スーツ7話ネタバレあらすじ&感想 因縁の人物“上杉”とは?!ファーム通しの対立,激化の気配

Pocket

織田裕二さん主演の月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第7話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

第7話では、敵対することになる最強弁護士として、聖澤敬一郎(竹中直人)が登場。この聖澤、幸村・上杉法律事務所でパラリーガルとして働く聖澤真琴(新木優子)の父親なのですが、今まで謎に包まれていた事務所の名前にもなっている『上杉』という人物についての謎が明るみに出てくるようです。

以下、月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第7話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第7話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第7話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

今回代表弁護士・幸村チカ(鈴木保奈美)から下された甲斐正午(織田裕二)のミッションは、内海財団の会長・内海真須美(ジュディ・オング)が轟フィナンシャルへ投資した20億円の回収。チカからの命令で、甲斐は犬猿の仲である蟹江貢(小手伸也)とチームで仕事をすることになりました。

一方の鈴木大貴(中島裕翔)こと大輔は、リゾート開発会社を経営する藤原一輝(大澄賢也)と、その会社から会社の資金1億円を盗み出した実娘・華名(佐久間由衣)の問題に取り組むことになります。

破産寸前であることを理由に、3000万円での和解を求める轟フィナンシャルに対し、破産寸前は全額返金に応じたくない偽りの言い訳である理由を突きつけたい甲斐と蟹江。蟹江が独自ルートで轟フィナンシャルの裏帳簿を入手しますが、それが偽りの帳簿であったことが発覚し、甲斐と蟹江の仲は決裂してしまいました。

その頃、藤原親子の問題に取り組んでいた大貴は、その原因がガンで亡くなった母をめぐる父娘の思いのすれ違いであることに気づき、親子間にあった誤解をときました。結果、天才的なハッキング技術を持っている華名の協力を得ることに成功し、轟フィナンシャルの帳簿にアクセス、かつて蟹江が手に入れてきた裏帳簿が本物だったことが発覚。甲斐と蟹江は関係を修復し、見事20億円の回収に成功したのでした。

さらに詳しい月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第7話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第1〜6話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第7話までの評価と感想

Yahoo!テレビみんなの評価

3,33点(5点満点)

前話から0.02点

アメリカ版がよかったので日本版はどうなのってそこまで期待してなかったんですが、頑張ってるし面白いなと思います。織田裕二さんは声も聞き取りやすくて適役。設定にはいろいろツッコミどころもあるかもしれませんが、ドラマなんで別にそこまで目くじら立てる必要もないでしょう。

土壌も文化も違う日本で作るのだから、日本だったらこんな感じ…ということで、頑張って製作されてると思います。が、容認はして毎週楽しく見ている中に、「あらら、こうしちゃうの?」というのは否めません。

以上、Yahoo!テレビみんなの感想の一部です。

スタート当初は否定的な感想が目立ちましたが、ある程度の妥協は必要ながらも、概ね楽しく観ている視聴者が多いようです。

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第7話の評価・感想はどう変化するでしょうか?引き続き注目していきたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第7話の視聴率

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第6話の視聴率は8.9%で、平均視聴率は11.23%となりました。

第5話にて一旦上がった視聴率が、再び以前の水準に落ち着いてきていますが、引き続き今期第3位の平均視聴率をキープ中です。

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第7話の視聴率は、10%前後と予想します。実際の月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第7話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第7話の視聴率は、9.8%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
14.2% 11.1% 10.3% 8.9%
第5話 第6話 第7話 第8話
11.8% 9.5% 9.8%

 

第9話 最終回

それでは、月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第7話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第7話のあらすじ(ネタバレ)前編

合併話と真琴の憂鬱

顧問を務めている桜庭リゾート&ホテルを訪れた甲斐正午(織田裕二)。社長・桜庭庸司(高橋洋)が甲斐を出迎えた。この度、桜庭ホテル&リゾートは5つ星認定を受け、世界を代表するホテルと認められたばかり。甲斐は桜庭を祝福した。

桜場は大手ホテルグループKJOから合併の話が舞い込んでいることを甲斐に明かし、話を受けるつもりであることを語る。甲斐は早速KJOグループの情報を集めることにする。

カフェにて、来る司法試験の勉強をするパラリーガル・聖澤真琴(新木優子)を見つけた鈴木大貴(中島裕翔)こと大輔。真琴は知識も実力もあるが、緊張に弱く、試験となると実力を発揮できないようだ。そんな真琴に大貴は『任せて。試験だけは得意だから』と伝えるのだった。

とある夜、桜庭ホテルのレストランでの会食に招かれた甲斐。そこにKJO社長・ジーン・クライン(クリス・バテン)の代理人弁護士を務める木次谷公一(橋本さとし)が現れた。木次屋とはかつてとある案件で対立したことがある仲だが、その息子の替え玉受験を大貴が請け負っていたことをネタに脅しをかけ、甲斐がことを有利に進めたことがある。

甲斐と今回の未来ある合併話を進めることができて嬉しいと語る木次屋に、甲斐は『どうぞお手柔らかに』と笑顔を浮かべた。

その頃、大貴はとあるファミレスにて、真琴の試験勉強に付き合っていた。弁護士である父親に憧れ、この世界を志した真琴。今度父親が帰国するにあたり、未だパラリーガルであることから肩身がせまいと真琴は憂鬱そうに語るのだった。

幸村・上杉法律事務所では、新人弁護士の採用試験が行われている。大貴はそこに、2年前に替え玉試験を請け負った町田日向子(石橋静河)の姿を見つけた。

早速、大貴はその旨を甲斐に報告。『俺、相当やばいですよね?!』焦る大貴に、甲斐は自ら替え玉受験で司法試験に合格したと明かす人間がいるわけないと、大貴のことをなだめる。

『さっき話してた人だけど、友達?』日向子と親しそうに喋っていた真琴に尋ねた大貴。高校の時からの同級生で、一緒に弁護士を目指していた親友だと真琴は語った。
 


<スポンサーリンク>

 

上杉という人物

木次屋が最近移った弁護士事務所・セイントを、大貴と一緒に訪れた甲斐。合併先のジーン社長の到着を待つ。『お待たせしてしまって申し訳ない』暫く待ったのち、セイントの代表・聖澤敬一郎(竹中直人)とジーン社長が現れた。聖澤は寿司が食べたいというジーン社長と木次屋を外へ出し、KJOグループの世界戦略を任されているのは自分で、木次屋は東京での連絡役を任せているにすぎないと甲斐らに挨拶をする。聖澤は真琴の父親だった。

聖澤から提示された合併提案書を確認した甲斐は、『こんな合併条件では話になりませんね。これでは合併ではなく、乗っ取りだ』と提案書を突き返した。今日のところ、交渉は決裂した。

『交渉決裂だって?』事務所に帰るや否や、代表弁護士・幸村チカ(鈴木保奈美)から詰め寄られたチカ。てっきり、釘を刺されるのかと思いきや、『今回は私もあなたに乗っかってみようかな?』と意外なことを言う。上杉が抜けた後の事務所の力を試されているのではないかとチカは感じているらしい。2人は売られた喧嘩を買うことにした。

その頃、大貴は事務所名にもなっている上杉のことが気になり、『上杉さんって人に会ったことは?』と秘書・玉井伽耶子(中村アン)に尋ねてみる。しかし、玉井は『いないの。幸村先生が追放したから』と答えるのだった。

真琴は父の聖澤から、ファームを移ることを提案された。今の事務所は気に入っていると乗り気ではなさそうな真琴に、聖澤は『とにかくファームを移ることだけは考えておいてくれ』と念を押し、去っていくのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第7話のあらすじ(ネタバレ)後編

真琴からの替え玉依頼

直後、聖澤は蟹江貢(小手伸也)と接触した。『こちらをご覧いただければ、噂が真実だとお分かりいただけるかと』書類を聖澤に手渡す蟹江。『詳しい話は車の中で』聖澤に促され、車に乗り込む蟹江。その様子を真琴が不審そうな表情で見ていた。

その晩、とある食堂で真琴は親友の日向子と会った。日向子は幸村・上杉法律事務所を不合格となっていた。『・・・私にはそんな資格ないんだ。私、受かってないんだよ』日向子が司法試験を実力で受かっていないことを、真琴に明かした。

翌朝、日向子から大貴に電話がかかってきた。『2年前、替え玉を頼んだ・・・ちょっとお願いしたいことがあって』日向子は自分の親友が司法試験を目指しているため、彼女の替え玉受験をお願いしたいのだという。日向子が言う親友が、真琴のことだと察した大貴は頭を抱える。才能もあり努力もしている真琴が、試験が苦手だという理由で弁護士になれないことに、大貴は正直同情していて、引き受けたい気持ちに駆られてしまうのだった。

タイのKLOグループのホテルでストライキが起きていたことがわかる。原因はアジア圏統括マネージャーの横領だった。KJOグループはこの件を隠蔽していることから、甲斐はこの件を使い、交渉を有利に進められるとほくそ笑むのだった。

聖澤と偶然出会ったチカ。『そういえば、上杉は元気にしていますか?』と尋ねる聖澤。『彼は休職扱いでまだ正式に辞めたわけではないので』とチカが答えると、聖澤は今回の合併の件で、甲斐が桜庭の名前を残すことにこだわっていることを引き合いに出し、名前を残すことがどれだけ意味をなすのかと疑問を訴えかける。聖澤はチカに対して、終始高圧的な態度だった。

合併の条件を提案した甲斐。こんな条件は飲めないと言う聖澤に、『その代わり、桜庭社長は自ら火消しに立ち回ってくれるとおっしゃってますが』と甲斐は言い、KJOグループのスキャンダルのもみ消しに一役かう意思があることをほのめかす。聖澤は一旦、条件を受け入れると態度を軟化させる。両者は資産状況の情報を交換した。
 


<スポンサーリンク>

 

買収の行方と露呈した大貴の秘密

替え玉受験を依頼する決意を固めたらしい真琴に、『もっと自分を信じてもいいんじゃないかな?』と大貴は話しかけた。大貴は自分もかつて道を間違えそうになったことを明かし、真琴に安易な決断は控えるよう、促すのだった。

KJOグループがダミー会社の名前を使い、桜庭ホテルの株を買い漁り始めたことがわかる。もともと聖澤の目的は、資産状況を知り、敵対的買収を成功させることにあり、そのため資産状況を手に入れるため、態度を軟化させたのだ。

これに対抗し、甲斐は桜庭ホテルを他のホテルグループに買収させることにした。そうなれば、桜庭ホテルのブランドはなくなり、結果KJOグループが困ることになった。『頼む、もう一度交渉させてくれ』聖澤が頭を下げ、もう一度合併の話に戻したいと切り出した。『ま、私も聞く耳を持たないわけではない』甲斐はそう微笑で返し、甲斐と聖澤は握手を交わした。

真琴からランチに誘われた大貴。食堂に入ると、真琴は『先生ですよね?』と切り出す。『何のこと?』大貴はとぼけるが、そこへ真琴が呼んだらしい日向子が現れる。『あれ?大さん?』日向子がそういったことにより、大貴が替え玉受験を請け負っていたことがバレてしまうのだった。

夜。チカのオフィスでシャンパンをあけるチカと甲斐。蟹江がセイントへ移ろうとしていることを察したチカが、蟹江のギャラをあげたことを甲斐に明かした。『甲斐は移籍を考えることはある?もしあの時私が上杉に追い出されていたら、あなたはどうしてたかしら?』と尋ねるチカに、甲斐は『少なくとも、私は辞めてます』と答え、その答えを聞いたチカは満足そうに、『それ空けるわよ』とグラスのシャンパンを飲み干すのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第7話の感想

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第7話が終了しました。買収話をめぐり、何やら幸村・上杉法律事務所と因縁がありそうな聖澤が登場し、その娘・真琴が大貴の秘密を知った第7話となりました。

第7話では、事務所名にもなっている上杉という人物について、触れられる描写がいくつかありました。聖澤が上杉と懇意にしていること、あることをきっかけに上杉が事務所から追放されたことが明らかになりましたが、まだまだ謎に包まれています。今回は甲斐が買った形となりましたが、聖澤との因縁はまだまだ続きそうですね。

聖澤と接触していた蟹江ですが、ファームの情報を聖澤に手渡しているような描写があったことから、単に移籍やギャラのアップだけを狙っての行動ではないような気もします。蟹江が手渡したファームの弱みを、第8話以降、聖澤がどこかで使ってくることになるのだと推測します。

そして、聖澤の娘である真琴に、大貴の秘密も知られてしまったことから、そこから聖澤に弱みが漏れてしまう可能性もありますね。最終回まであと数話、甲斐たちが大きなピンチに見舞われそうな気配がします。
 


<スポンサーリンク>

 

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第8話のあらすじ

第8話にて、甲斐たちが取り組むことになるのが、大手建設会社・烏丸建設を相手取った 原告団総勢462人の大きな訴訟。烏丸建設が一時的に使用していた有害性塗料が原因で、健康被害が出たと訴える原告団の主張を認めさせるのが、甲斐たちの仕事です。

しかし、原告団の弁護は、かつて甲斐ではない弁護士が担当していました。原告団の代表者・水原美咲(矢田亜希子)、佐藤鈴子(宍戸美和公)たちから話を聞いた甲斐は、裁判の直前にかつて依頼していた弁護士過去のスキャンダルが明るみに浮上し、結果廃業に追い込まれてしまったという経緯を知り、不審に思います。その際、烏丸建設側の弁護を請け負っていたのは、甲斐の後輩でもあるスタンリー法律事務所のやり手弁護士・畠中美智瑠(山本未來)。甲斐は畠中が過去担当した裁判を徹底的に調べるよう、大貴に命じるのでした。

そんな中、甲斐の前に畠中が現れました。畠中の手には、なぜか甲斐たちが作成した原告団情報を含む社外秘の資料が・・・チカはファーム内に内通者がいると確信し、蟹江に調査を命じます。

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』第8話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

新ドラマ『下町ロケット』原作前編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』原作後編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』のロケ地まとめ

新ドラマ『中学聖日記』原作最新話結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『黄昏流星群』原作結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『あなたには渡さない』原作結末までのネタバレあらすじ

月9ドラマ『スーツ(SUITS)』の他にも!話題の秋ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

大恋愛6話ネタバレあらすじ&感想 同じ病気患う松尾の闇!尚の一歩先の現実に2人は…?!

中学聖日記7話ネタバレあらすじ&感想“二度と来ないで”晶拒絶した聖,破られた平穏な日々

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る