中学聖日記8話ネタバレあらすじ&感想 聖の保護者への告白,晶と駆け落ち?!晶父を探す旅へ

Pocket

有村架純さん主演ドラマ『中学聖日記』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

ついに再会を果たした末永聖(有村架純)と黒岩晶(岡田健史)。聖への変わらない思いをまっすぐに伝えた晶ですが、聖は晶とのことが周囲にバレてしまうことが心配でなりません。

第8話では聖が恐れていた最悪の事態が現実となってしまうようです。

以下、ドラマ『中学聖日記』第8話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『中学聖日記』第8話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『中学聖日記』第8話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

別れた末永聖(有村架純)のデジカメに入れたままになっていた私物のデータを取りに来た元婚約者・川合勝太郎(町田啓太)は、聖の自宅近くで黒岩晶(岡田健史)に会いました。元同級生から聖の居場所を聞き、いてもたってもいられず衝動的に来てしまった晶は、勝太郎から『もう聖には関わらないでくれないかな?俺がついてるから』と告げられ、聖には会わずに帰って行きました。

勝太郎は聖と晶との関係について、未だモヤモヤしていて、2人が結ばれることは許せないと感じると原口律(吉田羊)に相談します。そんな思いから、勝太郎は晶が来たことを聖には黙っていました。原口は勝太郎が依然3年前の出来事について心の整理ができていないことに気づくのでした。

生徒・橘彩乃(石田凛音)母親・橘美和(村川絵梨)のネグレクトが改善されなかったことから、彩乃は美和の両親が預かることになりました。美和は聖のことを逆恨みし、ますます敵対心を燃やすのでした。

そんな中、諦めきれない晶が聖の前に現れました。晶は3年前と変わらない思いをまっすぐに聖にぶつけ、自分が18歳を迎え、自分たちが教え子と教師という立場ではなくなった以上、会いに来てダメな理由はないと主張しますが、晶とのことがばれ、教師を続けられなくなることを恐れる聖は晶を拒絶。聖はかねてから好意を持ってくれていた同僚教師・野上一樹(渡辺大)との交際の申し込みにOKします。

そんな2人の前に、突然晶の母・黒岩愛子(夏川結衣)が現れるのでした。

さらに詳しいドラマ『中学聖日記』第8話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『中学聖日記』第1〜7話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『中学聖日記』第8話までの感想・評価

Yahoo!テレビみんなの評価

2,86点(5点満点)

前話から0.14点

久しぶりに見る、恋愛ドラマという感じ。3者3様の恋愛が、見ていて、切ないやらもどかしいやら。聖ちゃん。黒岩くんのお母さんのこととか考えたら、前に進めないよねぇ。一番切ない。

批判しながらも、見ることをやめられないところに、このドラマの本質がある。

こわい自分って、晶は聖を好きな自分を説明している。ストーカーのようなことをしてるって、気付いてるんだと思う。でも止められないのは、あの花火大会の夜の出来事があるから。あそこで、晶は諦めようとしてた。
こわい晶にしたのは、当時担任だった聖だと思う。

以上、Yahoo!テレビみんなの感想の一部です。

今期視聴率トップ1・2のドラマ『リーガルV』、ドラマ『下町ロケット』の感想数が500以下であることに対し、ドラマ『中学聖日記』の感想数は2000を超えています。視聴者の心を動かしているという点で言えば、ドラマ『中学聖日記』は今期トップ1なのではないかと思います。

ドラマ『中学聖日記』第8話の評価・感想はどう変化するでしょうか?引き続き注目していきたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『中学聖日記』第8話の視聴率

ドラマ『中学聖日記』第7話の視聴率は6.3%でした。視聴率降下の原因は、サッカー中継のため放送時間が遅くなったことだと思われます。

ドラマ『中学聖日記』第8話の視聴率は、引き続き6%代と予想します。実際のドラマ『中学聖日記』第8話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『中学聖日記』第8話の視聴率は、7.5%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
6.0% 6.5% 6.2% 5.4%
第5話 第6話 第7話 第8話
6.5% 7.0% 6.3% 7.5%

 

第9話 最終回

それでは、ドラマ『中学聖日記』第8話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『中学聖日記』第8話のあらすじ(ネタバレ)前編

追い詰められる聖

同僚教師・野上一樹(渡辺大)との交際にOKをした末永聖(有村架純)。すると、2人の前に黒岩愛子(夏川結衣)が現れた。

『ご無沙汰してます。お元気そうで。晶(岡田健史)来ましたか?』と尋ねる愛子に、『はい、一度だけ。もう来ることはないと思います』と聖は答えた。『あんな問題起こして、それでもまだ教師を続けてらっしゃる。こちらとしては驚きましたけど、並大抵の覚悟じゃできないでしょうから、きっといい先生なんでしょうね』と愛子は言った。

『すいません、同僚の教師ですけど・・・』野上が今は自分が聖と付き合っているため、晶とのことが心配ないと思うと口を挟んだ。3年前の問題以来、親子の間に溝ができたと愛子は語り、『でも先生は何も失ってないんですね?どうぞお幸せに・・・』と去っていくのだった。

小宮第一小学校では学習発表会を間近に控え、劇の衣装に関するプリントが配られた。橘彩乃(石田凛音)のことが心配になった聖は、わざわざそのプリントを持って、彩乃の自宅へ。母親・橘美和(村川絵梨)にプリントを手渡した。

玄関先にはたくさんのビール瓶や空き缶がゴミとして出されていた。彩乃と離れて暮らすことになった美和の辛さを、聖は察し、彩乃がまた美和の元で暮らせるよう、尽力すると伝えるのだった。

その晩、美和はこの間、愛子が聖の元を訪れた際、帰る愛子に話しかけたときのことを思い出していた。その後、美和は聖の名前をネット検索。3年前の出来事について書いてある情報に行き着くのだった。

翌日、聖のクラスの生徒が全員授業をボイコットするという事態が起きた。直後、美和が数人の保護者を引き連れ、学校へ押しかけてきた。『単刀直入に聞きますけど、淫行疑惑を起こしたって本当ですか?』『3年前、中学生の男の子に手出し立って・・・先生がその子のこと追いかけてたみたいですね?』『急に学校辞めちゃったのは、できたからって・・・』ネット上の根も葉もない噂の真相を、聖に確かめる保護者と美和。

居合わせた丹波千鶴(友近)がそれらの情報は事実と反していると切り出し、『そんなことしたって彩乃ちゃんは戻ってきませんよ?自分の問題から逃げないでください!』と美和に迫った。『それでこの騒ぎ・・・?』美和が逆恨みしているのではないかと察した保護者らは聖らに謝り、すぐに子供達を登校させると言い、帰っていくのだった。

下校中の彩乃を待ち構えていた美和が、彩乃に話しかけた。『発表会、妖精さんやるんだって?衣装、お母さんが用意しようか?』しかし、彩乃は『いい!おばあちゃんに用意してもらうから!お母さん、聖先生の悪口言ったんでしょ?そんなお母さん大嫌い!』と声を荒げ、去っていく。その様子を聖は目撃してしまうのだった。

聖と川合勝太郎(町田啓太)の共通の先輩が結婚することになり、その件で連絡を取り合った2人。『実は今付き合ってる人がいて・・・』勝太郎は今原口律(吉田羊)と付き合っていることを明かした。『好きなんだね、原口さんのこと』という聖に、今は原口と一緒に入れるだけで十分すぎると笑顔で語る勝太郎。『おめでとう』と言う聖に、『ありがとう、聖』と勝太郎が答える。勝太郎が電話で話す様子を、原口が物陰から聞いていた。
 


<スポンサーリンク>

 

迷う晶

晶を呼び出し、いつものファミレスで会った岩崎るな(小野莉奈)。はしゃぐるなに、聖と再会し、あの頃と変わっていない気持ちを確認したことを明かす晶。『末永は何て?』もう来ないでほしいと言われたと晶が明かすと、『じゃあ、一緒にいよう』とるなは言う。晶に他に好きな人がいても、そばにいられればいいというるなに、『もうやめよう』と返す晶。『やだ!私絶対に別れないから!間違ってるのは黒岩だから』るなはそう言い、店から出て行った。直後、愛子から晶の携帯に電話がかかってきた。

実家を訪れた晶に、郵便配達員が郵便物を手渡してきた。その中に、晶は父・康介からの手紙が混じっていることに気づく。

『学校から連絡あった。先週、学校行ったのは3日だけ。どういうこと?』愛子が晶に切り出す。選抜クラスに入れるほどに優秀な晶は、進学から就職に進路を変更していた。『あの人のため?早く対等になって、あの人を迎えに行くため?』愛子はそう切り出し、聖に会いに行ったことを明かす。『また、そんな勝手に・・・!』声を荒げる晶に、聖には同じ学校に恋人がいて、心配する必要がないと告げられたことも愛子は明かした。

就職するならば、もっと真剣に仕事について考えてほしいと語る愛子。しかし、晶は無視し、席を立つ。『・・・どうしたらいいの・・』1人残された愛子は頭を抱えた。

勝太郎に海外赴任の話が舞い込んだ。この話に対し、行けば今後高く評価されること、遠距離は無理なため今別れて送り出すべきかどうか迷っていることを原口は明かした。『もし海外赴任になっても、俺は原口さんと一緒にいたい!だから、離れるなら、籍を入れる』と言い出す勝太郎。『つまり、この関係をつなぎとめるだけのために結婚するってこと?』驚いた原口は勝太郎を抱きしめる。『そんな試すような真似しなくていい。私たちは自由に一緒にいられるんだから。聖ちゃんの時とは違って』と原口は伝えるのだった。

駅前の居酒屋で呑んだくれていた美和を、自宅まで送り届けた聖。美和の自宅には、作りかけの彩乃の学習発表会の衣装があった。彩乃に渡そうという聖。しかし、美和はこんなことをしても彩乃は戻ってこないと投げやりになり、衣装をゴミ箱へ捨てた。

『だとしても、努力すべきだと思います!今の状況を変える努力を・・・』という聖に、『自分はどうなのよ?逃げてるじゃない』という美和。聖は何も言えなくなった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『中学聖日記』第8話のあらすじ(ネタバレ)後編

真相を明かした聖

帰り道、聖の前に晶が現れた。『来ちゃダメって行ったでしょ!』晶のことを無視しようとする聖。晶は父から手紙が来ていたことを、聖に聞いてほしいとすがる。『問題が起きてるの』晶とのことで今の学校で問題が起きていることを聖は明かし、『これ以上関わりたくないの!もう来ないで!』と声を荒げる。

『わかりました。切り捨てたいんですよね?』晶はそう切り出し、過去をなかったことにしようとしても何も変わらないと語る。『岩崎とは別れました。先生は気にしないで、いい先生になってください。それがどんな先生かわかりませんけど・・・僕ちょっとがっかりしました。先生に』晶はそう言うと、去って行った。

学習発表会の日。舞台の袖から客席を伺う聖。しかし、そこに美和の姿はなかった。舞台が終了間近に近づいた頃、美和がやってきた。彩乃も美和の姿に気付いたようだ。

やがて、劇が終わった後、美和は間に合わなかった衣装を差し出し、『お母さん、少し家を留守にするね。また彩乃と暮らせるように』と切り出し、出稼ぎに行ってくることを告げた。彩乃は涙を流し、『お母さん・・・大好きだから。絶対迎えに来て』と衣装を受け取る。美和は聖に『先生、根も葉もない噂を流してしまい、申し訳ありませんでした』と頭を下げ、去っていく。

美和の背中を見つめる聖の脳裏に、『がっかりしました』という晶の言葉が蘇る。聖は去っていく美和に『待ってください!本当です。あの噂は本当です』と声を上げる。

『あの時私はある男子生徒に不適切な感情を持ちました。2人で会ったこともありました』聖はそう語り、妊娠したという話は真実ではないものの、言われても仕方がない間違いを起こしたのは事実だと明かす。そんな自分が今も教師を続けていることで、迷惑をかけてしまったと聖は居合わせた保護者らに向かって、『申し訳ありませんでした』と頭を下げるのだった。

聖の謝罪を受け、職員室の電話が鳴り止まない事態となる。今後の方針が決まるまで、聖はクラスから離れ、職員室で事務補助をすることになった。『なんで自分からわざわざ言ったの?!』千鶴から問われ、今のままでは変われない、いい先生なんかには絶対になれないという結論に至り、真実を明かしたのだと聖は説明する。『だけど、学校にいられなくなったら、元も子もないよ・・・』千鶴はそう悲しそうな表情で言うのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

晶の家出

下宿先の上布茂(マキタスポーツ)の実家に帰ってきた晶。『今日バイト先から電話がかかってきた。ずっと来てないって』と切り出す上布に、晶はどうせ進学しないから全部もういいと投げやりに答える。

また、晶は父親のことで愛子にいろいろと隠されていることで、信頼できなくなったと明かす。上布は晶に掴みかかり、『学費を払ってくれてるのはお母さんだろう?下宿代を払ってるのも!だから今はお母さんを安心させてあげようよ!?』と説得を試みるが、晶は『わかったよ!』と声を荒げ、自室へ閉じこもってしまうのだった。

翌朝、晶がいなくなった。部屋には(今までお世話になりました。さようなら)と書かれたメモが残されていた。連絡を受けた愛子は取り乱し、『まさか・・・あの子・・・』とつぶやくのだった。

聖の小学校にるなが訪ねてきた。『黒岩、今ここにいます?』と尋ねるるな。聖は晶が書置きを残し、家出をしたことを知った。『知らないならいいです。先生には関係ないことなんで』るなはそう言うと、さっさと帰っていくのだった。

その晩、1人遅くまで残業をする聖の元へ、晶から電話がかかってきた。『先生、僕の声聞こえますか?』そう切り出した晶は、この間突っかかってしまったことを謝罪した。『僕、先生の授業好きでした。今でも覚えてます。先生、頑張ってください。最後にそれだけ言いたくて・・・さよなら。先生』晶はそう一方的に言い、電話を切った。

電話の背後で聞こえていたフェリー乗り場のアナウンスをもとに、ネット検索しようとする聖。すると、野上がそろそろ帰ろうと話しかけてきた。

帰り道、『僕についてきてもらえませんか?このままここにいるより、僕と一緒に。実は学校を辞めることなりました』と野上から切り出された聖。先日、父親が倒れ、実家の料亭を継ぐことになったと野上は語り、『一緒にこの町を出ませんか?』と言う。

涙をため、固まっている聖を目の当たりにし、野上は『ダメですか?やっぱり。・・・会いたい人がいるんでしょう?』と言う。聖の脳裏に、これまでの晶との思い出が蘇る。『行ってください』野上に促され、聖は自転車に乗って、走り出した。

その後、タクシーを乗り継ぎ、フェリー乗り場に駆けつけた聖。しかし、待合室にはもう誰もいない。停泊していたフェリーに、聖は迷った挙句に乗り込んだ。

フェリーの甲板で、晶を見つけた聖。『黒岩くん!』聖に呼ばれ、『先生・・・ ?!』と驚く晶。フェリーはそのまま発進してしまった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『中学聖日記』第8話の感想

ドラマ『中学聖日記』第8話が終了しました。聖が3年前の晶との一件の真相を保護者に明かし、自分を変えようとした第8話となりました。

3年前、晶に対して教師にあるまじき感情を持った聖。その気持ちと、生きがいになっている教師としての職が両立できない点で、聖は苦しんでいたようです。とはいえ、実際に起きたことから逃げていては、この先ずっとそのことにおびえ続ける日々が待っています。晶の過去を切り離しても何も変わらないという言葉は、非常に的を得ていると感じました。

子供を愛する気持ちはありながらも、子供と暮らせる状況に変えていくことから逃げていた美和ですが、美和がきちんと逃げずに問題に立ち向かった様子を目の当たりにし、聖もけじめをつけたつもりのようですが・・・3年前、教え子に対して不適切な感情を持ったということを保護者らの前で明かすことよりも、晶の思いに対して、断るにしろ受け入れるにしろ、真正面から向き合ってあげてほしいですね。

野上からのプロポーズも断り、逃げないという姿勢を貫くことを決意したように見えた聖ですが、晶の気持ちへもこのまま逃げずに本音でぶつかってくれるでしょうか??変わっていく聖に期待したいです。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『中学聖日記』第9話のあらすじ

山江島行きのフェリーに乗り込んだ晶と、晶を追ってフェリーに乗ることになった聖。晶が山江島に向かうきっかけとなったのは、晶の父・康介に会いたいという気持ちからだったようです。

島に到着した2人は非日常なひと時を過ごし、これまで頑なに晶を拒絶してきた聖にも変化が見られ始めます。これまでのことを正直に話す聖を前にし、晶の中に再び聖を思う気持ちが沸き起こってきます。

一方の愛子は晶がいなくなったことに取り乱し、勝太郎の会社を訪れていました。愛子から事情を聞いた勝太郎は、まるで駆け落ちのような2人の行動に苛立ち、聖に何度も電話をかけます。原口はそんな勝太郎を心配し、見守るのでした。

ドラマ『中学聖日記』第9話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

新ドラマ『中学聖日記』原作最新話結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』原作前編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』原作後編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』のロケ地まとめ

新ドラマ『黄昏流星群』原作結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『あなたには渡さない』原作結末までのネタバレあらすじ

月9ドラマ『中学聖日記』の他にも!話題の秋ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スーツ8話ネタバレあらすじ&感想 相思相愛?畠中と甲斐の男女を超えた弁護士バトル

ベストアーティスト2018タイムテーブル(出演順)嵐は21時と22時前,乃木坂21時過ぎの可能性大 !

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る