後妻業4話ネタバレあらすじ&感想 虐待,施設,また虐待…小夜子の生い立ちが悲壮!後妻業をする小夜子の真意とは


木村佳乃さん主演ドラマ『後妻業』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

後妻業を生業とする武内小夜子(木村佳乃)ですが、その本心には孤独な老人を哀れむ気持ちがあり、どの老人も死を望んでいたという背景があったことが明らかになりました。

第4話では、小夜子の弟・黒澤博司(葉山奨之)が初登場。小夜子を読み解く鍵となる、小夜子の生い立ちが明らかになってきそうです。

以下、ドラマ『後妻業』第4話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『後妻業』第4話の視聴がまだの方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『後妻業』第4話までのおさらい(ネタバレあり

ドラマ『後妻業』第4話までの要点を簡単にまとめると・・・

  • 武内小夜子(木村佳乃)と柏木亨(高橋克典)は新たなターゲットとして、大手外食チェーンの会長・富樫幹夫(佐藤蛾次郎)に狙いを定めるが、冨樫は認知症を患っており、一筋縄ではいかない印象
  • 小夜子が中瀬耕造(泉谷しげる)と入籍しなかった理由は、3人目の夫・武内宗治郎の遺産の一部である土地を手に入れるため(その土地の上に宗治郎の息子夫婦が家を建て住んでいるため、現在手に入る状況ではない)
  • 朋美(木村多江)が小夜子が後妻業であることを追求すると、小夜子はすべての老人が孤独から死を望んでいたこと、耕造からは殺して欲しいと頼まれていたことを明かした

 

また、小夜子がこれまで看取ってきた夫たちの、死後の世界での幸せを願う様子や、朋美夫婦の溝が徐々に大きくなっていく様子も描かれました。また、私立探偵・本多芳則(伊原剛志)が面倒を見ていた子連れの女性が、他の男性の元へ出て行き、本多が1人になってしまう展開もありました。

さらに詳しい第4話までのネタバレあらすじやみんなの感想が知りたい方はこちら





 


<スポンサーリンク>

 

『後妻業』第4話のネタバレあらすじ

あらすじ

小夜子(木村佳乃)は朋美(木村多江)に、これまで自分が後妻に入った資産家の老人すべてが“孤独”を抱えていた、さらに、朋美の父親も死を望んでいた、と打ち明ける。それを知った朋美は動揺する。ひとまず朋美の追及を逃れた小夜子は、早速、幹夫(佐藤蛾次郎)に遺言公正証書にサインをさせようと動き出すが、認知症を患っている幹夫には思うように話が通じず、さすがの小夜子も手を焼く。
そのころ、本多(伊原剛志)は小夜子が早くも次のターゲットを見つけたことを突き止め、後妻業の黒幕である柏木(高橋克典)に接触。朋美に雇われた探偵だと身の上を明かしたうえで、小夜子について探りを入れるが、当然、柏木はそう簡単に口を割らない。そこで次は、後妻業の片棒を担いでいる司法書士・新井欽司(河本準一)に接触。新井が小夜子が公正証書を作成する際に証人となっていた、という事実をネタに、揺さぶりをかける。小夜子が今までのように簡単に公正証書を作れないよう、手を回したのだ。
そんなやり手の本多が現れたことで、次の手を考える柏木。そこへ、刑務所から出所したばかりの小夜子の弟・黒澤博司(葉山奨之)が訪ねてくる。行くあてのない博司は、金の無心をするため、柏木から小夜子の居場所を聞き出す。小夜子は、5年以上会っていなかった弟が現れたことに立腹するが……。
引用元:ドラマ『後妻業』公式HP

以下、ネタバレになります。

小夜子たちに迫る柏木

自宅マンションから出てきた武内小夜子(木村佳乃)のあとをつける本多芳則(伊原剛志)。小夜子は大手外食チェーンの会長・富樫幹夫(佐藤蛾次郎)が入居している高級老人ホームへ。『次のターゲットか・・・』本多はつぶやく。

冨樫は認知症を患っており、今日も小夜子のことを誰だかわからない。小夜子は自分が冨樫の彼女であることを説明し、これから絶対に寂しい思いをさせないと約束する。

2人の幸せな将来のためにも、きちんと形で残した方がいいと小夜子は語り、『それには公正証書っていうのを作って、サインする必要があるんよぉ』と甘える。『サインならできるで』という冨樫に、サインを練習をさせてみた小夜子だったが、冨樫は『出汁ひとすじ』とサインし、小夜子を呆れさせるのだった。

老人ホームの社員に話を聞く本多。本多は冨樫が家族とは疎遠になっていて、認知症を患っていることを知るのだった。

ブライダル微祥を本多が訪れた。柏木亨(高橋克典)と対峙する。『武内小夜子、おたくの会員ですよね?』本多はそう切り出し、柏木が中瀬耕造(泉谷しげる)と小夜子の遺言公正証書の証人となっていた事実を突きつけるが、柏木はシラを切る。

『次のターゲットは冨樫幹夫さんですか?武内小夜子、熱心に通ってますよね?よかったら名簿見せてもらえませんかね?』という本多に、プライバシーの問題から柏木は拒否した。『もういいですか?おかえりください』柏木に促され、本多はまた来ると帰って行った。

直後、柏木は本多が周辺を探っていることを小夜子に電話で報告。小夜子は探偵を雇ったのが朋美(木村多江)であることを知るのだった。

ある日、本多は司法書士・新井欽司(河本準一<次長課長>)のもとを訪れた。小夜子の元夫ですでに亡くなっている名城善彦の遺言公正証書を預かってきたと本多は切り出し、後妻業で稼いでいるのかと迫るが、新井は話すことを拒否し、本多を事務所から追い出した。

本多が朋美たちの事務所を訪れた。本多は朋美から依頼され、亡き耕造の妻・小夜子のことを調べていると語るが、佐藤司郎(長谷川朝晴)は興味がない様子。『興味ないんですか?義理のお義父さんのことやのに・・・』朋美のことに対して無関心な夫に、本多は苛立ちを見せる。

佐藤が出て行った後、本多は『金の亡者やで。小夜子と柏木は』と切り出し、すでに2人がこれまでに3億円の遺産をせしめていることを報告。次のターゲットである冨樫のことも2人が殺そうとしている可能性が高いことから、その現場を押さえたいと本多は語るのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

小夜子の悲壮な生い立ち

刑務所を出所した黒澤博司(葉山奨之)が、ブライダル微祥を訪れた。博司は小夜子の弟で、覚せい剤の運び屋をして逮捕されたのだ。『小夜子はどこや!』博司は金も住むところもないことから、小夜子の居場所を教えて欲しいと柏木にねだり、柏木は小夜子の住所を教えた。

そして、早速博司が小夜子の自宅へ押しかけてきた。出前の寿司をほうばりながら、『柏木とはできてんの?』と尋ねる博司。『あいつには全部話してるんやろ?生い立ちとか?』という博司に、小夜子は柏木は相棒に過ぎないと語るのだった。

その頃、朋美と本多は瀬川頼子(とよた真帆)から小夜子の生い立ちを聞いていた。父親の暴力が原因で母親が逃げ、その後父親からも育児放棄され児童養護施設で育った小夜子。中学の時、叔父夫婦に引き取られたが、叔父からは性的暴力を受け、叔母からも大事にされず、小夜子は高校にも行かせてもらえなかったらしい。

その後、18で小夜子は家を出るが、借金のかたに風俗へ売られ、自分が知っているのはそこまでだと頼子は語った。

どこにも行くあてのない博司は、結局小夜子の自宅で眠ってしまった。柏木に電話した小夜子は、博司の住むところを探してやって欲しいと柏木に依頼する。『できれば大阪やないとこ。できるだけ、遠いほうがいい』という小夜子。電話を切った柏木は『ややこしい兄弟やなぁ』と呟くのだった。

居酒屋で、朋美はさっき聞いた小夜子の生い立ちにショックを受けていた。何不自由なく育った自分の生い立ちと小夜子のそれを比較し、朋美は小夜子のことを少しかわいそうに思ったようだ。『親の愛情を知らんと育った奴が全員犯罪者になっとるんと違う。あいつらは悪党や。同情なんかすんな』本多に言われ、朋美はうなづく。

いつもと様子が違う本多に、朋美が理由を尋ねると、本多は養っていた女性と子供が出て行ったことを明かした。

小夜子の悪行を阻止したいと朋美に頼まれ、本多は冨樫の情報を朋美に教えた。

翌日、朋美が冨樫の元を訪れた。『冨樫さん!お久しぶりです!』と朋美が話しかけると、冨樫は『みよちゃん?』と勘違い。朋美はみよになりすまし、小夜子が冨樫のことを騙そうとしていると忠告する。しかし、物忘れの激しい冨樫との意思疎通は難しかった。

『あんた、何してるん!?』そこへ小夜子が現れた。『あんたそないに暇なん?そないにしょっちゅう大阪来て!はよ帰って!』『寝る暇削って来てるんです!』小夜子と朋美が激しいもみ合いとなる。結果的に朋美が勝ったが、『小夜子大丈夫か?』と冨樫が小夜子に駆け寄り、結果的に2人の絆が深まっただけのようだ。

『あんたのお父さんのマンションの鍵。捨てられたくないもんあったら、持って行き!』朋美は小夜子からマンションの鍵を受け取るのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

博司の出生の秘密

その後、朋美は耕造のマンションを訪れた。耕造が死の直前やり場のない寂しさを感じていたと語っていた小夜子の言葉を、朋美は思い出す。すると、朋美は部屋の奥に金庫を見つけた。

金庫を開けてみた朋美だったが、中はすでに空。本多の調査によれば、耕造は土地以外に1億円の資産を持っていたらしい。それらがすでに小夜子たちの手中にあることを知った朋美は『やられた〜〜!』と頭を掻きむしるのだった。

小夜子が帰宅すると、カレーの匂いが。暇すぎて、博司が作ったらしい。小夜子と博司は向かい合い、カレーと小夜子の手作りのぬか漬けを食べる。『相変わらずうまいな』とぬか漬けを褒める博司に、『うちの得意料理やからな』という小夜子。『料理に入らへん』と博司に言われ、2人は笑った。

朋美が疲れ果てて東京の事務所へ戻ると、ソファーの上で佐藤と山本絵美里(田中道子)が抱き合っていた。事務所へ入ってきた朋美には気づく様子がない。朋美は驚きから何も言わずに、その場から走り去った。

行くあてもなく街を彷徨う朋美の元に、本多から電話がかかってきた。『私・・・うちには帰れない』と涙を流す朋美に、本多は『うちでよかったら、来るか?』と誘う。

その頃、柏木は博司のマンションを探すために、東京へ来ていた。無事、マンションを見つけ、小夜子に報告した柏木。小夜子が礼を言うと、柏木は『しゃあないやろう?お前の大事な息子のためや』と言う。表向きには弟ということになっているが、博司は本当は小夜子の息子らしい。

電話を切った小夜子は大事にしまってあった自分名義の預金通帳を開いた。そこにはわずか30万円の残高しかなく、小夜子は1人物思いにふけるような、悲しげな表情を見せるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

『後妻業』第4話の感想

ドラマ『後妻業』第4話が終了しました。朋美と本多が小夜子と柏木の黒い稼業に迫っていく中、小夜子の悲しい生い立ちと博司の秘密が明らかになった第4話となりました。

原作と映画では、親子という設定になっていた小夜子と博司。ドラマ版では木村佳乃さんが若いことから、弟の設定になったのかと思っていましたが、小夜子と博司はドラマ版でも本当は親子という設定のようですね。

2人の年齢や、小夜子が博司にはそのことを黙っていることから、博司の父親は小夜子を借金のかたに風俗に売った元恋人か、客あたりだと推測されますが、ちょうどその頃柏木と小夜子が出会っていることから、父親が柏木という線もあるかもしれません。

また、第4話ラストには、これまでに後妻業で3億円を稼いだ小夜子の銀行口座に、わずか30万円の残高しかない様子が描かれました。これまでに小夜子が柏木に語っていたように、稼いだ金はすべて使ってしまっているのか?どんなに金を手に入れようと、それは使えばなくなり、自分が本当に欲している愛情とは違う、そんな寂しさを通帳を見つめている小夜子は感じているように思いました。

後妻業を続けている理由も、金目当てではなく、柏木に必要とされたいからなような気がしますね。バッドエンドではなく、小夜子が本当の幸せを手にいれるラストになって欲しいと今から願ってやみません。

『後妻業』第5話のあらすじ

本多(伊原剛志)の動きを警戒する柏木(高橋克典)は、小夜子(木村佳乃)の弟である博司(葉山奨之)を東京へ送り込み、本多の過去を探って弱みを握ろうと画策。しかし本多の居所はつかんでいないため、朋美(木村多江)を尾行するように命じる。小夜子は「天敵女の尻尾をつかめ」と弟にはっぱをかける。一方で、認知症の幹夫(佐藤蛾次郎)に苦戦する小夜子には、元開業医の資産家・笹島雅樹(麿赤兒)との見合いをセッティングする。

その頃、夫・司郎(長谷川朝晴)と事務所スタッフの絵美里(田中道子)の浮気を目撃した朋美は、いまわしい記憶をふっしょくするかのように、2人の情事の現場となった事務所のソファを処分。しかし、その胸中を知ってか知らずか、自分に対して何かと挑戦的な態度をとる絵美里と、何食わぬ顔でいつも通り仕事をする司郎に、朋美の怒りは収まるどころか膨れ上がる。
小夜子は早速、新しいターゲットである笹島と見合いをし、かなりの資産家であることに目を輝かせ、後妻業としてのやる気を漲らせる。

そんななか、姉の尚子(濱田マリ)の頼みで大阪での仕事を手掛けることになった朋美は、早速、リフォームを希望する依頼主の自宅へ向かう。豪邸で朋美を出迎えたのは、小夜子が狙いを定めている笹島だった。そうとは知らない朋美は、高齢者の一人暮らしを心配するが、笹島は「お金さえあれば、人を雇って自由に暮らせる」とあくまで一人身が楽だと語り、さらに、最近できたというガールフレンドからの電話にうれしそうな表情を見せる。そんな笹島に、朋美は亡くなった父の面影を感じる。朋美が笹島邸を立ち去ると、入れ違いで小夜子がやって来る。二人はまさか同じ老人と向き合っているとはつゆ知らず……。

一方、探偵を命じられた博司は、偵察をさぼってパチンコにいそしんでいるところを柏木にしったされ、本気で朋美と本多の偵察に動き始める。
引用元:ドラマ『後妻業』公式HP

ドラマ『後妻業』第5話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 
今期話題のドラマや映画のネタバレあらすじを取り揃えております。ぜひ、チェックしてみてください!










Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

トレース科捜研の男6話ネタバレあらすじ&感想 姉の妊娠と兄へのいじめ,一家殺害は加害者からの口封じ?

家売るオンナの逆襲6話ネタバレあらすじ&感想 不倫相手と同居の家を売る,水10がかなり攻めてる

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
sharp-1844964_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
ページ上部へ戻る