中学聖日記6話ネタバレあらすじ&感想 聖に迫るモンスターペアレンツの影!新たな恋の予感も

Pocket

有村架純さん主演ドラマ『中学聖日記』第6話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめてみました。

黒岩晶(岡田健史)のことが好きだという気持ちから、婚約者・川合勝太郎(町田啓太)に別れを切り出した末永聖(有村架純)。とはいえ、立場上、晶と結ばれてはいけないと考えた聖は学校を辞め、晶の前から消えました。

それから、3年後。別々の人生を歩いていた聖たちの運命が、再び交わり始めます。

以下、ドラマ『中学聖日記』第6話ラストまでのネタバレあらすじと感想をまとめています。ネタバレしますので、ドラマ『中学聖日記』第6話がまだ・・・という方はご注意ください。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『中学聖日記』第6話までの簡単なあらすじ(ネタバレ

黒岩晶(岡田健史)との不適切な関係が明るみに出た末永聖(有村架純)。聖には淫行疑惑がかかり、処分が検討された結果、依願退職扱いでの退職が認められました。母親に勧められたこともあり、聖は大阪へ行き、このまま婚約者の川合勝太郎(町田啓太)と結婚することにします。

聖が引っ越しすることを知った晶は、聖の元へ駆けつけようとします。しかし、それを母・愛子(夏川結衣)が止めました。晶が小さい頃、夫に突然出て行かれてしまった愛子は、そのことを知人の男性に相談するうちに恋をしてしまい、結果離婚に踏み切りました。しかし、その恋は一瞬で終わってしまい、以後愛子はたった一度の恋のせいで人生を台無しにしてしまったと後悔していたようです。

同じ道を晶に歩んで欲しくない愛子は、晶に自らの過去の過ちを明かしますが、晶は聖との恋をそんなバカみたいな恋と一緒にするなと声を荒げ、聖の元へ行ってしまいます。

大阪へ向かう車の中で、聖は勝太郎に別れを告げ、これから1人で生きて行くと車を降りました。2人が乗った車を自転車で追いかけていた晶と聖がその後会うことはなく、聖は子星平から消えたのでした。

さらに詳しいドラマ『中学聖日記』第6話までのネタバレあらすじが知りたい方はこちら

ドラマ『中学聖日記』第1〜5話のネタバレあらすじ
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『中学聖日記』第6話までの感想・評価

Yahoo!テレビみんなの評価

2,66点(5点満点)

前話から0.14点

衝動を抑えられないのは愛じゃなくて欲望。欲望に美しい映像と音楽の服を着せて、あたかも純愛のような顔をさせたら、そりゃ気持ち悪いと言う人の意見もわかります。

気持ち悪いとかの意見がありますが、中学3年の母である私はどハマりしてみております。黒岩君の真っ直ぐさに心打たれます。あそこまで突っ走ってしまうのも、聖先生の対応力のなさも一因かと思います。息子だったらと思うと…黒岩母のお気持ち、お察しいたします。俳優のみなさんも、ホントお上手で、引き込まれます。特に黒岩君役の岡田君は初めてと思えないぐらい、引き込まれます。

正直ドラマって人の愚かさがテーマなのが多いと思います。単純に「人間だもの」ってのが主題が殆ど。理性じゃ分かってるけど、感情がどうにもならない。だから「わかる~」ってみんな『昼顔』見てたのでは?

以上、Yahoo!テレビみんなの感想の一部です。

引き続き、わずかにですが評価は上がり続けています。依然、一定の批判はありますが、ドラマスタート当初と比較すると、圧倒的に肯定的な感想が多くなってきています。

ドラマ『中学聖日記』第6話の評価・感想はどう変化するでしょうか?引き続き注目していきたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『中学聖日記』第6話の視聴率

ドラマ『中学聖日記』第5話の視聴率は6.5%でした。日本シリーズの延長で一時的に落ちた視聴率が再び戻り、第2回と同様、過去最高視聴率を記録しています。

ドラマ『中学聖日記』第6話の視聴率は、引き続き6%代と予想します。実際のドラマ『中学聖日記』第6話の視聴率は発表され次第、追記したいと思います。

※ドラマ『中学聖日記』第6話の視聴率は、7.0%でした

第1話 第2話 第3話 第4話
6.0% 6.5% 6.2% 5.4%
第5話 第6話 第7話 第8話
6.5% 7.0%

 

第9話 最終回

それでは、ドラマ『中学聖日記』第6話ラストまでのネタバレあらすじ、スタートです!
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『中学聖日記』第6話のあらすじ(ネタバレ)前編

それぞれの新しい生活

3年後、2018年。黒岩晶(岡田健史)の自宅の部屋に、晶の姿はもうない。母・愛子(夏川結衣)は1人で朝食をとっていた。

ファミレスに集う元3年1組のメンバー。今度クラス会を開くことになり、晶のことも呼ぼうという話になる。晶はあの後、学校には来なくなり、結局卒業式にも来なかった。

その頃、末永聖(有村架純)は小さな弁当屋で働いていた。『じゃあ、私これで』聖は自転車に乗り、山間の小さな小学校へ。『あ!聖!』子供の1人が声をあげる。聖はこの小学校で教師として働いていて、弁当屋は生徒の保護者の店らしい。母親が歯医者に行く間、聖は手伝いを頼まれたようだ。この小学校ではもともと丹波千鶴(友近)が働いている。

結婚がダメになり、聖がこの小学校へやってきたことは教師らや保護者の間でもおぼろげながら知られていた。

聖にはクラスに気になる女子生徒がいた。物静かで、皆と遊ぶよりも1人図書館で本を読むことが多いその子の名前は、橘彩乃(石田凛音)という。

千鶴から、彩乃が遠足費用が滞納しているため、徴収してきてほしいと頼まれた聖。『最近あのお母さん、顔見てないのよね。どんな様子かもお願い』と千鶴はいい、聖は彩乃の自宅へ向かった。

彩乃の母親は、地元の大地主の娘で、出戻ってきて現在シングルマザー。男をとっかえひっかえ連れ込んでいるという噂が立っている。聖が訪れた際も、玄関には男物のスニーカーがあり、室内からはタバコの匂いがする。『遠足代ですね、明日持たせますから』聖は玄関先で追い返された。

校長の湯呑みを不注意から割ってしまった聖は、同じ湯呑みを買いに、同僚教師・野上(渡辺大)と骨董市へ。無事に同じ湯呑みを見つけ、買うことができた。

すると、聖は骨董市に来ている大勢の客の中に、晶の姿を見つけ、思わず固まった。高校の制服姿の晶は短髪になっていて、どこか大人びて見える。やがて、晶も聖の視線に気づき、聖の方を振り向いた。しかし、晶が聖を認識するよりも前に、逃げるように聖は足早に去っていくのだった。

向こうから上布茂(マキタスポーツ)がやってきて、聖に気づく。どうやら晶は上布と一緒に来ているらしい。晶と合流した上布は、聖のことは話題に出さずに、『あっちに掘り出し物あったよ』と話しかけるのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

聖の想い

高校進学をきっかけに、晶は上布の実家に下宿していた。上布の実家を訪れた愛子に、上布の母は晶が毎日規則正しい生活をしていて、家に帰ってきてからも勉強ばかりしていると話す。愛子は礼を言い、今月分の下宿代を渡した。

愛子が来ているというのに、晶は部屋から出て来ない。聖との一件以来、親子の間には深い溝ができてしまっているらしい。

帰る愛子に、『社長、見ました!間違いなくあの人でした』と聖を見たことを上布は報告。『どうだった、あの人?』男性と一緒に来ていたようだと上布が報告すると、『結婚したのかな、あの人』と愛子は言うのだった。

その頃、東京本社へ戻った川合勝太郎(町田啓太)はバリバリ働いていた。原口律(吉田羊)も本社へ戻ってくることになり、原口が新部長となる。

『いつからそんなに血の気多くなった?』原口は聖と別れて以来、過去を忘れたい一心で、勝太郎が仕事に没頭しすぎているのでは?と釘をさすのだった。

聖が晶との再会を思い出していると、千鶴がやってきた。一緒にざるうどんを食べることになり、いつも大食らいの聖の食事の量が少ないことに気づいた千鶴。『何かあった?何かあったら、話す約束』千鶴からそう言われ、聖は今日晶を見かけたことを明かす。

晶を見かけ、3年前を思い出したという聖。聖は行き場を失い、最初実家にお世話になっていた。そんな聖を両親は何も聞かずに受け入れてくれた。

その後、聖は学習塾で講師のバイトを始め、まだ教師を続けたいのだという熱意を感じた千鶴が、現在の小学校に欠員が出た際に誘ったことが、聖が現在の小学校に赴任してきたきっかけだった。

やっと戻れた教師の職。『彼を見たとき、あのことを知られたらどうしようって・・・』聖は晶との一件は封印したまま、今の学校で平穏に教師を続けたいと語るのだった。

3年1組の同窓会の日。岩崎るな(小野莉奈)、九重順一郎(若林時英)、白石淳紀(西本まりん)海老原満(川口和宥)、香坂優(中田青渚)が久々の再会を喜び合っていると、晶が会場に現れた。盛り上がっていたその場は、途端に静まり返る。

すると、九重が晶に殴りかかった。『昨日見た?スーパーバンダム級』という九重に『見た』と晶は笑顔で答える。2人は一瞬で仲直りしてしまったようだ。

その後、晶へは聖関係の質問が集中した。『今でも末永と会ってるの?』と聞かれ、晶は『末永?誰だっけ?』と表情一つ変えずに言うのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『中学聖日記』第6話のあらすじ(ネタバレ)後編

勝太郎の告白

『帰り送ってく。俺、ちょっと岩崎と話したい』同窓会終了後、晶とるなは一緒に帰ることになった。『心配したんだよ?急に学校辞めちゃって。知らない間に家出てるし』というるなに、『ごめん・・・』と答える晶。晶は県内一の進学校へ通っていた。

『黒岩は、私がまだ黒岩のこと好きって言ったら、引く?』今日、晶と再会して、るなの気持ちが再燃したらしい。『今誰かいる?好きな人』『どうだろう・・・』という晶の言葉を聞いたるなは、『チャラい!黒岩のくせに!』と食べていたお菓子を笑いながら投げつけるのだった。

その頃、聖の前には、突然勝太郎が現れた。聖の私物をわざわざ持ってきてくれたのだ。『あのとき、なんてバカなことしたんだろうって』聖が謝罪の言葉を述べると、勝太郎もまた、聖のことをどこかコントロールしようとしていたのかもしれないと打ち明けた。

『もうお互い考えてもいい頃かもな?』勝太郎はお互い他に好きな人を作って、お互い幸せになってもいい頃かもしれないと言い、『聖も幸せに』と笑顔で言うと、帰って行った。

会社の休憩所にて、原口に突然『気になります』と切り出した勝太郎。気が強いのに震える声でプレゼンしたり、自分の恋の相談に乗ってくれたり、励ましてくれた原口のことが気になると勝太郎は明かし、『原口さんのことが気になります』と告げるのだった。

同窓会後、以前のようにつるむようになった晶とるなたち。4人で一緒にプラネタリウムに行こうという話になるが、あいにく九重と淳紀は予定が合わない。すると、晶の元カノらしい女子大生が晶に話しかけてきた。『大学合格おめでとう』という晶に、『残念でした。もう彼氏できたから』と答える女子大生。

再びプラネタリウムの話になり、予定が合わないため、今回はやめようというるなに、晶は2人で行こうと誘うのだった。

この間、聖を見かけた際、2人が教師らしい会話をしていたと愛子に報告する上布。『職員室がどうのこうのって言ってたから・・・』という上布に、愛子は『まさか・・・続けてるの!?あの人が・・・』と驚きを隠せないのだった。

芋掘りの日。彩乃1人が弁当を持ってきておらず、そのことで生徒たちからからかわれてしまう。聖が弁当を分けたものの、彩乃はすっかり落ち込み、肩を落として帰っていく。『お弁当のこと、話しましょうか?お母さんと』聖がそう切り出し、担任の野上と共に、彩乃の自宅を訪れることになった。

解散後、彩乃と共に聖と野上は、彩乃の自宅を訪れた。『やめてください!』家の中から彩乃の母親・美和(村川絵梨)の叫び声が聞こえ、グラスが割れる音がする。聖たちが何事かと駆けつけると、室内では1人の女性と美和が言い争っていた。

『見たって人がいるんです!うちの主人がなんどもこの部屋に来てるって!』と声を荒げる女性。どうやら、美和がこの女性の夫と浮気していたところ、乗り込まれ、修羅場となったらしい。『旦那の親友と浮気して、離婚したくせに!あんたの過去は町中みんな知ってる!過去にやらかした人は、また同じことを繰り返す。もしまた主人がここに来ることがあったら、ただじゃ許さない!』女性はそう言い捨て、帰っていく。聖たちはひとまず今日は帰ることにした。
 


<スポンサーリンク>

 

動き出したそれぞれの恋

職員室へ帰ってきたのち、野上は聖に『さっきの・・・僕思ったんですけど、過去は過去ですよね?』と切り出し、人は過ちを犯しても、未来はあると信じたいと語り始める。『末永先生は、たまに寂しそうな顔をする。やっぱり忘れられないんですか?』聖が婚約者のことはもう引きずっていないと笑顔で答えると、野上は『その彼じゃなくて、高校生の。この間古本市で見かけた・・・』と言う。野上の知り合いが子星中の教師をしていることから、聞いてしまったと野上は明かす。聖は『3年前、結婚するはずでした。でも他に好きな人が・・・それが彼です』と答える。『元気そうでよかった。県で1番の高校を受験して、前を向いて頑張ってる。本当によかった・・・私だけがあの頃のまま、前に進めないまま・・・』

プラネタリウムの上演後、帰ろうとする晶に、るなは『帰りたくない・・・』と言い、晶の手を取る。2人はそのままホテルへ・・・浴室にて、色々とボタンを触っているうちにシャワーが吹き出し、2人はびしょ濡れになってしまう。『私、黒岩の裸、見たい。好きだから見たい』るなが切り出すと、中学の頃見たじゃないかと返す晶。『あの頃、黒岩、末永に夢中だったから』るながそう言うと、晶はあの頃自分は頭がおかしかったこと、聖はもう結婚しているため、会えないことを告げる。『私が忘れさせてあげる・・・』るなは晶に口づけた。

再び、職員室。『進めてますよ!』この学校に来て以来、頑張っている聖は確実に前に進めていると野上は励ます。『ありがとうございます。もしそんな風に・・・』思わず涙ぐむ聖のことを、野上は『大丈夫、大丈夫』と優しく抱きしめるのだった。

帰ろうとする原口を抱きとめた勝太郎。『二度は嫌』原口はそう言い、もし今勝太郎が再び聖のことを忘れられないのに自分の方に来ているならば、前のような辛い思いは嫌だという原口。勝太郎はそんな原口にキスをするのだった。

彩乃の自宅。美和がこの間乗り込んできた妻の夫と、懲りずに電話をしている。『大変だったのよ!あなたの奥さん乗り込んできて・・・今度外で会う?・・・彩乃?大丈夫、留守番慣れてるから。それより、面白い先生、見つけちゃった!』美和はそう言い、怪しい笑みを浮かべるのだった。

その頃、愛子は方々の学校へしらみつぶしに問い合わせた結果、聖の居場所を掴んでいた。学校HPに掲載されている芋掘りの写真に写っている聖を見ながら、愛子は上布に『あの人、まだ先生やってるなんて・・・許されるの?そんなこと・・・』と腹立たしそうにつぶやくのだった。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『中学聖日記』第6話の感想

ドラマ『中学聖日記』第6話が終了しました。それぞれに新しい場所での新しい恋の予感がするとともに、聖がまたしても大きな渦に巻き込まれる前兆が描かれた第6話となりました。

聖と同僚教師の野上、勝太郎と原口、晶とるな、それぞれに自分に合った恋の相手が現れました。しかし、もともと教師と教え子という禁断の立場にある2人の恋を描いたドラマだけに、このまま一筋縄では行きそうにないですね・・・それぞれに見合った立場にいる相手がいるにもかかわらず、今後、その立場など関係なく芽生える感情というものが描かれて行きそうな気がしますね。

そして、やっとの思いで再び教師としての職を得た聖が、再び好奇の目にさらされそうな予感です。彩乃の母・美和という女性は、自分が未だに過去に対してとやかく言われている境遇にあるだけに、同じような立場の聖に怒りを持って、挑んできそうですね。

晶との恋を聖の中できちんと過去のものにできているのならば、この件に関しても毅然と立ち向かっていくことができそうですが、どうなのでしょうか??個人的には、晶と聖が結ばれるにしろ、結ばれないにしろ、聖がきちんとあの3年前の感情について、決着をつけるところが観たいと感じます。
 


<スポンサーリンク>

 

ドラマ『中学聖日記』第7話のあらすじ

一夜を共にした晶とるな。2人は付き合うことになりました。聖が教師として働いていることを知った愛子は、もし晶が聖のことを知れば、また3年前のようになってしまうのではないかと心配でなりません。そんな中、愛子の心配が的中し、晶が聖の居場所を知ることになります。

聖の学校では、彩乃が栄養失調から来る貧血で倒れるという事態が勃発。聖は彩乃の母・美和に学校に来てもらい、話をしようと試みますが、美和は逆上し、これ以上立ち入ってくるならば聖の過去をバラすと脅迫するのでした。

ドラマ『中学聖日記』第7話を楽しみに待ちたいと思います。
 


<スポンサーリンク>

 

新ドラマ『中学聖日記』原作最新話結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』原作前編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』原作後編結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『下町ロケット』のロケ地まとめ

新ドラマ『黄昏流星群』原作結末までのネタバレあらすじ

新ドラマ『あなたには渡さない』原作結末までのネタバレあらすじ

月9ドラマ『中学聖日記』の他にも!話題の秋ドラマ特集





Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2018
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スーツ6話ネタバレあらすじ&感想 蟹江と甲斐のチームプレーで勝利!蟹江の意外な一面も

獣になれない私たち6話ネタバレあらすじ&感想 子宮全摘,訴訟問題,呉羽の一大事知らされなかった恒星

カテゴリー

About this site

child-428690_640 日々起こる新しいをいち早くキャッチ、
勢いがあるうちにあなたにお届けするウェーブキャッチ型エンタメウェブマガジン、
それが"Nami Machi"です!!
【スポンサーリンク】
pretty-woman-1509956_640
woman-1006102_640
time-1897986_640
heart-387972_640
parents-1342348_640
popcorn-1085072_640
sharp-1844964_640
ページ上部へ戻る