スキャンダル専門弁護士QUEEN 2話ネタバレあらすじ&感想 氷見に殺人犯疑惑浮上!伏線多すぎで序盤退屈に


竹内結子さん主演ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

第2話で弁護士・氷見江(竹内結子)たちが取り組むことになるのは、週刊誌にセクハラ疑惑を報じられたある広告代理店の危機管理。セクハラをなかったことにしたいクライアント側とその背後で苦しむ被害者。双方にメリットのある形で、どう氷見たちが収束をはかるのか、注目が集まります。

以下、ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、第2話がまだ・・・という方はご注意ください。


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話までのおさらい(ネタバレ

  • 第1話のミッションはアイドルグループ・フォレストの仲間割れによる炎上騒動の収束
  • 背後には、メンバー・赤江桃子(中村ゆりか)の性同一性障害があり、皆解散したがっていたが、事務所の違約金が払えないため、無理やり解散へ追い込もうと騒動を起こした
  • 氷見は生放送の謝罪会見にて、フォレストに事務所の許可なく解散宣言をするよう指示
  • 事務所は怒り狂うが、過去フォレストの仕事を取るために数々の不正をしていたことを氷見が掴んでいて、不正が明るみに出ないよう、計らってもらう交換条件として解散を認めた

この時間帯のドラマらしくない映像や構成が賛否両論を呼んでいるようです。

また、舞台裏で騒動の収束をはかることが主人公に仕事だけに、氷見の動きがわかりづらいことからドラマの理解が難しいという声もあるようですね。

新しいタイプのドラマだとは思うので、もう少し行方を見守りたい感じではありますが、第2話はどうなるでしょうか??

さらに詳しい第2話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら



<スポンサーリンク>

 

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話のネタバレあらすじ

あらすじ

鈴木法律事務所・危機管理部。リーダーの氷見江(竹内結子)のもとに新たな案件が持ち込まれる。やって来たのは、大手広告代理店人事部長の藤原貴美子(国生さゆり)とクリエイティブディレクター、谷正輝(波岡一喜)。谷の契約社員へのセクハラ疑惑が週刊誌『週刊文新』に掲載されたことで、代理店の仕事に支障をきたしていた。谷と貴美子は事実無根を訴えるが、すでに問題はSNSなどでも拡散され、代理店側は圧倒的に不利な状況にあった。氷見は状況把握のため代理店を調査すると告げる。

早速、与田知恵(水川あさみ)と藤枝修二(中川大志)が代理店に赴き、社員たちに話を聞くのだが、谷のセクハラについての証言は得られない。その頃、氷見は『週刊文新』の編集部を訪ねていた。敏腕記者の東堂裕子(泉里香)の紹介で編集者、堀川太郎(津村知与支)に接触した氷見は、谷の被害者が暴露本を出版しようとしていることを知る。一方与田は貴美子から谷の被害者の名を聞き出すことに成功する。

氷見と与田は被害者の女性、佐藤瑠璃(成海璃子)に会う。氷見は金銭的な解決での出版中止を求めるが瑠璃は拒否。金の問題ではなく、谷に謝罪して欲しいと言う。氷見は瑠璃の言葉を貴美子に伝えるが…。

引用元:ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』公式HP

以下、ネタバレになります。

セクハラはあったのか?

時期首相候補・東と弁護士・氷見江(竹内結子)の2ショット画像が事務所に届いた。『これ出回ったら、仕事減りますよね・・・』と心配する弁護士・藤枝修二(中川大志)に、そんな簡単な話ではないという事務員・真野聖子(斉藤由貴)。次の選挙に不利になると考えれば、政党が本気で潰しにかかってくると真野は語る。

『セクハラ野郎が作ったCMなんか観たくないですよ!』『ターゲットにされたのは立場の弱い契約社員なんでしょ!?許せない!』テレビではセクハラ疑惑が週刊誌に報じられた大手広告代理店のクリエイティブディレクター・谷正輝(波岡一喜)への批判の声をあげる一般女性たちの声が流されている。氷見の元へ、何とかしてくれと谷と人事部長・藤原貴美子(国生さゆり)がやってきた。谷はセクハラはしていないと主張し、今回のセクハラ疑惑のせいで会社に迷惑をかけていることが申し訳ないと語る。

後日、谷の会社を弁護士・与田知恵(水川あさみ)と藤枝が訪れた。社員らに話を聞いて回るが、皆立場のことを気にしてか、口をつぐんだ。

その頃、氷見は出版社へ。谷の記事を書いた編集者・堀川太郎(津村知与支)に会いに来たのだ。堀川はパワハラセクハラは被害者がそう感じれば事実があったということになると語り、今被害者の暴露本の出版へ向けて動いているのだと明かした。『顔出しすればいいのに〜』氷見はそう言い、今世の中へ出て行けば、被害者女性は悲劇のヒロイン、もといセクハラ被害で悩む女性の救世主になれると堀川を焚きつける。『・・・そうかも!』堀川は顔を輝かせた。

暴露本が2週間後に出版予定であることを藤原に報告した氷見たち。『もう一度確認しますけど、本当にセクハラはなかったんですか?』確認する氷見に、『だからないって言ってるでしょ?!』と藤原は声を荒らげる。

堀川から聞いた情報を元に、氷見と与田は被害者女性である佐藤瑠璃(成海璃子)にコンタクトを取ることができた。3年前から契約社員で働いていたという佐藤に、谷は無茶な仕事をふり、拒否すれば『身体を使う仕事に変えてやろうか?』と迫ってきたのだと佐藤は語る。佐藤が望んでいるのは示談金ではなく、謝罪だった。

これを受け、氷見は谷に佐藤へ謝罪をさせることにした。『利益相反って怒られません??』相手が応じるわけがないという与田。

氷見は所長・鈴木太郎(バカリズム)と共に、藤原のもとへ。しかし、藤原はセクハラはなかったのだから、謝罪もしないの一点張りだった。


<スポンサーリンク>

 

騒動は痴話喧嘩?

そんな中、佐藤が顔と実名を出し、メディアに登場した。これにより、売名行為ではないかという声が殺到し、ネット上は大炎上。佐藤の実家や中学の卒アルまでネット上へ公開される事態となってしまう。

『あなたたちの仕業ですか!?』怒った佐藤が事務所を訪れる。氷見たちは自分たちは炎上へは関わってはいないと主張し、これで風向きが変わったとほくそ笑むのだった。

しかし、谷のパワハラを録音した音声が流出した。この音声で谷がセクハラしたことにはならないから、謝罪はしないと一点張りの藤原。『謝罪なしで相手を黙らせるのが、あなたたちの仕事です。わかった?』話し合いは決裂した。

スポーツジムにて、報告を受けた真野は、佐藤が『谷さんに気があるんじゃないの?』という。トレーナーから被害を受けたという女性がジムに来ていたという話を氷見たちは聞いた。

与田は佐藤のもとへ。『付き合ってたんですか?谷さんと』と切り出す。しかし、佐藤ははぐらかし、『上司に朝まで土下座しろって言われたことありますか?上司に跪けって言われたことありますか?度量もない、オリーブオイルでテカテカな上司に!』と苛立ちを露わにする。

谷はオイルマッサージの常連らしい。真野がセラピストに扮して谷に接客し、居眠りを始めた隙に金銭の動きに関するデータを盗み出す。その結果、谷が経費として不正に金を使い込んでいることが発覚する。

氷見は与田共に、広告代理店の男性らと合コンした。『広告代理店の愚痴聞きたい!』と甘えた声を出し、情報を聞き出す。ノルマ達成が厳しいとの話が聞けた。

また、藤枝が藤原に接触した。バーにて、藤原から愚痴を聞き出す。藤枝は藤原のカバンから覗いている資料を抜き出すことに成功した。それは発売前の記事だった。

そこには谷にセクハラの事実があり、経費への着服が発覚したという内容が書かれている。

『どうしてセクハラを認めたんですか?』藤原のもとを訪れた氷見たちに、藤原は自分が間違っていたと謝罪し、報酬も約束通り支払うと約束する代わりに、暴露本の出版だけは差し止めにして欲しいと頭をさげるのだった。

あまりの藤原の態度の変わりように、人気ディレクターの谷を切ってでも会社に何か隠したい事実があるに違いないと氷見たちは疑念を抱く。真野が会社が手がけたデザインが別のデザイナーのデザインに似ているとつぶやいたことをきっかけに、『見えてきたね!』と氷見が声を上げた。


<スポンサーリンク>

 

解決へ

会社は営業部に半端ではない圧力をかけ、膨大な量の仕事を取ってきていた。それらをデザイナーがこなすうちに、手抜きするしかなくなり、盗作まがいの作品ばかりになってくる。会社はこの事実を隠したかったようだ。

また、氷見たちは谷と佐藤がお揃いのアクセサリーをしていることに気づく。谷から佐藤へののパワハラ・セクハラは、年下彼女の佐藤からふられた腹いせだったのだ。

2人を事務所へ呼んだ氷見は、いがみ合う2人に、あなたたちは会社に利用されているだけだと諭す。まず、氷見は谷に、求められている謝罪をするよう提案した。

次に、氷見は佐藤にセクハラがあったことは事実だが、世間を巻き込み、暴露本まで出すほどのことなのかとなだめる。しかし、佐藤は谷のことを一瞬でも素敵だと思ったことが恥ずかしいと言い捨て、暴露本は予定通り出版すると言い、去っていった。『あれしかないか!』氷見はそう言い、藤原のもとへ向かう。

藤原と社長に、氷見は会社の業務体制のせいで盗作まがいの作品ばかりがあふれるという事態に陥っていることを指摘。その事実だけは公にしたくないという社長の意向があり、結局藤原と谷がセクハラの事実を認め、謝罪会見を開くことになった。

直後、『セクハラ報道に新事実!2人は恋人だった』という記事が出た。これを受け、2日後に発売を控えていた佐藤の暴露本は出版中止となる。

『クライアントでもないあなたの望み、叶えましたよ?』佐藤の前に現れた氷見が告げる。去ろうとする佐藤に、氷見はインスタをフォローしたいと切り出し、『なんかキラキラしてて、いい!』と言うのだった。

谷と佐藤が付き合っていたという記事を書いたフリーランス記者・モロに、情報を渡していたのは与田だった。与田にモロを中華料理店に呼び出させた氷見は、モロの前へ。次期首相候補の東と氷見のツーショット画像を事務所へ送りつけてきたのが、モロだったことが発覚する。どうやらモロは、氷見と東の交際を世に出さない見返りとして、氷見からある情報を聞き出そうとしているようだ。

『あの時のこと、教えてくれたら世に出しませんよ?』というモロに、『あの時って?』ととぼける氷見。モロはスクラップにした新聞記事を差し出し、『あなた人殺してますよね?』と氷見に迫るのだった。


<スポンサーリンク>

 

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話の感想

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第2話が終了しました。セクハラ報道の背後に、ブラックな業務体制があることが明らかになった第2話でした。

セクハラの有無で話を引っ張っていき、セクハラはあったものの実は背後に当事者どおしの恋人関係があり、また会社がその騒ぎにより本当に明るみに出したくない事実を隠そうとしている・・・という筋書きはよく考えられていると思います。しかし、最後の最後まで伏線のオンパレードで、終盤一気に解決していくというスタイルが、物語を理解しづらくしてしまっているように感じます。

何がどうつながるのか、全くわからない状態で30分以上、ドラマを観続けるのは少し苦痛かもしれません。冒頭に出てきた次期首相候補と氷見の密会画像が、モロによって送られたもので、その目的が氷見がかつて関わったとされる殺人事件に関する情報を聞き出すためだったという展開は意外でしたが、いろいろな話が飛び飛びでちりばめられているため、イマイチ全体的な話の流れがわかりにくく感じますね。

奇をてらわず、普通にわかりやすく作ると良かったのかもしれません。


<スポンサーリンク>

 

『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第3話のあらすじ

第3話では、警察に恋人殺しの容疑者にされてしまったフィギアスケート選手の疑いを晴らすことがミッションとなりそうです。

鈴木法律事務所では、次から次へと舞い込む仕事に氷見江(竹内結子)と与田知恵(水川あさみ)は休みも取れないと愚痴っている。そんなところに、副所長の鈴木太郎(バカリズム)が新たなクライアントを招き入れた。マネージャの間宮智也(片山亨)、コーチの渡瀬美央(村岡希美)に伴われて現れたのは、フィギアスケート選手の相馬紀子(白石聖)だった。紀子の来訪に氷見たちは仰天するも、紀子の依頼内容を聞くと、さらに仰天をすることに・・・。

スキャンダル専門弁護士 QUEENスキャンダル専門弁護士 QUEEN
世界大会で金メダルを獲得し、日本で記者会見を開いた翌日、婚約者である塚越健太(穂満佳佑)の家に向かった紀子。そこには、何者かに殺害された婚約者の姿が・・・。第一発見者であり、凶器から指紋が検出さたため、紀子は警察から最有力な被疑者にされてしまったのだ。しかし、紀子は塚越の遺体を前に気が動転し、思わず凶器に触れてしまっただけで、殺害したのは絶対に自分ではないと氷見たちに主張。さらに、2日後に予定している凱旋パレードが終わったら、自身が生活拠点としているアメリカにすぐに戻りたいので何とかして欲しい、と助けを求める。氷見、与田、藤枝修二(中川大志)、真野聖子(斉藤由貴)らは、ひとまず他に被疑者がいないか四方八方を探ることに。すると、塚越は紀子のライバルとして目下、頭角を現しているフィギュアスケート選手の青山リナ(石田ニコル)とも付き合っていたという事実が発覚し・・・。
引用元:ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』公式HP

ドラマ『スキャンダル専門弁護士QUEEN』第3話を楽しみに待ちたいと思います。








Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

家売るオンナの逆襲2話視聴率とネタバレ感想みんなの評価 BL展開とピン子の演技や脚本に高評価!

スキャンダル専門弁護士QUEEN 2話視聴率とネタバレ感想みんなの評価 賛否両論,面白くなさ過ぎの声も

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る