとを、すみれが訪れた。すみれはいつしか母・幸子の金遣いが荒くなり、父から愛想をつかされ、離婚されそうだった過去を明かし、母の今後を考えると、自分は絶対に家を売りたくないのだと話した。父・茂雄の件があることから、すみれの気持ちが痛いほどわかる庭野。庭野は必ずすみれの力になると約束した。

茂雄は庭野が幼い頃から金遣いが荒く、また女癖も悪かった。それを反面教師にしてきた庭野。父が苦労をかけたせいで母が早死にしたと考えると縁を切りたいくらいだったが、血が繋がっていることから簡単に見捨てることもできないようだ。今回は絶対万智には従わない、万智から卒業するのだと庭野は改めてテーコー不動産の社員たちに、ちちんぷいぷいにて宣言するのだった。

その頃。万智以外誰もいなくなったテーコー不動産を留守堂が、浜松土産を片手に訪れていた。どうやら留守堂は万智に頼まれ、浜松まである用を足しに行ってきたようだ。『ありがとう。この借りは必ずお返しいたします』という万智に、留守堂は『その借り、今返して頂けませんか?』と迫った。

次の瞬間、万智と留守堂はテーコー不動産のオフィスにて、オクラホマミキサーを踊り始めた。やがて踊り終わった留守堂は、小学6年生の運動会の時から、オクラホマミキサーを万智と踊れなかったことが心残りだったと語り、さわやかな笑顔で帰っていくのだった。
 

 

広告

夫の疑惑を知った万智

庭野が実家へ帰ってきた。何があっても自分は判子を押さない、家は売らないと言いに来たのだ。茂雄は今まで迷惑をかけてきたからこそ、恩返しがしたい、最後のチャンスが欲しいと頭を下げた。

万智はすでに家を買いたい人を見つけ、昨夜自宅へ連れてきたのだと茂雄は語る。万智が連れてきたのは、留守堂だった。『三軒屋チーフはなんで自分を追い詰めるんだろう・・・留守堂さんと手を組んでまで・・・』それを聞き、庭野はショックが隠せない。

すると、そこへ突然万智が現れた。なぜこんなことをするのか、誰も幸せになれないと反論する庭野だったが、『お前は言われた通りにしてればよい。GO!』と万智に言わ、庭野は東京へ何も言わずに帰って行った。

そこへ、美加から『屋代課長、あんたのこと、裏切ってるよ!とにかく原宿のカフェに来て!』という電話が万智にかかってきた。万智は東京へとんぼ返り。美加の前に現れた。

『動揺させちゃおう!はい!』美加はそう言い、スーパーにて鯖缶が倒れてきた際に屋代が楓をかばった際の、2人が抱き合った姿の写メを見せた。また、美加は続けて万智に、ホテルの前で楓と屋代が腕を組んでいる様子を激写した画像を見せた。したり顔の美加だったが、万智はショックを受けたのか美加のスマホを持ったまま、消えてしまう。
 

 

声が出なくなった万智!?

やがて、テーコー不動産に帰ってきた万智。ちょうど幸子とすみれがやってきて、すみれが家を売ることに賛成したと切り出した。庭野は驚きが隠せない。万智は早速幸子とすみれを店舗用の家の内覧へ連れて行った。

しかし、万智が連れて行った家は、幸子の夢を叶えるための家ではなく、幸子が夢を諦め、1人で暮らす家だった。どういうことかわからない幸子に、万智は『たった一度の人生ですよ!お母様の犠牲・・・』とまで言ったところで、突然声が出なくなってしまった。『自分の夢にお嬢様を引き込まないでください!』続きを庭野が通訳した。

万智に促され、すみれと自分の境遇が重なることもあり、庭野はいつまでも親に縛られるな、娘を縛るなと言いたいことを声の限り、ぶつけた。

すると、庭野の言葉が心に響いたのか、すみれが『わかりました!あの家を売って、自分の取り分もらって、マンションを買います!』と切り出した。ずっと夢だったが、幸子に悪いと思い、切り出せなかったとすみれは語る。

幸子も一旦ケーキ屋を開くことは諦め、すみれの同意の元、家を売ることになったのだった。

その頃、足立は以前の王子っぷりを取り戻し、華麗なトークで客を魅了していた。客はあっけなく落ち、足立は見事に家を売った。

『部長、大変です!三軒屋チーフの声が突然出なくなって・・・』庭野と万智がテーコー不動産に戻ってきた。しかし、さっきまで声が出なかった万智は、屋代に『課長!棟方様の家、庭野が売りました!私ではなく、庭野が売りました!』と報告する。万智の声が出ない演技が、自分を一人前にするためのものだったことをやがて察した庭野は、『はい!自分が売りました!』と自信を持って、屋代に報告する。続いて帰ってきた足立も、以前の自信を取り戻したように堂々と『課長、虹富士見台の家、僕が8000万円で売りました!』と報告するのだった。

実家を訪れた庭野は、家を売ることには賛成するが、自分の取り分として半分はもらうと茂雄に切り出した。それじゃあたこ焼きやができないと茂雄は漏らし、親子の縁を切るという。しかし、庭野の表情は穏やかだ。それでもいいと言い、庭野は帰って行った。

庭野が帰った直後、入れ替わりに留守堂が家の手付金を持って、茂雄のもとへやってきた。茂雄は庭野が取り分の半分を自分がもらうと言い出したことから、店を持つ夢は諦めることになりそうだと肩を落としながら、報告する。

しかし、留守堂はなぜか自信たっぷりに『僕が庭野茂雄さんの夢を叶えるお手伝いをします』と不敵な笑みを浮かべ、宣言するのだった。
 

 

広告

『家売るオンナの逆襲』第8話の感想

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第8話が終了しました。庭野と足立が、万智と留守堂からとらわれることから卒業したいと願い、その第一歩を踏み出す中、万智が夫の不倫疑惑を知った第8話となりました。

夫の秘密を知ったショックから、声が出なくなってしまったと思われた万智でしたが、それは自分がいると萎縮してしまう庭野に、本領を発揮させるための作戦だったようです。あれだけ、客のニーズに応えた家探しができる万智ですから、部下である庭野の考えなど、お見通しだったのでしょう。

しかし、そんな万智も夫の気持ちだけは読めないようです。屋代と楓の関係は厳密に言うと不倫ではないとはいえ、自分のこととなると気が回らない万智が、夫婦の危機にどう立ち向かっていくのかも、今後楽しみですね。

そして、第8話ラストで、庭野が自分の意思を尊重し、家は売っても取り分はもらうという決断をしたことから、夢を叶える道が絶たれてしまったと思われた茂雄の前に、留守堂が現れました。これも万智の壮大な作戦のうちなのか?はたまた留守堂の独断で、これからまたひと騒動起こることになるのか?注目です。

広告

『家売るオンナの逆襲』第9話のあらすじ

万智(北川景子)は高齢の母・静江(松金よね子)と同居するための家を探す独身女性・馬場礼子(酒井若菜)を担当。庭野(工藤阿須加)は売り手のつかない古家の中身をフルリノベーションすべく同年代の施工会社の社員・真壁(入江甚儀)と協力する。
今回がデザイナーとしてのデビュー作だという真壁は内装に自分のこだわりを詰め込み、意気投合した庭野は自分が家を売ろうと張り切る。一方、絶好調の足立(千葉雄大)は新婚の新垣夫妻の家探しを担当し、留守堂(松田翔太)は離婚予定の迫田のぞみ(小野真弓)から家を売りたいと相談される。
偶然足立の客が留守堂担当の迫田家を気に入ったことで内見先で顔を合わせる一同だが、思わぬトラブルが発生し…!?そんな中、リノベ物件のエッジの効いたデザインが客に受けず苦戦する庭野を尻目に、万智は自分が家を売ると宣言!しかも真壁が苦労して完成させたリノベーションを一掃し、全面畳に戻すと言う!
真壁の努力を無駄にしないため、庭野はなんとかしようと抵抗するが…。そして、売上の伸び悩む新宿営業所メンバーたちは現地販売で大奮闘!そんな中、万智と屋代(仲村トオル)の順調な夫婦関係を目の当たりにした孤独な留守堂の愛に爆発のカウントダウンが始まっていた…!
引用元:ドラマ『家売るオンナの逆襲』公式HP

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第9話を楽しみに待ちたいと思います。
 

 
今期話題のドラマや映画のネタバレあらすじを取り揃えております。ぜひ、チェックしてみてください!










Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

後妻業6話ネタバレあらすじ&感想 新ターゲットは結婚詐欺師で騙される側に?!笹島の死の真相も気になる

メゾンドポリス8話ネタバレあらすじ&感想 瀬川は監察でラスボスは佐野史郎?!高遠建設の闇に急展開

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
sharp-1844964_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
ページ上部へ戻る