大恋愛7話ネタバレあらすじ&感想 尚,アルツハイマー発症!子を持つ決意固めた2人に迫る悪魔

Pocket

戸田恵梨香さん主演ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

突然原因不明の意識喪失に見舞われた北澤尚(戸田恵梨香)。現在患っているMCIとの関連性はあるのか、間宮真司(ムロツヨシ)が心を悩ませることになる中、正体を現した松尾公平(小池徹平)の暗躍が始まります。

以下、ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

北澤尚(戸田恵梨香)間宮真司(ムロツヨシ)の新婚生活が始まり、そんな穏やかな環境が影響したのか、尚の病気の進行も緩やかとなりました。これを受け、間宮は尚に子供を作りたいという希望を明かし、尚は迷いながらも、治験を受け、その結果が良ければ、子供を持つことを前向きに考えたいと思い始めます。

また、診察に訪れた病院にて、尚と同じくMCIを患っていて、精神科医・井原侑市(松岡昌宏)に診てもらっている松尾公平(小池徹平)という患者と知り合いになった尚と間宮。病気の発覚以来、妻には逃げられ、生きがいとしている保育士の仕事も奪われそうな状況にある松尾でしたが、職業柄子供へはもちろん尚への対応も優しく、尚は松尾に好印象を抱くのでした。

そんな中、治療も兼ね、佑市に医学生向けの講演を頼まれた尚。練習を重ね、本番に臨んだ尚でしたが、マイクのハウリング音が聞こえた瞬間、尚に原因不明の意識喪失が起こりました。

倒れた尚を意味深な微笑とともに見ていた松尾は、その後尚の病室を訪れ、まだ朦朧としている尚にキス・・・間宮が駆けつけると、松尾は楽しそうに鼻歌を歌いながら逃走していくのでした。

さらに詳しいドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第1〜6話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話までの感想と評価

Yahoo!テレビみんなの評価

4.40点(5点満点)

前週から0.05点

10年の愛の奇跡。愛の軌跡ではなく愛の奇跡。奇跡とは 常識では起こるとは考えられないような不思議な出来事。特に神などが示す思いがけない力の働き。尚の脳内に何かが起こった。ストレスで反射性失神を巻き起こす逆の作用が脳内で起こった のかもしれない。
今はまだ見ぬ二人の子供こそが奇跡を呼ぶ真の天使なのかもしれない。

この先の展開は、このドラマの本当の実力なのかもしれませんね。

小池徹平のように変な行動は異常性欲のせいに思う。

以上、Yahoo!テレビみんなの感想の一部です。

結婚という最高の瞬間を迎えた尚と間宮のそれからが、ドラマの本当の見どころだと期待する感想、そして新たに登場した小池徹平さん演じる松尾に関しての感想が見られました。

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話の評価・感想はどう変化するでしょうか?引き続き注目していきたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話の視聴率

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第6話の視聴率は7.6%でした。3%近くも視聴率が下がってしまった原因としては、同時間帯に放送されていたハリー・ポッターシリーズの映画の影響、そしてサッカー中継によりドラマのスタートが30分遅れた影響を大きく受けたと思われます。

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話の視聴率は、今回も同シリーズの映画とかぶるため、8%代と予想します。実際のドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話の視聴率は、9.0%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
10.4% 10.6% 10.9% 9.6%
第5話 第6話 第7話 第8話
10.4% 7.6% 9.0%
第9話 最終回

それでは、ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話のあらすじ(ネタバレ)前編

松尾の狂気

突然倒れた北澤尚(戸田恵梨香)のもとへ駆けつけた間宮真司(ムロツヨシ)。『どうしてこんな事になったんですか?!』ハウリング音の後、突然失神し、この事は予見する事が出来なかったと精神科医・井原侑市(松岡昌宏)は説明する。『あんたアルツハイマーの権威なんでしょ!?どこが権威なんだよ!!』声を荒げる間宮の事を、医学には未だ分からない事がたくさんあるため、佑市のことを責めないでほしいと尚の母・北澤薫(草刈民代)がなだめた。

『とにかく尚を、今朝の尚に戻してください!絶対に!!』間宮はそう念を押し、帰っていく。間宮の脳裏には、さっき尚にキスしていた松尾公平(小池徹平)のことが思い出される。(あれも病気のうちなのか・・・?)間宮はひどく混乱していた。

翌朝、目を覚ました尚はベッドの隣で眠っていた間宮を起こした。『なんで私、ここにいるの?・・・真司』尚が自分のことを認識してくれている事が嬉しく、間宮に笑顔が浮かぶ。

昨日、学生向けの講演にて倒れてしまったのだと間宮が説明すると、尚は必死に記憶を辿る。『何も思い出せない・・・』壇上へ上がったことは覚えていたものの、その後の記憶はないようだ。

売店で買った歯ブラシを使って、並んで歯を磨く尚と間宮。尚がいつか自分で歯も磨けなくなるのだと思うと、間宮は喉を締め付けられるような気持ちでいっぱいになるのだった。

間宮の小説『脳みそとアップルパイ』に映画化の話が舞い込んだ。しかし、間宮は全く嬉しそうには見えない。『それより、続編を書こうと思うんです』と間宮が切り出すと、再三続編を催促していた担当編集者・水野は喜んだ。

そこまで話した時、松尾がやってくるのが見えた間宮は後を追う。松尾は何のためらいもなく、尚の病室へ入り、そこに尚がいないことに気づいた。

松尾は間宮に気づくと、『この病気はなったことないとわからないからさ。だから、心からわかるよってキスしてあげたんだ。喜んでたよ?尚さんは』は悪びれもせずに語る。『井原先生だって、何もわかってなかったでしょ?』講演をさせたことによって、かえって病気が悪くなってしまったと松尾は言った。

『今度近づいたら、ぶっ殺す』宣言する間宮に、『いいよ、殺しても。僕はもう失うものはないから。だってどうせみーんな忘れてなくなっちゃうんだから。あるのは今だけ。尚さんが欲しいんだ!真司をぶっ殺してでもね!』と返す間宮。松尾は戻ってきた尚に、いつもの笑顔で『バイバーイ!』と手を振り、帰っていくのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

かすかな希望

尚の次の予約を決めるにあたって、その日松尾が病院に来るのかどうかを尋ねる間宮。『そういうことは申し上げられませんが、松尾さんがどうかしましたか?』佑市も尚も、間宮の発言の真意を尋ねるが、間宮は詳しくは語らなかった。

尚は今朝、並んで歯磨きをしている際、いつまでこうやって並んで歯磨きができるのかと思い、涙が出てきたことを明かし、隣を見ると間宮も泣いていたと語る。『だからどうしても治りたいんです』尚はそう言い、新薬の治験をぜひ試したいと力強く語るのだった。

診察がないにもかかわらず、朝早くから病棟に姿を見せている松尾のことが、佑市の周囲のスタッフの間でも話題となっていた。食堂で食事をとる松尾に、佑市が話しかけた。

妻だけではなく、実家の両親からも病気が原因で疎まれていることを松尾は明かし、『そのうち、尚さんの旦那さんも逃げ出すと思うな。そうなったら、僕の出番かも!』と松尾は言う。2人のことはそっとしておいてあげてくれと佑市が切り出すと、『先生のことは信用できないんだよな〜。だって先生のせいで尚さん失神しちゃたでしょ?』と松尾は返し、食事を終え、席を立つのだった。

自宅に戻ってきた尚と間宮の平穏な生活が戻ってきた。間宮が続編を書くことにしたことを明かすと、尚は大喜び。続編のタイトルが決まれば、自分に1番に教えて欲しいとおねだりした。

また、間宮は『脳みそとアップルパイ』に映画化の話があることを明かす。『映画化なんてされたら、また本売れちゃうね?!』と喜ぶ尚に、『水野さんも同じこと言ってたよ』と答える間宮。尚は何度も聞いたはずの、間宮の担当編集者の名前を忘れていた。しかし、間宮はそのことにはあえて突っ込まない。

『映画化されたら、家買おう?』間宮はそう提案し、自分たちの恋があのボロアパートから始まったことが信じられないと遠い目で語り、穏やかな笑顔を浮かべるのだった。

尚の父親の命日の墓参りのため、尚が実家泊まりのある夜。間宮はかつてのアルバイト先を訪れ、木村明男(宮澤たけし<サンドウィッチマン>)と小川翔太(杉野遥亮)と飲みに行くことに。

その頃、尚は実家で薫と久々の親子水入らずの食事を楽しんでいた。父親の死後、好きになった人はいなかったのかと尋ねる尚に、尚の育児に精一杯で恋どころではなかったと答える薫。『これからできたらいいね!』と尚が笑顔で言うが、薫は冗談じゃないと即座に却下するのだった。

その頃、佑市は尚の脳のCT画像を前に、神妙な面持ちを浮かべていた。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話のあらすじ(ネタバレ)後編

残酷な現実

翌日、尚と佑市は病院を訪れた。松尾の姿がないか、きょろきょろと辺りを見回す間宮。診察の前にテストがあるため、尚と間宮が別室へ呼ばれた後、松尾が待合室に姿を表すのだった。

100から段階的に数字を引いていくテスト、最初に言われた3つの言葉を後ほど思い出すテストを尚は受けるが、どれも上手くいかない。『これは何ですか?』スタッフが差し出した鉛筆のことを、『書くもの』としか尚は答えられなかった。

テストが終わり、診察となる。『実は、今日から治験を始めようと思っていたのですが、難しくなってしまいました』と切り出された2人。『なんでですか?!』食いつく間宮。佑市は先日の検査結果、また今日のテスト結果から見て、尚が新薬の対象であるMCIを通り越し、アルツハイマーに進行してしまっていることを告げた。

『なんでもっと早くやらなかったんだよ!』声を荒げる間宮に、以前尚が治験を望まなかったと答える佑市。『そうなの?』尚に確認する間宮だったが、尚にその記憶はすでになかった。

『自分が誰だかわからなくなるまでに、私はどれだけ時間が残されてるんでしょうか?』尚が放心状態となりながらも尋ねるが、佑市はそれは千差万別であり、希望を捨てずにやっていこうと励ますのだった。

診察を終えた間宮は、トイレの中で泣きながら診察結果を薫に報告した。薫も動揺を隠せない。

トイレから出た間宮は、いつもの間宮の顔に戻り、『これからどうなるの・・・?』と不安を隠せない尚に、優しく『手繋ごうか?』と言い、手を握るのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

尚と間宮の決意

薫が1人泣きながらホテルのバーで飲んでいる。偶然居合わせた佑市の父・井原誠一郎(橋爪淳)から、佑市に電話がかかってきた。『気の毒で見てられないんだよ。何とかしてあげなさい』

連絡を受け、佑市が薫のもとへやってきた。『なんであの子があんな目に遭わなきゃいけないんでしょう・・・』薫が再び泣き始めた。尚は40歳までに自分が誰だかわからなくなるかもしれないが、たとえ90歳まで生きたとしても、すべての人が幸せな人生だったとは言えないことから、尚は愛する人に愛されて、尚なりに幸せなのかもしれないと薫は強がった。『私、男の人を頼りにしたことなんてないですから、今まで一度も』薫は言った。

薫をタクシーに乗せた間宮は、『また一緒に飲んでいただけませんか?僕のこと頼りにしていただけたら、嬉しいなと思って』と告げるのだった。

散歩中の尚と間宮。かつて2人の思い出の場所である橋にたどり着いた間宮は、その時のことを思い出し、思わず涙する。やがて、以前間宮が暮らしていたアパートの前にやってくるが、尚は『汚いアパート・・・』と言うだけで、そこで暮らしていたことは忘れてしまっているようだった。

尚が反射性失神で倒れる前の動画が、実習生の1人から佑市のもとへ送られてきた。そこには、松尾がスピーカーを操作し、ハウリング音をわざと出していた様子が映っている。実習生に電話をかけた佑市に、『これもアルツハイマー病の症状なんでしょうか?』と尋ねる実習生。『そんなわけないだろ!』佑市は声を荒げた。

思い出の居酒屋で食事をして、出てきた尚と間宮。尚が唐突に切り出した。『私、真司の子供、生もうかな?だって、真司と私の子供は、私と真司にしか作れないでしょ?』尚は自分の生きた記憶、そして2人が出会って恋に落ちた記憶として、自分たちの子供をこの世に残したいと語る。『協力してくれる?少しでも長く、その子との生活が持てたら、私も生まれてきた甲斐があるなって思って・・・』涙目で訴える尚に、『うん』とうなづいた間宮。『ありがとう』尚が間宮に抱きつき、間宮もまた『ありがとう』と尚のことを強く抱きしめる。間宮は(人生は不思議だ。最悪の日、最高の幸せが見える日もあるのだということを、俺は知った)と思うのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話の感想

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話が終了しました。松尾の秘めた狂気が露わになり、尚と間宮が子供を作ることを決意した第7話となりました。

尚が失神した際に意味深な微笑を浮かべていた松尾。このことから、病気が原因で全てを失ってしまった自分に対し、病気でありながらもいろいろなものを持っている尚の境遇に、松尾が嫉妬のような感情を持っていることが示唆されていましたが、尚が失神してしまう状況を故意に作り出したのが松尾だということが明らかになりました。

しかし、松尾の子供のようなあまりにも直球すぎる欲望の表し方に、病気から来ているものである可能性もあるかと思いましたが、佑市が言うには、松尾の行動は完全な悪意から来ているもののようです。

おそらく、松尾の目的は尚を自分のように不幸な境遇に陥れることなのでしょう。尚の病気を進行させ、尚のことを愛してくれている家族を尚から引き離そうとしているのだと思われます。

それでかわいそうな尚を手に入れたとしても、もともとがネガティブな気持ちからのものであるため、松尾はきっと自分と同じ病が進行していく尚のことを最後まで愛することができないと思います。しかし、そんなことは松尾にとって、どうでもいいのでしょう。過去は忘れる、未来はどうなるかわからない、今しかないと語った松尾の言葉、そのものです。

松尾も松尾で、もともとは裏表のない、人当たりのいい好青年だったのだと思われます。そんな松尾の心を蝕んだのは病気です。松尾の行動は直接は病気からくるものではないかもしれませんが、病気にならなかったら、こんな行動は起こさないはず。そう思うと、今、尚や間宮が立ち向かおうとしている病気が、子供好きな優しい青年の人格を変えてしまうほどに強大な存在であることがわかりますね。

子供を作るという大きな決断をした尚と間宮の今後が、ますます楽しみな展開となってきました。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話のあらすじ

尚の講演会の際、松尾が故意にハウリング音を発生させていた様子が映し出された映像を、松尾本人に突きつけた佑市。今回のようなことを続けるのならば、これ以上松尾のことを診察できないと佑市は告げますが、松尾には全く反省の態度が見られません。

松尾は引き続き尚に近づき、何も知らない尚は、病院外でも松尾と親交を深めていくのでした。

子供を作ることを決意した尚は、産婦人科医である知識を活かし、早速妊活を始めます。幸せいっぱいの尚でしたが、映画化、そして続編の執筆とますます仕事が好調な間宮の世話を、担当編集者の水野(木南晴夏)が以前にも増して焼くようになり、2人の関係を目の当たりにした尚はモヤモヤした感情に襲われるのでした。

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

新ドラマ『黄昏流星群』原作結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』原作前編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』原作後編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』のロケ地まとめ

新ドラマ『中学聖日記』原作最新話結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『あなたには渡さない』原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』の他にも!話題の秋ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この最終回は、尚が小池徹平に殺されるか、小池徹平と心中するかしないとおわりが見えないドラマ。悲しいけれど、尚はとにかく死なないと地獄でしょう。5話で終わらせたほうがマシだった。

  2. 尚が死なないと終わらないドラマ・・・その為の小池徹平

    尚を小池が殺すか、二人で心中じゃないと終われないです。

    ハッピーエンドで終わらせるなら5話を最終回にすれば良かった・・・

  1. この記事へのトラックバックはありません。

黄昏流星群7話ネタバレあらすじ&感想 美咲駆け落ち!栞に死期迫る?!別れを切り出された瀧沢

下町ロケット7話ネタバレあらすじ&感想 復讐の農業ロボット開発戦争勃発!勝負の行方は?

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る