トレース科捜研の男2話ネタバレあらすじ&感想 重過ぎる展開に胸詰まる…異例の月9はどう転ぶ?


錦戸亮さん主演ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

第2話で科捜法医研究員・真野礼二(錦戸亮)と 沢口ノンナ(新木優子)が鑑定することになるのは、ある大学病院の外科医が殺害された事件。

現場に残された血痕のDNAが逮捕された容疑者のものと一致しない中、果たして真野たちはどのように真犯人にたどり着くことになるのでしょうか?

以下、ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』第2話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、第2話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』第2話までのおさらい(ネタバレ

  • 科学捜査により、被害者の家庭にあったDVが判明
  • 科学捜査により、真犯人がDV加害者である被害者の父ではなく、隣室の男であることが判明
  • 犯人は被害者宅を盗聴していて、自らもDV経験者であることから、被害者に感情移入し、異常な愛情を抱いていた
  • 真野(錦戸亮)は一家心中事件の被害者?

さらに詳しい第2話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら


 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』第2話のネタバレあらすじ

あらすじ

科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸 亮)と沢口ノンナ(新木優子)は、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)から東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)が殺害された事件に関連するDNAの照合鑑定を依頼される。
事件が起きたのは、真田の教授就任を祝うパーティーでのことだった。席を外したまま戻らなかった真田を探しに行った娘の有里(関めぐみ)が、控室のバルコニーから転落死している父親を発見したのだ。そのとき有里は、現場から逃走する男の姿を目撃していた。真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残っていた。また、バルコニーの手すりには真田の靴の跡があった。これらの状況から、犯人は真田にナイフを突きつけたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えられた。警察は、防犯カメラの映像から被疑者の宮永 渉(篠原 篤)を拘束していた。現場から採取された血液と宮永のDNAが一致すれば事件は解決だと意気込む虎丸。しかし、照合の結果は不一致だった。

虎丸は、捜査一課長の江波清志(篠井英介)から、1週間以内に犯人を逮捕できなければ班を解散させる、と叱責されるが、それでも犯人は宮永だと主張。真野やノンナらを連れて事件現場のレストランを徹底的に調べ直す。だが、仕事へのプレッシャーから眠れない日々を過ごしていたノンナがふいに意識を失って倒れてしまい…。

引用元:ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』公式HP

以下、ネタバレになります。

残された血痕は誰のもの?

東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)の教授就任を祝うパーティー会場で、席を外したまま戻らない父のことを探す娘・有里(関めぐみ)。有里は父の控え室へ向う途中、向こうから走ってきた男とすれ違った。直後、有里は控え室のバルコニーから転落死している父の姿を発見し、悲鳴をあげた。

科捜研に、真田の事件の鑑定結果を聞きに、警視庁捜査一課刑事・虎丸良平(船越英一郎)が現れた。防犯カメラの映像から、パーティー会場に従業員として忍び込んでいた被疑者・宮永渉(篠原篤)がすでに確保されている。宮永の手には刃物で負ったらしい傷があった。現場に残っていた血痕のDNAが宮永のものと一致すれば、宮永の逮捕に繋がる予定だ。

現場にあった血痕は、宮永のものに違いないとタカをくくっていた虎丸だったが、科捜法医研究員・真野礼二(錦戸亮)が現場に残された血痕のDNAは、宮永の毛髪から採取されたDNA型と一致せず、また被害者・真田のものとも一致しなかったことを明かす。

宮永は真田の殺害を否定していた。自分が控え室へ来た時には、すでに真田は息絶えていたと宮永は語る。DNAが一致しない以上、自白もなければ誤認逮捕となる。結局、宮永はその後証拠不十分で釈放され、警察の責任を追及するニュースが連日流れることになる。

これを受け、警視庁捜査一課課長・江波清志(篠井英介)から呼び出された虎丸。虎丸はあと1週間で事件を解決へ導けなければ、現場から追放すると宣告されてしまった。

真野が現場で証拠を探していると、被害者の娘・有里が現れた。『なんであの男が釈放されたんですか?私見たんです!』宮永が釈放されたことが納得できないと訴える有里に、証拠を見つけ、自分が必ず逮捕すると約束する虎丸。その時、科捜法医研究員・ 沢口ノンナ(新木優子)が貧血を起こし、倒れてしまった。

ノンナは過労からくる軽い貧血だった。処置を受けたノンナと真野は、有里から話を聞くことに。心臓に持病があり、幼い頃から父の背中を追って医者になり、生きて来た有里にとって、今回の父の死が与えた影響は計り知れない。有里は犯人を探し出してくれと、真野たちに頭をさげる。

『実は一つ、気になっていることがあります』真野はそう切り出し、現場の手すりにあった靴跡から、死の直前、真田は手すりに乗った状況で、犯人と会話を交わしていた可能性があると真野は語る。となると、犯人は真田の知り合いで、かつ真田に対して深い恨みを持っている人物になる。真野は、真田が誰かから恨まれていたようなことはなかったかと有里に尋ねるが、有里は人望の厚かった父にそんなことはなかったと否定するのだった。

ノンナは最近食事ものどを通らない。心配する沢口カンナ(山谷花純)に、ノンナは『もう辞めたい・・・』と切り出した。だが区へ残れなかったのだから頑張るしかないと励ます妹の声はノンナに届かない。

その頃、科捜研に1人の真野は、過去に想いを馳せていた。『絶対、お兄ちゃんがやったんじゃない!』幼い真野はそう刑事らにすがった記憶を思い出していた。
 


<スポンサーリンク>

 

血に染まった折り鶴の謎

翌日、仕事終わりのカンナを現場へ連れ出した真野。真野はどうしても靴跡が気になるらしい。室内では激しく抵抗したあとがあったにも関わらず、手すりに登った状態で振り返る余裕があるというのは不自然だった。

バルコニーを下から眺める真野とノンナの元に、頭上から何かが降ってくる。それは血に染まった折り鶴・・・

折り鶴は10年以上の古い紙でおられたもので、宮永の指紋が見つかった。 DNAに関しては欠損が激しく、誰のものかまではわからなかった。

真田の葬式にて、ノンナは有里とある女性が話しているところを目撃した。『あなたに謝なければならないことがあるの。お父さんが殺された理由について』と切り出したその女性。ちょうどその時、マスコミが殺到し、2人の会話は打ち切られた。

『あの人誰なんですか?』その場が落ち着いた後、有里に尋ねたノンナ。しかし、有里はあの女性が誰なのか、思い出せないと語る。『実は昨日父の遺品を整理していたら、妙なものが出てきたんです・・・』有里はそう切り出し、その折り鶴に血に染まっていたことを明かした。

有里にその折り鶴を提供してもらった結果、どちらも同じ紙で折られていて、O型の女性の血液が付着していたことがわかった。虎丸は有里の記憶を元に、昨日葬式に現れた女性の似顔絵を作製することにする。

その後、有里とお茶をしたノンナ。ノンナの体調を気遣ってくれる有里に、ノンナはつい最近まで大学院で遺伝子の研究をしていたことから、医師という仕事を尊敬すると語った。また、ノンナは最初から科捜研に入りたかったわけではないため、今科捜研に入って戸惑っている心情を明かした。

『確かに医師の仕事とは違うけど、人を救うことができると思います』有里にそう言われ、ノンナは考える表情を見せるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

宮永の特異体質

虎丸が公安が扱う裏のデータベースで、真田の衣服に付着していた血液のDNAと照合した結果、それが岸田テツヤという58歳の男性のものだということがわかった。宮永と岸田の共犯に違いないと確信する虎丸。しかし、岸田は犯行を否定。実際、岸田の身体には傷ひとつなかった。

『写真を見せてもらえませんか?』岸田の身体検査の際の写真が見たいと真野が切り出す。岸田の背中には、赤い小さな傷跡が点々とあった。

『先ほど折り紙の血液を除いてみました。見てみてください』真野が差し出した用紙には、『中原』という名前がはっきり見て取れた。どうやら、これは答案用紙で折られたもののようだ。

犯行直後に宮永が包帯を買いに来たという薬局が見つかった。しかし、現場からは宮永の血液は見つからなかった。そこで、真野は当時宮永が支払った現金に血液が付着しているのではないかと思いつく。店主に見せてもらった結果、宮永の血液が付着した500円玉が見つかった。

鑑定した結果、真田の衣服に付着した血液が、宮永のものでもあることがわかる。宮永は岸田から骨髄移植を受けていたらしい。岸田の腰の傷跡は骨髄提供した際の傷跡。骨髄移植を受けた際、毛髪と唾液は本人のDNAのままだが、血液のDNAは提供者のものになるのだ。これならば、衣服に付着していた血液のDNAから、岸田が導き出された理由にも説明がつく。

虎丸が宮永の自宅を調べた結果、有里の写真が見つかった。また、折り鶴を折った女子高生・中原サチヨが当時宮永と交際していて、事故に遭い、緊急手術を受けた際の担当医師が真田だったこともわかった。宮永はサチヨの命を救えなかった真田の医療ミスを確信し、その娘・有里の命まで狙っている可能性が高くなる。虎丸、真野とノンナは有里の元へ向かうことにした。

その頃、宮永はすでに有里が働く病棟へと侵入していた。駆けつけた真野たちが有里の姿を探すが、なかなか見つからない。

その時、有里の悲鳴が聞こえた。宮永に襲われたのだ。『恨むなら、親父を恨め』宮永はそう告げ、有里に近づくと馬乗りになり首を絞め始めた。しかし、宮永は急に首を絞めるのをやめ、立ち上がる。そこへ虎丸や真野が駆けつけ、宮永は御用となった。
 


<スポンサーリンク>

 

明らかになった真相

宮永が白血病を患って入院していたのは高校生の頃。宮永のために、宮永の交際してい女子高生・サチヨは折り鶴を折っていた。しかし、ある日工事現場から資材が落下し、下敷きになってしまったサチヨ。サチヨには真田による緊急手術が行われたが、事前には助かるといっていたにも関わらず、結果脳死となり、臓器提供に回されることになったと宮永は真田から告げられた。

当時、娘・有里の心臓移植待ちをしていた真田は、サチヨの心臓が有里に適合する一縷の望みをかけ、サチヨに筋弛緩剤を投与した。それを目撃していたのが、手術に立ち会っていた三井アツコという医師で、葬儀に訪れた女性だった。三井の前に現れた宮永に訴えると脅迫され、真相を明かしたのは三井だったのだ。

また、宮永の証言から、バルコニーでの真田との会話の内容もわかった。現れた真田に人殺しと責められ、真田は謝罪し、罪の意識からサチヨの手に握りしめられていた折り鶴を持っていたことを明かし、自ら命を絶とうと手すりに登った。その背中を押したのが、宮永ということだった。

真相を知った有里はショックを受け、『私、生きていていいんでしょうか・・・?』と涙を流しながら、つぶやく。すると、真野が、なぜ宮永が途中で首を絞めるのをやめたのかを明かし始めた。あの時、有里の首を絞めた宮永は脈動を感じ、有里の心臓が動いているのを感じた。この手で愛する人の心臓を止めることはできない。宮永はそう感じ、手の力を緩めたのだと真野は明かした。『宮永さんはあなたをじっと見下ろして、泣いていたんです』真野はそう続け、『あなたは受け継いだ命を大切にしていくべきです』と告げるのだった。

病院からの帰り道、本当に全てを有里に明かして良かったのだろうかという思いに苛まれるノンナが、『これなら、知らなかった方がマシです』と漏らす。真野は『どんな真実でも、知らない方が良かったなんてことはない。進むべき闇の中で立ち止まっていることは何よりも辛い。遺族は進むべき道がわかって初めて救われるんだ。それを手助けするのも、科捜研の仕事だ』とノンナに告げ、『お前はよくやった』と微笑む。それから、ノンナは科捜研の仕事にやりがいを感じられるようになったのか、意欲的に仕事に臨むようになった。

ある日、帰宅途中に公園を立ち寄った真野は、兄が公園に立っている錯覚を見る。自ら首をつった兄だ。『兄ちゃん・・・』真野が呼ぶと、兄の姿は消えた。真野は消えた兄に向かって、『あの日、何があったの?教えてよ、兄ちゃん・・・』と呼びかけるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』第2話の感想

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』第2話が終了しました。科学捜査により、事件の背後に、驚くべき被害者の罪があったことが発覚した第2話となりました。

原作のエッセンスを元に、ほとんどがドラマオリジナルだった第2話ですが、被害者・真田が自分の娘を救うために、事前の適合検査もなしに人1人の命を殺めていたというショッキングな展開となりました。もし適合しなかった場合、中原サチヨの命が無駄になてしまうわけで、医師だった真田が、たとえ娘のためとはいえ、果たしてそんな無謀なことをするだろうか?という疑問が浮かんだものの、恋人の心臓を止めることができなかったという描写はグッとくるものがありました。

しかし、父が奪った命に生かされているという設定はかなり重いですね。月9らしからぬ、深く思い内容ですが、この内容が視聴者にどう受け取られているのか?気になります。初回は12%代で快調にスタートを切った月9ですが、今後どうなっていくのか、注目です。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』第3話のあらすじ

科捜研の真野礼二(錦戸 亮)は、絞殺されたものと思われる9歳の少女・松戸ココ(高松咲希)に関する鑑定を依頼される。
ココは、同級生の三島唯(稲垣来泉)と公園内の山林に基地のようなスペースを作って遊んでいた。夕方、唯は先に帰ったが、ココの母親から娘が帰宅しないとの通報があり、翌朝、ココは遺体となって発見されていた。死因は窒息死だった。また被害者の通う小学校付近では不審者の目撃情報もあったという。ノンナ(新木優子)とともに付着物のDNA鑑定などを行った真野は、被害者に暴行された形跡がないことを確認する。するとそこに、虎丸(船越英一郎)の先輩でもある刑事・鶴見茂(大地康雄)が現れる。鶴見は、20年前と10年前に起きた連続幼女殺人事件を追っており、今回のケースも犯行手口が酷似していることから情報を求めにきたらしい。実は鶴見たちは、10年前に被疑者として西内智幸(池内万作)をマークしたが、証拠不十分で逮捕出来ずにいた。その西内は、ココも時々訪れていた児童館のボランティア職員だった。

虎丸は、ココの両親・志津香(松本若菜)と直樹(永岡佑)に会いに行く。だが、志津香と直樹は、お互いに責任をなすりつけ、ケンカを始めてしまう。
そんななか、真野たちは証拠を求めて臨場に行く。そこで、木の枝が折れていることに気づいた真野が周辺を調べると、タバコの吸い殻が落ちていた。吸い殻から採取した検体のDNA型は、西内のDNA型と一致し…。

引用元:ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』公式HP

またまた第3話も原作通りに進むのならば、かなり思い展開になりそうです。ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』第3話を楽しみに待ちたいと思います。

原作『トレース~科捜研法医研究員の追想~』ネタバレやキャスト

ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』のキャストに関しては、以下の記事でまとめています。

原作コミック『トレース~科捜研法医研究員の追想~』最新話結末まで随時更新中!

視聴率とは裏腹に、感想と評価は低い傾向に・・・


 


<スポンサーリンク>

 

注目ドラマ&映画のネタバレあらすじ







Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

3年A組2話視聴率とネタバレ感想みんなの評価 おにぎり30個=死者なしか,幼児レベルの指導という意見も

トレース科捜研の男2話視聴率とネタバレ感想みんなの評価 虎丸殉職希望者多数!原作のままで良かったの声

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る