2019春のドラマのあらすじまとめてます

メゾンドポリス3話ネタバレあらすじ&感想 ご褒美の缶コーヒーGET!惣一郎に認められたひより


高畑充希さん主演ドラマ『メゾンドポリス』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

第3話では、ゲスト出演者として橋本マナミさんが登場。動物連続殺傷事件から殺人事件へと発展していく今回の事件は、青いペンキが鍵となるようです。

以下、ドラマ『メゾンドポリス』第3話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、第3話の視聴がまだ・・・という方はご注意ください。

 

 

ドラマ『メゾンドポリス』第3話までのおさらい(ネタバレ

  • 密室で亡くなっていた独居老人・平松祥恵( 内田尋子)の死は、自殺ではなく他殺だった
  • 犯人はPTA役員の森元妙子(白羽ゆりと三上絵里花(中山エミリ)
  • 殺人の動機は不倫(三上)とSNS上での嘘(森元)がバレたことから、平松に揺すられていたため
  • 現場にウサギの毛が落ちていたことから、ラビットファーがあしらわれたコートを着用していた森元が浮かび、掌紋から犯行が確定した
  • 鑑識係で警部補・杉岡沙耶(西田尚美)は元科捜研法衣科科長・藤堂雅人(野口五郎)の2番目の妻だった

 

原作のトリックをそのままに、登場人物や殺人の動機が今風にアレンジされました。

また、自殺に見せかけた他殺事件を扱ったことで、ひよりの中に父の謎の死に対する疑問が浮かんだ様子。惣一郎に『警察が自殺だって思ってても、自殺じゃないことってあるんですね?』と確認するようなセリフがありました。

さらに詳しい第3話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら


原作小説『メゾンドポリス』とドラマの違いや、惣一郎やひよりの過去について先取りしたい方はこちらをお読みください。


 

 

『メゾンドポリス』第3話のネタバレあらすじ

AD

あらすじ

柳町北署管轄内のマンション建設予定地で、猫が殺害される事件が相次いで発生。猫の死体に青いペンキがかけられており通称「青猫事件」と呼ばれていた。

刑事課長の新木(戸田昌宏)からこの事件の捜査をメゾンに回すよう指示されたひより(高畑充希)は事件のあらましを説明するが、当のおじさまたちは全くやる気を示さない。そこに区の広報誌編集者・大槻仁美(橋本マナミ)がやってきた。青猫事件を誌面で取り上げたところ犯行予告が編集部に届いたのだが、警察が取り合ってくれずメゾンに相談に来たのだという。すると藤堂(野口五郎)らの態度が一変、全力で青猫事件の捜査をすることに。

その夜、ひよりはあきれながらも事件現場を訪れる。しかしそこで、猫の死体でも犯人でもなく、なんと青いペンキがかけられた人間の死体を発見してしまう。遺体発見の報を受け臨場した新木課長は居合わせたメゾンの先輩たちを露骨に煙たがる。そして嫌味を言われた夏目(西島秀俊)は、殺人事件は任せるが青猫事件のホシはこちらで追うと宣言する。

しかし、署に戻ったひよりは新木からメゾンのおじさまたちを監視するよう命じられ…。
引用元:ドラマ『メゾンドポリス』公式HP

以下、ネタバレになります。

青猫事件で人が犠牲に・・・

AD

メゾンドポリス。巡査部長・牧野ひより(高畑充希)が柳町北署の管轄内にある都民建設の予定地で、猫が連続させて殺傷されるという事件起こったことをおじさんたちに説明する。被害に逢った猫には、もれなく青いペンキがかけられていた。建設地には近々高層ビルが建てられる予定だ。

警察にも苦情が相次いでいて、生活安全課から刑事課に回されたものの、刑事課は手いっぱいなため、ひよりとメゾンドポリスのおじさんたちに回されたのだ。

もっと犯罪性が高い事件を持ってこいという元柳町北署刑事課警部補・迫田 保(角野卓造)。すると、区の広報誌『そよかぜ』編集者・大槻仁美(橋本マナミ)がやってきた。

猫の連続殺傷事件は通称・青猫事件と呼ばれている。その青猫事件の犯行予告がそよかぜに届いたため、事件解決にぜひ力を貸して欲しいという大槻。さっきひよりが説明した時には微塵の興味も示さなかったにもかかわらず、大槻の頼みならとおじさんたちは途端に態度を変え、事件の捜査に乗り出すことに応じるのだった。

事件現場で張込みを始めたひよりとおじさんたちと大槻。見回りに出たひよりと大槻が、建設予定地内部から不審な物音がすることに気づいた。大槻を待たせ、1人で内部に入るひより。しかし、そこには野良猫しかいない。その時、大槻の悲鳴が聞こえた。

ひよりが戻ってみると、大槻が『あれ・・・』と指差す。おじさんたちも悲鳴を聞いて駆けつけた。『猫じゃないみたいだね・・・』そこには人間の死体が転がっていた。体にはべったりと青いペンキがかけられていた。

死亡推定時刻は昨夜19時。その時間帯、ひよりとメゾンドポリスのおじさんたちにはアリバイがあったが、自宅に1人でいた大槻にはアリバイがなかったことから、疑いの目が向けられる。ひとまず警察署から解放されたおじさんたちと大槻だった。

なくなったのは歌田圭吾という事件があった建設現場で働いていた建設作業員だった。致命傷は頭を鉄床にぶつけた傷で、頭蓋骨には陥没痕があった。

捜査会議を聞いていた徹夜明けのひよりは、20年前、高遠建設で働いていた父・尚人が、建設現場で転落死した時のことを思い出したのだった。
 

 

4人の被疑者

猫から人に被害が及んだことから、メゾンドポリスのおじさんたちには撤退して欲しい警部・新木幸司(戸田昌宏)たち。しかし、メゾンドポリスのおじさんたちはそれを無視し、勝手に捜査を継続してしまう・・・

メゾンドポリスのおじさんたちは大槻に、そよかぜに届いた投稿を持って来させた。おじさんたちは投稿者の中に犯人がいると予想し、その線で捜査をすることにした。大槻のことをちやほやするおじさんたちに、いら立ちを募らせるひより。

『メゾンドエロスのエロジジイたちが!!』ひよりはそんな愚痴を言いながら、鑑識係で警部補・杉岡沙耶(西田尚美)といつもの居酒屋で飲む。翌朝、二日酔いのひよりのもとに、元捜査一課主任・夏目惣一郎( 西島秀俊)から聞き込みに行くからすぐに来いと電話がかかってくる。

メゾンドポリスに駆けつけたひよりが、惣一郎にどやされながら車に乗り込んでいく様子を、離れたところから大槻が見ていた。

AD

メゾンドポリスのおじさんたちは、締め切りギリギリで投稿してきた人物に犯人を絞った。

1人目は工藤千代子、猫の絵を投稿している。工藤は青猫事件について怒りを募らせていた。

2人目はビルの警備員・瀬戸。詩を投稿している。青猫事件については知らず、犯行予告時刻は勤務中だったという。

3人目は山崎緑。窓から見える富士山を写真におさめ、そよかぜに投稿している。事件当日は家にいて、それを証明できる人間はいなかった。

4人目は土屋亮治、鳥に餌を与える近隣住民に関するクレームをそよかぜに寄せていた。

AD

これで全員の聞き込みが終わった。『お前も手作り弁当くらい持ってきたらどうだ?』という惣一郎にひよりが苛立ちを募らせるが、そんなことなどお構い無しに惣一郎が『で、お前の見立ては?』と聞いてきた。

現場に巻かれたペンキは相当な量あって重量もあることから、犯人は男性に違いないというひより。警備員の瀬戸にはアリバイがあったため、ひよりは土屋が最も疑わしいと答える。『一応、バカじゃないみたいだな』と惣一郎。

その後、2人は現場へ張込みへ。不審な人物がペンキ缶らしきものを片手に、現場へ入っていくのを発見する。ひよりはその男性を確保した。男性は土屋だったが、土屋が手にした缶には猫の餌が入っていた。鳥は嫌いだが、猫は大好きだという土屋だった。
 

 

科学捜査が明らかにした真実

AD

『殺してしまった責任を取ります』という投稿がそよかぜに届いたと、警察へ大槻がやってきた。犯人が自ら命を絶つ可能性が出てきた。

そこへひよりの携帯に、惣一郎から電話がかかってくる。『仁美さんが来たか?それより上司を連れてすぐに現場へ来い!藤堂(野口五郎)さんが実験を見せたいって』

現場に新木らを連れ、到着したひより。『僕らが現場に到着した時、まだペンキは生乾きだった』藤堂はそう言うと、ひよりを被害者の遺体に見立て、身体の上にペンキをかける。それから時間を置くことになる。

『牧野、あんたさ、お父さんどうしたん?捜査資料に転落死って書いてあった』杉岡が話しかけてきた。ひよりは警察には転落死だと説明されたが、自分は信じていないと答えた。

その時、ペンキをかけてからまだ30分しか経っていないのに、ペンキが乾き始めた。速乾性が高い業務用ペンキだったからだ。

となると、被害者が殺害されたのが19時、ひよりたちが遺体を発見したのが21時。ペンキは20時半にかけられたということになる。

現場にあった高層ビルの建設予定地であることを示す看板にも青いペンキがかけられていた。それを惣一郎が剥がしてみると、そこには赤いスプレーペンキで『建設反対!』と書かれている。それを見たひよりと惣一郎は犯人が誰なのか、わかったようだ。ひよりたちが駆けつけたのは、山崎緑の自宅だった。

AD

山崎の自宅はもぬけの殻となっていて、山崎の夫の遺影がなかった。『きっと富士山が見える場所だよ!』と惣一郎が声をあげ、ひよりが『旦那さんが好きだった場所・・・』とつぶやいた。
 

 

もう1人いた犯人

とある建物の屋上で、自殺しようとしている山崎のもとへひよりたちが駆けつけた。高層ビルが建つことによって、自宅の窓から富士山が見えなくなることが耐えられなかった山崎。山崎が看板へ建設反対と書き込んだ時に、ちょうど歌田に見つかり、もみあいとなるうちに歌田は鉄床に頭を打ち付け、亡くなってしまったらしい。『殺意はなかったんですよね?』とひよりが歩み寄ると、山崎は『ごめんなさい・・・!』と泣き崩れた。

事件解決を祝うメゾンドポリスには、大槻の姿があった。大槻とまたもや比較され、気を悪くしたひよりは早々に帰っていく・・・と思いきや、ひよりが向かったのは事件現場だった。

『やっぱりあなただったんですね?木曜日の仕事終わりに、現場へ来ると思ってました』そこには警備員・瀬戸の姿があった。歌田を殺したのは山崎だったが、猫を殺傷したのと、遺体にペンキをかけたのは瀬戸だったのだ。

ひよりが瀬戸を疑ったのは、投稿者の中で瀬戸だけが左利きだったからだ。看板にかけられていた青いペンキは左から右に向かってかけられていて、左利きの人間が振りかぶってペンキをかけたことを示していたのだった。

『自己満足で遺体を利用して!少しは悪いと思わないんですか?!』とひよりが迫る。しかし、瀬戸から反抗され、ひよりはピンチに陥る。すると、そこへメゾンドポリスのおじさんたちと大槻が駆けつけた。

『なんだお前ら?』という瀬戸に、『近所に住んでる隠居ジジイだよ』と答えるおじさんたち。惣一郎の手によって、瀬戸は確保された。

『勝手に1人で行動するな。・・・ほら』惣一郎がひよりに歩み寄り、レジ袋を差し出す。中には缶コーヒーが入っていた。それは聞き込みの時に惣一郎がいつも自分の分だけ買ってくる缶コーヒー。ようやく相棒と認められたような気がして、ひよりは嬉しそうに缶コーヒーを一気飲みするのだった。

AD

その後、発行されたそよかぜの編集後記には大槻が綴った文章が掲載されていた。(メゾンドポリスにすっかり魅せられてしまった私ですが、どうやら私が付け入る隙はなさそうです)

元警察幹部・伊達有嗣(近藤正臣)の部屋へ、藤堂が今回の歌田殺害事件の捜査資料を持って入って来る。『知ってたんですね?あの時の娘さんだってこと』藤堂が差し出した資料には、発見者の欄にひよりの名前があり、家族構成として『父:20年前に転落死』と書かれていた。

『どうするんですか?』と藤堂に尋ねられ、伊達は『気づいた時、あの子がどうするか・・・それを見て決めます』と答えるのだった。
 

 

『メゾンドポリス』第3話の感想

AD

ドラマ『メゾンドポリス』第3話が終了しました。今回も原作がアレンジされていて、山崎以外にもう1人の犯人がいて、それが瀬戸だったという意外な結末となりました。

メゾンドポリスのおじさんたちと仲がいいひよりの姿を、複雑な表情で見ていたこと、またアリバイもなかったことから、橋本マナミさん演じる大槻仁美が怪しい・・・と思いましたが、単にひよりに嫉妬していただけというオチでした。お弁当持ちで張込み現場へ現れるところもちょっといやらしいな〜と思っていたのですが、ただの熟年男性好きだったようですね。

第3話では、女子力が高い大槻と何かと比較されるひよりが可哀想でしたが、ラストには惣一郎からついに缶コーヒーを買ってもらえ、素直に喜ぶ姿が本当にかわいかったです。

そして、やはりひよりの父の転落死はただの転落死ではないようです。尚人の死が転落死と偽られたこと、そしてその理由を元警察上層部の伊達は知っているのでしょう。今後の展開が楽しみです。

AD

メゾンドポリス第3話の評価やYahoo!テレビ・Twitterのみんなの感想はこちらです。

『メゾンドポリス』第4話のあらすじ

AD

ある日、貫井秀之(山本涼介)という大学生がバットで殴打される事件が発生した。幸い命に別状はないが、所属するバスケ部に復帰できるまで1年程度かかるという。迫田(角野卓造)はひより(高畑充希)がこの事件を担当だと知っており、無理やり捜査に加わる。

迫田はひよりと夏目(西島秀俊)を伴い秀之の病室を訪ね、言葉巧みに秀之から新たな情報を聞き出す。毎日自宅の駐車場でバスケの練習をしているのだが、そのボールが画鋲だらけになったことがあるというのだ。秀之が語った“画鋲事件”は昨年12月に起きていた。また、過去には練習音が原因で近隣と揉めたこともあるという。そして秀之の同級生・櫻井陽斗(福山康平)が捜査線上に浮かんだ。着々と捜査が進む中、柳町北署では刑事課長の新木(戸田昌宏)が迫田の捜査への関与を露骨に嫌がっており、ひよりは監視しろと命令される。

そんなひよりは迫田たちと陽斗に話を聞きに行くが、浪人生の陽斗はオドオドした様子であまり多くを話さず部屋に入ってしまう。しかし、母親の貴美子(村松恭子)は事件の時間に陽斗がPCでネットゲームをしていたと証言する。

翌日、ひよりがメゾンを訪れると迫田や高平(小日向文世)たちおじさま全員がネットゲームを始めていた。高平がゲーム内の掲示板で目撃情報を集めていると、そこには暴行の依頼が。迫田たちは最初のターゲットとして名前が挙がっていた田口哲也(清水章吾)に接触する。
引用元:ドラマ『メゾンドポリス』公式HP

ドラマ『メゾンドポリス』第4話を楽しみにしたいと思います。
 

 
今期話題のドラマや映画のネタバレあらすじを取り揃えております。ぜひ、チェックしてみてください!












Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です