2019夏のドラマのあらすじまとめてます

スーツ10話ネタバレあらすじ&感想 甲斐,冤罪を出していた!柳の不正の全貌が明らかに


織田裕二さん主演の月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

いよいよ最終回前話。最高検次長検事・柳伸次(國村隼)に絡む甲斐の黒過去が明らかになってきます。

加えて、遊星(磯村勇斗)に経歴詐称をバラされた鈴木大貴(中島裕翔)こと大輔の運命はどうなってしまうのでしょうか?

以下、月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話がまだ・・・という方はご注意ください。
 

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

念願のシニアパートナーに昇格した甲斐正午(織田裕二)。甲斐は代表弁護士・幸村チカ(鈴木保奈美)の親友で、事務所の顧問会計士でクライアントでもあるYURI綜合会計事務所の所長・華村百合(石田ひかり)のことを紹介されました。

百合からもたらされた依頼は、長年事務所のエース会計士として働いている大河原忠(西村まさ彦)の穏便な解雇。大河原が学歴を詐称し、会計士の免許も持っていなかったことを解雇理由にする百合でしたが、大河原と同じような境遇の鈴木大貴(中島裕翔)こと大輔は、心中穏やかではありません。

大貴が調べた結果、百合が大河原の学歴詐称と無免許を知った身辺調査が、はるか10年以上も前に行われていたことが発覚します。10年前から真相を知っていた百合が、今になって解雇を切り出したのには裏があると大貴は睨みました。

甲斐が止めるのも聞かず、独自に調査を行った大貴は3年前にも百合から不当解雇を言い渡され、裁判となるも不自然な形で立ち消えとなっている案件があることを突き止めました。その案件をさらに追求した結果、百合が何件ものペーパーカンパニーを設立し、売上をごまかしていることが発覚し、百合の不正に気づいたがために、大河原が解雇されたのではないかという仮説に行き当たります。

甲斐も一緒になって調査した結果、真相は大貴の睨んだ通り。百合は不正を認めました。

そんな中、パラリーガル・聖澤真琴(新木優子)のことが好きだということに改めて気づいた大貴は、かねてから自分にアプローチしてくる悪友・谷元遊星(磯村勇斗)妹・谷元砂里(今田美桜)の気持ちには応えることができないと砂里に打ち明けました。妹が振られたことを知った遊星は、チカの前に現れ、大貴の秘密をバラしてしまうのでした。

さらに詳しい月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第1〜9話のネタバレあらすじ
 

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話までの評価と感想

スポンサーリンク
Yahoo!テレビみんなの評価

3,35点(5点満点)

前話から0.01点

最終回へ向けてますますハラハラドキドキ感、爽快感が増していて面白いですね。チームワークも良く、キャラが馴染んできたところで、終わってしまうのはもったいないです。ぜひ続編、シリーズ化希望です。

回を重ねるごとに、甲斐の正義感や優しさが垣間見れて、ドラマを楽しみに見ていますが、鈴木君回りの話は全然面白くありません。

出演している織田のスーツ姿が似合いすぎて決まっています。格好良く私生活で真似したくなります。ドラマというものはやはり出演者のもの真似したくなるこの要素があるドラマは面白いです。このドラマにはそういう要素があります。
適度にコメディ部分も見れて最後まで飽きなく見れます。

以上、Yahoo!テレビみんなの感想の一部です。

出だしから一変、かなり多くの指示を得ています。甲斐と比較すると、大貴にももう少し活躍してほしいという感想もあり、また必要ないのでは?と囁かれていた大貴をめぐる三角関係でしたが、遊星に大貴の秘密をバラさせるためにも、その描写が必要だったのかな?と思いました。

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話の評価・感想はどう変化するでしょうか?引き続き注目していきたいと思います。
 

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話の視聴率

スポンサーリンク

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第9話の視聴率は9.9%で、平均視聴率は10.85%となりました。

月9枠で放送されたドラマの中では、久々のヒット作となったドラマ『スーツ(SUITS)』。ドラマ『コード・ブルー』などの人気シリーズものを除いた新作ドラマの中では、なんと3年ぶりの2桁代です。続編も期待できそうですね。

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話の視聴率は、10%前後と予想します。実際の月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話の視聴率は、10.4%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
14.2% 11.1% 10.3% 8.9%
第5話 第6話 第7話 第8話
11.8% 9.5% 9.8% 10.5%

 

第9話 第10話 最終回
9.9% 10.4%

それでは、月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話のあらすじ(ネタバレ)前編

スポンサーリンク

暴かれた大貴の秘密

取引先から出てきた甲斐正午(織田裕二)と鈴木大貴(中島裕翔)こと大輔の前に、最高検次長検事・柳伸次(國村隼)が現れた。柳は甲斐がかつての自分の部下で、ゆくゆくは最高検を背負って立つ人間だったと大輔に語る。『近々、食事でも』と柳に言われ、断る甲斐だったが、柳は『君は断らない』と言い、去っていくのだった。

事務所に帰ってきた甲斐のオフィスに、代表弁護士・幸村チカ(鈴木保奈美)が入ってきて、大貴の経歴詐称について、問いただしてきた。警察に突き出すというチカに、すでに大貴が事務所で実務をこなしていることから、事務所にも責任が問われると甲斐は返す。

甲斐の攻撃的な態度に、『何かあった?』と尋ねたチカ。甲斐は柳が再び接触してきたこと、柳がかつて証拠隠しをしていたことを明かす。『告発すべきだったんじゃない?』と責めるチカに、甲斐は当時の自分は柳の部下で何もできなかったため、検事を辞めたと答えるのだった。

甲斐の複雑な事情を聞いたチカは『わかりました』と一旦引き下がり、大貴の件は自分が預かると言い、オフィスから出て行くのだった。

直後、チカはオフィスに大貴と蟹江貢(小手伸也)を呼び出した。チカは蟹江と大貴に、与謝野ホールディングスの社長が遺産分配を考えているが、2人の娘・富士代と雛子の仲が悪いことを明かし、蟹江と大貴をそれぞれの姉妹の相談役につけ、うまく遺産を分配してくれと命じた。

甲斐が事務所を出ると、表で最高検監察指導部・澤田仁志(市川海老蔵)が待っていた。澤田は検事時代の甲斐の後輩だ。澤田は柳の不正を追っていて、甲斐から何か聞き出せないかと考えているようだ。しらを切りとおす甲斐に、『黙ってると、先輩も同罪だと思われますよ?いいんですか?』と迫る澤田。『脅すのか?恥をかくのはどっちだろうな?』甲斐はにこやかにそう語ると、車に乗り込み、去っていくのだった。

富士代と雛子を事務所へ呼び出し、それぞれの意向を聞き出す。雛子は後妻の子供であり、後妻が前妻で自分の母親を追い出したと考えている富士代は妹には一切財産を渡すつもりはないと言う。一方の雛子は、母親が立ち上げたアパレルブランドを、雛子がのっと売ろうとしていると大貴に相談した。蟹江はアパレルブランドを売却することにし、大貴はアパレルブランドを絶対に守ると雛子に約束するのだった。
 

 

甲斐の葛藤

スポンサーリンク

その頃、甲斐は柳ととあるバーで会っていた。かつて柳が証拠隠しをしていたことを知るのは、甲斐のみ。つまり甲斐さえ、口を噤んでいれば、真相が明らかになることはないと柳は語った。『私はあなたの敵ではない。でも、味方でもない』甲斐はそう言い、席を立った。

事務所に帰った甲斐は、秘書・玉井伽耶子(中村アン)に『玉井はどうすればいいと思う?』と相談してみる。甲斐がそんなことを自分に相談することに、玉井は驚きながらも、玉井は真相を明かし、柳を引き摺り下ろしてやればいいと微笑むのだった。

姉妹それぞれの遺産の分配を話し合う大貴と蟹江。大貴はアパレル部門を譲り受ける代わりに、遺産の68%を姉に渡すという提案をするが、蟹江は『NO』と首を縦に振らない。妹の望みも、姉の望みもアパレル部門。話し合いは決裂した。

ある日、澤田が事務所にまでやってきた。『この事務所で捜査をされるんだったら、先に手続きを踏んでいただかないと・・・』立ちふさがるチカに、あくまでも非公式なものだと返す澤田。チカが甲斐の弁護士として、立ち会うことになった。

『柳さんの不正の事実、ご存知ですよね?』澤田は甲斐のことを共犯者として疑っていた。かつてやり手の検事として活躍していた甲斐。検事を続けていれば、今頃は出世組のトップを走っていただろう甲斐が、なぜ検事を辞めたのか?それは柳の不正が事実だったからではないかと澤田は迫る。『こちらに協力しなければ、弁護士資格を失うっていうこともあり得るわけです』澤田は脅迫まがいの取り調べを行う。『偉そうなこと言うんだったら、証拠の一つでも持ってこい。話はそれからだ』甲斐は澤田に帰るよう促した。

その後、事務所の屋上。『ありのまま、証言したら?』というチカに、これは検察内部の内部抗争で、そんなものに利用されるのはまっぴらだと甲斐は語るのだった。

『大貴、ごめん。本当にごめん』大貴の携帯に砂里(今田美桜)から電話がかかってきた。大貴はチカが自分の素性を知っていることを知る。

甲斐のオフィスを訪れた大貴に、甲斐はチカが大貴を切るつもりで、与謝野ホールディングスの仕事を任せたこと、事務所に残りたければ蟹江に勝つしかないことを告げるのだった。
 

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話のあらすじ(ネタバレ)後編

衝撃の新事実

甲斐が最高検の澤田のもとを訪れた。甲斐は証言することを前向きに考えていることをほのめかすが、遠い昔のことなため、記憶を呼び覚ますためにも、状況証拠を見せてくれと頼む。澤田は機密事項だと断った。

『じゃあ証言はしない』帰ろうとする甲斐に、『本当に証言を?』と澤田は念を押した。

アパレル部門を姉に譲る構えを見せた大貴。しかし、その裏には、譲った直後に新会社を起こし、社員全員を引き抜く計画があることを大貴は甲斐に明かす。そこへ蟹江がやってきて、引き抜けでもされれば面倒なため、アパレル部門の社員との契約を結びなおしたと語る。大貴の作戦は全て見抜かれていたようだ。2人のやり取りを聞いていた甲斐は『ブー!』と大貴に駄目出しをする。

澤田からダンボールいっぱいの柳の不正に関する状況証拠が届けられた。そのひとつひとつに目を通していく甲斐。やがて、空が白む頃、甲斐は世田谷区女子高生殺人事件のファイルに取り掛かり、あることに気づき、目を見開く。

富士代と雛子、蟹江と大貴による話し合いの席が持たれた。雛子はこれ以上姉と争いたくないため、アパレル部門を富士代に譲るという。蟹江はU&Tという会社からアパレル部門に買収の話がきていることを明かし、この契約書を交わせば即座にアパレル部門をU&Tに売却する旨を伝えるが、雛子はそれに応じるのだった。

柳に会った甲斐は、『驚いた。あなたは私が担当した事件の証拠も隠してたんですね?』と切り出した。世田谷区で起きた女子高生殺人事件は甲斐の担当だった事件。女子高生の殺人犯として逮捕された栗林紡が無罪だったことに、甲斐は気づいたようだ。柳は栗林が犯人だという事実が覆る可能性がある新証拠を所轄署に戻し、甲斐の目の届かぬ所へ隠していたのだ。

『取引してください』甲斐はそう切り出し、これが権力闘争ならば、柳が最高検トップの座を手放せば戦いが終了することから、甲斐は柳にトップの座を諦めるよう諭す。『冗談じゃない。帰ってくれ』柳は応じなかった。
 

 

勝負の行方と甲斐の使命

スポンサーリンク

『どういうことだ!』アパレル部門を買収したU&Tの新社長に雛子が就いたと富士代から連絡があったと、蟹江が甲斐のオフィスに怒鳴り込んできた。もちろん、これを仕組んだのは大貴だ。

今回の件では、お互いがお互いの資料を盗み見しないことがルールだったが、蟹江は大貴が餌として巻いたメールを大貴のPCから盗み見、結果自滅したのだ。

大貴に食ってかかる蟹江に、負けを認めろと甲斐が声を荒げる。甲斐は今までに見たことかがないくらいに感情むき出しで、不正をした蟹江を責め立てた。その様子を、玉井が心配そうにガラスの向こうから見ている。

すると、蟹江が突然、『君たちは勘違いしている』と言い始めた。『U&Tにはあえて売ったんだ。法外な値段でな』蟹江は最初からU&Tが大貴の差し金であることを察し、あえて法外な値段で売りつけることで、莫大な借金を抱えさせ、母親が築いたブランドと共に自滅していく妹の姿を見たいという富士代の復讐を遂行したのだと明かす。

ここまで語った蟹江は、甲斐に近づき、『教えてくれ。勝ったのは、どっちだ?』と静かに尋ねた。甲斐は大貴に向かって、『お前の負けだ』と言うしかないのだった。

直後、チカのオフィスを尋ねた玉井がICレコーダーを差し出した。『これで先生を救ってください。あんな甲斐先生、見てられません』

柳の前にチカが現れた。『すぐに辞表を出して、検察庁をお辞めになってください。あなたの不正の証拠がここに』チカはそう切り出すと、ひとつのICレコーダーを差し出す。『バカバカしい』と柳は一笑するが、チカは『本当にバカバカしいとお思いですか?』と真剣な表情のまま尋ねるのだった。

甲斐のオフィスに入ってきたチカは、『証言をする必要はないわ』と切り出し、柳の捜査は終了すると、最高検から約束してもらったと甲斐に告げた。『どうやって・・・』驚きを隠せない甲斐に、自分にだって隠し球はあるとチカは微笑する。チカは即刻大貴の解雇を迫った。

しかし、甲斐はあとひとつだけ、大貴に手伝ってほしい案件があると切り出した。『依頼人は?』と尋ねるチカに、『私です』と答えた甲斐。甲斐は13年前、自分が検事だった時代に担当した世田谷区女子高生殺人事件にて、柳が証拠隠しをしていたことから、本当は無罪の人物を有罪にしてしまったと明かす。

『どうするつもり?』と尋ねるチカに、甲斐は『救い出します。刑務所から』と強い目で語るのだった。
 

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話の感想

スポンサーリンク

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第10話が終了しました。柳の不正の事実と、甲斐の過ちが一気に明らかになった第10話となりました。

犯人を有罪にしたいあまり、証拠隠しの不正を働いていた柳。今回は柳の検事としての素質を問うというよりも、出世争いの過程で起きた足の引っ張り合いとして、事実が問われる展開となりました。

確かに柳がしてきたことは間違いですが、柳が証拠隠しをしてきた数々の事件の判決が今更変わるわけでもないことから、出世争いのために、自分の証言が使われるのならば、証言はしないというスタンスを貫こうとしていた甲斐。しかし、知らん顔をしてはいられない重大な事実に、甲斐は気づいてしまったようです。

第10話にて、甲斐が初めて見せた激しい感情は心に迫るものがありました。それは同時にとても痛々しく、検事時代からの付き合いである玉井が、あんな甲斐の姿を見たくないと言っていたことにもうなづけます。自らが検事として犯した過ちを、全く逆の弁護士という立場から覆そうとするという、かなり面白い展開になってきましたね。
 

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回のあらすじ

13年前、世田谷区の名門私立高校に通う女子高生が強姦目的の殺人で命を失いました。犯人として逮捕されたのは、前科ありの無職の男性・栗林紡(淵上泰史)。実はこの事件には新証拠があり、その証拠が真犯人が他にいることを暗示していたようです。そのことを承知で柳が証拠を隠したことにより、甲斐は犯人を有罪だとみなし、求刑したのです。

甲斐は栗林の再審請求を起こすことを決意しますが、自らが起訴した事件を、自らが再審請求するという前代未聞の事態に、法曹界は騒然。栗林の無罪が証明されれば、検察の責任も問われる事態となり得ることから、澤田は甲斐に何とか再審請求をやめさせようと、このまま続ければ検察が本気で甲斐のことを潰しにかかると甲斐のことを脅迫します。

再審請求が失敗すれば、弁護士を辞めるつもりの甲斐と、これが最後の仕事となる大貴。果たして、2人が迎える結末とは・・・?!

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』最終回を楽しみにしたいと思います。
 

 

新ドラマ『下町ロケット』原作前編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』原作後編結末までのネタバレあらすじ

スポンサーリンク

新ドラマ『下町ロケット』のロケ地まとめ

新ドラマ『中学聖日記』原作最新話結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『黄昏流星群』原作結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『あなたには渡さない』原作結末までのネタバレあらすじ

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』の他にも!話題の秋ドラマ特集





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です