家売るオンナの逆襲5話ネタバレあらすじ&感想 万智と留守堂の初キスは餃子の味!整形偽名男だった留守堂


北川景子さん主演ドラマ『家売るオンナの逆襲』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

第5話で三軒家万智(北川景子)が担当することになるのは、家にも交際する女性にも外見の良さを求める田部竜司(柄本時生)とその婚約者・宮寺奈々(知英)。

田部が万智の元同級生だったという驚きの事実が発覚したことをきっかけに、前話にて、万智のことを『愛している』という発言のあった留守堂謙治(松田翔太)と万智の関係がついに明らかになってきそうな予感です。

以下、ドラマ『家売るオンナの逆襲』第5話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、第5話の視聴がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第5話までのおさらい(ネタバレ

  • 定年間近の企業戦士・山路功夫(佐野史郎)と娘・花(北原里英)、娘婿・健太郎(田村健太郎)が家を探しにやってくる。しかし、双方が家に求めるものが異なり、家探しは難航
  • 三軒家万智(北川景子)が功夫夫婦に住み替えを提案、花たちには功夫からの資金援助なしでも購入可能な身の丈にあった物件を紹介した
  • 功夫夫婦へは家を売ることに成功した万智だったが、花たちには突如現れた留守堂謙治(松田翔太)に家を売られてしまう
  • その前日、留守堂は足立聡(千葉雄大)に『明日は愛する人と戦う日だ』と話している

 

万智は以前LGBTのカップルに家を売る際にも留守堂に負けたかたちになりますが、その時には留守堂が足立の補助的な立場でセールスをしていたこと、万智の到着が遅れたこともあり完全に負けたとは言い切れない状況にありました。

しかし、前話では契約まであと一歩のところまで万智が進めていたところを、留守堂に覆され、万智が用意した物件よりもさらに客にマッチした物件を用意されて負けていて、完敗となりました。

さらに詳しい第5話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら





 


<スポンサーリンク>

 

『家売るオンナの逆襲』第5話のネタバレあらすじ

あらすじ

留守堂(松田翔太)に衝撃の敗北を喫した万智(北川景子)は突然休暇を取り、屋代(仲村トオル)の前からも姿を消す。
そんな中、庭野(工藤阿須加)は残念な容姿の客・田部竜司(柄本時生)とその婚約者で奥ゆかしい美人・宮寺奈々(知英)を担当。見栄えのいい家が欲しいという竜司は、チラシに載っていた万智の似顔絵を見て小学校の同級生『マンチッチ』だと言い出す。マンチッチが陽気な人気者だったと聞き人違いだと思う屋代と庭野だが、マンチッチの口癖は「GO!」だと言われ…。
その夜、庭野と屋代は留守堂の正体をつきとめるため、フェンシングに向かう足立(千葉雄大)を尾行。しかし、一人になった留守堂に尾行がバレて…!!万智との関係を尋ねる屋代に、留守堂は同級生だった万智に「愛情を抱いている」のだと話す!万智の同級生・竜司が留守堂のことも知っていると思った庭野と屋代は竜司の家へ。そこで二人が見たのは卒業アルバムに写った衝撃的な万智の姿!しかし、留守堂の手がかりは得られず…。翌日、竜司と奈々に内見案内をしていた庭野は、シャワーの誤作動で奈々をびしょ濡れにしてしまう。
化粧が落ちた奈々はさっきとは別人のようなブスで…!!実は奈々は神がかった化粧で素顔を隠していた偽装美人。その正体を知った竜司は婚約を破棄すると言い出し、全てはオジャンに!そこに、姿を消していた万智が現れ家を売ると宣言するが…!?修復不可能な二人に万智が提案する起死回生の家とは!?そして、ついに謎の男・留守堂の正体とその目的が明らかになる!!
引用元:ドラマ『家売るオンナの逆襲』公式HP

以下、ネタバレになります。

万智の意外すぎる過去

三軒家万智(北川景子)が留守堂謙治(松田翔太)に負けたことを知ったテーコー不動産は揺れていた。情報が漏れているとしか思えないと語る課長・屋代大(仲村トオル)に、足立聡(千葉雄大)は漏らしているのは自分ではないと反論する。

そこへ万智が帰ってきて、PCで『るすどうけんじ』という名前をありとあらゆる語順で打ち込み始める。万智は留守堂の名前から何かを探ろうとしているようだ。それが済むと、『有休をいただきます!』と万智は言い、去っていった。

屋代が帰宅すると、しばらく留守にするという書き置きを残し、万智は消えていた。ちちんぷいぷいに現れた屋代は、庭野聖司(工藤阿須加)に向かって不安な様子を見せる。

フェンシングクラブを訪れた足立だが、留守堂は現れない。更衣室にて、留守堂のロッカーに頬を当て、足立がつぶやく。『留守堂さんが好きな人はサンチー。僕は利用されただけ・・・』足立はロッカーを思い切り叩いた。

翌日も万智のことを心配している屋代に、契約社員・布施誠(梶原善)は留守堂と万智の間には自分たちが知らない何かがあるかもしれないと語り、さらに屋代を不安にさせるのだった。

テーコー不動産に田部竜司(柄本時生)と婚約者・宮寺奈々(知英)が訪れた。庭野は設備が充実した戸建てを紹介するが、家に求めるのはまず外観だという田部は気に入らない様子。『僕は東大卒なんです。なんで東大に行ったと思います?』という田部。自分の外見に自信がない田部は、美人と結婚するために自分のスペックをあげる努力を惜しまなかったと庭野に語った。

テーコー不動産の社員の似顔絵入りチラシを見た田部は、万智が緑第一小学校出身でしょ?と屋代に確認。屋代は確かに緑なんとか小学校出身だと万智が語っていたと答える。『じゃあこれ、マンチッチだ。懐かしいな〜彼女って陽気でしょ?』田部はそう言い、幼い頃の万智が朝から晩までクラスメイトを笑わせる陽気な少女だったと語り、屋代と庭野を驚かせるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

留守堂の告白

その日の終業時間。帰っていく足立を見送った庭野は、屋代に足立を一緒に尾行しようと言い始めた。足立を追えば、留守堂にたどり着き、留守堂と万智の関係性がわかるのではないかと庭野は語る。

庭野と屋代が足立を尾行した結果、フェンシングクラブから足立と留守堂が連れ立って出てきた。その後、2人は喫茶店へ。店外から庭野と屋代が見守る。

その後、出てきた留守堂は『聡、今日はありがとう』を足立をハグし、去っていった。『なんか恋人みたいですね・・・』と驚く庭野。庭野と屋代は引き続き、留守堂を追うことに。

その頃、とある廃校舎に万智の姿があった。真っ暗な廊下を懐中電灯を片手に進む万智は、やがてひとつの教室へ入った。

留守堂を尾行していた庭野と屋代は早々に留守堂に見つかってしまう。尾行していたことは明かさずに、喫茶店へ入る。しかし、尾行していたことはすぐにばれてしまった。

『あなたはうちの三軒屋とどういうご関係なのでしょう?』と屋代が切り出すと、『三軒屋さんは僕の憧れの人です』と留守堂は答えた。『愛情を抱いています。僕らは同級生で、その頃から愛情を抱いておりました』と留守堂は堂々と語り、『他に何か?』と尋ねる。『ありません・・・』屋代は何も言えず、留守堂は『じゃあ』と爽やかな笑顔を浮かべ帰っていく。

『田部さんに聞いてみましょう!』留守堂と万智が同級生なら、田部が何か知っているに違いないという庭野。

その後、田部の自宅を訪れた庭野と屋代は、田部から小学校の卒業アルバムを見せてもらった。そこに写る万智は、別人のような笑顔を浮かべ、頭に鳩を載せたり、口から万国旗を出している写真もあった。手品が得意だったと田部が語る。『でも留守堂ってのは、僕のクラスにはいないかな〜中学か高校の同級生じゃないのかな?』と田部は言った。

万智の笑顔を見たことがない屋代と庭野は、大きなショックを受けたまま、庭野の自宅を後にしたのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

露呈した奈々の秘密

今日は庭野が田部と奈々を内見へ案内する。『予算6000万円で青山の戸建てってこんなもんか〜帰りたくなるような家じゃないな』と田部は不満を漏らす。田部が席を外している間に、奈々がこの日初めて口をきいた。『洗面所に鍵はかかりますでしょうか?』庭野が確認した結果、洗面所に鍵はかかった。どうしても必要だったので良かったと奈々は笑顔を浮かべる。

しかし、その後、庭野がスチームバスの案内をしようとして誤り、奈々の頭上からシャワーをぶっかけてしまった。

ずぶ濡れになった奈々は、顔を隠しながら『私、お先に帰ります。お化粧取れちゃったので・・・』と田部の前へ。美人だから化粧くらいいいじゃないかと田部が言い、奈々の両手を顔からどかすと、そこには美人だった奈々の面影は全くない・・・『お前は誰だ!』田部は驚き、後ずさった。奈々は驚くべきメイクテクニックで、美人に見せていたらしい。美人でなければ結婚する意味はないと田部は言い、奈々を突き放す。奈々は泣きながら家を出て行った。

するとそこに万智がやってきた。『マンチッチ!?』驚く田部に『田部やん、あなたには私が家を売ります!』という万智。『庭野、お前は田部やんをお送りしろ!』万智はそういうと、奈々を追う。残された田部は『あれ、本当にマンチッチ?雰囲気変わったな・・・』と驚くのだった。

奈々を追って、自宅を訪れた万智。奈々はブサイクにもかかわらず、東大へ行き、同僚の中でも1番に出世した田部のことをブサイク界のスターだと評し、心の中から尊敬していると語る。『僭越ですが、私がお2人の仲を修復します!そして、家をお売りします!』と万智は宣言した。

ちちんぷいぷいでは、田部が呑んだくれていた。ブサイクの田部の人生は幼い頃から損ばかり。不幸なブサイクの歴史を断ち切りたかったと田部は語り、だからこそ美人とどうしても結婚したいのだと語る。

鍵村洋一(草川拓弥)と床嶋ゆかり(長井短)がバーで飲んでいると、足立が現れた。1人で飲みたい時もあるという足立は、この間留守堂と話した時のことを思い出す。

『なんで謙治はサンチーにそんなにこだわるの?僕を利用したの?』と切り出した足立。留守堂は利用したことになるかもしれないが、『今は聡も僕にとって特別な存在になってるから』と言ってくれた。足立はそのことを思い出し、最高の笑顔を浮かべるのだった。

その頃、万智が奈々の自宅を訪れていた。万智の後ろには、大きな荷物を持った庭野の姿がある。
 


<スポンサーリンク>

 

留守堂の驚くべき正体

翌朝、早く出社した屋代の前に万智が現れた。田部の家で卒業アルバムを見たと屋代は語り、笑顔が可愛かったと語る。すると、万智は『笑顔が見たいのですか?』と一言。屋代が見たいと言うと、万智は『では、いきます』といったのちに笑顔を見せた。『お〜〜〜〜!!』屋代は思わず声を漏らすのだった。

その日、田部がテーコー不動産にやってきた。奈々とは婚約破棄に至ったため、家を買うつもりはないという田部。『あなたと奈々様は外見ばかりを気にする似た者通しです。しかし、それは恥ずべきことではありません。一緒に来てください!』という万智。

万智が田部を連れて行ったのは、場所は青山だがかなりの築年数の古家だった。しかし、中は外観からは想像もつかないほどにフルリノベーションされている。

『だけど、外観があれじゃあ・・・』という田部に、あの外観があったからこそこの家が特別な家になるのだと万智は語る。普通に美味い店よりも、汚くて美味い店の方が価値が上がる。それは自分だけが良い一面を知っているという特別感があるため。『これがいわゆる、ギャップ萌えというものです!』万智は言い切った。

『よーい、スタート!』万智の掛け声を合図に、すっぴんの奈々がスクリーンに映し出された。『ダメだ・・・止めてくれ!』悲鳴をあげる田部。すると、フルメイクの奈々がスクリーンを破って、飛び出してきた。田部はいつも以上に奈々が輝いて見えることに気づき、奈々を受け入れることに決めた。

『田部様、奈々様、この家、6000万円でお買いいただけますか!?』と万智がたたみかけると、『買うよ!』と田部は答えた。

その日、発熱した屋代は会社を早退し、病院へ。薬局にて薬ができるのを待っていると、『サンペイヨシオ様〜』と受付に呼ばれ、薬を受け取った人物が留守堂であることに屋代は気づいた。田部の自宅で卒業アルバムを見せてもらった際、B&D(ブスでドジ)ランキング1位のドジスケがサンペイヨシオという人物なのだと田部が説明してくれたことを、屋代は思い出した。

その後、屋代は思わず留守堂を尾行。留守堂を追いかけ、廃校舎へ入った。

留守堂が入ったひとつの教室には、万智の姿があった。留守堂のことを、有休を使って調べたという万智。『あなたはヨシオちゃんでしょう?なぜ顔を変えたのですか?』と万智が尋ねると、『別人としてあなたに会いたかったから』と留守堂は答えた。

小学生の時、留守堂はデブでチビで、ブサイクだった。そんな留守堂の自宅に、毎週餃子を届けてくれる人がいて、誰だか探ろうとするも、結局誰だかわからなかったと留守堂は語る。

そんなある日、学校のプールで溺れた留守堂。留守堂を助けてくれ、人工呼吸をしてくれたのは万智だった。『その人工呼吸は、あの餃子の味がしたんだ・・・ぼんやりとした意識の中で僕は確信したんだ。毎週餃子を届けてくれた人はマンチッチなんだって』留守堂はそう遠い目をして語る。

高校2年の夏、忽然と姿を消した万智。留守堂が万智を見つけた時、万智は公園で震えていて、留守堂はそんな万智に何か欲しいものはあるかと問いかけた。万智は『欲しいもの・・・それは家。帰る家』と答えていた。『その言葉を聞いたから、僕は不動産屋になったんだ』と留守堂は語る。

万智が留守堂がドジスケだと気づいたのは、ルスドウケンジの文字の中にドジスケの文字があったから。内心では気づいて欲しかった気持ちがあったのかもしれないと留守堂は語り、『あの時と同じ気持ちで、僕はあなたを愛しています』と万智に告白する。2人の様子を、教室の外から屋代が見ていた。
 


<スポンサーリンク>

 

『家売るオンナの逆襲』第5話の感想

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第5話が終了しました。謎の男・留守堂の正体が明らかになった第5話となりました。

留守堂謙治と名乗っていた男は、実は三瓶良雄という人物で万智の小学校時代の同級生。美容整形で顔を変え、万智に近づいていたということでした。

万智が週1で留守堂の自宅に餃子を届けていたエピソードや、人工呼吸が餃子の味だったというエピソードは冷静になるとかなり笑えますが、北川景子さんと松田翔太さんの美男美女カップルが演じると、素敵な思い出のように思えるからすごいです。

自分の外見では万智には好かれないと考えた留守堂が美容整形で別人に生まれ変わり、愛する万智に家を用意するため、不動産屋になったということのようですが、今後どんな風な展開となっていくのか、気になります。留守堂が妻に告白している現場を目撃してしまった屋代ですが、その後屋代と留守堂が衝突しながらも、夫婦に家を売った留守堂が満足して去っていくという結末になるのか、どうなのか、楽しみですね。

そして、留守堂の正体を知った時、足立はどう反応するのかも気になります!

『家売るオンナの逆襲』第6話のあらすじ

留守堂(松田翔太)の正体は同級生の“ドジスケ”こと三瓶良雄であることが発覚!万智(北川景子)は留守堂から愛の告白をされる!
その様子を盗み見て衝撃を受けた屋代(仲村トオル)は帰り道、スーパーで優しげな女性店長・三郷楓(真飛聖)に出会う…。そんな中、万智と庭野(工藤阿須加)は美容院を経営する八十多湊人(武田航平)・つぐみ(内山理名)夫妻を担当する。家はすんなり売れそうだが、お互いの不倫を公認している“友達夫婦”だと言う八十多家の突飛な夫婦観に新宿営業所メンバーの価値観は揺さぶられる。
一方留守堂は大学教授の尾田順平(橋爪淳)から家探しの相談を受ける。妻・まり(筧美和子)の愛を独占したいと話す順平だが、夫婦関係は新鮮味を失っている様子。その夜、屋代から留守堂の正体を聞いた庭野は、留守堂が万智に近づくことに激しい抵抗を覚え、本人に直訴しに行く!しかし、『密かに思う心の自由』は誰にも侵すことはできないと諭され、いつの間にか留守堂と意気投合。
心を許した庭野から八十多家の話を聞いた留守堂は、自分の客・順平の妻と万智の客が不倫関係にあることに気づく…。翌日、契約のために来店する湊人だが、妻の不倫に気づいた順平が乗り込んで来て刃傷沙汰が勃発!二組の夫婦の家探しが暗礁に乗り上げる中、万智が協力を呼びかけたのは留守堂!手を組んだ二人の天才の下、新宿営業所をあげて驚愕のプロジェクトが始動しようとしていた…!!
引用元:ドラマ『家売るオンナの逆襲』公式HP

ドラマ『家売るオンナの逆襲』第6話を楽しみに待ちたいと思います。
 

 
今期話題のドラマや映画のネタバレあらすじを取り揃えております。ぜひ、チェックしてみてください!










Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

後妻業3話ネタバレあらすじ&感想 小夜子は安楽死請負人?女どおしのバトルがコミカルで面白い!

メゾンドポリス5話ネタバレあらすじ&感想 設定に無理あり!?44歳になった少年Aを覚えていた認知症患者

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
sharp-1844964_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
ページ上部へ戻る