獣になれない私たち7話ネタバレあらすじ&感想 晶の悩み=武器だった!悟った晶の快進撃始まる

Pocket

新垣結衣さん主演ドラマ『獣になれない私たち』第7話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

橘呉羽(菊地凛子)と根元恒星(松田龍平)の別れの背後にあった真相を知った深海晶(新垣結衣)。水面下では花井京谷(田中圭)、元カノ・長門朱里(黒木華)も彼らなりに動き始めています。

第7話にて、ますます周囲の大きな流れに巻き込まれていく晶は、それぞれの人生を精一杯生きる人々を目の当たりにし、ついにある悟りを得るようです。

以下、ドラマ『獣になれない私たち』第7話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『獣になれない私たち』第7話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『獣になれない私たち』第7話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

自身のブランドを立ち上げたばかりの橘呉羽(菊地凛子)が、かつて在籍していたモデル事務所に訴えられていたことが根元恒星(松田龍平)の耳に入りました。ゲームクリエイターである橘カイジがモデル事務所と業務提携していたことから、呉羽が多額の賠償金の支払いを避けるため、カイジと偽装結婚することで訴訟を免れたのではないかという推測に至った恒星は、不正への協力で得た300万円で呉羽を偽装結婚から救えないかと考え、呉羽の元へ向かいました。

そんなこととは知らない深海晶(新垣結衣)は、恒星との別れの理由、カイジとの結婚の理由を呉羽に単刀直入に尋ねます。呉羽は患っていた子宮筋腫が原因で、子宮全摘出手術を受けたことを明かし、自分の人生の一大事を恒星には話すことができなかったことから、そんな関係は寂しいと感じ、別れを切り出したことを明かしました。恒星には話せなかった一大事を呉羽はカイジには素直に話せていて、そんな呉羽と晶のやりとりを偶然聞いてしまった恒星は、やるせない気持ちに襲われるのでした。

一方、花井京谷(田中圭)宛に届いた年賀状の住所から、晶の自宅に赴いた長門朱里(黒木華)は偶然5tapの前を通りかかり、店内に入ったことから、店長・タクラマカン斎藤(松尾貴史)やその時店にいた恒星と顔見知りとなるのでした。

さらに詳しいドラマ『獣になれない私たち』第7話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『獣になれない私たち』第1〜6話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『獣になれない私たち』第7話までの感想と評価

Yahoo!テレビみんなの評価

2.77点(5点満点)

先週から変化なし

このドラマが面白いと思うかどうかは、晶が理解出来るかどうかなのでは?晶が理解出来ないっていう人は、ほんとに自分をしっかりもってて、流されず、言いたいことを言い、したいことが出来ている人なんじゃないかと思う。

明日7話だっていうのに展開がちっとも予想できない。恒星は晶に嘘のキスで、京谷は呉羽に嘘のセックスでそれぞれ利用された。彼女達にそこまでさせてしまったという点では二人の男は同じ穴の狢。晶と呉羽が望む幸せってなんなのだろう。

このドラマすごくリアルでいい。

以上、Yahoo!テレビみんなの感想の一部です。

何気ない描写の背後にある登場人物の真意や事情を読み解く感想、結末が読めないという感想が多く見られるようになってきました。

ドラマ『獣になれない私たち』第7話の評価・感想はどう変化するでしょうか?引き続き注目していきたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『獣になれない私たち』第7話の視聴率

ドラマ『獣になれない私たち』第6話の視聴率は10.0%で、初回に続く最高視聴率を記録しました。

ドラマ『獣になれない私たち』第7話の視聴率は、少し落ち着き9%代と予想します。実際のドラマ『獣になれない私たち』第7話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『獣になれない私たち』第7話の視聴率は、8.6%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
11.5% 8.5% 8.1% 6.7%
第5話 第6話 第7話 第8話
8.3% 10.0% 8.6%

 

第9話 最終回

それでは、ドラマ『獣になれない私たち』第7話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『獣になれない私たち』第7話のあらすじ(ネタバレ)前編

晶の武器

『会計、税理士って札束持ち歩くような仕事?』札束から飲み代を支払った根元恒星(松田龍平)に、そう尋ねた深海晶(新垣結衣)。恒星は一度粉飾決算に関わり、抜け出せなくなったと明かしながらも、結局は映画の話だとごまかした。

『そういうとこじゃない?そうやって呉羽(菊地凛子)さんとも真面目に話してこなかったら、今こうなってるんじゃない?』という晶。『じゃあ、自分は?』恒星から逆に突っ込まれ、晶は最初は花井京谷(田中圭)にも本音で実家の事情も話していたと遠い目で語る。『すっごい恥ずかしい話してもいい?京谷が初めての人だったんだよね』京谷が始めて心から好きになれた人だと晶は語った。

『あ、千春(田中美佐子)さん・・・』スマホの画面に気づいた晶がつぶやいた。

千春の自宅では、夫が誤飲性肺炎を起こし、入院させたほうがいいという息子夫婦とこのまま自宅で介護をしたいという千春の対立が強まっていた。

翌日の昼休み。京谷は上司に、元カノ・長門朱里(黒木華)にマンションを譲り、新しいマンションを探していることを明かし、『今は喧嘩してますけど、随分待たせちゃったし、ちゃんと責任取ろうと』と晶との結婚を考えていることを明かす。

その頃。朱里は自宅に持って帰ってきてしまった晶宛の宅配便を目の前にし、『どうしよう・・・』とつぶやくのだった。

ECサイト制作会社・ツクモ・クリエイト・ジャパン。社長・九十九剣児(山内圭哉)により、監視カメラが設置され、社員らは息がつまる思いでいっぱいに。有給を取る社員もたくさんいる。『俺は仕事って信頼だと思うのよね?それ諦めちゃったら、信頼関係作れないでしょう』SEチームリーダー・佐久間久作(近藤公園)は晶に、九十九のことをそう評するのだった。

5tap。千春からの宅配便が届かないことを晶が店長・タクラマカン斎藤(松尾貴史)に話していると、呉羽がやってきた。『晶〜!ギュ〜!』晶のことをハグする呉羽。

『今日は恒星さんと?』尋ねる晶に、恒星と今週まったく連絡がとれず、さっき留守電に店に来るよう入れたところだと呉羽は語る。

また、呉羽は晶の周囲に対する配慮が使いようによってはものすごい武器になると語った。『・・・武器』晶は呉羽の言葉を反芻するのだった。

帰り道、晶と呉羽は5tapに向かう恒星に出会った。恒星は呉羽の夫・カイジの上場の手伝いを請け負うことを伝え、飲み直そうと再び5tapへ戻っていく。晶は明日も早いため、帰宅の途についた。
 


<スポンサーリンク>

 

晶の変化

晶が自宅に帰ると、玄関の前に朱里の姿がある。『遅い〜!』朱里はこの間晶が立て替えた5tapでの飲食代を支払い、『おやすみ』と玄関前で寝てしまう。『ここで寝られちゃ困るって!』晶は朱里を仕方なく自宅に泊めることにした。

翌朝、いつも通り6時半に起床した晶は朱里を起こす。『朱里さん、起きて!私会社行くの』しかし、朱里は『何も盗まないよ・・・』と再び寝入ってしまう。晶は鍵を郵便受けに入れといてくれるようメモを残し、出社していった。

その後、起きた朱里は晶の部屋を物色。晶が毎日忙しく仕事に追われていて、自宅の更新日が11月末に迫っていることを朱里は知った。

樫村地所との打ち合わせのため、会議室へ早めに入った新人営業・上野初(犬飼貴丈)と営業・松任谷夢子(伊藤沙莉)。この間の懇親会にて、晶が京谷に『今の晶、可愛くない』と言われていたことが2人の話題に上がった。『深海さんの代わりに言ってあげたい!可愛くなくて何が悪いんじゃ、ボケ!って』松任谷は怒りをにじませる。

続いて、仕事に対しての姿勢の話になり、松任谷は以前は頑張っていたものの、あることに傷つき、やめたのだと語る。『期待されなきゃ、がっかりされることないもん』という松任谷の言葉を聞いた上野は生まれて今まで一度も期待されたことがないと肩を落とした。

その話を会議室の外で聞いていた晶は、樫村地所の打ち合わせでのプレゼンを上野に任せてみることに。『私からではなく、上野からお願いします!』戸惑う上野に不安を感じた京谷の同僚から、時間の無駄だから晶にやってほしいとの声が上がるが、晶は松任谷にも意見を求め、積極的に関わらせようとする。京谷は『いいんじゃない?仕事はチームでするものです』と加勢してくれ、晶は今更仕事が1人でするものではないことに気づくのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『獣になれない私たち』第7話のあらすじ(ネタバレ)後編

晶と朱里

5tap。『こういうものが毎日飲めるようになりたい・・・今日はお金持ってますよ』朱里は漫画などの私物を売って、わずかなお金を手に入れたと店長・タクラマカン斎藤(松尾貴史)に語った。

店に来ていた恒星に、朱里が『京ちゃんと晶ってどうなってんの?』と尋ねると、恒星は『自分が出て行かないから、こじれてんだろ?それでよく来られるよな?晶のテリトリーに。頭おかしい』と遠慮なく突っ込む。『この人、感じ悪い!そうだよね〜みんな深海晶が好きだよね。みんなに愛されるキラキラ女子』朱里が愚痴ると、『君さ、自分が1番不幸だと思ってるでしょ?不幸の背比べは楽しいですか?』という恒星。朱里はグラスの中のビールを恒星に顔面にかけ、帰って行った。

斎藤から呼ばれた晶が駆けつけた。『恒星さん、何言ったの?』自分のように言いたいことを言えないのも困りものだが、恒星のように言いたいことを全て言ってしまうのもどうかと思うと言う晶。自宅に帰ったらしい朱里のことが心配だと、晶は帰って行った。

晶の自宅にて、晶は朱里にもビールを差し出し、飲み始めた。『そこまで京ちゃんにいい顔したいの!?』晶に敵対心むき出しの朱里。『私と朱里さんは似てる・・・』晶は朱里も自分も帰れる実家がないながらも、頑張っていると切り出し、京谷が重い朱里に疲れ、明るくて物分かりのいい自分のことを好きになったため、そういう自分を演じ続けなくてはいけなくなったのだと語り始めた。

朱里はビールを開け、『私も思ったときある。・・・京ちゃんは、私にあなたみたいになってほしいだなって。でも違うから、どんどん逆のことして・・・』と明かす。『・・・私たち、誰の人生を生きてきたんだろうね?』晶はしんみり漏らすのだった。

翌朝、晶が起きると朱里の姿はすでになく、鍵だけが置かれていた。気づくと、千春からLINEが届いている。スタンプの猪が涙を流しているのを見た晶が、自分に何かできることはないかと返信をすると、千春から(相模湾を見に来ませんか?)とLINEが来る。晶は京谷の実家に行くことに決めた。
 


<スポンサーリンク>

 

晶の決意

京谷の実家に到着した晶は、寝たきりとなっている京谷の父に挨拶した。『来てくれてありがとね。カツミさんの入院の件で、息子たちに怒られちゃってさ。私、間違ってるのかなって・・・』千春が泣き出し、晶は千春を優しく抱きしめた。

しばらくして、京谷と京谷の兄もやってきた。『母さん、親父病院に連れてこう!こんなことしてたら、親父死ぬ』京谷と兄は、父を病院へ連れて行こうとする。『やだ!カツミさんは連れてかせない!』千春が夫にしがみついた。『加勢します』晶もそう言い、京谷たちのまえに立ちはだかる。

『入院させたってよくなるわけじゃない!これ以上、何もできないんだから!』千春はもしものときは自宅で看取ると決めていた。その話を千春から聞かされていた晶は、『その覚悟を、千春さんは何年も1人で背負ってきたんじゃないですか!?その覚悟を応援してあげませんか?』と京谷とその兄に、はっきりと言うのだった。

海辺。『晶が言ってくれなかったら、母さんの気持ちわからなかった。息子なのに』京谷がそう切り出す。『千春さんが、京谷が1番カツミさんに似てるって言ってたよ』晶がそう言うと、父親のように愛する女性を守れる男性に、自分はまだなれていないと京谷は言った。

『千春さん、守られてただけじゃないんじゃないかな?』2人がともに支え合い、かけがえのない時間を過ごしてきたからこそ、今の2人があるのではないかと言う晶。『座ろう』晶が促し、2人は砂浜に座った。

『私ね、京谷が好きだった』京谷と付き合って、愛される喜びを知り、人生の喜びを知ったと切り出す晶。京谷は晶の人生そのもので、京谷を失うことは人生を失うも同然だったため、言いたいことを言えなかったと晶は明かした。『でもそれって私の人生じゃないよね?私は私の人生を放り投げてた。・・・投げたくない。だから、京谷とは終わりにする』晶はそう言い切ると、『ああ、やっと言えた』と砂浜に寝転ぶ。

『あ、そうだ』起き上がった晶。『かわいくなくて、何が悪いんじゃボケ!うっさいわ!』晶はそう言い、笑顔を見せる。『ありがとう、さよなら』去っていく晶。

『晶!俺、実は住んでたマンションをさ・・・!』京谷が去っていく晶の背中にそう叫んだとき、向こうから千春が手土産を持って現れ、京谷の言葉は途中で遮られる。晶はそのまま帰ってしまった。上機嫌で見送る千春に、『母さん、愛ってなんだ?』とつぶやく京谷。千春は吹き出し、『熱でもあるんじゃないの?』と言い、自宅の方へ歩き出すのだった。

5tap。晶は清々しい様子で、ビールを美味しそうに飲む。『ああ、いっそ会社も辞めちゃおうかな?』と言い始める。

その頃、朱里は自宅のPCにて中途採用のエントリフォームを送っていたのだった。

再び、5tap。『斎藤さん、映画詳しい?』晶はかつて恒星が語っていた会計士が不正に関わり、爆弾を作って立場を逆転させるというストーリーの映画が本当にあるのかを確認。やはりストーリーは恒星が語っていたものではなく、晶はあのとき恒星が語っていた内容が実体験に基づくものだと察する。すると、恒星が店にやってきた。

『爆弾はいつ作るの?日常を壊す爆弾。300万円で不正をしないための』と恒星に尋ねる晶。『爆弾は作りませんね、危ないし・・・』という恒星に、晶は『不正の書類はいつ出すの?』とさらに尋ねる。『11月末』と恒星は答えた。

翌日。自宅の11月末更新を知らせる書類を見つめ、何かを考える表情の晶。やがて晶は意を決したように鍵を取ると、出社していくのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『獣になれない私たち』第7話の感想

ドラマ『獣になれない私たち』第7話が終了しました。呉羽の言葉をきっかけに、晶が変わった第7話となりました。

周囲を気にするあまり、自分を殺し、悩んできた晶。しかし、呉羽は晶の周囲を気遣える力が、とても素晴らしい力で、使い方によっては強い武器になることを教えてくれました。

確かに、周囲を気遣える力は呉羽が言うように素晴らしい力で、気遣った末に晶が選択する行動に問題があったことに晶は気づいたようです。優しさのつもりの手助けがときには相手のためにならないこと、また自分のためにもならないことに気づけたことは、大きな前進ですね。

また、朱里との関係に悩んでいた京谷と、その相談に乗っていた晶の恋のスタートは、朱里にはないものを持った自分という設定で始まっているため、ずっとそういう女性を演じ続けざるを得なかった晶。晶が本当は朱里のようにダメな自分を素直に出したいと思う一方、朱里の方は晶のようになって京谷の愛を取り戻そうと足掻いていて、そんな一見両極端にも思える2人がどちらも幸せにはなれていない背景には、やはり自分の人生を生きていないという原因があったのでしょう。

晶が大きく動き出した一方、恒星は迫る11月末にまた不正に加担するのか、あるいは抜け出すべく行動を起こすのか、まだ決めかねているようですね。次は恒星が大きな一歩を見せてくれることに期待したいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『獣になれない私たち』第8話のあらすじ

呉羽の夫・カイジの会社の上場を手伝うことを決意した恒星。しかし、恒星はカイジから打ち合わせを直前になって何度もキャンセルされるという事態に頭を悩ませていました。

このことを聞いた晶は、カイジの方も恒星になんらかの気まずさがあり、会いたくないのではないかという仮説を立てます。

そんな中、晶は九十九に直談判した挙句に、業務改善への第一歩としてスタッフを増やすことに対する許可を得ます。採用を任された晶の前に、面接にやってきたのは朱里でした。

また、恒星の行方不明中の兄・陽太(安井順平)の件に関しても動きが現れます。酔っ払いの財布から金を盗もうとし、陽太が逮捕されたという連絡が恒星に入ります。処分が決まるまでの間、恒星は兄を事務所に置いておくことにしますが、目を離した隙に陽太から逃げられてしまいます。

そして、恒星は晶に兄弟の確執の本当の原因を話し始めるのでした。

ドラマ『獣になれない私たち』第8話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

新ドラマ『下町ロケット』原作前編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』原作後編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』のロケ地まとめ

新ドラマ『中学聖日記』原作最新話結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『黄昏流星群』原作結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『あなたには渡さない』原作結末までのネタバレあらすじ

ドラマ『獣になれない私たち』の他にも!話題の秋ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

中学聖日記7話ネタバレあらすじ&感想“二度と来ないで”晶拒絶した聖,破られた平穏な日々

黄昏流星群7話ネタバレあらすじ&感想 美咲駆け落ち!栞に死期迫る?!別れを切り出された瀧沢

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る