2019夏のドラマのあらすじまとめてます

スーツ最終回ネタバレあらすじ&感想 正義を貫いた甲斐,大貴はハーバード大卒目指して留学?続編に期待


織田裕二さん主演の月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

元上司・柳伸次(國村隼)が行った証拠隠しにより、自らが冤罪を出してしまったことに気づいた甲斐正午(織田裕二)。自らが起訴した人間を、自らが再審請求、弁護するという異例の事態へと進展していきます。

いよいよ最終回。甲斐と鈴木大貴(中島裕翔)チーム、最後の仕事が迎える結末とは、果たして・・・?!

以下、月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回がまだ・・・という方はご注意ください。
 

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回までの簡単なあらすじ(ネタバレ

甲斐正午(織田裕二)の前に、最高検監察指導部・澤田仁志(市川海老蔵)が現れました。澤田は甲斐のかつての部下で、現在は最高検次長検事・柳伸次(國村隼)が行っていた証拠隠しの捜査をしています。柳直属の部下だった甲斐に、澤田は証言を迫ります。

証言することと引き換えに、柳の不正に関する証拠の開示を求めた甲斐は、柳が甲斐が13年前に担当した事件でも、重要な証拠が甲斐の目に触れないよう、隠していたという事実が判明。それは世田谷区の名門私立高校に通う女子高生が強姦目的に殺傷された事件で、甲斐は犯人として栗林紡(淵上泰史)を起訴し、栗林は有罪となり、現在も刑務所に入っています。

柳が隠した証拠は栗林の無罪を証明する証拠であることに気づいた甲斐は、栗林を刑務所から救い出す決意を固めます。

一方、経歴詐称が代表弁護士・幸村チカ(鈴木保奈美)にバレた鈴木大貴(中島裕翔)こと大輔は、とある資産家令嬢への遺産分配を任されました。姉妹それぞれに大貴と蟹江貢(小手伸也)をつけ、より有利な条件で遺産が得られるよう競わせたチカですが、そんなチカはこの案件で大貴を解雇する理由を作ろうと考えている様子。絶対に負けられないという覚悟で挑んだ大貴でしたが、蟹江に惨敗し、大貴はクビを覚悟するのでした。

さらに詳しい月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第1〜10話のネタバレあらすじ
 

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回までの評価と感想

スポンサーリンク
Yahoo!テレビみんなの評価

3,35点(5点満点)

前話と変わらず

HPで保奈美さんのコメントを読んだけど、みんな、シリーズ続編にやる気満々で、いつでもスタンバイできるようにしておくと書いてありました。期待できそう。

大輔、何とかクビ免れて欲しいです。新木優子ともいい感じだったのに、二人とも可哀想。甲斐さんと代表、何とか二人を守って欲しいですね。蟹江と友達は最低だ。
でも、蟹江役の小手信也が憎めないです。シリーズ化か、スペシャル期待しています。

以上、Yahoo!テレビみんなの感想の一部です。

早くも続編を期待する声が高まっています。

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回の評価・感想はどう変化するでしょうか?引き続き注目していきたいと思います。
 

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回の視聴率

スポンサーリンク

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話の視聴率は10.4%で、平均視聴率は10.81%となりました。

最終回に向け、3%近くも視聴率を伸ばすドラマが出ているだけに、もう少し視聴率を伸ばしていきたかったところではありますが、3年ぶりに平均視聴率が10%代を超えるという新ドラマが出てきたことから、月9側の喜びは計り知れませんね。

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回の視聴率は、期待を込めて11%代と予想します。実際の月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回の視聴率は、10.8%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
14.2% 11.1% 10.3% 8.9%
第5話 第6話 第7話 第8話
11.8% 9.5% 9.8% 10.5%

 

第9話 第10話 最終回
9.9% 10.4% 10.8%

それでは、月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回のあらすじ(ネタバレ)前編

スポンサーリンク

正義のために

自らが起訴し、刑務所に収監されている栗林紡(淵上泰史)に面会しにきた甲斐正午(織田裕二)。『何しに来たんだよ・・・あんただけは絶対に許さない』敵意をむき出しにする栗林に、甲斐は被害者・シュリが栗林宛てに書いた手紙を差し出した。『これはシュリさんが書いたんだな?』大好きな紡へ、と書かれていることから、栗林とシュリは交際関係にあったらしい。

続いて、甲斐はシュリが被害を受けた当時に来ていた血痕付きのキャミソールの写真を差し出し、この証拠が隠されていたため、誤って栗林のことを起訴してしまったと明かす。『君を無罪にする』と甲斐は約束するのだった。

その足で、鈴木大貴(中島裕翔)こと大輔の自宅に向かった甲斐。どうせ自分はクビになる身だとふてくされている大貴に、甲斐は『俺もこれが最後になるかもしれない。負ければ身を引く』と打ち明け、散々大貴のことをこきつかってきた自分がクビになる瞬間を見たくはないかと微笑む。大貴の表情も和らぎ、大貴は甲斐に最後に協力することにした。

シュリは殺害された当日に、同じ高校の男子生徒2人と遊んでいたらしい。そのうちの1人は大手不動産業社長の御曹司だった。甲斐はその2人が真犯人ではないかと疑っている。しかし、2人には当時アリバイがあり、最高検次長検事・柳伸次(國村隼)が隠した証拠の存在も知らなかったことから、13年前甲斐は栗林を起訴したのだ。

男子高校生2人には当時、違法薬物を売りさばいていたという噂があった。『情報取れないか?』甲斐に依頼され、大貴は早速情報収集に乗り出した。

甲斐の前に最高検監察指導部・澤田仁志(市川海老蔵)が現れた。『再審は諦めてください』という澤田。再審をすれば、検察は本気で甲斐のことを潰しにかかると澤田は切り出し、柳のことを降格させた甲斐のことを恨んでいる柳の派閥の人間らがいると忠告するのだった。

大貴は悪友・谷元遊星(磯村勇斗)のもとを訪れ、今までのことを謝罪した。今更何だと和解を拒む遊星に、『どうしても助けたい人がいるんだ!』と大貴は訴えかける。

その頃、ファームでは甲斐が秘書・玉井伽耶子(中村アン)に解雇を言い渡していた。甲斐に無断で玉井が柳の不正の証拠を提供したことが原因だ。しかし、そこに代表弁護士・幸村チカ(鈴木保奈美)が割って入った。今回のことで、皆が甲斐のことを守ろうとしている。玉井も甲斐を救いたい一心での行為だった。『玉井のことを責めるのは、お門違いよ』とチカは言った。

『今いい?この間はごめん』パラリーガル・聖澤真琴(新木優子)に切り出した大貴はこの仕事を最後に弁護士を辞めることになると明かした。『最後くらい、聖澤さんと笑って仕事したいから』と大貴は言った。
 

 

チームプレイ

スポンサーリンク

再審請求に担当検事がついた。担当検事である検事・藤嶋春香(上白石萌歌)に会いに行った甲斐は、下着についた血痕のDNA鑑定を依頼する。藤嶋は今回の再審請求がデビュー戦の若い女性で、甲斐は検察側から随分なめられたもんだとため息をつくのだった。

ファームにて、チカが玉井のことを許してあげて欲しいと甲斐に話しかけてきた。それは難しいと答える甲斐に、『そんなの簡単よ。考えてみて?彼女がいない人生を・・・』と返すチカ。甲斐はチカがいつも自分がいない人生を想像することで、自分のことを許していることを察し、『そうやって許してるんだ?』と笑う。『考えてるわよ!』チカはふてくされながらも、認めるのだった。

直後、甲斐は玉井に『悪かった』と謝罪し、2人の関係は修復された。

検察庁を訪れた甲斐と大貴。そこで、2人はシュリが殺害当日、シュリと遊んでいたという曽我部と鉢屋と出会った。曽我部と鉢屋も検察に呼ばれていたようだ。『今さら何のつもりですか?』甲斐を見るなり、食いつく曽我部。どうしたって裁判にはならないと曽我部らは余裕だった。

検事・藤嶋と会った甲斐と大貴は、曽我部らがDNA鑑定を断ってきた旨を聞いた。断るところが怪しいという甲斐に、無理強すれば人権問題になることから、藤嶋は強要できないと主張する。また、藤嶋は栗林が再審を望まないと考えを翻したと甲斐たちに報告するのだった。

これを受け、栗林の接見に訪れた甲斐と大貴。『誰かに何か言われたのか?』という甲斐に、栗林は今さらことを荒立てるよりも、穏便に出所したいと語る。栗林は模範囚で、おとなしくしていれば半年後には仮出所を迎える予定だ。

このまま出所すれば犯罪者としての人生が待っているが、再審で無罪を勝ち取れば、犯罪者ではなくなる。甲斐はそう語り、再審をするのとしないのとではこれからの人生大違いだと訴えかけるが、栗林は頑なに心を閉じていた。

数日後、大貴は1人で栗林の元を訪れた。『あの人はあなたを救える。僕の話を聞けば、必ず信じてもらえます』大貴はそう切り出し、自分が甲斐にどうやって救ってもらったのかを語り始める。これを受け、栗林は再審請求の取り下げを諦めることになった。
 

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回のあらすじ(ネタバレ)後編

甲斐の秘策

『昔の仲間から面白い話が聞けた』遊星から大貴に電話がかかってきた。曽我部らが違法薬物を売りさばいていたのはどうやら事実で、さらに2人の悪い噂を耳にしたと語る遊星。それは13年前、曽我部らからアリバイ作りを頼まれたと言う人物がいるとのことだった。

それを受け、とあるバーにて曽我部らに接触した甲斐と大貴。曽我部らにアリバイ作りを頼まれたと言う人物が現れたと揺さぶりをかける甲斐。2人は不快感をあらわにし、早々に席を立ち、去って行った。さっきまで2人が飲んでいたビール瓶をハンカチで包み、甲斐は『欲しいものは手に入った』と笑顔を浮かべるのだった。

科学鑑定センターで働いている蟹江貢(小手伸也)の甥っ子にDNA鑑定を依頼した結果、キャミソールに付着していた血痕は曽我部のものと判明した。これを受け、速やかに再審請求手続きに入るよう、藤嶋に要求しに来た甲斐と大貴。しかし、藤嶋は『これ言っちゃっていいのかな・・・』と漏らし、上層部がそもそもあのキャミソール自体シュリのものではなかったかもしれないと言い始めたと語る。柳の派閥にいた検事らが、裁判所に強い圧力をかけているらしい。

『正直手詰まりだ』栗林のもとを訪れた甲斐が明かす。『嘘だよな?!こっちは刑期の短縮をかけたんだぞ!?やっぱあんたを信じたのがバカだった!二度と俺の前に現れるな!』栗林が暴れ始め、接見は打ち切りとなった。

『どう思う?ハイリスクだよな・・・・』と大貴に切り出した甲斐。援軍が必要だと言う大貴に、甲斐は「俺に考えがある』と返す。

『例の件ですが、容疑者の証言が取れれば、裁判所は再審請求を認めると思うんです』チカにそう切り出した大貴。しかし、それには間違いない違法行為が必要となる。『代表にお願いがあります。失敗した時には、すべて僕がしたことだということにしてほしいんです』大貴はそう語り、甲斐のことだけは守って欲しいと語る。

鉢屋の自宅に覆面をかぶった男が侵入してきた。実は覆面男の正体は遊星。遊星は曽我部に頼まれ、真相を明かしそうな鉢屋の口封じをしに来たのだと明かす。激しく動揺した鉢屋は『曽我部に伝えて欲しい!シュリを殺したことは、俺は神に誓っても喋らないって!』と自供してしまい、それを聞いていた刑事がその場で鉢屋を取り押さえた。その刑事は13年前、栗林を逮捕した刑事で、今でも甲斐と親交がある。『どうやら君の言ってたことは本当だったようだな』刑事はその場に駆けつけた甲斐にそう言い、今回の件は鉢屋が勝手に自首してきたという扱いにすると語るのだった。
 

 

正義を貫いた甲斐

スポンサーリンク

『真犯人が見つかりました。これで裁判は避けられません』柳に会った甲斐は、そう告げる。柳は有罪率99.9%という数字の前に、検事が無罪になることを恐れるあまり、起訴されない事件が増えていることを嘆く。その事態を変えることができるのは自分だけだという柳に、甲斐は『柳さん、うちのファームに来ませんか?外からそれを変えるっていうのはどうですか?』と提案するのだった。

栗林の再審請求が認められた。『どうして弁護士に?以前は検事をされていたと聞いたので』という検事・藤嶋に、甲斐は『99.9%の有罪率なんて退屈じゃないか?残り0.01%しかワクワクしない』と甲斐は微笑を浮かべながら返すのだった。

『まさか本当に裁判に持ち込むとは・・・』驚きを隠せない澤田に、甲斐は13年前に柳から依頼され、証拠隠ししたのが澤田で、だからこそ柳の不正に関する資料を自分に見せたのではないかと甲斐は告げる。それが澤田なりの正義だったのではないかと語る甲斐。澤田は否定も肯定もしなかった。

『何だかわかるのよね。あなたが鈴木先生を雇った理由』ファームの屋上で、甲斐に語りかけるチカ。チカは甲斐が上司の不正を知りながら黙っていた後悔を抱え生きてきたことから、同じように過去に後悔を抱えている大貴のことを見捨てられなかったのではないかという。『それは違いますね』運び屋をやっていた人間が弁護士をやればどうなるかが見たかっただけだと甲斐は強がるのだった。

大貴の処分

栗林の釈放が決まり、栗林を大貴に迎えに行かせた甲斐。それが大貴の最後の仕事だと甲斐は伝えた。

大貴が出て行った後、ファームの社員らを一つの部屋に集めた甲斐。甲斐は『今回の件を受け、このファームにも不正がないか、調べる必要が出てきた』と切り出し、これから過去ファームが受けた案件をすべてチェックし、不正がなかったかどうかを確かめて欲しいという。見つけたものには報奨金と昇進が約束された。

その結果、ある不正が見つかった。『でもこれは不正とは言えないわ』チカはそう言い、あくまでも交渉を有利に進めるために行った行為だという。しかし、甲斐はそういう小さな不正を見逃してはいけないと語り、『すべて公表します』と言う。

『ふざけないで!このファームをぶっ壊す気?こんなこと絶対に認められません!』というチカ。甲斐は待ってましたとばかりに、『わかりました。では、私は不正には目をつぶることにします。しかしその代わり、代表にも目をつぶってもらいたいことが・・・』と切り出すのだった。

栗林の釈放を見届け、帰って来た大貴に、甲斐が弁護士バッジを投げた。受け取った大貴は驚き、そして笑顔を浮かべる。大貴に、『休職しろ』とボストン行きの航空券を手渡した甲斐。大貴に与えられた休暇は2年。1年でいいという大貴に、『一生分遊んで来い。本気なんだろう?』と甲斐は返すのだった。
 

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回の感想

スポンサーリンク

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回が終了しました。甲斐が過去の過ちを正し、経歴詐称をしていた大貴にもチャンスが与えられる結末が訪れた最終回となりました。

いろいろと盛りだくさんの内容が詰め込まれ、1時間があっという間だった最終回。甲斐の人間性や過去に迫る描写も多く、できれば2話くらいに分けて、見たかった内容だったような気もしますが、最終的には遊星や砂里兄弟も甲斐と大貴の仕事の成功に一役買い、甲斐も正義を貫くことができ、また大貴にもチャンスが与えられ、すべてが丸く収まった最終回にまとめられていたのではないでしょうか?

休暇が与えられた大貴がボストン行きの航空券を受け取っていることから、おそらく大貴はハーバード大学卒業を目指し、詐称していた経歴を本物にすることで、チカには目をつぶってもらえることになったのではないでしょうか?本物の弁護士となった大貴と甲斐が再びチームで活躍する続編も、かなりの確率で期待できそうな気がします。

ドラマスタート当初は原作と比較し、いろいろ酷評もありましたが、これはこれで・・・という感じで中盤からは一定の支持を受けてきたような感じがしました。最終回もそれなりに上手くまとまり、続編が楽しみですね。
 

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回の後に始まるドラマは?

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回の後に始まるドラマは、錦戸亮さん主演ドラマ『トレース~科捜研の男~』です。

犯罪の現場から、残された真実のかけらを探し出す科捜研の法医研究員が主人公のドラマ。

真実を追求することで、被害者の無念や思いを晴らすというドラマの設定は、昨年大ヒットしたドラマ『アンナチュラル』に通じる部分もあり、ヒット作になりそうな予感がします。

新ドラマドラマ『トレース~科捜研の男~』を楽しみに待ちたいと思います。
 

 

新ドラマ『下町ロケット』原作前編結末までのネタバレあらすじ

スポンサーリンク

新ドラマ『下町ロケット』原作後編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』のロケ地まとめ

新ドラマ『中学聖日記』原作最新話結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『黄昏流星群』原作結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『あなたには渡さない』原作結末までのネタバレあらすじ

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』の他にも!話題の秋ドラマ特集





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です