2019夏のドラマのあらすじまとめてます

後妻業6話ネタバレあらすじ&感想 新ターゲットは結婚詐欺師で騙される側に?!笹島の死の真相も気になる


木村佳乃さん主演ドラマ『後妻業』第6話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

激しく対立しながらも、お互いに手に入らない愛情や子供を欲し、心に寂しさを抱えている小夜子(木村佳乃)と朋美(木村多江)。

本多芳則(伊原剛志)と朋美が一線を越えてしまった証拠をつかんだ柏木亨(高橋克典)と小夜子がどう出るのか?楽しみになってきました。

以下、ドラマ『後妻業』第6話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『後妻業』第6話の視聴がまだの方はご注意ください。
 

 

ドラマ『後妻業』第6話までのおさらい(ネタバレあり

  • 大手外食チェーンの会長・富樫幹夫(佐藤蛾次郎)の認知症に手こずった小夜子は、ひとまず冨樫をキープし、新たなターゲット、元開業医の資産家・笹島雅樹(麿赤兒)を狙うことに
  • しかし、ちょうど自宅のリフォームを考えていた笹島は、朋美の顧客だった(そのことをお互い知らない)
  • 朋美は不倫の事実を知っていることを、事実婚の夫・佐藤司郎(長谷川朝晴)と山本絵美里(田中道子)に突きつけ、修羅場に・・・絵美里は籍を入れていないのだから不倫ではないと言い切り、佐藤も絵美里を追いかけて行ってしまった
  • ショックを受けた朋美は、本多とホテルへ行ってしまう
  • 柏木の命令により、朋美の近辺を張っていた黒澤博司(葉山奨之)が、朋美と本多がホテルへ入っていくところを激写した

 

今の不幸の原因はすべて不妊だと考えているらしい朋美ですが、子供を授かっても小夜子は決して幸せそうではなく、また小夜子も男性の愛を欲していますが、本多とそういう関係になった朋美が幸せかというとそうでもなさそうです。

小夜子と朋美、2人の女性の関係が対比的でとても深く、また、笹島邸の家政婦がなにやら小夜子と面識がありそうな描写もありました。ドラマオリジナルの新たな展開が楽しみです。

さらに詳しい第6話までのネタバレあらすじを知りたい方はこちら

ドラマ『後妻業』第6話以前のネタバレあらすじはこちら
 

 

『後妻業』第6話のネタバレあらすじ

AD

あらすじ

一刻も早く、笹島(麿赤兒)の妻となり、遺産相続人のポジションにつきたい小夜子(木村佳乃)は、「遺産をうちに残してほしい」と笹島にプロポーズ。しかし、形はあくまで“内縁”だといい、籍を入れられない理由を美談として話す小夜子の言葉に、笹島の答えは…。

一方、朋美(木村多江)は、夫の司郎(長谷川朝晴)の浮気のショックから、感情が高ぶり、ついに本多(伊原剛志)と一晩をともにしてしまった。翌朝、互いに自分たちの気持ちを抑えようと、大人の努力をすることに。その2人の浮気現場を押さえ、本多の弱みを握った柏木(高橋克典)はほくそ笑む。
弱みを握られたとは知らず、引き続き小夜子の行動を見張っていた本多は、小夜子が司法書士の新井(河本準一)といっしょに、笹島の自宅へ入る姿を目撃する。話を聞いた朋美は、そこで初めて、小夜子の次のターゲットが自分のクライアントだと知って驚がく。同時に、笹島を亡くなった父親の二の舞にはさせないと、小夜子と柏木の計画を阻止するために笹島邸に乗り込む。

そんな朋美の動きを知った小夜子は、あくまで自分は“恋愛”を楽しんでいるだけだと言い張り、いつものように巧みな話術で朋美の追及をかわす、しかし、朋美のある一言で怒りに火がつき、浮気の証拠写真を朋美に突きつける…。
引用元:ドラマ『後妻業』公式HP

以下、ネタバレになります。

小夜子のプロポーズ

AD

本多芳則(伊原剛志)と一線を超えた中瀬朋美(木村多江)。その翌朝、本多には後悔の色が深く見て取れた。

『ごめんな、俺とこんなことになって・・・』謝る本多に、自分も昨晩は情緒が不安定になっていたと言い訳をする朋美。『昨夜のことは忘れよう。もうこれきりにしたほうがいいよね、お互いのためにも』朋美はそう言い、本多も『そうやな・・・』と同意するのだった。

元開業医の資産家・笹島雅樹(麿赤兒)の自宅では、武内小夜子(木村佳乃)が遺言書の作成を笹島に迫っていた。小夜子は笹島と生涯を共にしたいとプロポーズ。笹島も小夜子と結婚したいと小夜子のプロポーズを受けた。

『遺産のことやけど・・・』笹島は疎遠になっているとは言うものの、子供に遺産を分配しないわけにはいかないと言い、詳細についてはもう少し考えさせてほしいと言う。

そのことについては心ゆくまで考えてほしいという小夜子に、笹島は婚約指輪をプレゼントすると張り切りだす。小夜子は『うちね、ピンクダイヤが大好きやの!指も華奢やから似合うと思わへん?!』と大喜びするのだった。

小夜子は早速、柏木亨(高橋克典)に笹島をものにできそうだと報告した。家政婦の田所もいるため、短い結婚生活の家事の負担がないことが小夜子には嬉しいようだ。

『ええ加減、ほんまのこと言うてやったらどうや?』柏木は黒澤博司(葉山奨之)の話題を切り出し、本当は子供だという事実を明かしてはどうかと言う。『唯一惚れた男の子供やろ?』という柏木だったが、小夜子は『惚れた男?!うちの!?』と大笑いし、相手にしないのだった。

事務所に出勤した朋美。朋美は佐藤司郎(長谷川朝晴)には、1人でビジネスホテルへ泊まったと嘘をついた。

また、佐藤は山本絵美里(田中道子)には、しばらく休むよう、説得したと説明。しかし、朋美は『しばらく寝室は別にして』と頼むのだった。
 

 

小夜子と朋美の一騎打ち

公正証書を作る準備をしてほしいと笹島から小夜子の元へ電話がかかってきた。『ほんなら、早速準備しますね!』小夜子は柏木に電話し、司法書士・新井欽司(河本準一<次長課長>)を笹島邸へよこすよう、頼む。

本多が笹島邸の前で張り込んでいると、小夜子と新井が笹島の自宅へ入っていく。本多はすかさず写真を撮影する。

こうして公正証書作成のための打ち合わせは滞りなく終わり、新井は帰って行った。直後、『僕とあなたが結婚するにあたって、ちょっと聞いてもらいたい話があるんですわ・・・』笹島はそう切り出した。

AD

本多の事務所へ呼び出された朋美。『小夜子は新しいターゲットを見つけてるみたいや。この家や』本多から写真を差し出された朋美は『ここ!笹島さんの家!』と驚き、自分のクライアントであることを明かした。

本多は写真に一緒に写っている新井という男が司法書士であることを説明し、すでに公正証書を作る準備に入っている可能性が高いと語る。

これを受け、いてもたってもいられなくなった朋美は笹島の元へ。笹島が結婚しようとしている小夜子が、自分の亡き父の内縁の妻だった女性だと明かした。

小夜子が自宅で新井から送られてきた公正証書を確認していると、朋美がやってきた。いつものように言い合いとなる中、朋美が笹島のことを切り出した。『笹島さんは私のクライアント。リフォームを任されてるの』という言葉に、驚く小夜子。

『あなた、笹島さんまで餌食にしようとしてるのね!』迫る朋美に、自分はただ恋愛をしようとしているだけだと反論する小夜子。『私、全部お話ししましたから!笹島さんに』朋美はそう言うと、小夜子がこれまでにやってきたことすべてを笹島にぶちまけたと語った。

AD

しかし、小夜子は全く動揺しない。笹島は愛されている自分の話を信じるに違いないと小夜子は自信を見せる。しかし、朋美は『どう考えても、まともな方は私よ』と反論。小夜子が『まとも』という言葉に反応した。

『これがまとも?』小夜子は本多と朋美がホテルへ入っていくところを激写した画像を突きつけた。朋美は狼狽する。『内縁の夫がいるのに、他の男と関係を持つのは、道から外れてると違うんか?』という小夜子だが、朋美はそれを夫にバラされても平気だと開き直る。

『もしかして、あんた、子供できひんの?だから内縁の夫婦なん?』朋美の内縁の夫の不仲の原因を察した小夜子はそう迫る。しかし、朋美は形にとらわれない夫婦の形を選んだだけだと強がった。

形にとらわれないことにこだわったものの、本物の結婚や子供を持つことに憧れ始めたのではないかと小夜子は語り始めた。子供はいらないと言っていた夫だったが、子供が産める若い女と関係を持ち、夫婦の関係にヒビが入り、朋美も本多へ走ったのではないかと実に的確な想像を小夜子は語る。

小夜子はこれ以上自分のことを嗅ぎまわるのならば、本多との仲を世間に公表し、仕事ができないようにしてやると朋美を脅した。『あなたとはこれ以上話し合いはできないようね。法的手段に訴えます!』朋美はそう声を荒らげると、帰って行った。
 

 

運命の恋!?

AD

直後、小夜子は嘘泣きしながら笹島に電話した。小夜子は亡き夫に遺産をもらってほしいと頼まれたことから、朋美に逆恨みされていると反論。笹島は『そう言うことだったんですか!』と丸め込まれた。

朋美に邪魔され、危うく笹島との件を潰されそうになったことをブライダル微祥へ報告しに行った小夜子。こちらが本多と朋美の弱みを握っている以上、柏木はそこまで大それたことはしてこないだろうと語り、笹島と同時進行させる新たなカモを、小夜子に紹介するのだった。

事務所のPCのメールをチェックしていた朋美は、旅行会社から届いたメールを盗み見し、佐藤と絵美里が1週間の海外旅行に出かけていることを知った。佐藤は仕事で出張だと朋美に嘘をついて出かけて行っている。2人に対して、嫉妬の炎を燃やす朋美は、ふと小夜子のことを思い出し、『あの女に勝ちたい・・・』と座った目でつぶやくのだった。

小夜子は柏木に紹介された不動産王・船山善春(中条きよし)と高級レストランで会った。登場した船山に、小夜子は『イケメン爺さんやん!』と大喜び。

イギリスの大学を卒業したと語る船山。すると、ビジネスの相手から国際電話がかかってきたと船山は席をはずす。金の匂いに、小夜子はキラキラと目を輝かせるのだった。

AD

その後、席に戻ってきた船山は、気になることがあると切り出してきた。『なぜ、あなたのような若くて綺麗な女性が結婚相談所の会員なんでしょうか?ひょっとしてあなた、単なる会員ではないのでは?』という船山。

小夜子が固まっていると、船山は『失礼いたしました。何かご事情があるんでしょうね』と笑顔を浮かべる。船山は初対面で女性のプライベートに立ち入ったことを詫び、『あなたといると、我を忘れる』と告白するのだった。

その頃、ブライダル微祥には、朋美が訪ねてきていた。朋美は柏木が小夜子とともに後妻業を行なっていることを知っていると切り出し、それらの罪を全部小夜子になすりつけてはどうかと提案した。柏木は会員を紹介しただけ、殺しは小夜子の独断だということにしてはどうかと朋美は語り、『小夜子より、私と組みませんか?』と言う。

『えらいことですわ!今朝、自宅で死んでいたらしいですわ!』橋口健太郎(平山祐介)が本多のもとへやってきた。『誰が?』と尋ねる本多に、橋口は笹島が自宅で亡くなったと驚くべき事実を告げるのだった。
 

 

『後妻業』第6話の感想

AD

ドラマ『後妻業』第6話が終了しました。とことん私生活がうまくいかない朋美が小夜子への敵対心を燃やす中、小夜子に運命的な出会いがあったかのように思えた第6話でした。

笹島と同時進行で進める後妻業の新たなターゲットと出会った小夜子。他のターゲットと出会った時には見せなかった女性らしさを小夜子が見せていたような気がするのは気のせいでしょうか?今後の展開として、小夜子が本気で船山に惚れてしまい、後妻業を完遂できなくなるという展開もあるのかもしれません。

しかし、一見インテリ紳士に見える船山ですが、少し胡散臭かったようにも思えます。イギリス留学の話の直後にかかってきた国際電話は仕込みではないか?と疑ってしまいます。もしかすると、船山は結婚詐欺師である可能性もあるような気もします。

もし、本当に小夜子が船山に惚れてしまい、裏切られてしまったのならば、小夜子が心に受けるダメージは計り知れなさそうですね・・・

AD

また、ラストでは笹島が亡くなったという一報が橋口によって、もたらされました。あまりにも早い展開なので、小夜子が殺したのではないのでは??家政婦の田所が怪しい??とも思いますが、どうなのでしょうか?

第7話からは、柏木と朋美の間にも新たな関係が生まれるようなことも示唆され、ますますこの先の展開が面白くなってきたと感じます。
 

 

『後妻業』第7話のあらすじ

AD

「小夜子(木村佳乃)より、私と組みませんか?」夫の裏切りで失意のどん底に落ち、女としても小夜子に見下されて悔しさがこみ上げる朋美(木村多江)は、何とかして小夜子に勝ちたいと柏木(高橋克典)を誘惑するが、反対に「もう関わるな」とくぎを刺されてしまう。その矢先、本多(伊原剛志)から、小夜子が後妻の座を狙っていた笹島(麿赤兒)が亡くなったと聞いた朋美は、これまでの夫同様、小夜子が殺したのだと確信。警察も他殺で捜査を始めると知り、朋美は本多と次の作戦に打って出る。その頃、小夜子は「この苦しみから解放されたい。早う、死んでしまいたい」とつらそうに話していた笹島のことを思い出していた。

数日後、朋美と本多に呼び出された小夜子は、朋美の亡き父・耕造(泉谷しげる)の遺産の半分を支払うよう要求される。応じない場合、裁判で争う覚悟がある、更には記者会見まで行う、と小夜子を脅す。そんなことをされれば、マスコミによって小夜子の過去がすべて明るみに出ることは避けられない。話を聞いた柏木は、その脅しが本気だと悟り、慌てる。しかし当の小夜子は気にするそぶりもなく、見合い後、すっかりとりこになってしまった舟山(中条きよし)とのデートに意気揚々。柏木は、そんな浮足立った小夜子の様子に微かな嫉妬心を抱く。

その頃、朋美のマンションには、海外出張を終えた司郎(長谷川晴朝)が帰ってきていた。しかし、その出張に浮気相手を連れていったことを朋美が切り出すと、いたたまれなくなった司郎は再び家を出ていってしまう。ひとり部屋に残された朋美がぼうぜんとしていると、そこへ柏木から電話が――。
引用元:ドラマ『後妻業』公式HP

ドラマ『後妻業』第7話を楽しみに待ちたいと思います。
 

 
今期話題のドラマや映画のネタバレあらすじを取り揃えております。ぜひ、チェックしてみてください!










Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です